星野源 画像。 星野源のドラえもんの歌詞の意味や解釈は?ギターもかわいい【画像】

星野源「画面越しでも別にいいじゃん!!」の言葉に集約された、パフォーマンスの凄まじさ

星野源 画像

星野 源(ほしの げん) 1981年1月28日 俳優、シンガーソングライター、文筆家 埼玉県出身 所属はアミューズ(音楽業)、大人計画(俳優業) インストゥルメンタルバンド「SAKEROCK」のリーダーとして、主にギターとマリンバを担当したほか、エッセイストやコラムニストとしても複数の連載や刊行物を著しているマルチタレントである。 略歴 埼玉県蕨市出生、同県川口市出身。 本人曰く周辺は「周りに何もない、住宅と赤ちょうちんしかないようなところ」で育ったという。 小学校時代ははじけすぎてしまい、クラスから嫌われる存在に。 そんな時に元気を与えてくれたのが、大好きだったマイケル・ジャクソンだという。 中学1年生から演劇活動と音楽活動を同時並行で開始。 『ニンゲン御破算』の参加をきっかけに大人計画事務所所属となる。 2000年10月、音楽バンド「SAKEROCK」を結成。 2007年、『テレビブロス』9月1日号から、「細野晴臣と星野源の地平線の相談」を連載開始。 映像制作ユニット「山田一郎」(星野源、山岸聖太、大原大次郎)を主宰し、制作したSAKEROCKのMV「ホニャララ」が、2009年SPACE SHOWER Music Video AwardsのBEST CONCEPTUAL VIDEO賞を受賞した。 2010年、細野晴臣の薦めもありソロデビュー。 1stアルバム『ばかのうた』をビクター内の細野晴臣主宰のレーベル「デイジーワールド」から発売。 CDショップ大賞第3回 入選。 2011年10月、ソロ名義での2ndアルバム『エピソード』が、オリコン・ウィークリーチャート(2011年10月10日付)で5位を獲得、第4回CDショップ大賞準大賞を受賞した。 2012年12月22日に、くも膜下出血と診断されたため、活動を休止。 2013年2月28日、J-WAVE「TOKYO HOT 100 CHART OF THE YEAR」授賞式にてステージに立ち仕事復帰した。 しかし、2013年6月ごろに行った定期検査の結果、手術した箇所が万全な状態ではなくなってきていることがわかった。 経過観察と新たな措置が必要との診断を受け、治療に専念することになったため、再び活動休止。 6月29日に行われる予定だった「星野 源 "moment"」は中止、また、7月19日に日本武道館で行われる予定だった「星野 源 ワンマンライブ "STRANGER IN BUDOKAN"」は延期が決まった。 星野がパーソナリティを務めていた『星野源のラディカルアワー』は、6月28日をもって番組を終了することになった。 9月26日、再手術が成功し退院したことを発表。 2013年公開の主演映画・『箱入り息子の恋』や『地獄でなぜ悪い』での演技やアニメ映画の声優、映画音楽の製作なども評価され、第5回TAMA映画賞、第37回日本アカデミー賞、毎日映画コンクールなどの新人俳優賞を受賞した。 2014年2月6日、日本武道館で復帰ライブを行った。 2015年3月25日、公式HPにて音楽活動でのマネージメントをカクバリズムからアミューズへ移したことを発表した。 2016年にはCDショップ大賞を受賞。 大河ドラマ『真田丸』に出演することを発表したほか、ラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』のレギュラー放送が始まった。 人物 自身の「J-POP原体験」としてB'zの「LADY NAVIGATION」を挙げている。 松尾スズキ演出「マシーン日記」、細野晴臣によるソロアルバム3枚の総称「トロピカル三部作」を影響を受けたもの、音楽としてよく挙げている。 2006年放送のドラマ『アキハバラ DEEP』でバナナマンと共演して以来、彼らと親交を深めている。 『金曜JUNKバナナマンのバナナムーンGOLD』において、2010年から日村勇紀の誕生日の直近の放送にゲスト出演して「日村勇紀〇〇歳の歌」というタイトルでバースデーソングを贈り続けている。 アニメファンであることを公言し、『星野源のRADIPEDIA』や『星野源のオールナイトニッポン(過去の単発特番を含む)』ではアニメやゲーム関連の楽曲を流したり、視聴したアニメやプレイしたゲームの感想を述べている。 中でも「アイドルマスター」シリーズへの思い入れが深く、スマートフォン向けゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」の課金プレイヤーであることと、「アイドルマスター」のライブを吉田尚記と一緒に西武プリンスドームへ観に行ったことを明らかにしている。 花澤香菜のファンでもあり、『星野源のRADIPEDIA』へは度々、花澤がメッセージゲストとして登場し、逆に『花澤香菜のRADIPEDIAスペシャル』・『花澤香菜のオールナイトニッポンGOLD 単発特番 』へはゲストとして出演した。 また、小野坂昌也を尊敬していることも公言している。 ラジオ好きであり、特にTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』のヘビーリスナーである。 同番組が2011年に番組内で使用するジングルを募集した際には「スーパー・スケベ・タイム」というラジオネームを名乗って応募し、最優秀賞を受賞。 このジングルは作者が星野源であることを番組スタッフにも気付かれぬまま、その後2年以上に渡って使用されていた。 小学生の頃からハナ肇とクレイジーキャッツの大ファンであり、クレイジーキャッツが歌う、映画「大冒険」の挿入歌『大冒険マーチ』を神曲というほどである。 『サケノサカナ』で共演して以来、サカナクションの山口一郎と親交が深い。 サザンオールスターズのファンでもあり、「天国オン・ザ・ビーチ」のミュージック・ビデオにもゲスト出演している。 自身がリーダーを務めるSAKEROCKやソロ作品のPVのほとんどを自身が監督、または共同監督している。 放送作家の寺坂直毅と親しく、寺坂は星野のライブでMCを務めているほか、『星野源のRADIPEDIA』や『星野源のオールナイトニッポン』にも構成作家として関わっている。 また、『夢の外へ』は寺坂の存在がきっかけになって制作された曲であるとも語っている。 週刊少年マガジンで連載中の生徒会役員共の第13巻の帯にて推薦文を出している。 」 ほしのくん役で再び出演 LIFE! RADIPEDIA(2011年1月5日 - 、J-WAVE) - 毎月最終放送日担当(2014年2月27日 - 、2013年6月17日まで月曜日担当、2012年3月28日まで水曜日担当) 星野源のラディカルアワー(2013年4月5日 - 6月28日、NHK-FM放送) - 隔週金曜 「ラジ音! 」を担当していた上地雄輔の後任を務めたが、クモ膜下出血再発による療養のため降板。 なお再開については未定 星野源のオールナイトニッポン(2016年3月28日-、ニッポン放送) - 毎週月曜日担当。 2「ワークインタイムマシン」(2001) シアターコクーン オンレパートリー2003「ニンゲン御破産」(2003) ペンギンプルペイルパイルズ vol. 8「轟天VS港カヲル~ドラゴンロック! 9「七人の恋人」(2005) 大人計画 ウーマンリブ vol. Presented by 細野晴臣(2008年7月9日 コロムビアミュージック) 22. 」劇中歌「家族なんです」(作曲・歌) 「心がポキッとね」主題歌「SUN」 テレビ番組 「みいつけた! 」リトミック「なんかいっすー」「すわるぞう」「おっす! TV」(エムオン! )ステーションID「季節」 「ポルノとルパン」(作曲) ワンマンライブ 2010年7月12日・7月13日 星野源「ばかのうた」発売記念のライブ 2010年9月14日~9月29日 星野源の挨拶まわりツアー2010 2010年12月5日 星野源 ワンマンライブ 2011年4月4日・4月5日 星野源のライブ 2011年10月2日 星野源の「エピソード1」 2011年10月16日~10月28日 星野源インストアライヴ『星野源の「エピソード1. 5」』 2011年12月13日・12月20日 星野源の別エピソード「部屋」 2012年1月29日~2月20日 「エピソード」発売記念ツアー『エピソード2以降』 2012年5月13日 星野源の日比谷野外大音楽堂ワンマンライブ 2012年5月27日 星野源のなんばHatchワンマンライブ 2012年11月6日・11月13日 星野源 ワンマンの秋 2012年12月13日 星野源のSHIWASU 2014年2月6日 星野源 ワンマンライブ STRANGER IN BUDOKAN 2014年3月10日~4月9日 星野源の復活アアアアア! 1 短編小説「急須」 bounce. 8 人気のキーワード•

次の

星野源の本名は韓国人?生い立ちや父親の名前・母親の画像。家族構成について

星野源 画像

星野源DOME TOUR 2019『POP VIRUS』 2019. 28 東京ドーム 「これからも面白い音楽を作りたいと思うので、よろしくお願いします。 でした!」 これはアンコールも終わり、最後に放たれた言葉だ。 面白い音楽。 表現者なら誰しも思うことかもしれないが、現実に口に出して違和感がないのはぐらいだろう。 お楽しみ満載の3時間だったが、いずれも彼の音楽の面白さを際立たせるためのアンサンブルであり、アレンジであり、演出だった。 自身初の全国5大ドームツアーの終盤戦となる東京ドーム2Daysの2日目のレポートをお届けするのだが、ざっと今期のの実績というか、巻き起こした渦の凄まじさを踏まえておこう。 昨年8月20日にはNHK総合で冠音楽番組『おげんさんといっしょ』第二回が生放送。 ツイッターのトレンドで世界1位を記録。 問答無用のトップ・オブ・ジャパニーズ・ポップである。 さらに驚くのは『POP VIRUS』の音楽的なアグレッシヴさがごく自然に受け入れられている現実だ。 大ヒット曲「恋」「Family Song」「アイデア」を含んでいるとはいえ、タイトルチューン「Pop Virus」でのトラップやベースミュージックのリファレンスを独自に消化しつつ、親しみやすい歌モノとして落とし込まれたタイトルチューンを始め、二つとして似た出自の曲がない。 イヤホンやヘッドホンでこのアルバムを聴くと、その細部に至るこだわりに笑いながら感動してしまう。 なかなか慣れることができないほど、サウンドプロダクションもアレンジも変態的だ。 そんなアルバムを携えてドームツアーを行った人を私は知らない。 星野源 2019年2月28日 東京ドーム 撮影=西槇太一 春の走りの雨の中、東京ドームの周辺はグッズを購入する人、今回のビジュアルが掲出された巨大パネルの前で写真を撮る人でごった返してはいるものの、雰囲気は穏やかだ。 DJポリスよろしく弁の立つ警備員のアナウンスがツイッターでも話題になっていたが、あらゆるスタッフがこの公演を成功させようとしているように感じた。 改めてやはりドームはデカい。 目を引くのは花道と、途中と先端にあるステージ。 これが星野の音楽面の多様性を顕在化させる文字通りの装置になっていく。 開演時間を迎え場内が暗転し、拍手と歓声に包まれて星野が登場したのは、花道途中のセンターステージ。 そこでピンスポットに照らされ、アコギの弾き語りによる「歌を歌うときは」でライブがスタート。 まるで歌の生まれる瞬間に立ち会うような演出だ。 フルバンド+ストリングス、ホーン、そしてMPCプレーヤーのSTUTSの総勢14名。 ドームというキャパとしては上々のバランスで、生ドラムやベースと打ち込みが融合され、長岡亮介(Gt)の小気味いいリフもクリアに聴こえる。 一人の部屋からラージ・アンサンブルのステージに。 180度異なる世界への横断を見せたこのオープニングにまずぶちのめされた。 こんなに的確な音楽的な自己紹介があるだろうか。 星野源 2019年2月28日 東京ドーム 撮影=田中聖太郎 『POP VIRUS』収録曲と過去曲の流れを意識した配置で腑に落ちたのは、ゴスペル的なニュアンスもある「Get a Feel」から、星野が積極的にブラックミュージックのグルーヴを曲に持ち込み、音源として最初に世に出た「桜の森」につないだところ。 しかも出だしは音源でのエレピ&ストリングスではなく16ビートのギターカッティング。 しかも長岡でなく星野が刻んだところにも、曲想の母体を見たようで意思を感じる。 この曲の定着ぶりはスタンドからアリーナが揺れる様で確信した。 ちょっと感動的なぐらいアリーナがうねっていたのだ。 ELEVENPLAYが花道や先端のステージなど二人ずつ4カ所に分かれてストーリー性のあるダンスパフォーマンスを見せた「Pair Dancer」は、愛することのひとそれぞれの多様性(「恋」でも星野はLGBTQを想起させる表現を行なっているが)をパフォーマンスで表現したかったんじゃないか?と想像した。 おおらかな賛歌的じゃない曲調がむしろ胸に迫る。 続く「Present」まではいい緊張感を持って、最新の音像を14人で届けるという、全体を振り返るとシリアスなタームだったと言えるだろう。 子供から野太い男性の声まで様々な声援が飛ぶ中、ようやく笑顔の星野を確認したように思う。 河村とSTUTSの生vs打ち込みのビートバトルの趣きも楽しい「サピエンス」、この日、ちょうどリリースから1年を数えた「ドラえもん」も披露。 星野源 2019年2月28日 東京ドーム 撮影=田中聖太郎 スタンドがざわついているなと思いきや、ステージと真反対の客席の中に星野出現。 客席にあまりにも近い。 今回のツアーではどの会場でも観客に近い場所を選んで1曲歌っているそうで、東京ドームの消防法などを勘案するとその場所しかなかったらしいが、「絶対やりたかった」ことの一つで、1stアルバムから「ばらばら」を弾き語りで披露した。 この中盤が自由すぎる展開に突入していくのだ。 7人が好き勝手におしゃべりし始め、河村が前日、プロ野球の鳴り物の終了時間を間違えていたことに固執。 ここは楽屋かリハスタの休憩時間か?というムードに。 そこからライブ初披露の「KIDS」「プリン」を演奏。 誰よりこの7人が一番楽しんでいる。 星野源 2019年2月28日 東京ドーム 撮影=西槇太一 ちなみに「プリン」は曲中にトークが入るのだが、河村がタイマーをセットし「ついて来いよ!」とハッパをかける。 しかも河村がいきなり演奏を再開し、メンバーの笑いのツボに入り頓挫。 さらにトークどころかステージに寝転がる星野に、「どう、東京ドームの天井は?」とハマが振ると「真っ暗」(笑)。 「俺たちだけだろ、こんなこと東京ドームでできんの!」とアピール。 それも演出の一部だろうが、このタームは何も決めていないように見えた。 大事なのはバンドってこんなに面白いんだよという事実。 締めはバンドバージョンでの「くせのうた」でグッとくる場面も作るという周到さも加味しつつ。 星野源 2019年2月28日 東京ドーム 撮影=田中聖太郎 再びメッセージ動画を挟んで、終盤は怒涛のキラーチューン攻めだ。 ファン歴の長い短いは関係なくカタルシスが押し寄せる。 そして2018年を代表するポップナンバーでもあり、このツアーのピークポイントになった「アイデア」。 その前に星野は真面目な面持ちで、『POP VIRUS』の中でも特に大切な曲であること、生きてると嬉しいこともクソみたいなこともあるという前提で、これまでで最強の曲を作ろうと試行錯誤したと。 それがどう受け取られるかは正直わからなかったけれど、たくさん聴かれ、多くのリアクションを得たことに感謝の意を述べた。 アーティストとしてネクストレベルの評価を得ることの大切さを彼は多面的なこの「アイデア」という曲の音楽性に賭けたのだ。 聴き慣れたイントロに胸が熱くなる。 個人的な印象だが、軽快さに満ちた紅白でのパフォーマンスより、慎重に各パートを歌っていた印象だ。 2番の打ち込みのパートではSTUTSのMPCを操作する手元がビジョンに映し出され、アコギの弾き語りは花道の中央のステージでしっとりと、そしてメインステージにお馴染みセグウェイで戻るところで笑いに転化し、特効の銀テープが放たれ、ラストのサビへ。 <つづく日々を奏でる人へ すべて越えて届け>と熱唱する星野の声も相まって、この曲の本質がこれまで聴いた中で最も突き刺さった。 星野源 2019年2月28日 東京ドーム 撮影=渡邊玲奈(田中聖太郎写真事務所) ここで終わらず、「Week End」ではドーム全体が軽快なステップを踏み、クラップする。 歌い終えた星野はその様子を聴くためにイヤモニを外し、感極まった表情を見せた。 そして自分のライブはアンコールがあることをあらかじめ伝えるので、「次で最後です」と告げたら思いっきり残念そうな演技をしてくださいと言って笑わせる。 そのことを理解したファンは存分に「えー!」と大声を発し、本編ラストの「Family Song」を全細胞で味わっているようだった。 往年のソウルの名曲を日本で生きる私たちの日常を少しでも暖かくタフに生きられるようにという歌詞で、誰とも違う普遍的な名曲に育て上げたこの曲。 「アイデア」も「Family Song」も、人が生きるために必要な大切なことを星野は独自の手法で完成させた。 オリジナルであるほど、人間の真実に近くなっていく、それが今の彼の凄みなのだ。 星野源 2019年2月28日 東京ドーム 撮影=西槇太一 そしてアンコールも気が抜けない細かい仕込みが満載。 ニセが喋る際、一瞬、STUTSの画が映され、ステージでテレビ的なネタバレを開陳したりして、このコーナーもアイデアを更新。 さすがである。 正真正銘のラストナンバー「Hello Song」を歌う前、星野は25歳の時、一人ぼっちで歌っていた時と同じ感覚ではあるけれど、5万人のみんながいると思うと安心するような不思議で面白い空間だったと、ドーム公演の感想を話した。 ああ、の音楽の始まり方はこれからも変わらないんだなと思う。 面白さは世界、そして人の心に風穴を開けるのだ。 取材・文=石角友香 撮影=田中聖太郎、渡邊玲奈(田中聖太郎写真事務所)、西槇太一 星野源DOME TOUR 2019『POP VIRUS』 2019. 28 東京ドーム 01. 歌を歌うときは 02. Pop Virus 03. 地獄でなぜ悪い 04. Get a Feel 05. 桜の森 06. 肌 07. Pair Dancer 08. Present 09. サピエンス 10. ドラえもん 11. ばらばら ~STUTS SHOW~ 12. KIDS 13. プリン 14. くせのうた 15. 化物 16. 恋 17. SUN 18. アイデア 19. Week End 20. Family Song <ENCORE> 21.君は薔薇より美しい 22. 時よ 23. Hello Song SPICER.

次の

星野源、インスタグラム開設「今日から色んなことを始めます」

星野源 画像

スポンサーリンク 父はピアノ、母はボーカルで ジャズミュージシャンとして活動しており、現在は実家の八百屋を経営しています。 星野源さんが歌手を目指したきっかけは両親の影響もあるのでしょうね。 そんな星野源さんの 本名ですが、「星野源」でそのままのようです。 星野源の本名の由来 星野源さんの名前の由来ですが、両親が『げん』という名前を 漢字一文字で外国の人にも呼びやすいことを考えたようです。 生まれた日にちなんで名前をつけるなんて、さすがジャズミュージシャンだったご両親。 おしゃれですね! ちなみに星野源さんの 本名が韓国名だという噂もありますが、これは ガセネタですね。 なぜこのような噂が立ったのかは、星野源さんの見た目が韓国人ぽいということと、芸能界には在日の方が多いからでしょう。 実際には星野源さんの名前は韓国と一切関係ありませんね。 本名で芸能活動しているのは結構めずらしく思えますが、最近では増えているようですね。 「星野」の名字の全国順位&人数 「星野」という名字の 全国順位は148位、全国人数にするとおよそ 137,000人ほどです。 徳川家など多く存在した現愛知県東部が起源で、福岡県、宮崎県、長野県などに同様の地名もあるそうです。 — 2019年12月月4日午前3時55分PST 星野源さんは 埼玉県出身で、幼い頃にテレビでマイケルジャクソンを見て衝撃をうけたことが歌手や俳優を目指すきっかけになったそうです。 中学校に入るとすぐに演劇活動・音楽活動を同時にスタートしています。 星野源さんは 自由の森学園高等学校に進学し、この学校は校則もテストもなく、名前の通り「自由」を重んじる学校です。 競争させることで早く成績をあげても我が芽生えないので、競争主義とは違う教育方法を掲げているのだとか。 アーティストを目指す星野源さんにとって最適な環境で、音楽や演技、文章の才能が発揮されたのですね。 高校1年生のときから作曲をてがけるようになり、最低限の出席日数でよかった高校のおかげでギターの練習に励むことができたそうです。 高校2年生のときには松尾スズキさんのワークショップに参加し、将来俳優をするきっかけになります。 高校の間にすでにデビューに向けて下準備を進めていたのですね。 卒アル画像をみてみると、とても初々しくてかわいいです! 出典: そして高校の仲間とバンド『 SAKE ROCK』を結成し、2000年10月に『インディーズレーベルカクバリズム』に入所しデビューします。 『SAKE ROCK』はインストロメンタル(歌の入らない楽器の演奏のみ)のバンドで、星野源さんはギターとマリンバを担当していました。 その後、以前から親交のあるミュージシャンの元イエロー・マジック・オーケストラ Y. メンバー:細野晴臣さんに勧められ、2010年にソロデビューします。 『アミューズ』へ移籍後は「SAKE ROCK」が解散となり、完全にソロで活動していくことになったのですね。

次の