飯野 航。 本州縦断フットレース走行スケジュール&まとめ☆20210421

青葉区在住飯野航さん 砂漠250Km走破し優勝 世界屈指の過酷レース

航 飯野 航 飯野

レースを終え、飯野さんは「優勝できてほっとしているが、まだ満足はしていない。 目印となるのは砂漠の中で100mおきに置かれた小さなフラッグのみで、迷ってタイムロスをすることもしばしば。

18
。

飯野航(グレートレース)のwikiプロフ!勤め先や結婚は?井土真希との関係も

航 飯野 航 飯野

そして2016年には勤務地を インドに移しています。 でも今回は自分の甘さを痛感しました。 「自然歩道」という優し気な名前とは裏腹に、43もの山々が立ちはだかり、累積標高はなんと3万メートル。

このプロセスは役づくりに似ていて、番組では取り上げないレース前後のことも想像しながらナレーションができるので、自分自身もやっていて楽しいです。 2011年 アルゴイパノラマウルトラトレイル 69km・ドイツ)3位 シュヴェーピッシュ・グミュントマラソン 50km・ドイツ)4位 2012年 RLTロートガウウルトラマラソン 50km ・ドイツ)2位 サハラマラソン 250km・モロッコ)9位 2014年 チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 112km・日本)1位 いわて銀河100kmチャレンジマラソン 100km・日本)1位 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 100km・日本)2位 マタガスカル 250kmグレートレ一ス 250km・マダカスカル)2位 2015年 チャレンジ冨士五湖ウルトラマラソン 118km・日本)1位 飛騨高山ウルトラマラソン 100km・日本)2位 ビブラム香港100 100km・香港)7位 卜ルデジアン 330km・イタリア)(大会自体が中断) 2016年 小江戸大江戸200km 233km・日本)1位 ナミビアデサートレ一ス 250km・ナミビア)1位 ウルトラトレイルスリージョージズ 168km・中国)2位 2017年 ウルトラトレイルコー・チャン 100km・タイ)1位 バッドウォーター 135 217km・米国)1位 エベレストマラソン 65km・ネバール)7位 2018年 ゴーンナッツ101 101km・タスマニア)1位 出典:ジェイバーHP す、すごすぎる…。

青葉区在住飯野航さん 砂漠250Km走破し優勝 世界屈指の過酷レース

航 飯野 航 飯野

多分僕はそれよりも速く走れるだろうなと思っていたので。

希望の光がずっと先に存在することだけを信じて進むしかなかった。

飯野航さんとSAKARENメンバーで醍醐to銀閣寺

航 飯野 航 飯野

坂道ダッシュでも女性に勝てないんです。 新拠点では電気自動車(EV)やの研究や、自動運転など運転者の負担軽減に関する技術の開発に取り組む。 「『スカイロケットカンパニ一』という特に好きなラジオ番組があって(月~木曜日、17時~19時)、帰宅ランではいつも聞いています。

9
歴史に名前は刻めなくても、人の記憶の中に残っていればいいなと思うんです。

日本旅ラン

航 飯野 航 飯野

また、つい先日、アメリカで開催されたBadwater135を、日本人男子として初制覇した。

1
これで今年のBadwater135なおもしろくなった! 楽しみだ! と思ったと思います 水戸マラソンの一週間後ということで、これまで参加しなかった大会です。

飯野航 グレートレース

航 飯野 航 飯野

The cookies is used to store the user consent for the cookies in the category "Necessary". 苦しい中で道に迷う不安や他選手に追い抜かれる怖さと闘いながらのレースだったと振り返る。 走らない方が不自然というか。

14
【主な実績】 1997年、1998年 全日本選手権U23 自転車ロードレース 10位・7位 2015年初のフルマラソン『横浜マラソン』にて(42. 【主な実績】 2012年『サハラマラソン』 250km・モロッコ) 9位 2014年『マダガスカルレース』(250km・マダガスカル 2位 2016年『ナミビア砂漠レース』(250km・ナミビア) 1位 2017年『エベレストマラソン』(65km・ネパール) 7位 2018年『ゴビ マーチ』(242km・モンゴル) 2位 2020年『UTMB for the Planet Virtual170』 1位 2020年『東海道自然歩道1100km』FKT(史上最速記録)達成 16日17時間27分 2021年『本州縦断・青森~下関フットレース2021』1550km FKT達成 13日23時間42分 【メディア出演】 NHK『グレートレース』、『グッと!スポーツ』 雑誌・新聞他多数 ランニング、大会、ギアのコーチングや解説には定評があるランニング案内人。