ハロゲン 元素。 ハロゲン、希ガスの覚え方:語呂合わせで暗記

猛毒・危険なハロゲン元素、フッ素(F)~表面処理の王様~

ハロゲン 元素

化学を学ぶ時に必ず出てくるのが元素です。 そして多数ある元素をすべて原子番号順に並べ、 性質が似ている元素を縦にグループ分けしたものを周期表といいます。 周期表の 横の行を第〇周期、 縦の列を第〇族と呼ぶので覚えておきましょう。 元素は典型元素と遷移元素に分けられ、典型元素は 1 族~ 2 族と 12 族~ 18 族で、遷移元素はその他で周期表の中間部分にある元素です。 典型元素は 縦に性質が似ている元素が並んでいます。 そして、 縦に並んでいる元素=同族元素は電子配置において 最外殻に入っている電子の数が同じです。 (希ガスはヘリウムが 2 個で後は 8 個) 最外殻に入っている電子の数が同じとは、どのような意味があるのでしょうか? 陽子と中性子が集まって構成している原子核の周りを、とても小さなマイナスの電荷をもつ電子が飛び周っています。 この 電子は決められた部分を飛んでいて、その空間のことを 電子殻と言うのです。 電子は 内側から入ることが決まっていて、一番内側の殻から順番に、K 殻、 L 殻、M 殻…と名付けられていて Q 殻まであります。 周期表で横に並んでいる元素は、電子が入っている最外殻が何殻か?が同じ元素です。 例えば第 1 周期の元素は最外殻が K 殻で、第 2 周期の元素は最外殻が L 殻になります。 それぞれの電子殻には入ることができる電子の数が決まっていて、K 殻は 2 個、L 殻は 8 個、M 殻は 18 個というように、内側から n 番目の殻に入ることができる最大の個数=2n 2 個です。 さらに、重要なのが 最大の個数がいくつの場合でも、L 殻より外側は 最外殻に入っている電子の数は 8 個で安定化します。 周期表では最外殻が何殻であっても、その殻に入っている 電子の数が同じ元素が縦に並んでいるのです。 そして、最外殻に入っている電子の数が同じという事は、 化学結合できる電子の数が同じという事で、 化学的性質がよく似ています。 最外殻に入っている電子の数(1 族~ 17 族では 価電子と言って化学結合に使うことができる電子の数を指します)が同じだと、化学的性質が似るということはどういうことでしょうか? 原子が化学結合したりイオンになったりする時に、 価電子がいくつあるかによって、 どんな原子と化合物をつくりやすいかやどんなイオンになりやすいかが変わってきます。 第 1 族を例にとって解説しましょう。 第 1 族のアルカリ金属は価電子の数が 1 個の原子たちです。 価電子の数が 1 個ということは、安定になるために電子を手放しやすく 1 価の陽イオンになりやすいという性質があります。 さらに簡単に電子を持っていかれてしまう、ということは 酸化されやすいです。 (電子を失うことを酸化されると言います。 ) そして価電子の数が 1 個しかないため不安定であり、常にその 1 個の価電子を他の原子に渡して安定化したいので、とても 反応性が高く常温の水とも激しく反応するのです。 化学反応は電子のやり取りで起こります。 一番外側に持っている電子の数が同じという事は、 同じような反応が起きやすく、つまり 化学的性質が似るということです。 これまでしつこいほどお伝えしたのが、周期表で 縦に並んでいる元素=(典型元素では) 最外殻に入っている電子の数が同じ元素= 化学的性質が似ているという事でした。 よく元素を覚えるときに、「水兵リーベ…」と原子番号順に覚えますが、実は周期表で縦に並んでいる元素を一括りにして覚えたほうが、その後元素の性質を考えるときに便利です。 周期表で縦に並んでいる元素のことを 同族元素といい、同族元素の中で特に重要なグループがあります。 第 1 族の水素を除く アルカリ金属、 第 2 族のベリリウムとマグネシウムを除く アルカリ土類金属、 第 17 族の ハロゲン、 第 18 族の 希ガスです。 先ほど第 1 族の性質について少し触れましたが、ここからは特に重要なその 4 つの同族元素をピックアップして解説していきましょう。 先ほどもお話ししましたが、価電子の数が 1 個なので、電子を渡して 1 価の陽イオンになりやすく酸化されやすいです。 アルカリ金属元素は金属でありながら、 軽くて柔らかいという特徴を持っています。 そして 反応性が高く、水とでもすぐ反応してしまうため、単体を保存する時は 石油中に保存する事を覚えておきましょう。 空気中にも酸素や水分が含まれているため、扱いには十分に注意する必要があるのです。 また、アルカリ金属はそれぞれに 炎色反応を呈します。 炎色反応というのは、高温で反応する時に可視光線としてエネルギーを放出するため、炎の色が変化する現象の事です。 では、それぞれの炎色反応の色を見ていきましょう。

次の

第44章 ハロゲンの単体と化合物

ハロゲン 元素

従来から電子・電気機器や付属製品中では、塩素、臭素などのハロゲン元素が難燃剤として使用されてきました。 近年、これらの難燃剤を廃棄・焼却する際、燃焼条件によってはダイオキシンなどが発生して環境汚染の原因となることが明らかとなってきました。 また、製品の製造過程によっては設備の劣化といった悪影響を及ぼすことが知られるようになりました。 さらに、最近の研究によって、難燃剤以外の複数の有機ハロゲン化合物についても、環境残留性や人体への毒性を示すことが確認されました。 これらの動きを受けて、2006年にEU欧州連合による「電子・電気機器における特定有害物質の使用制限」であるRoHS指令が施行され、ハロゲン系難燃剤である「ポリ臭化ビフェニル類(PBB類) 」と「ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDE類)」がRoHS指令中の六種類の特定有害物質の中に含まれ、規制対象物質となりました。 これ以降、材料中のハロゲン濃度については世界的に強い関心が集まっています。 RoHS 指令はEU が発令した指令ですが、アメリカ合衆国、タイ、中国および韓国でもRoHS 指令と同様な規制が既に施行されています。 また、RoHS 指令は2013 年1 月から改正RoHS指令に置き換わりました。 ハロゲンに関係する変更点に関しては、発泡ポリスチレンの難燃剤として利用されているヘキサブロモシクロドデカン(HBCDD) が、優先的に禁止を検討すべき物質として追加されました。 国際的な動きとしては、POPs 条約によって、さらに多数のハロゲン系物質が規制対象となりました。 POPs条約(残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約)とは、PCB、ジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)、ダイオキシン類をはじめとした環境への残留性が高く,地球規模の取り組みが必要なPOPs(残留性有機汚染物質; Persistent Organic Pollutants) を廃絶・削減することを目的とした国際条約です。 2001 年5月に採択されたPOPs 条約は2004 年5 月から発効し、付属書に記載された物質は2025 年までに使用を中止し、2028 年までに処理を終了することが義務づけられています。 第6 回締約国会議( COP6) が開催された2013 年5 月時点でのPOPs 条約のハロゲン系規制物質を以下に示します。 また、2013 年10 月のPOPRC9 では、POPs 条約の対象物質として塩素化ナフタレン、ヘキサクロロブタジエンを付属書A とC に追加することを、次回のCOP で勧告することが決定されました。 また、短鎖塩素化パラフィンヘキサブロモシクロドデカン、ペンタクロロフェノールとその塩及びエステル類、DBDE、ジコホルをPOPs 条約へ追加するべきかの審議が継続しています。 電気材料の分野でも、有機ハロゲン化合物を使用しない「ハロゲンフリー」が世界的に進んでいます。 電気・電子回路用銅張積層板の分野では、国際規格であるIEC(国際電気標準会議)61249-2-21や米国IPC(電子回路工業協会)4101B、国内では、 社団法人日本電子回路工業会(JPCA)においてハロゲンフリーが定義されており、代替品への移行が推進されています。 材料がハロゲンフリーとみなされる含有率の上限値については、IEC、IPC、JPCAともに共通であり、以下のように定義されています。 1.塩素 Cl 含有率:0. このため、いわゆる環境分析の一種としての製品中の化学物質の含有量測定が不可欠であり、測定機を有する外部業者に測定を依頼するのが一般的です。 フッ素、塩素、臭素、ヨウ素の四元素の含有率を個別に測定する分析を4元素分析、上記のIEC等の規格に対応するような塩素と臭素の二元素のみの分析を2元素分析と呼んでいます。 材料中に含まれるハロゲン系物質の詳しい含有量を測定するためには、いわゆる精密分析が必要とされています。 分析方法としては、BS EN 14582:2007に準拠したIC 自動試料燃焼-イオンクロマトグラフ法 を用いる方法が一般的です。 rohs2.

次の

ハロゲン4元素(臭素、塩素、フッ素、ヨウ素)の測定サービス

ハロゲン 元素

化学を学ぶ時に必ず出てくるのが元素です。 そして多数ある元素をすべて原子番号順に並べ、 性質が似ている元素を縦にグループ分けしたものを周期表といいます。 周期表の 横の行を第〇周期、 縦の列を第〇族と呼ぶので覚えておきましょう。 元素は典型元素と遷移元素に分けられ、典型元素は 1 族~ 2 族と 12 族~ 18 族で、遷移元素はその他で周期表の中間部分にある元素です。 典型元素は 縦に性質が似ている元素が並んでいます。 そして、 縦に並んでいる元素=同族元素は電子配置において 最外殻に入っている電子の数が同じです。 (希ガスはヘリウムが 2 個で後は 8 個) 最外殻に入っている電子の数が同じとは、どのような意味があるのでしょうか? 陽子と中性子が集まって構成している原子核の周りを、とても小さなマイナスの電荷をもつ電子が飛び周っています。 この 電子は決められた部分を飛んでいて、その空間のことを 電子殻と言うのです。 電子は 内側から入ることが決まっていて、一番内側の殻から順番に、K 殻、 L 殻、M 殻…と名付けられていて Q 殻まであります。 周期表で横に並んでいる元素は、電子が入っている最外殻が何殻か?が同じ元素です。 例えば第 1 周期の元素は最外殻が K 殻で、第 2 周期の元素は最外殻が L 殻になります。 それぞれの電子殻には入ることができる電子の数が決まっていて、K 殻は 2 個、L 殻は 8 個、M 殻は 18 個というように、内側から n 番目の殻に入ることができる最大の個数=2n 2 個です。 さらに、重要なのが 最大の個数がいくつの場合でも、L 殻より外側は 最外殻に入っている電子の数は 8 個で安定化します。 周期表では最外殻が何殻であっても、その殻に入っている 電子の数が同じ元素が縦に並んでいるのです。 そして、最外殻に入っている電子の数が同じという事は、 化学結合できる電子の数が同じという事で、 化学的性質がよく似ています。 最外殻に入っている電子の数(1 族~ 17 族では 価電子と言って化学結合に使うことができる電子の数を指します)が同じだと、化学的性質が似るということはどういうことでしょうか? 原子が化学結合したりイオンになったりする時に、 価電子がいくつあるかによって、 どんな原子と化合物をつくりやすいかやどんなイオンになりやすいかが変わってきます。 第 1 族を例にとって解説しましょう。 第 1 族のアルカリ金属は価電子の数が 1 個の原子たちです。 価電子の数が 1 個ということは、安定になるために電子を手放しやすく 1 価の陽イオンになりやすいという性質があります。 さらに簡単に電子を持っていかれてしまう、ということは 酸化されやすいです。 (電子を失うことを酸化されると言います。 ) そして価電子の数が 1 個しかないため不安定であり、常にその 1 個の価電子を他の原子に渡して安定化したいので、とても 反応性が高く常温の水とも激しく反応するのです。 化学反応は電子のやり取りで起こります。 一番外側に持っている電子の数が同じという事は、 同じような反応が起きやすく、つまり 化学的性質が似るということです。 これまでしつこいほどお伝えしたのが、周期表で 縦に並んでいる元素=(典型元素では) 最外殻に入っている電子の数が同じ元素= 化学的性質が似ているという事でした。 よく元素を覚えるときに、「水兵リーベ…」と原子番号順に覚えますが、実は周期表で縦に並んでいる元素を一括りにして覚えたほうが、その後元素の性質を考えるときに便利です。 周期表で縦に並んでいる元素のことを 同族元素といい、同族元素の中で特に重要なグループがあります。 第 1 族の水素を除く アルカリ金属、 第 2 族のベリリウムとマグネシウムを除く アルカリ土類金属、 第 17 族の ハロゲン、 第 18 族の 希ガスです。 先ほど第 1 族の性質について少し触れましたが、ここからは特に重要なその 4 つの同族元素をピックアップして解説していきましょう。 先ほどもお話ししましたが、価電子の数が 1 個なので、電子を渡して 1 価の陽イオンになりやすく酸化されやすいです。 アルカリ金属元素は金属でありながら、 軽くて柔らかいという特徴を持っています。 そして 反応性が高く、水とでもすぐ反応してしまうため、単体を保存する時は 石油中に保存する事を覚えておきましょう。 空気中にも酸素や水分が含まれているため、扱いには十分に注意する必要があるのです。 また、アルカリ金属はそれぞれに 炎色反応を呈します。 炎色反応というのは、高温で反応する時に可視光線としてエネルギーを放出するため、炎の色が変化する現象の事です。 では、それぞれの炎色反応の色を見ていきましょう。

次の