グリード スター ウォーズ。 スター・ウォーズ登場人物一覧

スター・ウォーズ登場人物一覧

グリード スター ウォーズ

『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。 人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。 今回は『スター・ウォーズ』ファンの彼女が、好きなキャラクターについて語る。 * * * 昨年12月、『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード9に当たる新作が公開されました。 私はありがたいことにスター・ウォーズ関連の仕事をよくさせていただいているんですが、「一番好きなキャラクターは?」と聞かれたときはひとまず「ボバ・フェット」と答えることにしています。 実際は1位を選べないほど好きなキャラがたくさんいますが、ジャバ・ザ・ハットにもダース・ベイダーにも尊敬されていて、しかも28語しかしゃべらないのに存在感を放っているボバ・フェットが子供の頃から大好きです。 しかし、大人数に向けて話すとイマイチ盛り上がらないけど、個人的に好きなキャラクターはほかにもいます。 そのひとりが「グリード」。 エピソード4の「宇宙酒場カンティーナ」のシーンに出てくる大量の異星人のなかのひとりで、賞金稼ぎでです。 このシーンにはCGがなく、人形や着ぐるみを使ったアナログな特撮が現実と地続きの不気味さを醸し出しているとても好きなシーンです。 グリードはローディアン族という種族で、皮膚が青緑っぽいターコイズのような色をしているんですが、ぱっと見では「青い着ぐるみを着た人」に見えるんです! この出来には監督のジョージ・ルーカスも「あれ?」と思ったんじゃないでしょうか。 私は味があっていいと思うんですが、ルーカスは味とか関係ない人ですからね。 グリードは話し方もすごく独特で、インカ族の言語をベースにしているそうです。 異星人なのになぜか身近に感じられる理由はそんなところにあるのかもしれません。 ただ、ハン・ソロを殺すためにやって来たのに、あっという間に返り討ちに遭うあたりは、「弱かったんかい!」と思わずツッコみたくなります。 このグリードについてファンの間で必ず話題に上るのが、"ハンが先に撃った"問題。 最初に映画が公開された際は、グリードが撃つ前にハンが銃を撃っていたんですが、1997年公開の特別編ではグリードがハンと同時に銃を持つシーンが挿入されたんです。 「ヒーローのハン・ソロが先に撃つはずがない」という考えからの改変ですね。 2004年のDVD版ではさらに修正が施されており、グリードの弾をハン・ソロが避ける動きが追加されていました。 そして最近になって、さらなる改変が施されていることを知りました。 昨年「ディズニープラス」で見たバージョンでは、銃を上げた瞬間にグリードが「マクランキー!」と叫んでいるんです。 マクランキーってなんぞ!? たぶん、彼の言語で「撃つぞ」くらいの意味なんでしょうけど、ハン・ソロがレイア姫に告白するシーンで「マクランキー」って言わないかなと妄想するくらい、私の中で今ホットなワードです。 ちなみに、このカンティーナのシーンは音楽もいいんです。 ルーカスが作った「ジズ」というジャンルの曲で、ジャズとカリビアンを混ぜた愉快な音楽が流れています。 満員電車の中で酔っぱらいが小競り合いをしていたり、ADさんが理不尽に怒られているような殺伐とした場面に出くわした際に、頭の中でこの音楽を流せば愉快な気分になれてオススメです。 アメリカ人と日本人のハーフで、4歳から14歳までアメリカで育つ。 現在、モデルとして活動するほか、J-WAVE『TRUME TIME AND TIDE』(毎週土曜21時〜)にレギュラー出演中。 ボバ・フェットは、「こんなにカッコいい人がこんな簡単に死ぬわけがない」と思わせる死に方も好き.

次の

ローディアン

グリード スター ウォーズ

そんな中、小説版『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が3月17日に発売される。 今回は過去の小説版も含め、これまであまり知られていない事実をまとめた。 ルーク・スカイウォーカーはレイアにメロメロだった シリーズ第一作目の 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の小説版には、主人公ルークがレイアに対しかなり入れ込んでいる様子が描かれている。 また別の小説 「Star Wars: From the Adventures of Luke Skywalker」ではルークがレイアに夢中になりすぎて、反乱軍のことやハン・ソロとのアドベンチャーのことなどが どうでもよくなっていたと書かれている。 この後に、ルークとレイアは双子の兄弟であったことが明らかになる。 あの偉大なシスのパルパティーンがモノマネをする場面は、想像しただけでも笑えそうだ。 レイの父親はパルパティーンのクローンの失敗作 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の小説版では、パルパティーンがEP6の『ジェダイの帰還』でダース・ベイダーによって殺された後もクローンの体を用意し、肉体を維持していたことが明らかになっている。 しかしこのクローンは、一般的に見ると完全に普通の人間であり、後に彼がレイの父親となったことがわかった。 少年時代のアナキンはあの賞金稼ぎをボコボコにしていた EP4でハン・ソロの首を狙ったが返り討ちにあい殺されたキャラクター、 グリード。 実は彼、EP1の 『ファントム・メナス』の小説版にも少年として登場している。 惑星タトゥイーンにて行われていたポッドレースに参加し、優勝した少年アナキン・スカイウォーカーにグリードが言いがかりをつけケンカになったのだがアナキンに完敗。 このシーンは映画版のためにも撮影されたのだが、劇場公開の際に削除されてしまっていた。 ハン・ソロを襲おうとするグリード novelization CONFIRMS Greedo as another failed Palpatine clone; "Maclunkey" translates to ancient Sith prayer for strength in the Dark Side. — Donavon Bray DonavonBray ジャバ・ザ・ハットがレイアの唇にキスをする 『ジェダイの帰還』で登場した悪役ジャバ・ザ・ハット。 レイアを人質としてとらえたジャバは彼女に鎖をつけ、奴隷として扱っていた。 小説版ではなんとジャバが レイアの唇にキスを無理やりするといった場面が描かれている。 想像するとかなり気持ちが悪く、映画で再現しなかった理由もわかる気がする。 しかしこの前のEP7の『フォースの覚醒』小説版ではレイアがホズニアン星系の破壊を、 フォースを通じて感じている。 ルークの師匠であったオビ=ワン・ケノービも、レイアの出身惑星であるオルデランの破壊をフォースで感じ取ったことがあり、レイアのフォースの強さがうかがえる 約43年間続いたスカイウォーカー家の物語。 小説やアニメ・ドラマ版、スピンオフ、ゲームなども含めるとかなり複雑であり、まだまだ多くの人が知らないこともあるようだ。

次の

スター・ウォーズ登場人物一覧

グリード スター ウォーズ

画像外部リンク 1997年公開の『』の「特別篇」ではがより先に撃ったと描写されているが、1977年のオリジナル版ではハンのみが撃っている。 このクリップは2004年版である。 「 ハンが先に撃った」(" Han shot first")は、SF映画『』(1977年)における ()のカンティーナでの()との( ())の場面の変更を巡る論争を示すフレーズである。 場面は1997年の『スター・ウォーズ』の特別篇の上映の際に初めて変更され、その後更に3度手が加えられた。 「ハンが先に撃った」というフレーズは「ハンが唯一の発砲者であった」ことを意味しており、また場面修正を決定したシリーズ原作者のへの反論でもある。 グリード(ファンのコスプレ) とは共に惑星を拠点とする犯罪王のもとで働いていた。 映画本編前、密輸業者をしていたソロはの捜査から逃れるためにジャバの密輸品を捨てており、その結果、ジャバはソロに懸賞金を賭けた。 ()のカンティーナでグリードはソロを壁際に追いやり、銃を向けて彼をブースに座らせる。 ソロはグリードにジャバへ払う金があると言うが、グリードは自分に金を寄越すように要求する。 ソロは現段階では金を持っていないと述べ、テーブルの下で静かに自分のブラスターを用意する。 グリードはジャバがソロを我慢できなくなっており、そしてソロを捕まえるのを「ずっと望んでいた」と言う。 ソロは「やれるならやってみろ」( Yes, I'll bet you have)と答える。 この直後のシーンが論争を呼んだ部分となっている。 歴史 [ ] オリジナルである1977年の劇場公開版ではグリードの顔にクローズアップされるカットの直後に煙とブラスター銃の効果音が続き、逆アングルとなってグリードがテーブルの上に倒れこむ。 2012年、監督のは映画の主人公の仲間であるソロが「冷酷な殺人者」のように描写されていると考え、この顛末に不満を示した。 グリードがソロに銃を向けて彼の「死体」を見るのが「楽しみだ」と述べ、命を脅かしていたことから、一部の法律家はソロが自衛権を行使しての先制攻撃するのが保証されていると指摘している。 1997年公開の特別篇では数フレームが挿入されており、グリードが先にソロを撃ったものの当て損ね、直後にソロが反撃して射殺したように描写されている。 2004年に発売されたDVDで場面は更に修正されており、2人はほぼ同時に発砲し、ソロはグリードの弾を回避していたと描写されている。 『 ()』の記事「The Star Wars George Lucas Doesn't Want You To See」では「オリジナル版では、ハン・ソロが銃を抜いて賞金稼ぎのグリードを撃ったのは明らかだ。 1997年版ではグリードが先に撃った。 2004年版では2人同時に発砲している」と指摘されている。 2011年に発売された版ではソロとグリードの発砲場面は数フレーム短縮された。 2019年配信開始の版(4K版)では、発砲の直前にグリードが "Maclunkey" と聴き取れる言葉を叫ぶようになったほか、グリードが撃たれる瞬間の映像が一部カットされた。 論争 [ ] 場面の変更はシリーズの長年のファンたちの多くに不評を買い、元に戻すように要求するオンライン嘆願書も作られた。 変更に対する主な異議は、序盤のハンの道徳的に曖昧な性格を変えてしまったことで、からになる後の彼の行動の意味合いが薄れてしまうというものであった。 映画研究家たちはこのソロとグリードの場面を始めとするルーカスによる改変を修復するため、再上映版の『スター・ウォーズ』を独自に編集する活動を長年続けている。 2004年のインタビューでルーカスは「もう(オリジナル版は)存在しないんだ。 (中略)あなたが未完成の映画を見てそれに恋に落ちたのならば申し訳なく思う。 でも私はそれを思い通りにしたいんだ」と説明した。 2012年の『』誌のインタビューでルーカスは質の悪いクローズアップ・ショットと観客がハン・ソロのキャラクター性を誤解していたことがすべての混乱を引き起こしていると述べた。 ルーカスは次のように説明した: 「私が収めようとした混乱は『エピソード4』でグリードとハン・ソロのどちらが先に撃ったのかという論争だが、人々を怒らせてしまった。 彼らがソロを冷酷な殺人者であることを望んでいたからだが、彼は実際にはそうではない。 あの場面はすべてクローズアップで行われており、誰が誰に何をしたのか混乱を招いていた。 私は少し広いショットにしてグリードが先に撃ったのを明確にしたのだが、皆はハンが先に撃ったのだと思いたかったのだ。 」 ルーカスがこのように主張したが、オリジナル映画の脚本の草案ではグリードが撃ったことについては言及されていなかった。 2015年、 ()の図書館でクリスチャン・ブラウンが初期の脚本とみられるものを発見した。 1976年3月15日付のこの脚本は改訂第4稿であり、ブラウンは「100パーセント、ハンが先に撃った」と確信していると述べた。 長年にわたって『スター・ウォーズ』を何度も再編集し、アーカイブ目的ですらオリジナル版を控えるルーカスであったが、それ以前の1988年に彼は白黒映画を着色する動きに対して議会に抗議していた。 当時、ルーカスは古典映画の原版を社会が文化遺産として保持する権利があると主張し、「利益のため、あるいは権力を行使するために芸術作品や文化遺産を改変したり破壊する者は野蛮人だ」と述べた。 2014年ののインタビューではどちらが先に撃ったかをファンから尋ねられると「私は知らないし、気にもしない」と返答した。 一方でグリードを演じた ()は2016年の『』で次のように述べた。 もちろん、オリジナル脚本には全部書かれていて、私たちはその場面を英語で演じ、場面の最後で「ハンはエイリアンを撃つ」と読んだ。 それが書かれて起こったことの全てだ。 それは非常に痛ましいものだった。 ブレイクはまたグリードが先に撃ったことは(非常に近距離からソロに当て損ねたという点で)キャラクターを無能にしてしまっており、「もしちょっとでも命中させていたらグリードにわずかな栄光が与えられただろう」と指摘した。 2015年、『』のインタビューでルーカスは変更の理由を述べた。 「ハン・ソロはと結婚するのであり、あなたは振り返って『彼は冷徹な殺人鬼でいいのか? 』と言う」。 ルーカスは言う。 「私は神話的に考えていたため、彼はで、であるべきではないか。 そして私は『そうだ、彼はジョン・ウェインであるべきだ』と言った。 そしてあなたがジョン・ウェインであるとき、あなたは(先に)人を撃たず、先に撃たせるだろう。 それは私たちの社会に関心をもたれたい、神話的な現実だ。 」 参考文献 [ ]• インタビュアー:Alex Ben Block. 2015年10月4日閲覧。 com. Alabama Media Group. 2016年1月15日閲覧。 Howell, Peter, , , May 12, 2006• Tocci, Jason, , , April 29, 2007• 2015年11月19日閲覧。 collider. com 2011年9月1日. 2011年9月19日閲覧。 Caicoya, Bea 2019年11月24日. CBR. 2019年11月24日閲覧。 2012年3月16日時点のよりアーカイブ。 2015年12月26日閲覧。 Sagers, Aaron, , , February 15, 2006• ABC News. 2015年12月18日閲覧。 Lucas, George 2004年9月15日. インタビュアー:Associated Press. San Rafael, CA. 2015年12月18日閲覧。 Star Wars: A New Hope script, Revised Fourth Draft. January 15, 1976• 2015年10月4日閲覧。 Wigler, Josh 2014年4月14日. MTV News. 2014年6月12日閲覧。 Reddit 2014年4月13日. 2014年6月12日閲覧。 New York Daily News. 2016年5月5日閲覧。 Lucas, George 2015年12月5日. インタビュアー:The Washington Post. San Rafael, CA. 2017年5月13日閲覧。

次の