付き合い た て line。 【彼との関係別】男性に愛されるLINEの頻度と内容

付き合いたてカップル必見!男女別の心理状態&長続きさせるポイント10個

付き合い た て line

付き合いたての時期って、男女ともに舞い上がっているというか、地に足がついていないというか、そういうキラキラした面がありますよね。 同時に、超不安な時期でもありますよね。 彼からのLINEの返信がちょっと遅いだけで、「彼はわたしに付き合おうと言ってくれたけど、それは言葉だけであって、やっぱり彼はわたしのことが好きじゃないのかな」と不安になったり。 男子も同じ。 キラキラとネガティブが入り混じるのが、付き合いたてホヤホヤの時期です。 そういう時期に、彼が彼女からもらって喜ぶLINEとは、どのようなLINEなのでしょうか?さっそく一緒に見ていきましょう。 ハートマークのスタンプ これは定番ネタなので、解説不要かもしれないですね。 彼にちゃんと「愛しています」という気持ちが伝わると、彼は安心し、いつに増しても心穏やかに仕事に打ち込めるのだから、まずはハートマークのスタンプを送るべきでしょう。 仕事がんばってね 男子って、自分の仕事を応援してくれる人のことが好きなんですよね。 なぜなら「仕事=自分の人格の一部」と彼は考えているから。 さらに言うなら、いわゆる「いい企業」にいる彼であれば、その会社で働いていること自体が自分のプライドだったりします。 もっといえば、そういういい会社で働いている自分のことを「すごいブランド」に感じているのです。 受験勉強をがんばって、やっとの思いで入った会社なのだから、「仕事=自分の人格のすべて」みたいに思っているのです。 そういう彼は、「仕事がんばってね」というLINEが彼女から来ると、すごく喜びます。 なぜなら彼は、「彼女は俺の人格をまるごと肯定してくれている」と、錯覚(!)しちゃうからです。 次のデートの予定 付き合いたてホヤホヤの時期って、愛がまだ安定期ではないので、一抹の不安がつきまといます、と冒頭に書きました。 そういう時に「効く」LINEとは、具体的に次のデートの約束をするLINEです。 たとえば「再来週、一緒に**に行かない?」と送るとか。 これだけで彼は「とりあえず再来週までは愛が持ちそうだ」と思って安心するのです。 お金がなかったらおうちデートでもいいよ 付き合いたてホヤホヤの彼は、彼女にお金がないとは言えません。 同じ会社の同僚どうしで恋愛するメリットは、「相手がいくらくらい収入があるか、なんとなくわかる」ことなんですよね。 わかると、必然的に、阿吽の呼吸でデートの頻度&予算が確定しますからね。 でも、ちがう職場のふたりが恋に落ちたら、そのへんのことがわからないので、彼は彼女に対して無理をします。 お金がないと言えないから無理をします。 無理をするのは、彼にとって苦痛です。 誰にとっても苦痛です。 だから彼女が先に言ってあげるのです。 「おうちデートでもいいよ」と。 LINEなんて、面と向かって言いづらいことを伝えやすいツールなのだから、これくらいのことをしれっと彼に送るといいんですよ。 おわりに いかがでしょうか。 最後に1つ。 あなたがどれくらいエロいのかがわかるLINE、これも、付き合いたてホヤホヤの彼にすごく喜ばれます。 彼女の基準がどこまでなのかを知らないと、「発言のOKラインがわからない」のです。 加減がわかると、彼は安心します。 ゆっくり落ち着いてあなたと話すことができます。 これは、彼にとってかなり嬉しい状況ですよ。 (ひとみしょう/作家) (愛カツ編集部).

次の

LINEをやっていない人は迷惑なの? やらない派ママとの付き合い方。

付き合い た て line

1:LINEで好きな人と仲良くなるには? 好きな人と仲良くなりたいと思ったとき、自分はどんなLINEをしていますか? 会って話をするのが距離を縮めるいちばんの方法ですが、その前段階としてLINEで盛り上がるかどうかがふたりの今後を大きく左右するといっても過言ではありません。 自分とのLINEが盛り上がればそれだけ彼との距離も大きく縮まります。 彼がおもしろい!と思う内容のLINEを送ることがとても大事になってきますよね。 それでは彼と盛り上がるためのネタを見ていきましょう。 2:好きな人とのLINEで話題に困ったら!おススメの話題7選 モテる女子は好きな人とのLINEの話題に困りません。 わざわざ考えなくてもひとつの話題からいくつもの話題に話を広げることができるからです。 好きな人とのLINEの話題に困るのはすぐに完結してしまう内容が多いから。 そこで今回はLINEの話題に困らないようにひとつのネタからさまざまなネタに派生しやすい7つをご紹介! (1)好きな歌手の話 「どんな曲を聞くの?」という話題は彼の趣味や嗜好を知る上でとっても大事になってきます。 自分の好きな曲なども彼に伝えてみましょう。 音楽の好みはその人の性格がよく表れるので、一気にふたりの距離が縮まりますよ。 地方出身の女子は無理に標準語で喋らず、LINEでもいつも通りの地元の言葉で。 「どこ出身なの?」と彼に聞かれたら、そこから、特産品の話や旅行の話などネタが大きく広がります。 「地元あるあるネタ」などは新鮮で盛り上がること間違いなしです。 (3) 旅行の話 上記(2)から派生してこのネタになることもありますが、旅行の話は鉄板ネタ。 特にLINEのアイコンやホーム画面に設定している画像が、海外だったり、旅行中のものだったりしたときは効果大。 「ホーム画面綺麗な景色だね! どこなの~?」という風に彼の設定している画像からネタを出すテクです。 全員に見られる場所に設定しているのですから、突っ込んでもイヤな気はしないはず。 むしろ「よくぞ聞いてくれました!」と言わんばかりに盛り上がるはずです。 (4) テレビの話 これは「今やってる連ドラ見てる~?」という風に同じ番組を見ているときに盛り上がるネタです。 もちろん好きな芸能人などのネタも盛り上がりますが、テレビだとLINEを通じてドラマを見ながら実況中継ができます。 「やーばーい! 不倫バレたー!」なんて観ながら送れば、お互いドラマの感想を言い合ったりできるのでおもしろいですよね。 また連ドラであれば毎週1回は実況中継の日。 彼にさりげなくLINEをすることができます。 ただし、「ドラマを真剣に見たい」と思っている彼には逆効果。 ドラマ中にLINEを送ってドラマ終了後に返ってくるようだったら、実況中継LINEは控えましょう。 (5) 学生時代の部活の話 「高校の時テニス部だったから右腕が太いんだよね」など、部活あるあるネタは意外に盛り上がります。 「何部だったの?」という会話からなんとなく彼の学生時代のイメージが膨らみます。 サッカー部だったとしたら「モテてイケイケだった?」、野球部だったら「ホームラン打つのって気持ちがいい?」など、いろいろなイメージを膨らませて彼に質問してみるのもあり。 彼のことを自然と知られるネタになりますよね。 (6) 好きな食べ物の話 「何が好きなの~?」という会話から自然な流れでデートの約束を取り付けることができるので、デートにつなげたいときは必ずといっていいほど使うネタです。 「カレーが好きなの? じゃあ一緒にあそこの有名なカレー屋さん行こうよ~!」とさりげなく、自分から彼を誘うきっかけにもなりますよね。 LINEのやりとりから次のステップに進むために「好きな食べ物の話」はとても重要になってきます。 (7) 共通の話題 「共通の話題なんてない……」と思いがちですが、必ずどこかに共通の話題はあるはず。 上記の好きな食べ物や、地元、部活など会話の中で彼との共通の話題を見つけましょう。 些細なことでもいいのです。 たとえば、血液型が同じだとか、誕生月が同じだとか、そんなことでも「10月! 誕生月一緒だね! お互い祝い合おう(笑)」なんて肉食発言!? で会話を広げることができますよね。 些細な共通点から会話を広げられることができたら好感度が一気にアップします。 3:付き合い始めの彼氏にしてはいけないLINEの話題5選 「彼と付き合えることになった!」そんな時もLINEはすぐに気を抜かないで!付き合い始めの彼氏にしてはいけないLINEがあるのです。 (1)元カレの話 元カレの話は絶対にしてはいけないわけではありませんが、特に元カレの悪口は絶対にNG。 「元カレは最悪だった」という話を聞いた彼は「俺も別れたらこんな風に悪口を言われるのか」と思いますよね。 ましてやLINEという履歴が残る場所での悪口は幻滅されます。 付き合ってから「どうして別れたの?」と元カレの話題が出たときは、彼を一方的に悪者にしたような言い方はせず、「お互いの価値観があわなくなって」や「遠距離恋愛で」など、「1度好きになった人」を大事にしている姿勢を見せましょう。 彼としても好きな彼女の昔付き合っていた人がどんな人だったのかは気になるもの。 だけれど聞かれたからといって、ペラペラしゃべるのはNGですよ。 (2) 結婚の話 「私はこんな場所で結婚式を挙げたいと思っていて……」と付き合ってそうそう結婚の話題を出すのは危険。 付き合ってすぐに結婚に関する話題や自分の結婚に対する願望などを話すのはやめたほうが無難です。 (3) 過去ビッチだった話 付き合い始めのカップルなら「昔の写真見せて~」なんていう会話をLINEでするのではないでしょうか?そんなとき自慢げに「クラブではっちゃける金髪の自分と派手な友人」なんていう、絵にかいたようなビッチな写メを送るのは絶対にNG。 付き合いが長くなってきて小出しにするのが無難です。 (4) 暗い身の上話 これは恋愛依存の女子がやりがちな「暗い身の上話」。 彼が自分と付き合ったからといって、自分のすべてを受け入れてくれるとは限りません。 付き合いはじめの初々しくルンルンなLINEから一変して重いLINEが届きだすと、彼も一気にテンションが下がってしまいます。 それにそんな重い話はLINEですべきではありません。 ある程度関係値ができてきたときに直接話せるようになればいいですね。 (5) 既読無視などの駆け引き LINEでの駆け引きはあくまで付き合う前に使うもの。 付き合ってからも彼の気を引こうと無駄に駆け引きをしていると、彼にいらつきを覚えさせてしまうことも。 付き合うまではLINEは「恋の駆け引きツール」ですが、付き合ってからは「連絡ツール」に切り替えることを忘れずに。 いつまでも駆け引きが続く恋愛はおたがいしんどいのです。 4:男性が嫌がるLINEの特徴 上記付き合いたての彼氏に送らないほうがいいLINEをご紹介しましたが、暗い身の上話にもリンクするように、「重い相談」は返信しづらいので気軽に使えるLINEで送るのはNG。 あくまでLINEは「連絡ツール」です。 付き合ってからもだらだらと長文の相談LINEを送られると、めんどくさくなる男子は多いもの。 そういった話は関係値がある程度できてから直接会ってするようにしましょう。 また、付き合ってからも「毎日LINEする」や「おやすみLINE必須」などLINEでの決まり事をするのもNG。 しばられているような感覚になり、束縛されていると嫌悪感を感じさせてしまいます。 5:会話を盛り上げるLINEの会話テク 「重い相談LINE」など一方的な話ではなく、やはりLINEではお互いが盛り上がって楽しいと思えることがいちばん大事。 そのためには会話をいかに盛り上げられるかが大事になってきます。 例えば、短文で即レスしたい内容の場合は「うんうん」「それで?」などリアルタイムで会話に相づちをうったり、スタンプなどで感情を表現したりすることがとても重要になってきます。 文章だけでは伝わらない感情をスタンプや相づちなどで表現するのです。 6:LINEが盛り上がれば恋愛も盛り上がる! 今回は彼氏や好きな人とのLINEの話題で困ったら盛り上がるネタやNGネタをご紹介しました。 好きな人や彼氏とのLINEを楽しんでくださいね! この記事を書いたライター 毒島 サチコ S. Busujima 島国出身。 学生時代、白馬にまたがった王子様を待っていたが一向に現れず、待っているだけでは王子様は来ないことに気づく。 人生に恋して生きる女性の悩みに寄り添える記事を幅広く執筆中。

次の

待つということ〜LINEとの付き合い方

付き合い た て line

LINEは、電話番号で簡単につながることができます。 相手の電話番号を電話帳に登録していれば、それだけで連絡先の交換をしていなくてもLINEの連絡先に登録されてしまいます。 連絡先を交換していない相手から急にLINEが来ると身構えてしまう男性もいますね。 また、電話番号検索というものがあり、相手の電話番号を知っていれば相手のLINEの連絡先を調べることができます。 そのように簡単に番号だけで繋がってしまうことが嫌いな男性もいます。 同じグループに追加されると連絡先を交換していなくても、メッセージのやり取りができてしまいます。 そのようなこともうっとうしいと感じ、LINEが嫌いになるポイントです。 設定を変更することで、勝手に自分の連絡先を相手に知られてしまうということを防ぐことができます。 このような理由で困っている男性だったら、設定を見直してあげましょう。 LINEにはメッセージのやり取りの他に「タイムライン」というシステムがあります。 「タイムライン」は、FacebookやInstagramのように自分の近況を周りに知らせるという機能です。 タイムラインを開くと、知り合いの近況など知りたくないけれど目に入ってきます。 最近では、タイムラインには企業の広告もたくさん出てくるので、邪魔だと思っている男性も多いです。 タイムラインの他にも、自分のメッセージの横に出てくる「ひとこと」も嫌いだという男性も多いです。 「可愛いと思われたいのかな」「意味がわからないひとことにモヤモヤする」という意見も聞かれます。 メッセージのやり取り以外の機能が嫌いで、LINEが嫌いだという男性もいます。 LINEの一番の特徴といえる「既読」機能。 その既読の機能が嫌いという女性もいます。 送られてきたメッセージを開くと、相手に「既読」と表示され、メッセージを見たということが知られてしまいます。 隙間の時間にちょっとした時間に送られてきたメッセージを見て、後でゆっくり返信しようと考えていても、「既読」がついてしまうと「なんで読んだのに返信してくれないの?」と責められてしまったり、既読にしてから結構時間が経ってしまったから返信しなくていいかなと思っていても「既読になったのになんで返信してくれないの?」とまた責められてしまったりするのが面倒に感じてしまうようです。 「どうしても返信しなければ許されない」というLINE特有の雰囲気が嫌いだという女性が多いようですね。 LINEはとても気軽にメッセージのやり取りができるツールとして人気がありますね。 しかしその気軽さが逆に、言葉のやり取りを軽薄にしてしまっていると感じてしまう女性もいます。 言葉でのコミュニケーションを大切にしている女性は。 このような理由でLINE嫌いになっていると考えられます。 LINEでは、たった一言の「はい」や「わかった」だけのメッセージやスタンプでも簡単にポンポン送ることができます。 そうなってしまうと1つのメッセージが軽くなり、コミュニケーション自体も軽薄になってしまうように感じてしまいます。 メール全盛期は1つ1つのメッセージを時間をかけて作成し、やり取りも丁寧に行われていました。 その頃に比べると気軽に便利になったのですが、コミュニケーションが軽薄になってしまってように感じるため、LINEが嫌いだ女性もいるようです。 普段からLINEを使用している人にとっては、LINEはなくてはならない便利な連絡手段と言えるでしょう。 しかし、すべての人がLINEを使用するのが当たり前と考えてしまうのは危険です。 LINEは使ってみると確かにとても便利ですが、嫌い・苦手だと感じている人も意外と多いのです。 「便利だからやってみようよ」「やり方教えてあげるよ」とこちらの気持ちを押し付けてしまう前に、相手の男性が「LINEが嫌い」という気持ちを理解し、受け入れてあげることが1番のポイントです。 そうすることで相手の男性が、「自分のことを受け入れてくれて嬉しい」「自分のことを大切に想ってくれている」と感じ、よりいい関係を築くきっかけにもなりますね。 LINEは、気軽にやり取りができる便利なツールです。 しかし、グループやタイムライン、「既読」表示など連絡手段以外にも色々な機能がついているので、それを余計だと感じてしまう男性や女性もいるようです。 「便利だから」「みんなもやっているから」と無理やりLINEでのやり取りを進めるのではなく、嫌いだと感じている人の気持ちをまず理解してあげることが大切です。 LINE嫌いな人と付き合うポイントでも紹介したように、相手がLINEを嫌いな理由を受け止め、これからどのように連絡手段をとっていくのがいいのかを考えられるといいですね。 LINE嫌いの人が無理のないやり取りができれば、長くやり取りを続けていくことにつながります。

次の