おすすめ iphone。 iPhoneユーザーならこれ!イヤホンのおすすめ人気ランキング10選

【2020年】iPhoneを買うならどれが一番おすすめ?最新モデル徹底比較!

おすすめ iphone

iPhoneは毎年最新モデルが発売されますが、どれがおすすめ機種か迷いますよね。 現在の最新iPhoneは2019年は発売されたと2020年に発売されたです。 以前なら新型iPhoneに飛びついていた方も多いと思いますが、最近は性能の伸びも昔ほど著しくなく、前の機種でも十分なことが多いです。 また、新型が発表されると前回発売された機種は 大幅な値下げが行われるので新型を買うよりお得な場合も多いです。 この記事ではApple製品大好きな私が 今買うべき、iPhoneのおすすめ機種を選び方と性能・サイズ・価格を徹底比較 して紹介します。 どのiPhoneを購入するか迷っている方はぜひ参考にしてください。 8インチ有機ELディスプレイ搭載• 広角+望遠のデュアルカメラ搭載• ガラスとステンレスボディ• 明暗差を綺麗に撮れるスマートHDRを初搭載• 2mの防水性能 iPhone XRのポイント 2018年に発売されたiPhone XRは価格を抑えた廉価版と言う形で登場しました。 廉価版ですがiPhone XSと同じCPUチップを搭載し、スマートHDRといったカメラ機能も使えます。 後継モデルはiPhone 11になりますが、iPhone 11が発売された今でも公式ストアにラインナップとして残っています。 価格は安くなっていますが、今購入するのであれば iPhone 11がおすすめです。 1インチ液晶ディスプレイ搭載• 広角のみのシングルカメラ• ガラスとアルミニウムボディ• 明暗差を綺麗に撮れるスマートHDR搭載• 充実した基本スペックとコンパクトなボディで、今でも人気のあるモデルでしたが、iPhone SE(第2世代)が登場してからApple公式サイトから姿を消しました。 iPhone 8と8 Plusの違いは画面の大きさ以外に、カメラの数が違います。 現在は全く同じサイズで高スペックのiPhone SE(第2世代)があるので買うメリットはありません。 iPhone選びで最も大事なのは自分の使い方に合うiPhoneを選ぶことです! ランキングに入っているiPhoneであればどれを選んでも満足できるので、その中で自分の使い方に合う機種を選んでください。 第1位 iPhone 11 最もおすすめのiPhoneは2019年に発売した最新モデル「」です。 iPhone 11は価格が抑えられたモデルですが、上位モデルのと同じCPUチップを搭載しています。 その為、動作もサクサク快適に動き、最先端のカメラ機能が使えるので高画質の写真を撮ることも可能。 動画編集や写真の編集もストレスなく行えます。 また、価格が抑えられたことにより価格はより3万円以上も安いです。 「」は超広角カメラも使えて、高画質の写真を撮ることができ、サクサク快適に動いて価格が安くコスパ抜群なので、満足できるiPhone生活を送ることができます! 画面は少し大きいですがiPhone 11を選んでおくと間違いないです はこちら はこちら 第2位 iPhone SE(第2世代) とにかく安くiPhoneを購入したい方は『iPhone SE(第2世代)』がおすすめです。 新型のiPhone SEは性能も良く「防水機能」「Suicaが使える」「高速充電」「ワイヤレス充電」といった主要機能を全て揃えています。 また、現在Apple公式サイトで取り扱っているiPhoneの中で最安というのもポイント! iPhone 11と同じCPUチップを搭載しているので、ゲームや画像編集、ネットも快適に楽しめます。 iPhone端末価格 モデル 64GB 128GB 256GB 512GB 11 Pro Max 119,800円 — 135,800円 157,800円 11 Pro 106,800円 — 122,800円 144,800円 11 74,800円 79,800円 90,800円 — XR 64,800円 69,800円 — — SE 2 44,800円 49,800円 60,800円 — 価格表を見てみると 最新のiPhone 11 Proと比べてiPhone SE(第2世代)は約3分の1の価格で購入することができます。 ストレージも64GBから用意されており、 差額5,000円で128GBモデルが買えるのもポイント。 128GBあれば動画も音楽も思う存分利用できます。 またiPhone SE(第2世代)のスペックがあればゲームも問題なくできますし、 Apple PayでSuicaを使うこともでき、防水にも対応しています。 主要機能はしっかりと抑えたiPhoneなので、バランスがかなりよく、安いiPhoneが欲しい方にベストな選択です。 カメラはシングルですが次世代スマートHDRに対応しているので、十分すぎるぐらいに綺麗な写真が撮れます。 夜景が綺麗に撮れるナイトモードはありませんが、価格が安いiPhoneが欲しい方は迷わずiPhone SEを選びましょう! はこちら はこちら さらに安くしたい方はSIMフリーのiPhone SE(第2世代)を買って格安SIMを使うのがおすすめです。 関連 第3位 iPhone 11 Pro カメラに最もこだわりがある方は『iPhone 11 Pro』がおすすめです。 iPhone史上初のトリプルカメラを搭載「望遠」「広角」「超広角」と、趣向を凝らした様々な写真を撮ることが可能。 やはり最新iPhoneの最上位モデルは 満足感の高い仕上がりです。 上の画像は左から「望遠」「広角」「超広角」で撮った写真です。 同じ場所から撮影した場合これくらいの画角の違いで撮影することができます。 例えば何かの動画を撮る時など、これ以上近づけない時があったりしますが、そんな時にレンズを切り替えることができるので、今まで取れなかった映像を撮ることが可能。 また、動画撮影時はそれぞれのカメラが連携することにより、ビデオ撮影中に他の画角のカメラに切り替えても自然にズームしたような仕上がりになります。 ポートレートモードと次世代のスマートHDR、ナイトモードが凄すぎて 『ガチで一眼レフに匹敵』する画質の写真が撮ることが可能です。 そして外観に関してもステンレスとテクスチャードマットガラスの高級感ある質感や、画面サイズの丁度良さなど全てのiPhoneの中で最高です。 自分に合うiPhoneがベストな選択なのでぜひ参考にしてください。 価格と小ささで選ぶならiPhone SEがおすすめ iPhone SE(第2世代)は価格が5万円以下でかなり安いですが、CPUはiPhone 11 Proと同じ物が搭載されています。 さらに現在発売されているiPhoneの中で最もサイズが小さいのもiPhone SE(第2世代)です。 最近のiPhoneはサイズが大きく重たい機種が多いので、iPhone SEは小さいスマホが欲しい方にも最もおすすめできます。 性能も良く快適に使えて、カメラも綺麗に撮れるので小さくて安いiPhoneが欲しい方はiPhone SEが1番おすすめです。 価格は8万円以下• 搭載されている機能・CPUはiPhone 11 Proと同じ はこちら スペックで選ぶならiPhone 11 Proがおすすめ 価格は高いですが最高スペックのiPhoneが欲しい方はiPhone 11 Proがおすすめです。 iPhone史上初のトリプルカメラを搭載しており、やはり望遠カメラがあると遠くの写真が撮れて便利なことがあります。 新たに搭載された「すりガラス」のテクスチャードマットガラスも高級感があり、サイドフレームにはステンレスが使用されているので、他のスマホと比べてもかなり質感が良いです。 重量が重く価格が高い欠点はありますが、最高スペックのiPhoneを使いたい方はiPhone 11 Proがおすすめです。 目次(読み飛ばしガイド)• iPhoneのスペック・性能を比較 iPhone 8以降に発売されたiPhoneのスペックを項目ごとに比較していきます! 比較項目は大きく分けて基本性能・カメラ性能・その他の機能です。 ここでの比較を見ればそれぞれのiPhoneの違いがよくわかるので是非参考にしてください。 それぞれの項目について詳しく比較・紹介していきます。 価格を比較 まず一番気になるのは価格ですよね!それぞれのモデルと容量ごとにまとめ比較しました。 モデル 64GB 128GB 256GB 512GB 11 Pro Max 119,800円 — 135,800円 157,800円 11 Pro 106,800円 — 122,800円 144,800円 11 74,800円 79,800円 90,800円 — XR 64,800円 69,800円 — — SE 2 44,800円 49,800円 60,800円 — これは全て税抜きの価格なので税込にするとiPhone 11 Proはかなり高く感じます。 そしてiPhone SE(第2世代)とiPhone 11 Proの価格差は62,000円もあります。 価格差がこれだけあればiPhone SEとiPadもしくはApple Watchが購入することができるので、iPhoneを購入する時には、自分が欲しいiPhoneの価格を比較することも大切です。 公式サイトで価格をチェック• iPhone SE(第2世代) 画面サイズが大き方がネットの閲覧や動画の閲覧など快適に使用することができます。 しかし画面サイズが大きくなると本体サイズが大きくなり持ち運びや操作性が悪くなります。 ホームボタンが無いiPhoneはサイズ感そのままにディスプレイサイズが大きくなっているので、画面サイズは大きい方が良いけど、サイズは大きくして欲しくないという方は ホームボタン無し(ベゼルレスデザイン)のiPhoneがおすすめです! iPhoneのサイズ比較 モデル インチ 高さ 幅 厚さ 重量g 11 Pro Max 6. 5 158. 0 77. 8 8. 1 226 11 Pro 5. 8 144. 0 71. 4 8. 1 188 11 6. 1 150. 9 75. 7 8. 3 194 XS Max 6. 5 157. 5 77. 4 7. 7 208 XS 5. 8 143. 6 70. 9 7. 7 177 XR 6. 1 150. 9 75. 7 8. 3 194 SE 2 4. 7 138. 4 67. 3 7. 3 148 8 Plus 5. 5 158. 4 78. 1 7. 5 202 8 4. 7 138. 4 67. 3 7. 3 148 7 Plus 5. 5 158. 2 77. 9 7. 3 188 7 4. 7 138. 3 67. 1 7. 1 138 サイズをまとめました。 iPhoneは日頃から常に持ち歩くものなので、 快適性やサイズ感をしっかり確認し自分にピッタリなモデルを見つけてください。 また、iPhone SE(第2世代)とiPhone 8は全く同じサイズです。 今小さいiPhoneを買うならがおすすめ。 iPhone 6 PlusとiPhone XS Maxを並べるとこんな感じ。 実際に使用していると本体サイズに違いは感じないですが、画面の大きさが見た目以上に違いを感じます。 ベゼルレスデザインだと同じサイズ感でも画面の大きさが全然違うので使っていてとても快適です。 上の写真は左から「4. 7インチ(SE)」「5. 8インチ(11 Pro)」「6. 1インチ(11)」「6. 5インチ(Max)」の iPhoneです。 表示できる範囲が異なるので、どれくらい表示できる範囲に違いがあるのかも参考にしてください。 画面サイズが大きい方が電子書籍を読む時や、動画を見るときに快適です。 iPhoneの持ちやすさを比較 左から「SE」「11 Pro」「11」「XS Max」 iPhoneのサイズで特に気になるのが持ちやすさですよね。 次はiPhoneの持ちやすさを比較します! 持ちやすさ(片手操作)を評価で表すとこんな感じ。 星が多いほどコンパクトで操作性が良いです。 iPhone 11に搭載されているA13 Bionicと他のスマホのCPUを比べるとこんな感じです。 バッテリー性能 バッテリー性能に関しても気になるところですよね。 バッテリーに関してはバッテリー技術には現在のところ限界があるので、ソフト面で電池の持ちをよくしています。 なのでバッテリー革命が起こらない限り劇的に電池持ちが向上するということはありません。 バッテリー性能比較 モデル 連続通話時間 ビデオ再生 (ワイヤレス) オーディオ再生 11 Pro Max — 最大20時間 最大80時間 11 Pro — 最大18時間 最大65時間 11 — 最大17時間 最大65時間 XS Max 最大25時間 最大15時間 最大65時間 XS 最大20時間 最大14時間 最大60時間 XR 最大25時間 最大16時間 最大65時間 SE 2 最大14時間 最大13時間 最大40時間 8 Plus 最大21時間 最大14時間 最大60時間 8 最大14時間 最大13時間 最大40時間 7 Plus 最大21時間 最大14時間 最大60時間 7 最大14時間 最大13時間 最大40時間 バッテリーは本体サイズの大きな『Plus・Maxシリーズ』のほうが積めるバッテリーが大きくなるので電池持ちはよくなります。 この中では 最新のiPhone 11シリーズが飛躍的にバッテリー性能が向上しており、前モデルと比べて以下のようになっています。 iPhone 11• iPhone Xs Max• iPhone Xs• iPhone X• iPhone 8 Plus• iPhone 7 Plus デュアルカメラは二つの焦点距離が違うレンズを搭載していることにより、撮影する距離を選ぶことができます。 今までのiPhoneはデジタルズームと言ってただ画質を粗くしてズームしているだけでしたが、二つのレンズを搭載したことによって光学ズーム。 つまり 画質の劣化なくズームすることが可能になりました。 さらに二つのカメラを使ってポートレートモードという撮影方法が可能になっています。 ポートレートモードは二つのカメラを使って 背景を綺麗にボカしつつ被写体を引き立たせることができ、一眼レフカメラで撮ったような背景がボケた写真を撮ることができます。 また、iPhone 11のみ広角レンズと超広角レンズを搭載しています。 左:超広角、右:広角 iPhone 11は他のデュアルカメラを搭載しているiPhoneと違い、光学ズームはできませんが、広々とした写真を撮ることができます。 写真の左側が通常のカメラで撮影した写真で、右側が超広角カメラで撮影した写真です。 iPhone 11 Pro 超広角カメラで撮影 こんな広い画角の写真がiPhoneで撮れるって凄すぎです! ずっと超広角の写真が撮りたかったのでiPhone最高!!って感じです。 超広角カメラを搭載しているはこちら iPhone 11 Proはトリプルレンズ搭載 iPhone 11 ProはiPhone史上初となる トリプルカメラを搭載しました! 搭載しているカメラは『超広角』『広角』『望遠』となっており、3種類の画角で写真を撮ることが可能。 全てのカメラで12MPの画素数で撮ることができるので、カメラ好きには堪らない仕様となっています。 カメラが好きな方はiPhone 11 Proが最もおすすめです! それぞれの画角を並べるとこんな感じ。 8 — 背面のメインカメラをまとめるとこのようになります。 12MPはよく見る表記だと1200万画素のことで、 画素数はこれだけあれば十分なレベルで、逆に言うとこれ以上必要ないとも言えます。 単純に画素数が良ければ、画質が良いと思いがちですが、 画素数と画質は違います。 例えばピンボケした画像も、スッキリした綺麗な画像も、同じ画素数で撮った写真なら同じ画素数の写真です。 画素数は単純に印刷可能な用紙サイズを表しているものだと思えばわかりやすいです。 用紙サイズごとに必要な画素数というのが決まっていて、 1200万画素だとA4サイズに綺麗に印刷できる画素数です。 また、 F値は値が小さいほど明るいレンズで、値が小さいほうが暗い場所の撮影に強くなります。 光学ズーム デジタル ズーム 手ブレ 補正 11 Pro Max 2倍 (ズームイン・アウト) 10倍 光学式 11 Pro 2倍 (ズームイン・アウト) 10倍 光学式 11 2倍 (ズームアウト) 5倍 光学式 XS Max 2倍 10倍 光学式 XS 2倍 10倍 光学式 XR — 5倍 光学式 SE 2 — 5倍 光学式 8 Plus 2倍 10倍 光学式 8 — 5倍 光学式 7 Plus 2倍 10倍 光学式 7 — 5倍 光学式 ズームはiPhone 11 Proのみトリプルカメラを搭載しているので、ズームイン(望遠)とズームアウト(超広角)に切り替えることができます。 また、iPhone 11は望遠と広角の組み合わせではなく、超広角と広角カメラの組み合わせなのでズームアウト(超広角)で撮影することが可能です。 手ブレ補正はどのモデルも『光学式』となっていますが、絶対に光学式がいいです。 光学式は 実際にレンズが動いて手ブレを補正してくれるという機能です。 デュアルレンズを搭載しているiPhoneは2つのレンズともに光学式手ブレ補正を搭載しているのでどの画角でも手ブレ補正が働いてくれます。 apple. 4からf16まで 被写界深度が変えられるようになりました。 MEMO 新しいポートレートモード搭載iPhone• iPhone SE(第2世代)• iPhone 11• iPhone XR 簡単にいうとポートレートモードで撮った写真の 背景のボケ具合を直感的に変えられるということです。 思いっきりボカしたい時はF値を小さくして、背景をボカしたくないときはF値を大きくするとボケ具合を調整できます。 まさに一眼レフカメラ顔負けの機能で、A12 BionicのおかげでiPhone Xよりも自然なボケ感となり写真性能がさらに向上しました。 また『ポートレートライティング』では撮影前後どちらでも照明エフェクトを変更することができます。 自分好みのライティングに調整できるので写真の表現力が広がります。 ナイトモードでは、インテリジェントなソフトウェアとA13 Bionicを使って、これまでのiPhoneではできなかった低光量での撮影ができます。 撮影はすべて自動。 でも、細部を一段と強調したり、ノイズを一段と減らすなど、手動でのコントロールも試せます。 apple. ナイトモードは必要に応じて自動でオン・オフしてくれるので、難しいことを考えなくてもシャッターを押すだけで夜景などの写真も綺麗に撮れるようになります。 カメラが自動でナイトモードをオンオフ• 光学式手ブレ補正が動作• 複数の写真を撮影• ソフトが瞬時に画像処理• 高画質画像の完成 プロの写真家が行っている、高いカメラを使って撮影した画像をパソコンで編集するという工程を、iPhoneが全て自動で行ってくれます。 最近のスマホはカメラ機能が大きく進化していましたが、まだまだ暗い場所の撮影はイマイチでした。 iPhone 11シリーズは新たなナイトモード機能によって更に大きくカメラ機能が進化しましたね。 左:iPhone 11 Pro、右:iPhone 6S ナイトモードを搭載したiPhone 11 Proと、ナイトモードを搭載していないiPhone 6Sを比べるとここまでの差があります。 新たにステレオ録音が可能に iPhone XS以降のiPhoneは新たにステレオ録音が可能になりました。 ステレオ録音は臨場感のある音が録音可能になり 今までよりもより高音質に音を録ることが可能です。 距離感を感じる臨場感のある音でよりクオリティの高い動画が撮影できるということですね。 2 1080p HD FaceTime HDカメラ フロントカメラの大きな違いは『TrueDepthカメラ』でこれはAppleが開発しiPhone Xに初めて搭載してカメラで 顔認証に使われています。 このカメラには様々なセンサーが搭載されており、顔の傾きや表情なども高精度で読み取ることができます。 また、iPhone 11シリーズは フロントカメラの画素数が12MPにアップしています! その他にもフロントカメラでスローモーション映像を撮れるなどの進化点があります。 カメラ性能まとめ カメラが好きだ好きで堪らない筆者からすると、 カメラ性能で選ぶなら間違いなく最新のiPhoneです!! 普段は一眼レフカメラで写真を撮っているのですが、iPhone XS Maxを購入してからはiPhoneで撮ることもかなり増えました。 新ポートレートモードとスマートHDR、そしてiPhone 11シリーズに初めて搭載された ナイトモードがまじでヤバいです。 また、スペックではわからないですが新型iPhoneのイメージセンサーは従来のものより大きくなっており、かなり画質が向上しています。 カメラにこだわりがある方は高いお金を払ってでもiPhone 11シリーズを購入するのがおすすめです。 カメラの性能を詳しくまとめた記事はこちら• iPhone 11・・・IP68等級 水深2メートルで最大30分間の耐水性能• iPhone 11 ProはIP68等級ですが水深4mの耐水性能があるのがポイント。 なので今回比較したiPhoneは全て防水・防塵機能を有しています。 IP67とは、防塵性能が6等級、防水性能が7等級ということで、 6等級の防塵性能は最もレベルが高く、「粉塵が内部に侵入しない」とされています。 そして 7等級の防水性能は最高等級の8より一段階低く「規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない」とされています。 一応Appleは防水ではなく耐水と記載しているので「過度に期待するのはやめてください」ということなのでしょうけど、正直これだけあれば十分ですよね。 水中で使おうとは思わないですし、ちょっと濡れても大丈夫という安心感があれば全然違います。 Apple PayでSuicaが使える iPhoneでApple Payを使いSuicaを使用する為には日本独自の電子マネー規格・FeliCaに対応している必要があります。 これは iPhone 7以降の発売されたiPhoneに搭載されている機能です。 Suicaとして改札を通ることもできますし、コンビニでの支払いも簡単です。 iPhone一つあれば財布が要らないほど便利な機能なのでこれは絶対にあったほうが良いですね。 地方だとそれほど魅力を感じませんが、都市部だとほぼ必須の機能です。 またiPhone XS以降のiPhoneは エクスプレスカードに登録した1枚のみバッテリーが切れても一定時間使用することができる予備電力機能付きです。 万が一バッテリーが切れても改札を通ることができるので心強いですよね。 iPhone SE(第2世代)• iPhone 11 Pro Max• iPhone 11 Pro• iPhone 11• iPhone XS• iPhone XS Max• iPhone XR Touch ID・Face ID iPhoneには顔認証を使ったFace IDと、指紋認証を使ったTouch IDがあります。 Touch IDはホームボタンを搭載したiPhoneのみ利用可能で、マスクを付けていても使えるメリットがあります。 逆にFace IDに対応したiPhoneはホームボタンがないので、サイズ感そのままに画面が大きいのがメリット。 Face ID対応iPhoneならiPhone 11シリーズ、Touch IDが良い方はiPhone SE(第2世代)がおすすめです! AirPodsがあればイヤホンジャックは必要ないです! ワイヤレス充電 iPhone 8以降に発売されたiPhoneはQi規格ワイヤレス充電が可能です。 置くだけで充電できるのは便利ですよね。 この記事でおすすめしているiPhone 11シリーズ、iPhone SEには ワイヤレス充電機能が備わっているので安心してください。 デュアルSIM対応 iPhone Xs以降のモデル(iPhone SE(第2世代)、iPhone 11 シリーズ、XS Max、XS、XR)ではデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)に対応しています。 これにより海外へ行く際にもシムカードを入れ替えることなく、現地のSIMを利用できるなどのメリットがあります。 国内で使う人もをサブ回線として利用できるなど、使うことが無い人も多いですが、1台のiPhoneで2つの回線が使えるので、あると便利な機能です。 こちらもこの記事でおすすめしているiPhone 11シリーズ、iPhone SEはデュアルSIMに対応しています。 3Dタッチ 今回比較したiPhoneの中だと最新の『iPhone SE(第2世代)』と『iPhone 11シリーズ』、『iPhone XR』は3D Touchに対応していません。 ただし、長押しで同等ことができるようになっているのでそれほど気にする必要はありません。 3D Touchを搭載していないiPhoneでもLINEを既読せずにトークルームを見ることができ、キーボードのカーソルをトラックパッドのように楽々移動させることもできます。 以前は気にする方が多かったですが、今は3D Touchが搭載されていなくても気にする必要はありません。 項目 iPhone 11 Pro iPhone 11 iPhone XS iPhone XR iPhone SE (第2世代) 発売日 2019年 2019年 2018年 2018年 2020年 価格 64GB:106,800円 256GB:122,800円 512GB:144,800円 64GB:74,800円 128GB:79,800円 256GB:90,800円 キャリアのみ販売中 64GB:64,800円 128GB:69,800円 64GB:44,800円 128GB:49,800円 256GB:60,800円 ディスプレイ 5. 8インチ Super Retina XDR 2,436 x 1,125 最大輝度800ニト 触覚タッチ 6. 1インチ Liquid Retina HD 1,792 x 828 最大輝度625 触覚タッチ 5. 8インチ Super Retina HD 2,436 x 1,125 最大輝度625 3D Touch 6. 1インチ Liquid Retina HD 1,792 x 828 最大輝度625 触覚タッチ 4. 1 188g 150. 3 194g 143. 7 177g 150. 3 194g 138. 2絞り値 1080p HDビデオ撮影 ビデオ 4Kビデオ撮影 (24・30・60fps) 2倍の光学ズームイン 2倍の光学ズームアウト 最大6倍のデジタルズーム ステレオ録音 4Kビデオ撮影 (24・30・60fps) 2倍の光学ズームアウト 最大3倍のデジタルズーム ステレオ録音 4Kビデオ撮影 (24・30・60fps) 2倍の光学ズームイン 最大6倍のデジタルズーム ステレオ録音 4Kビデオ撮影 (24・30・60fps) 最大3倍のデジタルズーム ステレオ録音 4Kビデオ撮影 (24・30・60fps) 最大3倍のデジタルズーム その他の機能比較表 項目 iPhone 11 Pro iPhone 11 iPhone XS iPhone XR iPhone SE (第2世代) 認証方法 Face ID Face ID Face ID Face ID Touch ID Suica 対応 対応 対応 対応 対応 オーディオ再生 空間オーディオ再生 空間オーディオ再生 よりワイドに広がるステレオ再生 よりワイドに広がるステレオ再生 ステレオ再生 ワイヤレス充電 対応 対応 対応 対応 対応 高速充電 対応 対応 対応 対応 対応 バッテリー ワイヤレスビデオ再生 最大18時間 最大17時間 最大14時間 最大16時間 最大13時間 SIMカード デュアルSIM (nano-SIMとeSIM) デュアルSIM (nano-SIMとeSIM) デュアルSIM (nano-SIMとeSIM) デュアルSIM (nano-SIMとeSIM) デュアルSIM (nano-SIMとeSIM) カラー ミッドナイトグリーン シルバー スペースグレイ ゴールド パープル イエロー グリーン ブラック ホワイト PRODUCT RED シルバー スペースグレイ ゴールド ブルー ホワイト ブラック イエロー コーラル PRODUCT RED ホワイト ブラック PRODUCT RED スペックを表にまとめるとこんな感じです。 改めて紹介しますが今購入するのであれば以下のiPhoneがおすすめです。 iPhoneの予約はオンラインがおすすめ! 新型iPhoneを発売日に手にするには事前予約が大切です!忘れずに予約するようにしましょう! またiPhoneを キャリアで購入する場合は 絶対に各キャリアの公式オンラインショップでの購入がおすすめです。 知らないと損することになるのでオンラインショップについてのメリットもあわせて紹介します。 先にメリット・デメリットをまとめるとこんな感じ。 初期設定は自分で行う• 料金体系を質問できない• ショップで並ぶ必要がない iPhoneの予約はソフトバンク・au・ドコモの各キャリアのショップのほか、家電量販店などの店頭でも予約・購入ができますが、 店頭は常に混雑しており待ち時間も長いです。 オンラインならパソコンやスマホからどこからでも予約・購入が可能で24時間手続きができ、 予約・購入にかかる時間は15分程です。 待ち時間がなく24時間注文できるのはかなりのメリットです。 手数料が無料 通常ショップで新規契約・機種変・MNPをすると手数料が2,000円〜3,000円必要になりますが、 オンラインショップで新規契約・機種変・MNPをすると手数料は無料です! 待ち時間もなく、手数料が安いのでオンラインショップはかなりメリットが大きいのです。 古いiPhoneからのデータ移行• SIMカードの挿入• 開通手続き 以前からiPhoneを使っている方は難しい作業ではありませんし、説明書を見ながら簡単に行うことができるので不安に思うことはありません。 料金体系などを質問できない ショップであればスタッフの詳細を聞くなど対人で手続きを進めることができますが、オンラインは自分で調べて契約を行う必要があります。 わかりやすくまとめられていますが、携帯料金のプランは複雑で不安があった時に質問できないのはデメリットですね。 しかし、 もしわからなければチャットや電話で問い合わせることができるので、そこまで不安に思うことはありません。 また、店員さんが思ったより理解していない場合もあるのでネット関係が得意な方であればオンラインの方がいいです。 オンラインのメリットについての記事はこちら 公式オンラインショップはこちら オンラインショップ限定のキャンペーンが開催されていることもあるので、ぜひ覗いてみてください。 カラーのチェックや料金のシミュレーションも簡単にできます。 月額料金を抑えてワンランク上のiPhoneを購入したり、Apple Watchを購入することができたりと、選択の幅が広がるので興味のある方はぜひ参考にしてください。 おすすめの格安SIMはです。 通信速度が速く、サポートも手厚いので格安SIMのデメリットが実質無いと言えます。 「iPhoneおすすめ機種を紹介!スペックの比較と選び方」でした。 最後までお読み頂きありがとうございます。 気になるところがあれば読み飛ばしガイドを使ってチェックしてみてください!.

次の

iPhoneは格安SIMが安い!おすすめキャリアの最新比較ランキング!

おすすめ iphone

高速充電する為の条件• USB PDに対応しているケーブルを使う• 18W以上のUSB-C電源アダプタを使う iPhoneに付属しているのこの充電器は5Wなので高速充電を行うことができません。 5W USB電源アダプタ iPhone 11 Pro付属の充電器は高速充電対応 左:iPhone 11に付属している充電器 右:iPhone 11 Proに付属している充電器 iPhone 11 ProやiPhone 11 Pro Maxには高速充電に対応した充電器とケーブルが付属されています。 その他のiPhoneに付属しているケーブルと充電器ではiPhoneを高速充電できないので注意が必要です。 こちらが高速充電に対応した「USB-C — Lightningケーブル」と「18W USB-C電源アダプタ」です。 この記事では 純正以外の高速充電に対応したおすすめの充電器を紹介します! 高速充電のポイントをまとめるとこんな感じ。 W数が大きくなるほど速く充電できる• W数が大きくなるほどサイズが大きくなる• ポート数が多いと便利だがサイズは大きくなる Anker PowerPort III mini 「」は僕が選ぶ コンパクトな高性能充電器のベストで持ち運びに最適です。 さらに最大出力が30Wもあるので、iPhoneだけでなく、MacBookやMacBook Airなどのパソコンも充電することが可能。 ポートは1つしかありませんが、これ1台で対応できるデバイスが多く頼りになる充電器です。 見た目が良く、プラグが折りたためるというのもポイント。 ちなみに改善前のモデル「」はプラグの折りたたみができず、プラグが剥き出しなので大きく改善されています。 Anker PowerPort Atom III Two Ports USB PDによる高速充電も魅力的ですが、やはり従来のUSB-Aも使いたいですよね。 そんな方におすすめなのが「」です。 「」は2ポートタイプで USB-Cが最大45W、USB-Aが最大15Wの出力となっています。 USB-Cは最大45WなのでMacBook Proなどのハイパワーが必要なパソコンの充電も問題なく可能です。 USB-Aのほうも最大15Wで、PowerIQ 2. 0に対応しているので充電するデバイスに適切な電流に自動で調整してくれます。 また、2ポート接続時は最大60Wの出力が可能なので同時に接続しても電力に制限はありません。 これ1台で万能に使えるので旅行の時など荷物を減らしたい時に最適です。 出力は USB-Cが最大30W、USB-Aは各ポート最大12Wで、PowerIQに対応しているので、充電するデバイスに適切な電流に自動で調整してくれます。 「」はiPhoneを急速充電することもでき、従来のUSB-Aポートが4つもあるので、もう家でコンセントの取り合いをする必要はありません。 ポート数が多い充電器は価格も高くなりがちですが、「」は価格も手頃なので多くのポート数が欲しいという方におすすめです。 また、PowerIQを搭載しているので各デバイスにあった適切な電流で早い充電が可能です。 上側:18W• 下側:60W• ポートによって出力が違うのが使いやすいですね。 MacBook Pro 16インチに付属されている60W充電器よりも小型で、コンパクトながらUSB-Cが2ポート搭載しているのも特徴です。 価格も手頃なのでパソコンとスマホを同時に充電したい方におすすめです。 Anker PowerPort Atom III Slim は世界最薄モデルのUSB PDに対応した充電器です。 最大出力は30Wで1ポートのみ搭載しています。 薄さは僅か1. 6cmとしかなくポケットにも入る大きさです。 延長コードなどで使う時は隣のコンセント口と干渉する可能性がありますが、隙間が薄い壁のコンセントでは重宝します。 薄型で他の充電器とは違うデザインの良さがあるので、変わった充電器が欲しい方、鞄の隙間に収納したい方におすすめです。 iPhoneの高速充電におすすめの充電ケーブル iPhoneを高速充電する為には USB PDに対応したケーブルが必要です。 高速充電する為にはケーブルも合わせて購入する必要があるので、ぜひチェックしてください。 Apple USB-C — Lightning ケーブル 「」はApple純正のUSB PDに対応したLightningケーブルです。 純正の物は高いという印象がありますが、ケーブルであれば手頃な価格で購入できます。 やはり純正ならではのデザインの統一性があるのでApple製品が好きな方におすすめのケーブルです。 また、iPhoneに付属している通常のLightningケーブルより ケーブルの太さが太くなっています。 充電器のサイズ• 充電器のポート数• 目的に応じた充電器選びが大切です。 それぞれについて詳しくチェックします! 充電器のサイズを確認しよう 充電器のサイズって違うの?と思うかもしれませんが、充電器のサイズは大きく違います! 特に最近は各社しのぎを削って小型化に力を入れているので、 充電速度は速いがサイズが小さいという魅力的な充電器が多いです。 最初から付属している充電器よりもコンパクトなのでおすすめ。 左の充電器は30Wの「」 右の充電器はiPhoneに付属している5Wの充電器です。 出力が大きく違うのにあまり大きさは変わらないですよね。 このように充電器には様々なサイズがあるので目的に応じたサイズ選びも大切です。 基本的に出力が大きくなるほど大型になってきます。 複数のポートを搭載した充電器も便利 スマホに付属している充電器はポートが1つしか搭載されていません。 その為、家族とコンセントを取り合ったり、旅行時のホテルで不便な思いをすることもありますよね。 1台持っていると便利なのが 複数のポートを搭載している充電器です。 これだけポートがあれば「タブレット」「スマホ」「ゲーム」「Apple Watch」全てを同時に充電することが可能。 コンセントが1つからこれだけ取り出せるので旅行の時や、机に充電ステーションを作るのに最適です。 AndroidスマホもギャラクシーやXperiaなどが対応しており、今後の主流となる充電規格です。 Quick Chargeとは Quick Charge(クイックチャージ)はアメリカのQUALQUALCOMM社が開発したスマホやタブレットを高速で充電できる充電規格です。 通常のUSB充電の電圧は5Vですが、Quick Charge 3. 0であれば3. 6〜20Vまで電圧をデバイスにあった最適な電圧と電流で充電することができます。 主にAndroidスマホがQuick Chargeに対応しており、 iPhoneは対応していません。 高速充電が使えると、いざという時に便利! iPhoneだけではなく、やiPad、パソコン、ゲームの充電にも使えるので1台あると充電環境が快適になります。 せっかく購入するなら失敗しない充電器を選ぶのが良いので、ぜひ参考にしてください。 「【高速充電対応】絶対に買うべきiPhoneのUSB充電器おすすめ8選」でした。 ちなみに僕が普段から愛用している充電器はこの2つです!それぞれ用途に合わせて使い分けています。

次の

おしゃれなiPhoneケースの人気おすすめランキングTOP10!機種別アイフォンケースまとめ【2020年最新版】

おすすめ iphone

NFCには、「TypeA」「TypeB」「FeliCa」の3種類あり、TypeAとTypeBはTASPOや運転免許証に利用され、FeliCaはSuicaやおサイフケータイなどのタッチ決済に利用されています。 海外ではTypeA、TypeBが主流なのですが、日本はFeliCaが広く使われているため、タッチ決済はFeliCaが搭載されているiPhone 7以降から利用できます。 主な使用方法は、Apple Payにクレジットカード情報を読み取り、電子決済として利用する方法一択になります。 また、iOS 11にアップグレードしても結果は変わりません。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPhone を使ってNFCタグに情報を書き込み共有できる NFCタグとは、文字情報やURLなどのデータを保持できる、500円玉程の大きさのチップのことで、NFC機能を使うことでNFCタグにデータを書き込んだり、書き込まれたデータを読み取ったりできるものを指します。 NFCタグを購入し、iPhone に書き込み用のアプリをダウンロードすることで書き込めます。 注意点として、NFCタグの書き込みは、iOS13以上で使用できる、「nfc tools」というアプリを使用することで書き込むことができます。 NFCタグを使ってできること NFCタグは、 iOS11以降から読み取り可能になり、 iOS13から書き込みも可能になりました。 NFCタグは、使い方次第で日頃の小さな手間を省くことができます。 NFCタグを使って何ができるのか、どのような場面で使えるのか、身近な使い方を例にして説明します。 意図したURLを表示させる 電球などの規格の種類が多い製品は、取り換えるときに同じ規格の電球を見つけるのに時間を取ってしまうこともあるかと思います。 このような場合、電球の近くに購入した製品のURLを書き込んだNFCタグを貼っておくと、iPhone でかざすだけで同一の製品を表示できます。 また、家族の伝言板として、冷蔵庫などにNFCタグを張り付けて利用することもできます。 アプリの起動ができる 車載ホルダーにNFCタグを貼ることで、iPhoneをホルダーに置くだけでナビアプリを起動でき、すぐに目的地の指定ができるようになります。 また、NFCタグをキーホルダーに貼って鞄に付けておくことで、電車での通勤時にかざすだけでニュースアプリを見られるようになります。 NFCタグの書き込み方 「NFC Tools」というアプリを使用することで、iPhoneからNFCタグに情報を書き込むことができます。 今回は電話番号をNFCタグに書き込む方法を例に説明します。 「NFC Tools」アプリを起動する• 最初の画面に4つの選択肢があるので、その中から「Write」を選択• 「Add a record」画面から「Phone number」を選択し電話番号を書き込む• 以上の工程を行い、再度NFCタグに使づけると、ホーム画面上に書き込んだ電話番号が表示され、タップすると発信画面に移動します。 今回は工程4で「Phone number」を選択しましたが、他にもMailやAddressなど色々な情報を書き込めます。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPhoneで使えるおすすめNFCタグ3選 これからNFCタグの利用を考えていて、「どのNFCタグを使えばいいのだろう。 」と迷ってしまわないように、はじめてNFCタグを使用するにおすすめのNFCタグを紹介します。 名刺の情報を書き込みたいときや、1つのNFCタグに複数の処理を書き込みたいと考えている方におすすめです。 容量が少ないNFCタグを買って、書き込みたい情報が容量オーバーでできないという心配がなく、安心して使用できます。 NTAG215 NFCタグ 3個セットキーホルダータイプ 上記の2つはシールタイプですが、こちらの商品はキーホルダータイプになっており、「通勤の時に鞄に取り付けて利用したい」など キーホルダーとしての利用を目的としている方におすすめです。 値段も600円とかなり手頃な値段なので、お試しで購入するのにも最適です。

次の