ヤリス trd。 【トヨタ ヤリス 新型】TRD、各種GRパーツを発売

【トヨタ ヤリス 新型】TRD、各種GRパーツを発売

ヤリス trd

ワークス系2ブランドがヤリスの個性を際立たす トヨタ・ヴィッツの後継モデルとして2020年2月から販売開始となるトヨタ新型「ヤリス」。 もともと、ヴィッツの輸出名がヤリスで、モデルチェンジを機にそのネーミングを国内でも使用することになった。 そのような新型ヤリスの発売に先駆けてトヨタワークスとなる「モデリスタ」「TRD」の2ブランドから早くもパーツ情報をゲット。 いずれもディーラーで購入できる。 モデリスタといえば、スタイリッシュな街乗り向けのパッケージ。 一方でTRDは「GRパーツ」ということで、明確なスポーティコンセプトで作られている。 ドレスアップ志向ならモデリスタ、走りの雰囲気を求めるならTRD、といったところだろう。 それでは、その違いをみていこう。 【モデリスタ】 スタイリッシュなフォルムを実現 まずはモデリスタ。 エアロはフロントスポイラー・サイドスカート・リヤスパッツ・リヤバンパーガーニッシュの4点。 いずれも上から被せるタイプで、違和感なくスタイルアップできるようボディラインに合わせた造形になっている。 それでいて「代わり映え感」もしっかりあるのはさすが。 なかでもフロントは要注目。 ヤリスの純正バンパーは中央のブラックアウトされた部分が下端まで繋がっているため、見方によってはボトムまわりが少々物足りない。 だがフロントスポイラーを付けることで、ボディ色の「下あご」ができ、安定感のあるマスクになる。 また、左右に配されたメッキガーニッシュの効果も大。 視覚的なローフォルムを演出してくれる。 サイドスカートは前から後ろに向かって内側に引き込むような絞りを入れつつ、後端から一気に張り出しをプラス。 オーバーフェンダー風のリヤフェンダーへとスムーズに繋げる。 リヤエアロは左右コーナーに装着するリヤスパッツと、純正のロアバンパーカバー(黒い部分)に下から被せるリヤバンパーガーニッシュで構成。 バンパーガーニッシュはフローティングディフューザーっぽく見えて新鮮だ。 ヤリスはスチールホイールが標準装備なので、 アルミホイールに履き替えるだけでもかなり雰囲気は変わるはず。 NO CAPTION さらに高級感を出したいなら、ヘッドランプガーニッシュ、ミラーガーニッシュ、ドアハンドルガーニッシュがオススメ。 美しいメッキの輝きがワンランク上のクルマのように仕立ててくれる。 内装系も充実。 レトロちっくな縦パターンのステッチも見どころだ。 キャメルウッドのインテリアパネルセットと組み合わせれば、お洒落に室内を統一できる。 他にもムラなく全面が発光するLEDルームランプや、LEDライセンスランプも設定。 全商品、それぞれ単体で購入可で、エアロは素地(未塗装)と塗装済みから選べる。 ワークス系2ブランドがヤリスの個性を際立たす トヨタ・ヴィッツの後継モデルとして2020年2月から販売開始となるトヨタ新型「ヤリス」。 もともと、ヴィッツの輸出名がヤリスで、モデルチェンジを機にそのネーミングを国内でも使用することになった。 そのような新型ヤリスの発売に先駆けてトヨタワークスとなる「モデリスタ」「TRD」の2ブランドから早くもパーツ情報をゲット。 いずれもディーラーで購入できる。 モデリスタといえば、スタイリッシュな街乗り向けのパッケージ。 一方でTRDは「GRパーツ」ということで、明確なスポーティコンセプトで作られている。 ドレスアップ志向ならモデリスタ、走りの雰囲気を求めるならTRD、といったところだろう。 それでは、その違いをみていこう。 【モデリスタ】 スタイリッシュなフォルムを実現 まずはモデリスタ。 エアロはフロントスポイラー・サイドスカート・リヤスパッツ・リヤバンパーガーニッシュの4点。 いずれも上から被せるタイプで、違和感なくスタイルアップできるようボディラインに合わせた造形になっている。 それでいて「代わり映え感」もしっかりあるのはさすが。 なかでもフロントは要注目。 ヤリスの純正バンパーは中央のブラックアウトされた部分が下端まで繋がっているため、見方によってはボトムまわりが少々物足りない。 だがフロントスポイラーを付けることで、ボディ色の「下あご」ができ、安定感のあるマスクになる。 また、左右に配されたメッキガーニッシュの効果も大。 視覚的なローフォルムを演出してくれる。

次の

新商品情報

ヤリス trd

ワークス系2ブランドがヤリスの個性を際立たす トヨタ・ヴィッツの後継モデルとして2020年2月から販売開始となるトヨタ新型「ヤリス」。 もともと、ヴィッツの輸出名がヤリスで、モデルチェンジを機にそのネーミングを国内でも使用することになった。 そのような新型ヤリスの発売に先駆けてトヨタワークスとなる「モデリスタ」「TRD」の2ブランドから早くもパーツ情報をゲット。 いずれもディーラーで購入できる。 モデリスタといえば、スタイリッシュな街乗り向けのパッケージ。 一方でTRDは「GRパーツ」ということで、明確なスポーティコンセプトで作られている。 ドレスアップ志向ならモデリスタ、走りの雰囲気を求めるならTRD、といったところだろう。 それでは、その違いをみていこう。 【モデリスタ】 スタイリッシュなフォルムを実現 まずはモデリスタ。 エアロはフロントスポイラー・サイドスカート・リヤスパッツ・リヤバンパーガーニッシュの4点。 いずれも上から被せるタイプで、違和感なくスタイルアップできるようボディラインに合わせた造形になっている。 それでいて「代わり映え感」もしっかりあるのはさすが。 なかでもフロントは要注目。 ヤリスの純正バンパーは中央のブラックアウトされた部分が下端まで繋がっているため、見方によってはボトムまわりが少々物足りない。 だがフロントスポイラーを付けることで、ボディ色の「下あご」ができ、安定感のあるマスクになる。 また、左右に配されたメッキガーニッシュの効果も大。 視覚的なローフォルムを演出してくれる。 サイドスカートは前から後ろに向かって内側に引き込むような絞りを入れつつ、後端から一気に張り出しをプラス。 オーバーフェンダー風のリヤフェンダーへとスムーズに繋げる。 リヤエアロは左右コーナーに装着するリヤスパッツと、純正のロアバンパーカバー(黒い部分)に下から被せるリヤバンパーガーニッシュで構成。 バンパーガーニッシュはフローティングディフューザーっぽく見えて新鮮だ。 ヤリスはスチールホイールが標準装備なので、 アルミホイールに履き替えるだけでもかなり雰囲気は変わるはず。 NO CAPTION さらに高級感を出したいなら、ヘッドランプガーニッシュ、ミラーガーニッシュ、ドアハンドルガーニッシュがオススメ。 美しいメッキの輝きがワンランク上のクルマのように仕立ててくれる。 内装系も充実。 レトロちっくな縦パターンのステッチも見どころだ。 キャメルウッドのインテリアパネルセットと組み合わせれば、お洒落に室内を統一できる。 他にもムラなく全面が発光するLEDルームランプや、LEDライセンスランプも設定。 全商品、それぞれ単体で購入可で、エアロは素地(未塗装)と塗装済みから選べる。 ワークス系2ブランドがヤリスの個性を際立たす トヨタ・ヴィッツの後継モデルとして2020年2月から販売開始となるトヨタ新型「ヤリス」。 もともと、ヴィッツの輸出名がヤリスで、モデルチェンジを機にそのネーミングを国内でも使用することになった。 そのような新型ヤリスの発売に先駆けてトヨタワークスとなる「モデリスタ」「TRD」の2ブランドから早くもパーツ情報をゲット。 いずれもディーラーで購入できる。 モデリスタといえば、スタイリッシュな街乗り向けのパッケージ。 一方でTRDは「GRパーツ」ということで、明確なスポーティコンセプトで作られている。 ドレスアップ志向ならモデリスタ、走りの雰囲気を求めるならTRD、といったところだろう。 それでは、その違いをみていこう。 【モデリスタ】 スタイリッシュなフォルムを実現 まずはモデリスタ。 エアロはフロントスポイラー・サイドスカート・リヤスパッツ・リヤバンパーガーニッシュの4点。 いずれも上から被せるタイプで、違和感なくスタイルアップできるようボディラインに合わせた造形になっている。 それでいて「代わり映え感」もしっかりあるのはさすが。 なかでもフロントは要注目。 ヤリスの純正バンパーは中央のブラックアウトされた部分が下端まで繋がっているため、見方によってはボトムまわりが少々物足りない。 だがフロントスポイラーを付けることで、ボディ色の「下あご」ができ、安定感のあるマスクになる。 また、左右に配されたメッキガーニッシュの効果も大。 視覚的なローフォルムを演出してくれる。

次の

【トヨタ ヤリス 新型】TRD、各種GRパーツを発売

ヤリス trd

ワークス系2ブランドがヤリスの個性を際立たす トヨタ・ヴィッツの後継モデルとして2020年2月から販売開始となるトヨタ新型「ヤリス」。 もともと、ヴィッツの輸出名がヤリスで、モデルチェンジを機にそのネーミングを国内でも使用することになった。 そのような新型ヤリスの発売に先駆けてトヨタワークスとなる「モデリスタ」「TRD」の2ブランドから早くもパーツ情報をゲット。 いずれもディーラーで購入できる。 モデリスタといえば、スタイリッシュな街乗り向けのパッケージ。 一方でTRDは「GRパーツ」ということで、明確なスポーティコンセプトで作られている。 ドレスアップ志向ならモデリスタ、走りの雰囲気を求めるならTRD、といったところだろう。 それでは、その違いをみていこう。 【モデリスタ】 スタイリッシュなフォルムを実現 まずはモデリスタ。 エアロはフロントスポイラー・サイドスカート・リヤスパッツ・リヤバンパーガーニッシュの4点。 いずれも上から被せるタイプで、違和感なくスタイルアップできるようボディラインに合わせた造形になっている。 それでいて「代わり映え感」もしっかりあるのはさすが。 なかでもフロントは要注目。 ヤリスの純正バンパーは中央のブラックアウトされた部分が下端まで繋がっているため、見方によってはボトムまわりが少々物足りない。 だがフロントスポイラーを付けることで、ボディ色の「下あご」ができ、安定感のあるマスクになる。 また、左右に配されたメッキガーニッシュの効果も大。 視覚的なローフォルムを演出してくれる。 サイドスカートは前から後ろに向かって内側に引き込むような絞りを入れつつ、後端から一気に張り出しをプラス。 オーバーフェンダー風のリヤフェンダーへとスムーズに繋げる。 リヤエアロは左右コーナーに装着するリヤスパッツと、純正のロアバンパーカバー(黒い部分)に下から被せるリヤバンパーガーニッシュで構成。 バンパーガーニッシュはフローティングディフューザーっぽく見えて新鮮だ。 ヤリスはスチールホイールが標準装備なので、 アルミホイールに履き替えるだけでもかなり雰囲気は変わるはず。 NO CAPTION さらに高級感を出したいなら、ヘッドランプガーニッシュ、ミラーガーニッシュ、ドアハンドルガーニッシュがオススメ。 美しいメッキの輝きがワンランク上のクルマのように仕立ててくれる。 内装系も充実。 レトロちっくな縦パターンのステッチも見どころだ。 キャメルウッドのインテリアパネルセットと組み合わせれば、お洒落に室内を統一できる。 他にもムラなく全面が発光するLEDルームランプや、LEDライセンスランプも設定。 全商品、それぞれ単体で購入可で、エアロは素地(未塗装)と塗装済みから選べる。 ワークス系2ブランドがヤリスの個性を際立たす トヨタ・ヴィッツの後継モデルとして2020年2月から販売開始となるトヨタ新型「ヤリス」。 もともと、ヴィッツの輸出名がヤリスで、モデルチェンジを機にそのネーミングを国内でも使用することになった。 そのような新型ヤリスの発売に先駆けてトヨタワークスとなる「モデリスタ」「TRD」の2ブランドから早くもパーツ情報をゲット。 いずれもディーラーで購入できる。 モデリスタといえば、スタイリッシュな街乗り向けのパッケージ。 一方でTRDは「GRパーツ」ということで、明確なスポーティコンセプトで作られている。 ドレスアップ志向ならモデリスタ、走りの雰囲気を求めるならTRD、といったところだろう。 それでは、その違いをみていこう。 【モデリスタ】 スタイリッシュなフォルムを実現 まずはモデリスタ。 エアロはフロントスポイラー・サイドスカート・リヤスパッツ・リヤバンパーガーニッシュの4点。 いずれも上から被せるタイプで、違和感なくスタイルアップできるようボディラインに合わせた造形になっている。 それでいて「代わり映え感」もしっかりあるのはさすが。 なかでもフロントは要注目。 ヤリスの純正バンパーは中央のブラックアウトされた部分が下端まで繋がっているため、見方によってはボトムまわりが少々物足りない。 だがフロントスポイラーを付けることで、ボディ色の「下あご」ができ、安定感のあるマスクになる。 また、左右に配されたメッキガーニッシュの効果も大。 視覚的なローフォルムを演出してくれる。

次の