茨城 県 の コロナ ウイルス 感染 者。 水戸と神栖市でコロナ感染計2人、茨城県167 人に【4日茨城コロナニュース】

新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数(11日0時時点)

茨城 県 の コロナ ウイルス 感染 者

〇63例目 30歳代女性職業(飲食業)・居住地:東京 3月27日から実家(常陸太田市)へ帰省後、30日から発熱。 現在は症状は安定(軽症)。 入院中 〇64例目(63例目の父)60歳代男性(自営業)・居住地:常陸太田市 4月1日から3日の間に発熱、症状は安定(軽症)入院中 常陸太田市の市職員が感染は妹 また、6日の夜になってから、常陸太田市の市職員1人が新型コロナに感染していることが伝わっています。 常陸太田市のこの職員は、5日に感染が確認された東京都内の飲食店に勤める30代女性の妹さんで、20代の方と伝えられています。 詳しくは、8日の最新記事をご覧ください。 最新の全国のニュースは下の記事にまとめてあります。 4月7日時点の感染者数は71人 茨城県内の感染者数は71人に増えました。 前日からみてプラス7人です。 新たに感染された7人の方は 関連記事: 茨城県内感染者の居住地エリア 4月5日時点での感染者の分布を示す図です。 茨城県内のコロナ感染者情報 茨城県内で6日までに感染が判明した、それぞれの患者さんの所在地と関連経路、症状などについてです。 JAとりで総合医療センターの3名 JAとりで総合医療センター 取手市 の患者2人と看護師さんは、院内で最初に感染が判明した入院患者と同部屋だったということです。 もう一人は、染者が出た病棟で透析治療を受けた取手市の50代会社員男性。 看護師は守谷市の20代男性で同じ病棟に勤務されています。 3人とも最近の海外渡航歴はないそうです。 常陸太田市の親子の感染経路 先月27日に、実家に帰省した娘が30日に発熱。 父親も今月1日から発熱して検査となりました。 二人とも海外渡航歴はないとのこと。 太田市のどこにお住まいかは公表されておりません。 詳細は上記の通りです。 つくばみらいと水戸で増加なし 実家がつくばみらい市で2日に感染判明した都内の20代女性の家族3人と、4日に感染判明した都内勤務のつくば市の30代会社員男性の家族4人は、全員陰性ということです。 水戸市の感染拡大の報道はありません。 また、県内2例目の感染者となったつくば市の20代男子大学生が4日に退院しています。 4日夜確認の感染者について ここからは、4日夜に確認が公表された5人の所在地と関連経路、症状などについてです。 古河市男性2名 古河市の40代男性が2名の感染が判明。 3日夜に感染が公表された古河市の男性と3人で、都内で会食したそうです。 神栖市30代夫婦 神栖市在住の30代の夫婦。 愛媛県で感染が判明した方のご家族だそうです。 都内勤務のつくば市の会社員 都内に勤務するつくば市の30代の男性会社員の感染がわかりました。 これがの5人の方はいずれも軽症か症状はないということです。 茨城県内のこれまでの感染者の例 茨城県内のこれまでの感染例と、同じエリアで感染が増加したかどうかです。 ひたちなか市で1例目 ひたちなか市で一例目が見つかりましたが、その後の増加はありません。 海外旅行での感染 その後も、海外旅行に行った、つくば市と阿見町の男性、それぞれが、2人目と3人目でした。 2例目の方は退院されています。 クラスター発生は クラスターの発生とその可能性は、つくば市内の介護施設のアレーテル、取手市のJAとりで総合医療センターの2か所とされています。 茨城県立校は再び休校に 県立の高校と中学、特別支援学校は、6日に始業式となり、再開されることになりました。 ただし、7日になって、県立高校は、休校となることとなりました。 県南の13市町村の小中学校は、引き続き臨時休校となっています。 つくばにコロナ軽症者施設9千床 つくば市内に新型コロナの感染者の一時滞在施設ができることがわかりました。 場所は、つくば市南花というところで、TXつくば駅から北西約6キロの郊外にある、周囲畑地であるそうです。 新型コロナウイルスの患者急増で心配される病床不足に備えようと、日本財団(東京、笹川陽平会長)が、都内とつくば市に軽症者向けの一時滞在施設をつくると明らかにした。 計画する約1万床のうち、同市内では財団が所有する研究所跡地をつかって約9千床を用意する。 迅速な対応を重視したため、地元への説明はこれからになるという。 --朝日新聞より マスク情報 茨城県内のマスク情報は、いずれの地域でも手に入りにくくなっているとのことです。 ただし、コンビニや、ドラッグストアなどでは入荷はあるとのことで、早朝から並んでいる人の姿が確認されています。

次の

常陸太田市で帰省した娘と父がコロナウイルス感染で茨城県64人に

茨城 県 の コロナ ウイルス 感染 者

新型コロナウイルス感染者の推移 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の対象地域が茨城県を含む全国に拡大されてから30日で2週間を迎えた。 この間、県内では感染者数の増加ペースに鈍化傾向が見られ、4月24〜30日の直近1週間で新たに確認された感染者は7人で、前の週と比べ4分の1程度に減少した。 県は外出自粛などの効果の現れとみるが、大型連休を迎え「依然、予断を許さない状況」と引き続き警戒する。 茨城県は4月16日、緊急事態宣言で特に重点的に対策を進める「特定警戒都道府県」に指定された。 県内の新規感染者は、指定前の同10〜16日の1週間で45人確認されたが、指定後の1週間 同17〜23日 は29人まで減少。 さらに、指定後2週目 同24〜30日 は1日当たりの感染者数が2人以下で推移し計7人にとどまった。 同27日は18日ぶりに新規感染者がなく、30日もゼロだった。 大規模なクラスター 感染者集団 も宣言の対象拡大以降は発生していない。 県全体の感染者数を押し上げる要因となった病院や福祉施設でのクラスターも4月中旬までにほぼ終息し、感染者数の伸びの鈍化につながった。 感染拡大が落ち着きつつある状況について、大井川和彦知事は同28日の会見で「外出自粛などの効果が少しずつ現れ始めているのでは」と分析。 県は同2日に県南地域などに外出自粛を要請し、同14日には県全域に拡大した。 一方で大井川知事は、首都圏とつながりのある感染例が多い点や新たなクラスターの発生を懸念。 現状について「決して気を緩められる状況ではなく、大型連休が大きなキーになる。 最大限の警戒をしていく」と強調した。 県によると、30日現在の県内感染者は計163人。 入院中は66人 同29日時点 で、自治体が用意した宿泊施設で療養中が32人 30日時点 、自宅療養中が24人 同29日時点 いる。 一方で退院や宿泊療養などが解除となった人は37人まで増えた。

次の

新型コロナウイルスへの対応について/茨城県

茨城 県 の コロナ ウイルス 感染 者

NEW!! NEW!! (クリックで別ページへ) 6月10 日現在、市内の新型コロナウイルス感染症患者は2名です。 2名ともに退院されています。 市民のみなさんへのお願い• 併せて、 にご連絡ください。 ・引き続き、業種ごとのガイドラインや政府が作成した「新しい生活様式」 を参照し、 感染拡大防止に向けた取組を継続してください。 ・東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、北海道 との不要不急の移動は、6月18日まで慎重に対応してください。 電話番号 メールアドレス 聴覚に障がいがある方や電話での相談が難しい方の相談窓口 (厚生労働省) 03-3595-2756 corona-2020 mhlw. jp 新型コロナウイルス感染症に関する情報については、下記の項目からご確認ください。 (ページ内リンク)• 新型コロナウイルスに関する情報、注意喚起について• 来庁せずにできる手続き、期限を延長する手続きについて• 施設の利用について• 子育てのお知らせについて• 医療機関の皆さまへ• 介護保険事業所の皆さまへ• 事業主の皆さまへ• 筑西市立小中学校等関係者の皆さまへ• 筑西市の主催・共催イベント等について• 国民年金加入者・受給者の皆さまへ• プレミアム付商品券(飲食店専用券を含む)について• 新型コロナウイルス感染予防のためのごみの出し方について• 筑西市議会各会派からの新型コロナウイルス感染症対策に対する要望• 筑西市議会政策研究会• 明政会 (回答不要)• 筑西市議会公明党 関連リンク•

次の