柴門ふみ 旦那。 柴門ふみが旦那・弘兼憲史の家庭内問題を暴露!育児・介護放棄、浮気!

よしながふみ顔画像や本名や年収は?旦那や子供はいる?経歴や学歴も!

柴門ふみ 旦那

柴門ふみが旦那・弘兼憲史の家庭内問題を暴露!育児・介護放棄、浮気! 柴門ふみと漫画家の旦那・弘兼憲史は離婚寸前?家庭内問題が発覚! 柴門ふみは、「東京ラブストーリー」「あすなろ白書」等、大ヒットを連発した女流漫画家です。 柴門ふみ作品は、次々とドラマ化もされ、社会現象となるほどの視聴率を記録しました。 そんな大物漫画家の旦那は、こちらも「課長島耕作」シリーズで人気の漫画家・弘兼憲史。 漫画家同士で結婚して、36年。 ともに仕事も家庭も順調で、おしどり夫婦と思われていた柴門ふみと旦那の弘兼憲史。 しかし、実は、旦那・弘兼憲史のたび重なる浮気に育児・介護放棄と、離婚寸前の家庭内問題を抱えていたことが発覚しました。 柴門ふみが旦那・弘兼憲史の家庭内問題を暴露!育児・介護放棄、浮気! 柴門ふみの家庭内問題暴露の発端は、2015年6月に発売された雑誌「婦人公論」。 柴門ふみがインタビューで暴露したのは、旦那・弘兼憲史との問題山積の家庭生活でした。 柴門ふみと旦那の弘兼憲史は1980年に結婚し、1男1女をもうけますが、「俺は親に遊んでもらったことがないから」と、子供と遊ぶことを拒否。 仕事を休むのは正月の3日間だけという家庭放棄ぶりで、子供とまともに口をきくこともなかったとか。 一方で、ゴルフにはしょっちゅう出かけ、夜遊びも頻繁なうえに、たび重なる浮気も。 さらには、息子の進路問題や弘兼憲史自身の両親の介護問題にも無関心。 それでも、「何があっても離婚だけは絶対しない」という弘兼憲史の身勝手な主義で、柴門ふみとの離婚には至らなかったのだとか。 しかし、2人の子供が独立した今、柴門ふみも本格的な反撃に出たというのが内情のようです。 柴門ふみの恋愛論とは!ドラマ「あすなろ白書」「同級生」あらすじ感想キャスト! 柴門ふみは恋愛のエキスパート?恋愛論とは! 弘兼憲史とは離婚寸前の柴門ふみですが、かつては恋愛のエキスパートと呼ばれたこともありました。 そもそも柴門ふみは、青年誌で等身大のリアルな女性を漫画に描いた草分け存在。 しかも、本来の読者であった「青年」だけでなく、女性たちからも圧倒的な支持を得ました。 その影響力ははかり知れず、1990年に発売されたエッセー「恋愛論」は、70万部を売り上げるベストセラーに。 『男は心の部屋に絵をかけ、女は音楽をかける(男は一度に何人とも付き合えるが、女は一人としか付き合えない)』、『「言葉にしなくても愛は伝わるはず」は思い上がりというものです。 』等の恋愛における名言がちりばめられた「恋愛論」は、恋愛の教科書ともいえます。 柴門ふみ原作のドラマ「あすなろ白書」「同級生」あらすじ感想キャスト! 柴門ふみが恋愛の神様と呼ばれた理由に、作品が、都会でのリアルで、おしゃれな男女の恋愛を描くトレンディドラマの礎となったという面もあります。 その代表的な作品が「あすなろ白書」と「同級生」。 「あすなろ白書」のあらすじは、大学のサークル仲間たちの恋愛や友情を描いた青春群像劇。 苦学生の掛居保(筒井道隆)と恋人の園田なるみ(石田ひかり)の恋模様を中心に描かれます。 園田なるみに片思いする友人・取手治を木村拓哉が演じ、「俺じゃダメか」とささやきながら、なるみを後ろから抱きしめるシーンは「あすなろ抱き」として話題になりました。 脇役ではありながら、キムタクに心奪われた女性が続出した作品でした。 一方の「同級生」は、バブル期の東京を舞台に、有名広告代理店に勤務する若手エリートサラリーマンの主人公・鴨居透(緒方直人)と、彼をとりまく人々の恋愛ドラマが描かれました。 どっちつかずの主人公と恋人(安田成美)の微妙な関係にドキドキさせられます。 柴門ふみは恋愛の神様を返上するのか?人気漫画家のこれからとは? 柴門ふみは、家庭生活は微妙なようですが、漫画家としての仕事人生は順調といえます。 柴門ふみは、徳島県徳島市出身で、1957年生まれの559歳。 徳島市立高等学校から、お茶の水女子大学文教育学部哲学科入学といいますから、なかなかの才女だったようです。 同時に幼い頃から漫画を書くのも好きで、大学に入学すると漫画研究会に入ってどんどん作品を書き、同人誌等に発表。 そして、同時期に後の夫となる弘兼憲史のアシスタントとして、出会いを果たしています。 1979年には「少年マガジン増刊号」で漫画家デビュー。 柴門ふみは大学を卒業したばかりの22歳でした。 しかも、翌年の1980年には、弘兼憲史と結婚。 当時の弘兼憲史は代表作の一つである「人間交差点」の連載中でまさにのぼり調子の時。 一方の柴門ふみは、結婚の翌年1981年から『P. 元気です、俊平』の連載をスタート。 こちらも人気作となり、同作で講談社漫画賞も受賞しています。 デビューから数年で人気作家の仲間入りを果たした柴門ふみ。 しかも、結婚までするというのは、かなりのバイタリティーです。 そのバイタリティーはその後の人生でも発揮され、「自分に似た人間が存在するなんて気持ち悪い」と、子供をもうけることを拒否する夫・弘兼憲史を押し切る形で妊娠し、出産。 当時、人気作家の仲間入りを果たし、連載を抱えるハードな生活の中で、育児までこなしたのですから驚きです。 しかも、夫・弘兼憲史は育児には全く協力的ではない状態。 それだけでも、常人なら心が折れてしまいそうですが、柴門ふみの快進撃はさらに続きます。 「同・級・生」、「東京ラブストーリー」「家族の食卓」「あすなろ白書」とヒットを連発。 しかも、これらのタイトルはすべてドラマ化もされ、こちらも大きな反響を呼びます。 特に、バブル華やかな頃の東京を舞台に描かれる、リアルでありながら、おしゃれな恋愛模様は、若者の憧れの的となりました。 また、女性漫画家といえば少女漫画雑誌で活躍し、かわいい絵柄でスイートで甘酸っぱい恋愛模様を描くのが普通だった当時、青年誌で、女性が男女のリアルな恋愛を描いたことは、衝撃的でした。 「東京ラブストーリー」に登場する赤名リカ(ドラマでは鈴木保奈美が演じています)に代表される、自分に正直で奔放な女性像は世間に衝撃を与えたものです。 その後も「Age,35」「お仕事です!」「小早川伸木の恋」「華和家の四姉妹」といった、世相を読んだ作品を発表し続け、人気作家としての地位を維持し続けてきた柴門ふみ。 恋愛の神様、恋愛のエキスパートと呼ばれてきた柴門ふみですが、2015年にぶちまけた弘兼憲史との破たん寸前の結婚生活は、彼女の仕事に影響を及ぼすのでしょうか。 しかし、男女の赤裸々な恋愛を描き、仕事を持ち自立した女性像を描くことで女性からの支持を得てきた柴門ふみですから、この状況も、お得意のリアルな筆致で作品に反映していくのかもしれません。 しかも、浮気、育児、介護といった読者の興味をひく要素ばかり。 ぜひ、そのあたりをテーマにした作品を描いてほしいものです。

次の

柴門ふみ『恋する母たち』は「10年寝かしたネタ」 ママ友の不倫実態とは?(AERA dot.)

柴門ふみ 旦那

この人の旦那さんは同じく漫画家で『課長島耕作』の作者の弘兼憲史です。 旦那さんの方が有名かもしれませんね。 夫婦揃って売れっ子なので、世帯収入はおそらくすごいことになっています。 理想的な夫婦にも見えるが…… ただ私が注目してしまうのは、二人が出会ったのが、売れてからではなく、 売れる前からであるという点なんですね。 柴門ふみはお茶の水女子大学の在学中時に弘兼憲史の駆け出し時代のアシスタントをします。 柴門が大学を卒業後、すぐに二人は結婚をしますが、ここから二人ともそれぞれ漫画家として日本を代表するレベルまで上り詰めちゃいます。 夫婦二人が結婚した時点でほとんど無名の状態で、それからどちらも別々に超売れっ子になっているケースって漫画界に限らず、芸能、スポーツの分野まで広げてみても、あまり思いつかないですが。 そのような意味でかなり稀な夫婦でしょうね。 夫の休日は年3日だけ そんなスーパーな夫婦であるにもかかわらず、柴門ふみは自分が長年夫婦関係に悩んでいたことを本書で告白しています。 弘兼が生粋の仕事人間で、家庭をほとんど顧みなかったからです。 弘兼の休日は年に3日間だけで正月しか家におらず、他の家庭のように夫として家族旅行を計画したこともなかったといいます。 というか、子どもに対して強い愛情を持ち合わせてなかったのが、柴門ふみの一番の不満でした。 子どもは二人いるのですが、弘兼は第一子を産む前から 子どもを作ることに対して消極的だったことが本書で語られています。 本の内容は夫に対する愚痴 さらにやっかいなのが、弘兼は人間として決して冷たいわけではなく、誰に対しても正直かつ丁寧に接し、常に明るい人柄だということ。 第三者から見たら悪い人ではないのです。 ただし自分自身、父親に相手にされていなかったようで、子どもに対して時間を作らないことに罪悪感がなく、とにかく仕事優先の毎日を送ってきたということなんです。 柴門ふみは「子ども命」の人なので、この弘兼の態度が理解できない。 本書ではその苦悩が、愚痴のような形で語られます。 夫に何らかの不満を持っている主婦はわんさかいるので、こういう本はウケがいいでしょうね。 私は以前、弘兼さんと仕事をしたことがあります 実は私は弘兼さん(いきなり「さん」づけ)と一年間くらい一緒に仕事をしたことがあります。 シニア層をターゲットにした男性月刊誌の連載を弘兼さんに依頼していました。 漫画ではなく、活字の原稿でしたが、とにかく一度も締め切りを送れたことはありませんでした。 弘兼さんに秘書はおらず、当時はご本人からFAXで原稿をいただいていましたが、多忙にもかかわらず、締切日に必ず原稿を毎回送っていただきました。 けっこう嬉しかったのはそのFAXの送付状の部分に「北斗さん(仮名)、よろしくお願いします」というようなコメントとともにご自身の似顔絵が描かれていたことでした。 ささっと描いた本人の似顔絵ひとつであっても、編集者としては売れっ子の漫画家が自分だけに向けて描いてもらった絵なので、嬉しくないわけがありません。 締め切りを守りつつもこういう気遣いができる人なのですから、そりゃ仕事は途切れないわけです。 「また一緒に仕事したいな」と出版社の人間はそう思いますし、実際に作品も売れるのだから文句の出しようがない。 とは言っても、一番身近な奥さんが家庭を顧みない夫の態度にこれだけ不満や悩みを抱えており、それを著書という形で、公にすることに対して、弘兼さんご本人がどう感じているのか気になるところです。 著書では「 弘兼はどこまでも能天気なのでもうあきらめている」というような記載もありますが。 仕事と家庭のどちらを優先すべきか 仕事が好きで好きでたまらなく、仕事中心に生きる姿勢は、尊敬に価しますが、一方で仕事を優先に家族を犠牲にするという考えは現代社会では受け入れがたい価値観ですね。 いまは家庭を大事にする「良いパパ」であることが当たり前に求められる時代ですからね。 団塊の世代の中には弘兼さんのように理解できない、というか理解しようとしない人もいるかもしれませんが。 実際に弘兼さんは雑誌「SAPIO」(2015年2月号)のコラムで仕事よりも育児を優先するイクメンにダメ出しして、炎上した過去がありますが、考えは全く変わっていないと思います。 いずれにせよ、本書は夫に対する不満をテーマにしながらも、ユーモアも交えて軽快に執筆されたエッセイなのでさくさく読めます。 私のように男性が読んでも 女性側(奥さん側)の目線を知ることができるので、読んでも損はないかなというのが読後の感想です。

次の

よしながふみ顔画像や本名や年収は?旦那や子供はいる?経歴や学歴も!

柴門ふみ 旦那

提供 柴門ふみ(さいもん・ふみ)/1957年、徳島県生まれ。 お茶の水女子大学卒。 79年漫画家デビュー。 あらゆる世代の恋愛をテーマにして『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『同窓生 人は、三度、恋をする』など多くの作品を発表。 現在、「女性セブン」(小学館)誌上で名門中学に子どもを通わせる3人の母たちの物語『恋する母たち』を連載中。 また漫画を原作にしたドラマ「東京ラブストーリー」がFODとアマゾンプライム・ビデオで配信中。 (撮影/写真部・掛祥葉子) あの「東京ラブストーリー」から29年。 恋愛漫画の名手、柴門ふみさんが40代の恋をテーマに描く『恋する母たち』が注目を集めています。 マリコさんとは40年来のお付き合いで、互いの歴史を見守り合う仲。 乳がんを乗り越え、あらためて人生を考えたという柴門さんの今に、作家の林真理子さんが迫ります。 「東京ラブストーリー」もリバイバルされたんでしょ。 柴門:そうなんです。 令和版が。 昔の「東京ラブストーリー」と、新しい令和版「東京ラブストーリー」が、FODとアマゾンプライムの配信サービスで見られるんですよ。 若い人なんか昔のをぜんぜん知らないから、両方比較して見てるみたい。 林:まあ、ぜいたくな。 柴門:今回の令和版は、平成の織田裕二、鈴木保奈美より原作に忠実なんです。 比較して見ると、平成版はカンチとリカのスターとしてのピカピカ感がすごい。 令和版は青春群像劇で、逆にリアルで。 若い役者さんたちの演技も自然でとても良い。 続けて見るとハマると思いますね。 林:令和版のリカとカンチは誰がやってるんですか。 柴門:リカ役が石橋静河さん。 原田美枝子さんのお嬢さんね。 カンチは伊藤健太郎君。 令和版を見てて、あらためて恋愛しかしてない話だなと思った。 仕事してる場面がほとんどないんですよね。 こういう真剣に恋愛して傷ついたり不安になったりする気持ちって、もう自分にはないなと思いましたよ。 林:最初のは何年前だっけ。 柴門:あれを「ビッグコミックスピリッツ」に描いたのが30年ぐらい前かな。 あのころは私も31~32歳ぐらいだから、恋愛してる若者たちの気持ちもまだ描けてたんですよね。 林:そして、今「女性セブン」で連載してる『恋する母たち』もすごい人気ですね。 あれは月に1回休むから、どうなるかと思ってヤキモキしてますよ。 もうじき終わるんですか。 柴門:夏に終わって、そのあと年内はスピンオフみたいなのを短編でやります。 もう体力的に無理です、週刊誌連載は。 林:柴門さんが「女性セブン」って、めずらしくないですか。 柴門:コミック誌と一般週刊誌はぜんぜん畑が違うんで、縁がなかったんだけど、私、53歳のときにごく初期の乳がんをやったんです。 そのときに、「漫画を描き切ってない。 女性を描き切ってないな。 まだ死ねない」と思ったんですね。 ずっと青年誌で男性読者を相手に男性編集者と打ち合わせして描いてたので、女性を描きたいと思っても、「男性読者に受け入れられません」と言われることも多くて。 林:そうなんだ。 柴門:思い切り女性を描きたいなと思って、自分から「女性セブン」に「女性向けの漫画を描きたい」と言ったら、編集部が受け入れてくれて。 林:そりゃうれしいですよ。 柴門さんから「描かせてほしい」と言われたら。 柴門:「女性読者に向けて好き勝手描いてください。 何も注文つけません」って言われたんです。 林:私、いつも不思議に思うんだけど、柴門さんってうちから外に出ない人じゃないですか。 夜も遊ばないし。 それでなんでこういうことが描けるのか。 柴門:けっこうよく会う女友達の話を聞いたり。 林:だけど、それだって限界があるでしょう。 柴門:10年ぐらいため込みましたよ、ネタを。 林:そうそう、うちの娘を幼稚園に入れたとき、柴門さんに「おもしろいネタいっぱいあるだろうけど、10年は寝かさなきゃダメよ」って言われました。 柴門:『恋する母たち』は、私が40代のころに周りにいたママ友から「ちょっとちょっと、聞いてよ」みたいな相談を受けて、すぐ描いたらバレちゃうから、ちょっと寝かさなきゃと思って、10年寝かしたの。 林:そのころそういう奥さんたち、みんな不倫してたわけ? 柴門:結局不倫しなくて、「ギリギリまで行ってやめて戻ってきた」みたいな話を聞いてました。 その当時、主婦はわりと戻ってきてたんです。 もしバレたら失うものが大きすぎるというんで。 でも、仕事を持っている女の人は、「バレたら離婚すればいいや」みたいな感じで、仕事を持ってる既婚の女子のほうがむしろ不倫してた。 林:『恋する母たち』でも、キャリアウーマンの優子も、肉食系ですごいですよね。 柴門:キャリアウーマンのほうが肉食系が多いですね。 エネルギーがすごいのと、仕事ができる女って自分で時間もマネジメントできるし、気持ちの切り替えもできる。 専業主婦って、ほかに考えることがなくて不倫相手のことばっかり考えるからバレちゃうんです。 林:なるほど。 柴門:それと、キャリアウーマンは自分が稼いでるお金だから。 後ろめたさが少ない。 専業主婦はどこかで「旦那に悪いな」という気持ちがありましたね、私が相談に乗ってたころは。 林:読者の反応はどうなんですか。 「私のことみたい」という感じ? 柴門:不倫してる読者って実際はあまりいない。 「私も不倫してます」みたいな反応はなくて、読みものとしておもしろいという感じかな。 林:年上のキャリアウーマンと不倫してる若い男の子、あの関係いいですよね。 ふつうは途中で若い男に捨てられるのがパターンなんだけど、若い男のほうが夢中になって、「ご主人と別れてください」と言って。 柴門:年増女の妄想の友(笑)。 昔、ルノー・ベルレーの「個人教授」というフランス映画があったでしょう。 林:はい、ありました。 私が高校生のころかな。 柴門:あの映画が大好きで、あのカップルを元にしてるんです。 年上の人妻と若い真っ直ぐな純情青年との恋。 あれが王道なんですよ。 林:でも、実際はないですよね。 柴門:いや、フランスのマクロン(大統領)とか。 林:あ~、マクロン! 奥さん、高校のときの先生ですよね。 いい話じゃないですか。 柴門:妄想の友(笑)。 林:でも、ベッドシーンのあのいやらしさって、どこでどうやって知ったんだろうと思って(笑)。 柴門:ベッドシーンは映画とか写真とか、DVDを一時停止したり、あと浮世絵。 春画の足の指の反りかえりとか、ほんとにリアルなの。 浮世絵師は男と女を実際にまぐわいさせてスケッチしたんじゃないかと思うぐらい。 林さんは? 林:私はすごく遊んでる男の人にメールして聞いたりしてる。 微に入り細に入り教えてくれるから、ほんとにありがたい。 柴門:でも、男の言うことは自慢話でホラ話が多いから、あまり聞かないほうがいいかもしれない。 私、すごいプレーボーイに取材したときに、「俺は前戯だけで2時間かける。 だから女は俺から離れられないんだ」とか自慢されたので、「2時間って、それ途中で女寝てますから」と突っ込みました(笑)。 林:そうなんだ。 柴門:女の子はおもしろい、正直で。 それも『恋する母たち』にけっこう投影してるんです。

次の