しおかぜ 席。 8000系「しおかぜ」 座席・車内・シート・座り心地・乗り心地

SHIKOKU'S World 8000系電車座席番号表

しおかぜ 席

2000系ディーゼル車で運転される しおかぜ9,10,21,22号、いしづち1,4,10,13,22,25,34号に 本記事はあてはまりませんのでご注意下さい。 またこの記事は一個人が利用者の立場で作成したものであり、その記事内容については一切保証しません。 誤りの指摘は歓迎しますが、不利益を受けた場合は一切関知しません。 眺めの良い席 予讃線は海沿いを走るので、海側の席がお勧めです。 海側の席は、グリーン車を除き全て「 D席」です。 指定席券を購入する際は、 D席をリクエストしてみましょう。 なおJR四国のみどりの窓口で指定席を購入すると、気を利かせてD席優先で発券してくれることが多く、いしづち号の1号車では、D列に乗客が偏って座っている光景が良く見られ、思わず、「左右のバランスは大丈夫?」と考えてしまいます。 (実際は車重に比べて乗客の重さは非常に軽いため問題になりません。 しかも重量のある運転台やトイレがA列側にあるので、D列に偏った方がむしろバランスが良いかもしれません) 2. 詳しく言うと、まず8号車(1両の半分が普通車指定席)の8番席・9番席を2〜4枚販売し、次に7号車の3番席から順に販売し、その後6号車を販売します。 つまり 6号車の指定席は最後に販売されるので、他の車輌より空いていることが多くなります。 なお松山駅の改札は3号車付近にあり、また宇和海号は1号車の先に停車しているため、松山で下車する場合でも、宇和海号に乗り換える場合でも、8号車より6号車の方が有利です。 3両で運転される昼間のいしづち号の場合は、指定席が1号車のみであるため、号車リクエストをする意味がありません。 特に8両で運転される いしづち3,32号では、1号車は6号車のさらに後に発券されるため、空いている可能性がより高くなります。 鉄道ファン向けの席 8000系先頭車 8500)の客室とデッキの間の間はガラスで仕切られているため、最前列の座席は前面の展望が楽しめる、いわゆる「かぶりつき席」となっています。 松山方先頭車はいしづち号の指定席車となるため(しおかぜ1号を除く)、この席に座るためには指定席の利用が条件となります。 先頭車の先頭座席といっても、座席番号は「1号車の1番」ではありません。 もしあなたが男性なら、1号車の1番をリクエストしても発券してくれないでしょう。 なぜなら1号車の1番、2番席は女性専用席「レディースシート」だからです。 8000系の座席番号は全て高松・岡山方から振られていますので、1番席は運転台側ではなく連結面側になります。 8500の座席は12列ありますので、前面展望を楽しみたい方は、「 松山行きのいしづち号の1号車12番D席」をリクエストして下さい。 (いしづち5号を除く).

次の

しおかぜ号、いしづち号でリクエストしたい席

しおかぜ 席

8000系「しおかぜ」 JR四国の特急列車と言えば真っ先に思い当たるのがこの8000系です。 1992年のデビュー以来、何だかんだでデビューから20年を経過しつつも内外装のリニューアルを経て今現在も現役です。 幼児向けの本からシニア向けの旅行パンフレットまで、四国の特急列車といえば何かとこの車両の写真が使われる例が多いような気がします。 写真は夜、岡山駅に到着した8000系。 2004年から更新工事が始まり、現在のカラーリングになりました。 一部車両の車体側面には「がんばろう!日本」のラッピングが施されています。 行先表示板と「SHIKOKU」のロゴを見てみます。 このロゴの青色はJR四国のコーポレートカラーと同一に見えます。 入口の様子。 ドアは外釣り式です。 グリーン車 さてグリーン車の様子です。 座席の様子。 横幅は決して狭くはありませんが、ひじ掛けやテーブルの大きさ(ソデ体)が「普通車」のそれと同じであったり、そもそも座席の基本的な形状が普通車のそれと全く変わらないというのがなんともはや。 快適な空間のために追加料金を取るグリーン車としてはあるまじき状況であるように思います。 あえて座席背面もアップで撮影してみました。 座席形状は普通車に比べればまぁ広いといえば広いのですが、飛びぬけて普通車に比べて良いというわけでもなく、あまりグリーン車のメリットが感じられない座席になってしまっています。 次の項目で普通車指定席の座席も紹介するので、比較してご覧いただくと面白いかと思います。 1人がけ席はこのような感じになります。 普通車(リニューアル施行)その1 さて、変わってこちらが普通席車内の様子です。 こちらは主に普通車指定席で使用されているものになり、2004年のリニューアル改造で座席が完全に交換されています。 車内は青系のモケットの中に、木目調がいいアクセントになった感じでこれはこれで統一が取れているような気がします。 座席の様子。 ひじ掛け、背面テーブル、というよりも背面ほぼ全てに木材が使われてる妙な構造です。 詰め物そのものはかなりしっかりしており座り心地は悪くありません。 付帯設備は背面テーブル、フットレスト、コートかけなどとなっています。 あえて座席背面をアップで撮影してみました。 背面の木材はかなり複雑な形状をしているのが分かります。 車端部の座席はこんな感じ。 テーブルはデフォルトでは奥のように折りたたまれており、引き起こして展開し使う形になります。 普通車(リニューアル未施行) 変わってこちらがリニューアル改造を受けていない普通車です。 こちらは主に自由席にあてがわれる傾向にありますが、あくまで「傾向」なので普通に指定席にも使用されたりします(笑)。 リニューアル後の車内と見比べていただくと分かりますが、座席モケットはグレーで、化粧版や仕切扉のカラーも含め、かなりモノトーンな車内です。 これはこれでかなり落ち着くのですが…(笑)。 座席の様子。 座席はJR四国独自のものです。 いささか乱暴な表現ではありますが、何となくJR東日本に搭載されているR55をJR四国風にアレンジするとこんな感じになるのかな、というように感じられないこともありません。 横幅もそれなりにゆとりがあり、また中央部分がフラットになる構造のため、座った感じは見た目以上に広く感じます。 荷物棚と天井の様子。 リニューアル施行車の車内写真と比べて見ていただくと面白いかと思います。

次の

SHIKOKU'S World 2000系気動車座席番号表

しおかぜ 席

岡山発の14時代と言うと14:35発のしおかぜ15号ですね。 夕方の時間は結構込んでいる事があります。 帰りは松山駅始発の5:07発のしおかぜ4号ですね。 こちらは恐らくですが、それほど乗ってはいないと思います。 ですが、自由席の混雑率と言うのは当日にならなければわからないと言うのが本当のところです。 心配ならば指定席を取っておいた方がいいでしょう。 もしくは発車の10分以上前にホームに並び、ドアの前で待機しておけば自由席でも確実に座れると思います。 しおかぜなどの特急列車は駅に到着後、車内清掃などで一旦ドアを閉めます。 ですので、列車がホームに到着し、乗客が降り終えたらすぐにドアの前で待機してください。 清掃前は車内に入らないようにしておきましょう。

次の