ハンター カブ c125。 2020年! 新型 ホンダ HONDA CT125 ハンタ-カブとスーパ-カブC125の比較

2020年! 新型 ホンダ HONDA CT125 ハンタ-カブとスーパ-カブC125の比較

ハンター カブ c125

CT125のベースエンジンとなったスーパーカブC125 点火方式はCT125はセルのみ、CT110はキックのみ。 両車ともに自動遠心クラッチ&4段リターン式ミッションを搭載する。 CT125のベースであるC125はドラムベアリングやシフトアームラバーを採用し、ほぼ変速ショックがない。 また、CT110の特徴である副変速機は、CT125では省略された。 ただし街なかで使う機会はまずない。 CT125は副変速機を備えないぶん、外観がスッキリとした。 CT125は副変速機がないため外観はスッキリ。 新設計サイドエアクリーナー+アップ吸入ダクト 「これぞハンターカブ」とも言える、水没を想定したサイド設置のエアクリーナー&ハイマウント吸入口は、ホンダ製バイクで唯一CT系のみの装備。 吸い口はキャリアで覆われ、雨水が入らない仕組みだ。 これらをCT125は新設計により再現し、違和感なくまとめた。 またCT125にはキャリアに「AIR CLEANER」の文字が刻印される。 吸入口が水没するまで走行可能だが、「水の抵抗により、実際に走れるのはエンジンの上ぐらいまで」(夏川氏)とのこと。 CT125はエアクリーナー&ハイマウント吸入口を新設計。 CT110は水の中を走ることを想定し、エアクリーナー吸入口を高い位置に取り付けていた。 燃料供給は当然のFI(フューエルインジェクション) CT125の燃料供給方式は、電子制御式のPGM-FI(プログラムドフューエルインジェクション)。 一方のCT110はキャブレター式で、撮影車はミクニ製PB10を装備。 海外の粗悪なガソリンを考慮し、フィルター内蔵の専用設計となる。 CT110はミクニ製PB10キャブレターを搭載。

次の

ホンダ「CT125・ハンターカブ」徹底解剖!〈スタイリング編〉

ハンター カブ c125

CT125ハンターカブ[44万円] vs クロスカブ110[34万1000円] 話題沸騰のCT125ハンターカブは、すでに多くのユーザーが予約しており、場合によっては納車までかなりの待ちが発生しそうな勢いだ。 ところで、検討中もしくは様子見の方々からは時々「高い」という声も。 実際のところどうなのか、比較対象になりそうなクロスカブ110と合わせて考えてみたい。 クロスカブ110は、スーパーカブ110をベースにオフロードテイストの外装を与え、ひと回り太い前後タイヤなどで走りを整えたもの。 CT125ハンターカブがスーパーカブC125をベースとしているのと同じく、カブ系オフロードの派生モデルと言える。 2車を比べてすぐに目につくのは、アップ/ダウンマフラーやディスク/ドラムブレーキといった違いだが、車体のディテールを見ていくと、かなり異なったマシン造りになっていることがわかる。 もっとも大きな違いはフロントまわりにある。 クロスカブはアンダーブラケットのみでフロントフォークを保持するユニットステアであるのに対し、ハンターカブはアッパーブラケットを持つ、いわゆるモーターサイクルタイプのフロントフォークを持っている。 これにより、フロントまわりの剛性が向上しているのは間違いなく、さらに副次的にはヘッドライトのハンドルマウント実現にも貢献しているはず。 クロスカブのヘッドライト位置にマウントするには、ユニットステアの場合にはフレームマウントとせざるを得ないからだ。 また、ハンターカブのエンジンに沿うように取りまわされたガードパイプやエンジンガードの存在も見逃せない。 クロスカブではこれらを装備しておらず、オフロードを走る場合にはグラウンドヒットなども想定して追加購入したくなる。 ホンダ クロスカブ 110 もちろん、前後ディスクブレーキ+ABSやアップマフラーといったハンターカブの装備も魅力的だ。 このあたりを踏まえれば、約10万円差は妥当でこそあれ、けっして「高い」とは言えまい。 もちろん、「そこまでのオフロード性能はいらないよ」とか、「クロスカブのスタイリングが好き」ということであれば、34万1000円で買えるクロスカブ110も十分に魅力的だ。 ハンターカブにはない「くまモンバージョン」の存在も気になる。 エンジンに関しては、排気量の違いに加えて、ハンターカブはさらに低速トルク重視の特性になっていると読み解ける。 最高出力は0. 8ps差にすぎないと思われるかもしれないが、走行フィールはけっこう違いそうだ。 このあたりは、実際に発売されてから比較試乗してみたい。 「ハンターカブは本当に高いのか」という問いに対しては「妥当もしくは安い」と言えそうだ。 クロスカブ110はカスタムで可能性が広がる 走行性能ではハンターカブに対して不利なクロスカブ110だが、約10万円の価格差を生かしてカスタムやツーリング費用に当て込むのも手。 下記に紹介する2台は、日本一周を果たした下川原リサさんのプライベートカスタムと、2019年の東京モーターサイクルショーのヤングマシンブースにて出展したアウトドア仕様カスタムだ。 日本一周仕様を見て気付くのは、サイドバッグの装着にはダウンマフラーが有利かもしれない、ということ。 また、ヘッドライトの上のキャリアにキャンプ道具などを積載した場合でも、フレームマウントゆえにハンドリングへの影響が最小限で済む。 さらに経済性も加味すれば、積極的にクロスカブ110を選ぶ理由も確かにある。

次の

おじさん歓喜!ホンダ CT125ハンターカブの発売日が6/26に決定したぞ

ハンター カブ c125

CT125・ハンターカブは、「Super Cub(スーパーカブ)」シリーズの魅力である普段使いの気軽さに加えて、郊外へのツーリングやキャンプなどさまざまなアウトドアレジャーへの移動手段として、楽しみをより一層拡げる機能性を備えたモデルです。 車体は、スーパーカブC125をベースに、市街地走行から郊外へのツーリングや林道でのトレッキングなど、幅広い走行状況を想定した車体諸元とフレーム剛性バランスの最適化を図るとともに、不整地でのトレッキング性能をより高める装備として、110mmのストローク量を持たせたフロントフォーク、アップマフラーやアンダーガードなどを採用しています。 また、ブレーキは前後にディスクブレーキを採用しています。 エンジンは左手によるクラッチ操作を必要としない自動遠心クラッチを採用した、空冷・4ストローク・OHC・単気筒124ccを搭載。 市街地での頻繁な発進停止や、ツーリングやトレッキングにおけるゆったりとした巡航時など低中速域での力強さを重視した出力特性としています。 スタイリングは、スーパーカブシリーズのアウトドアレジャー向け派生モデルに共通した機能的でタフなイメージと、現代の生活スタイルとの調和を図った独自の存在感を主張するデザインとし、カラーリングは、市街地からアウトドアまで幅広い環境に調和するグローイングレッドとマットフレスコブラウンの全2色を設定しています。 ・スーパーカブC125のフレームをベースにリアフレームを延長。 ヘッドパイプまわりの補強や、追加されたピボットプレートなどにより、市街地からトレッキングまで幅広い走行状況を想定した剛性バランスの最適化を図っています。 ・一般的なモーターサイクルと同形状のトップブリッジとテレスコピック式フロントフォークに、アップハンドルを採用。 見晴らしの良いアップライトなライディングポジションとしています。 ・路面の凹凸がある不整地などの走行状況での車体取り扱い性を高めるため、アップマフラーやアンダーガードを採用するなど、165mmの最低地上高を確保しています。 制動時の安心感をさらに高めています。 ・前後ホイールには、足まわりを引き締めるマットグレー塗装仕上げのスチールリムにステンレススポークを採用しています。 5[8. 500 2 速 1. 550 3 速 1. 150 4 速 0.

次の