仕事 ミス 落ち込む。 仕事のミスで落ち込む真面目な人は大損してる

ささいな注意ですぐ落ち込むイマドキ部下にはどう接したらいいか

仕事 ミス 落ち込む

落ち込む時ってありますよね?仕事、人間関係、プライベート、様々な場面で意気消沈してしまうことがあるかと思います。 僕も先日仕事で大きなミスをしてしまって、先輩や部長にめちゃめちゃ怒られました。 その際に、大袈裟ですが 「あ、、、人生終わった」と感じて凹みまくっていました。 しかし、なんやかんや言っても次の日も仕事。 ずっと落ち込んだ状態を続けるわけにはいきません。 というか、落ち込んだまま過ごしても人生楽しくないですしね。 そこで思ったのが、落ち込んだ時の自分なりの対処法を持っておくのって結構大事だということ。 無意識ではありますが、非常に落ち込んだ際に取っている行動あるかと思います。 これを把握しておき、凹んだ自分を立て直す手段として管理しておくというのは効果があるはず! 落ち込んだ時に、なかなか立ち直れない という方に向けて書きました。 おススメの回復法も紹介します。 僕はこんな感じで仕事で凹んだ・・・ 先日自分の部も含めて、合計5つの部でミーティングを行うことになりました。 進行することになったのですが、終わってみるとグダグダ。 部を代表していやっているのに、何という事だとキレられるという。。。 現在同じ部の先輩が近々退職することになり、その人の業務を無理やり任されることに。 面倒そうな仕事や、大掛かりなプロジェクトなど、自分で取りいくことは正直ないのに。 話はそれますが、自分から面倒そうな仕事を率先して取っていく人って本当にすごいなと、僕には絶対できない。 楽したいもん。。。 笑 在宅勤務で一日中家にいて、その先輩から五月雨式に振ってくるよく分らん業務の引継ぎ・マニュアルと日々格闘。 途中まで進んでいるプロジェクトを、そこから進めることになったり、とにかく踏んだり蹴ったりな毎日。 つらいいいいいい・・・・ 「裁量権の多い仕事ができるぞ」と上司やその先輩に言われますが、全くのありがた迷惑。 疲れ切った中でのその会議の一撃でした。 以前にも書きましたが、本当に 社会は理不尽です。。。 笑 仕事で裁量権が多いというのは、あらゆる場面で美徳とされますが、自分から取りにいった業務に限定されるのですね。 始めて知りました。 笑 その会議が終わり、なんやかんやして18時過ぎ。 落ち込んだ状態ですが、 今日の残りの時間は回復に当てねば! と思ったんです。 落ち込んだ時の回復ルーティンを紹介! YouTubeでドキュメンタリー番組を観る まずは、過去に放送されていたドキュメンタリー番組を観ました。 元暴走族だけど、建設現場で現在頑張って働いるとか。 スゴイ不良だったけど、更生したとかそういった類のやつ。 観てると、自分よりもハードな環境から立ち上がったんだなぁとパワーをもらったり。 他にもこういう時に、 「大人の引きこもり」とかを観てしまいますね、自分よりも色々悩んでいる人もいるんだと感じたり 笑 性格悪いですかね。。。 自分よりも大変な環境にいる人の姿を見ると、「何とかなるか」とエネルギーが湧いてくること請け合いです。 ひたすら小説を読む 動画を観終わったら、小説を読みましょう。 読みかけのものがあればなおいいですね。 サスペンスや推理小説であれば、グッドです。 展開のみに心を奪われ、他のことを考えない様にしましょう、頭を空っぽにして読むのがコツです。 最近めちゃくちゃハマっている 宮部みゆき「模倣犯」。 分厚い単行本で5巻ありますが、面白過ぎて、展開が気になりすぎて、気付けば既に3巻まで読み終えました。 笑 落ち込んだ時に、無理にテンションを上げようとするのは少し危険な気がするんですよね。 無理にテンションを上げても、気持ちが付いていかず、乖離を感じてしまうと逆効果。 いっそのこと、とことんまで落ち込むのが案外得策だったりします。 静かで落ち着ける音楽をかけて、「なんで自分はダメだったのか」をとことんまで考える。 落ち込むだけ落ち込むと、不意に「次に活かそう」と思える瞬間が訪れます。 これが不思議なのですが、やはり落ち込める底にも限りはあるのでしょうか。 笑 僕は部屋を真っ暗にして、アイマスクを付けてぼーっとしながら考えていました。 これが結構効果があって、目を背けるのではなく、受け入れてしまう、そして割り切る。 起こってしまったものは仕方ない! ご飯を食べる! あとは肉体的にエネルギー補充をしましょう。 ご飯をしっかり食べるのです。 お腹をいっぱいにしてしまう、そして僕は好きな甘い物(チョコレートなど)も好きなだけ摂取する。 いつもは、倹約のためにスニッカーズを袋買いにして、1日1個しか食べませんが、落ち込んでいる時のみ2個以上食べてOKとしてしまいます。 笑 とりあえず自分を甘やかす、もちろんバカ高いところで外食とかはしません。 ストックしている卵と納豆をどっちもご飯に突っ込んで食べるなどの貧乏性の贅沢行為です。 笑 とにかく眠る! そして、 睡眠をとりましょう。 いつもより余分にとるのです。 昔とある産業医の先生に聞いたのですが、睡眠時間が7時間以上だと、うつ病になる割合がかなり下がるそうなのです。 というか、色々紹介していますが、睡眠確保が正直最も効果がある気がします。 とりあえず布団に入って眠る、これは僕の場合なのですが、落ち込んだ次の朝は何となく目覚めてしまう、半分寝たような状態で布団をごろごろして物思いにふける。。。 ここで、 あえて最悪を想像します。 「もっと悪くなるとどうなるのか・・・」、考え過ぎて嫌になって起きます。 そうして、一日を過ごすと想定していた最悪よりもいくらかマシなのです。 まぁ、そりゃそうです、なかなかそこまで最悪になりません。 笑 そうして、「あ、思ってたよりなんとかなるかも!」と感じ一日を過ごすのです、ここら辺でたいがい回復していますね。 起伏のない人生はつまらない! 個人的な意見ですが、落ち込むことはそこまで悪いことじゃないと思っています。 起伏のない人生もつまらないですし。 落ち込むようなことが起こった後は、しっかり自分の中に貯めていきましょう。 「あの時、あれだけメンタルやられて何とかなったし大丈夫だろう」と自信を持てるはず。 他にも、利点を挙げておきます。 例えばドラマや漫画や映画で、主人公が挫折したり苦悩や葛藤しているシーン。 たいがいその次には、飛躍的に成長するシーンが待っていますよね。 落ち込んだ時にこそ、次に進むヒントや自分の弱点に気付くなどのヒントが散りばめられていると思うのです。 順風満帆に進んでいる時よりも、逆風にさらされている時の方が人間としての深みを与えてくれるんじゃないでしょうか。 まとめ 最後にこの記事をまとめます。 仕事やプライベートで落ち込むのは仕方ない、その後が大事。 落ち込んだ際は、自分なりの回復法を用意しよう。 睡眠時間の確保が最も効果大。 落ち込んだ時や葛藤するタイミングは、人間として深みが出る良い機会 落ち込むことさえ肯定できれば人生楽勝じゃないでしょうか。 笑 せっかくの人生なので、全て意味のある時間にできたら幸せですね。 ではでは! BitCorleone.

次の

【必見!】仕事でミスが気にならなくなるマインド法を2つご紹介!

仕事 ミス 落ち込む

Contents• 仕事でまた失敗!落ち込む気持ちを立て直す方法 仕事でのミスをはじめ、仕事が思い通りに進まない時は気持ちが落ち込んでしまうこともあります。 仕事の失敗から気持ちが落ち込んでいる人は、次の対処法を試してみて下さい。 仕事で落ち込むのは自分だけではない 仕事の失敗で落ち込む時は余裕がなくなり、自分のことしか考えられなくなります。 仕事を失敗してうまくいっていないのは自分だけのように感じてしまい、さらに気持ちが落ち込むことになります。 しかし、気持ちが落ち着き周りを見渡せば、自分以外にも仕事に失敗している人や、ミスをして上司から怒られている人など、自分以外にも仕事に失敗をして落ち込んでいる人が見えてきます。 仕事の失敗で落ち込むのは自分だけではないことを頭に入れているだけで、落ち込む気持ちに自分が振り回されなくなります。 自分の好きなことをやる 仕事で落ち込むことがあると、頭の中は仕事のことばかり考えるようになってしまいます。 なんで自分はあんな失敗をしたんだろう• また同じような失敗をしたらどうしよう• これ以上、上司から怒られたくない 頭の中を失敗した仕事が占めることでかける必要にないプレッシャーを自分にかけることになり、さらに仕事での失敗を繰り返すことになります。 そのため、仕事のミスや失敗で気持ちが落ち込むことがあった時には、 自分の好きなことをやってみて下さい。 釣りが趣味の人は、仕事のことはもちろん、普段の生活を忘れて釣りだけに没頭して遊ぶ。 友達と一緒にショッピングする• 朝から晩まで映画鑑賞• 好きな音楽を聴きながら好きな漫画を読む• 気になる道の駅へドライブする• 1日中ひたすら寝る• 撮り溜めたドラマを大好きなポテチを食べながら1日中見る 自分の好きなことをやっている間に仕事のことを忘れるだけでも、今までの落ち込んだ気持ちが随分と軽くなります。 難しいことは何も考えずに、自分の好きなことをひたすらやることで、仕事のことでいっぱいの頭をリフレッシュさせてあげて下さい。 落ち込む気持ちは時間が解決する 自分の好きなことをすることで頭や気持ちをリフレッシュすることができますが、それでもうまく落ち込む気持ちが切り替えられない人もいます。 そんな時は、仕事のミスや失敗で落ち込む気持ちも、時間が解決してくれることを頭に入れておいて下さい。 多かれ少なかれ、誰もが仕事でのミスや失敗をすることになりますが、失敗をした時は落ち込んでいた気持ちも、気づいた時にはいつもの状態に戻っていることを思い出してみて下さい。 落ち込んだ気持ちも、日々の仕事に追われたり、楽しいことをする中で次第に小さくなり、気づいた時にはなくなっています。 今は仕事でミスをして気持ちが落ち込むけど、この気持ちもいつまでも続かない。 時間が経てば解決する 落ち込んだ気持ちも時間が解決してくれることを頭に入れておくことで、気持ちが落ち込む時にも冷静に自分の気持ちに対処することができます。 仕事の失敗で落ち込む自分にかけたい「5つの言葉」 仕事の失敗で気持ちが落ち込んだ時の対処法を見てきましたが、そもそも 仕事での失敗が悪いことではないことを、先人の言葉から学ぶことができます。 仕事の失敗から気持ちが落ち込んでいる人は、先ほどの対処法と合わせて参考にしてみて下さい。 一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である。 アルベルト・アインシュタイン 私は失敗したことがない。 ただ、1万通りの上手くいかない方法を見つけただけだ。 トーマス・エジソン 失敗とは、より賢く再挑戦するためのよい機会である。 まじめな失敗は、なんら恥ではない。 失敗を恐れる心の中にこそ、恥辱は棲む。 ヘンリー・フォード 失敗したからって何なのだ? 失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか。 ウォルト・ディズニー やったことは、例え失敗しても、20年後には、笑い話にできる。 しかし、やらなかったことは、20年後には、後悔するだけだ。 マーク・トウェイン 仕事の失敗から落ち込む気持ちに対処できない。 そんな人は転職も考えて。 先人の言葉を見ても分かるように、仕事での失敗が決して悪いことではないことが分かります。 しかし、仕事での失敗があまりにも大きく、落ち込む気持ちをどうしても立て直せない人がいることも確かです。 そのような人は、転職することも考えてみて下さい。 今の職場で生かせなかった仕事の失敗経験も、新しい環境で働くことで、初めて生かせる場合もあります しかし、勇気を出して転職したからといって 自分が希望していたような転職に必ずなるわけではありません。 自分がいいと思って入った会社の人間関係が最悪で、毎月30時間のサービス残業をするような 「ブ ラック企業」に転職してしまう可能性もあります。 あなたの目的は転職することではなく、 転職後に自分が気持ちよく働けることです。 いくら転職できても、ブラック企業のような会社で苦しみながら働くことになれば、何のための転職だったのか分かりませんが、現実は 4人に1人が転職したことを後悔しています。 転職エージェントを利用するメリットとデメリットには、大きく分けると次のようなものがあります。 転職エージェントを利用するメリット・デメリット メリット デメリット• 転職希望を伝えた求人を探してくれる• 履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる• 企業別の面接対策をしてくれる(過去の面接で聞かれた質問内容やその答え方等)• 転職前に転職先の様々な情報を知ることができる(職場の雰囲気、人間関係、自分の上司の人柄など)• 全てのサービスを無料で利用できる• 担当者によって、サービスのばらつきがある 転職エージェントを利用することで、 あなたが日中仕事をしている間に、あなたが伝えた希望条件に合った求人を、転職エージェントが探してくれます。 そのため、あなたが疲れて家に帰り、求人探しができなかった時や、休日にまとめてやろうと思っていた応募書類の作成ができない場合でも、転職エージェントによって 自動的に転職活動が進んでいくことになります。 また、1人で転職活動をする時には知ることが難しい 「職場の人間関係」 「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった 転職先の生の情報を、転職エージェントを通して転職前に知ることができます。 そのため、転職エージェントを利用することで、 転職前後のギャップが小さくなり、 転職の失敗を防ぐことができます。 しかし、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には 約18,000もの転職エージェントがあります。 そのため、全く同じ求人を紹介された場合でも、ある転職エージェントでは 人事部長から始まる面接も、別の転職エージェントでは いきなり社長面接から始められるなど、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。 様々な転職エージェントがある中、私が14回の転職で実際に利用しておすすめする転職エージェントはになります。 他の転職エージェントに比べて リクルートエージェントが良かった点は、次の3点になります。 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合• 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合• 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合• 採用活動を知られたくない場合 このように、非公開で求人を募集することにより、ピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、 企業側には様々なメリットがあります。 そのため、非公開求人は 求人数も多く、 条件のいい求人も数多く存在します。 さらに、非公開求人は リクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べて ライバルの少ない求人の中から、自分に合った求人を紹介してもうらことができます。 担当者の変更が柔軟 リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O. Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。 なぜ転職するのかといった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認から、面接対策・応募書類対策といった具体的なアドバイスまで、 一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら、転職サポートをしてもらうことができました。 しかし、2回目に利用した時の担当者(K. Kさん)は、 全ての対応が事務的な方でした。 担当者のK. Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「 ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。 正直、 自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。 この時、私はどうしても担当者のK. Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。 すると、お願いした翌日には対応してくれて、 すぐに担当者を変更してもらうことができました。 担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、 すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。 担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントは メール連絡で 担当者を変更してもらうことができます。 転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、 転職活動の成否にも大きく影響します。 担当者と合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。 私は 「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。 面接対策に強い リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。 リクルートエージェントではキャリアアドバイザーによる模擬面接も行なっていますが、都内で毎日開催されている 「面接力向上セミナー」がとても有効な面接対策になりました。 全ての項目を入力すれば、登録完了となります。 登録後は 担当者から連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。 あなたが納得できる求人を紹介してもらった時のみ「応募」「面接」と進めば問題ありません。 転職エージェントを利用することで、転職前に転職先企業の内側を知ることができるため、 転職の後悔や失敗を防ぐことができます。 しかし、どんなにいい転職エージェントを利用しても、転職するのは あなた自身です。 「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」という、未来の自分の姿を想像しながら、自分が今やるべきことを考えてみて下さい。 転職エージェントをうまく利用しながら、あなたが自分らしく働ける仕事に出会えることを願っています。

次の

仕事でミスばかりして落ち込む。気持ちを強く持って汚名返上する方法

仕事 ミス 落ち込む

・根が真面目 ・完璧主義 ・怒られ慣れていない 以上の特徴に当てはまる人は、ミスは絶対にしてはいけないという意識が根底にあります。 そのような意識でミスをしてしまうと、やってはいけないことをしたと思ってしまうので、怒られたり、責められるんじゃないかと考えてしまい、必要以上に気にしてしまうのです。 ミスは気にしなくてもいい 確かに何度も同じミスを繰り返したり、ミスを連発してしまうのはよくありませんが、慣れない仕事でミスをしたり、ついついミスをしてしまうのは誰にでもあることです。 上司でも社長でもどれだけ優れた人間でもあります。 けれどそのような人たちはミスをする度にわざわざ立ち止まって気にするような素振りはしません。 速やかにミスを修正して、何事もなかったように次の仕事に取り掛かります。 ミスをしていつまでも引きずり、他の仕事に支障をきたすことの方が会社にとっては迷惑だと知っているからです。 ミスを気にしなくてもいいというのは、ミスをしたことを後悔するよりも、2度と同じミスを繰り返さないように改善策を練ることと、そのミスをカバーしようということです。 ミスを気にしないマインドを手に入れるには? リフレーミング リフレーミングは仕事でミスをして酷く落ち込んでいるときなど、ネガティブになっているときに最適です。 リフレーミングを効果的に使えばどうなるか具体例付きで解説します。 例えば明日提出する書類に何らかの誤りが見つかったとします。 いつもであればやらかしたことに落ち込み日が暮れますが、リフレーミングを活用することによって、当日になる前に誤りが見つかってよかったと思えるようになります。 このようにリフレーミングを使えば、仕事でミスをしても今までと違った視点でミスを捉えることができるようになり、ネガティブ感情からポジティブ感情に変えていけることができます。 ポジティブに変えていけるようになれば、ミスをして自分はダメだと思うのではなく、このミスを経験したことで今後同じミスをしないように対策を立てることができるという風に考えることができるので、必要以上に落ち込むことはなくなってきます。 ここで注意してほしいのは、リフレーミングはポジティブになれば良いというわけではありません。 マイナスな要素をしっかりと受け止めた上でプラスに変えていくことが必要です。 そうすれば仕事のミスだけでなく、この先の人生で起こるどんな出来事も自分を成長させるきっかけだと思うことができるようになります。 認知行動療法 認知行動療法は思考や行動の癖を把握し、自分の認知・行動パターンを整えていくことで生活や仕事上のストレスを減らしていく方法のことを言います。 意識的に、すぐに立ち直る人と同じ認知や行動へ変えていくのがこの認知行動療法となります。 ミスをしてもすぐ立ち直る人の特徴 ・人は失敗して成長していくものだと思っている ・過去は変えることはできないけど、未来は変えることができることを理解している ミスをしたのならそれをどうやって挽回しようか、次も同じミスをしないためにはどこを反省すべきかを考えて、すぐに行動に移すのがミスをしてもすぐ立ち直る人の特徴です。 ミスをしても ・失敗する方法を知る機会 ・自分は何が不得意なのか知る機会 ・自分はどういうときに不注意になるのか知る機会 というように反省するだけではなく、学びとして吸収するようにしているので、結果的にミスが気にならなくなるだけでなく、成長にも繋がっていきます。 以上のミスをしてもすぐ立ち直る人の特徴を理解して、自ら意識的に取り入れていきましょう。 まとめ:ミスは悪いことではなく、人を成長させてくれるもの あの「世界のホンダ」を創立した本田宗一郎さんにこんな名言があります。 「失敗が人間を成長させる 」 本当にその通りで、自分も仕事で失敗して凄く落ち込んだ時にこの言葉に励まされました。 失敗は失敗で終わるから失敗になるんですよね。 けれど、失敗したときの気づきを自分の成長に促すことができたなら、それは失敗ではありません。 もちろん失敗すれば反省もすべきです。 しかし、反省とは後悔したり自分を責めたりすることではありません。 何がよかったのか、何が足りなかったのか、次はどうすればいいのかを考えて、失敗を次回に生かそうとすることが本当の意味での反省です。 ミスをしないようにすることは人間である限り不可能なことなので、ミスをしたときにどういう捉え方をするかがミスが気にならなくなる重要なポイントです。 さっそくリフレーミングと認知行動療法を取り入れて、ミスをしても気にならないマインドを手に入れていきましょう。

次の