ういらぶ 映画 キャスト。 ういらぶ。映画フルを無料視聴する方法!予告編や相関図もあり!

映画『ういらぶ。』動画フルを無料視聴する方法を紹介!キンプリ平野紫耀の壁ドンやバッグハグは必見!

ういらぶ 映画 キャスト

この節のが望まれています。 書誌情報 [ ] 原作コミック• 星森ゆきも 『ういらぶ。 -初々しい恋のおはなし-』 小学館〈フラワーコミックス〉、全11巻• 2015年8月26日発売、• 2015年11月26日発売、• 2016年2月26日発売、• 2016年5月26日発売、• 2016年8月26日発売、• 2016年11月25日発売、• 2017年2月24日発売、• 2017年5月26日発売、• 2017年8月25日発売、• 2017年11月10日発売、• 2018年10月10日発売、 映画ノベライズ• 宮沢みゆき(著)・高橋ナツコ(脚本)・星森ゆきも(原作)『映画 ういらぶ。 』小学館ジュニア文庫、全1巻• 2018年10月5日発売、• 豊田美加(著)・高橋ナツコ(脚本)・星森ゆきも(原作)『ういらぶ。 』小学館文庫、全1巻• 2018年10月5日発売、 映画 [ ] ういらぶ。 監督 脚本 原作 「ういらぶ。 -初々しい恋のおはなし-」 製作 田辺圭吾 製作総指揮 豊島雅郎 出演者 () 音楽 主題歌 「」 撮影 小宮山充 編集 制作会社 製作会社 『ういらぶ。 』製作委員会 配給 アスミック・エース 公開 上映時間 100分 製作国 言語 興行収入 8億円 『 ういらぶ。 』のタイトルで、に公開。 監督は、主演は()。 キャスト(映画) [ ]• 和泉凛:()• 春名優羽:• 坂下暦:• 藤蛍太:• 佐伯実花:• 佐伯和真:• スタッフ(映画) [ ]• 原作:「ういらぶ。 -初々しい恋のおはなし-」(「 」刊)• 監督:• 脚本:• 音楽:• エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎• プロデューサー:田辺圭吾、• ラインプロデューサー:• 撮影:小宮山充• 照明:保坂温• 美術:寒河江陽子• 録音:金杉貴史• 装飾:田中宏• 編集:• 衣装:纐纈春樹• メイク:宮内三千代• スクリプター:藤島理恵• 選曲:藤村義孝• 音響効果:壁谷貴弘• VFXプロデューサー:加賀美正和• 助監督:吉村昌晃• 制作担当:持田一政• 制作プロダクション:、• 配給:アスミック・エース• 製作:『ういらぶ。 』製作委員会(アスミック・エース、、、、共同テレビジョン、、、、、) 映像ソフト化 [ ] 映画が収録された『ういらぶ。 』のDVDおよびBlu-rayと、映画および特典映像が収録された『ういらぶ。 豪華版』のDVD BOX(3枚組)およびBlu-ray BOX(3枚組)が2019年5月9日に発売された。 2019年5月16日発表のオリコン週間ランキングで、DVD 1. 3万枚、BD 1. 3万枚を売り上げ、映画DVD部門 1位(DVD総合 1位)、映画BD部門 1位(BD総合 2位)を獲得した。 ムービーコミック [ ] で2018年7月22日より配信のボイスコミック。 初回配信は1話と2話同時配信で、毎週日曜日に配信開始。 全24話。 キャスト(ムービーコミック) [ ]• 和泉凛 -• 春名優羽 -• 藤蛍太 -• 坂下暦 - スタッフ(ムービーコミック) [ ]• 原作 - 星森ゆきも「ういらぶ。 -初々しい恋のおはなし-」(小学館「Sho-Comiフラワーコミックス」)• 企画 - 上田徳浩• プロデューサー - 鈴木健太郎、平木美和• アソシエイトプロデューサー - 中島章博• 総合演出 - 曽根原千秋• 演出 - 韓京勲• 主題歌 - 「」• タイトル - 鳥尾美里• 音響効果 - 下城義行• MA -• 協力 - 小学館• 制作協力 - アイムエンタープライズ、、• 宣伝 - 野沢浅見• サイト編集 - 岩館亜紀• 制作 - TOTSU CG Production• 製作 -• 著作 - 星森ゆきも、小学館、 脚注 [ ] []• TOWER RECOROS ONLINE. 2018年10月4日閲覧。 國際采昌、2019年1月20日公開。 2020年4月10日閲覧。 サンスポ. 2019年2月6日. 2020年3月11日閲覧。 コミックナタリー. 2018年11月10日閲覧。 映画『ういらぶ。 2020年3月11日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年3月11日閲覧。 Sho-Comi公式サイト. 2018年7月14日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

映画【ういらぶ。】フル動画配信を無料視聴!あらすじやキャストと感想チェック!!

ういらぶ 映画 キャスト

CONTENTS• 映画『ういらぶ。 』の作品情報 C 2018「ういらぶ。 」製作委員会 C 星森ゆきも/小学館 【公開】 2018年(日本映画) 【原作】 星森ゆきものコミック「ういらぶ。 初々しい恋のおはなし」 【監督】 佐藤祐市 【キャスト】 平野紫耀、桜井日奈子、玉城ティナ、磯村優斗、桜田ひより、伊藤健太郎 【作品概要】 LINE漫画の少女部門で月間1位を記録し、累計発行部数180万部を突破した、星野ゆきもの人気コミックを実写映画化した『ういらぶ。 監督は、『ストロベリーナイト』『キサラギ』『累』など人間の心理に迫る作品を多く手掛けている、佐藤祐市監督。 そんな佐藤祐市監督が撮る初の胸キュンラブストーリーです。 主人公の凛には、今をときめく王子たち、ジャニーズJr. 好きすぎてイジメちゃう。 2人は幼なじみの関係を超えることができるのか?幼なじみの不器用な恋を描く、最高に胸キュンな青春ラブストーリーです。 映画『ういらぶ。 』のあらすじとネタバレ C 2018「ういらぶ。 」製作委員会 C 星森ゆきも/小学館 凛(平野紫耀)、優羽(桜井日奈子)、暦(玉城ティナ)、蛍太(磯村優斗)は、同じマンションに住む仲良し幼なじみ4人組。 美男美女の4人は学校でも憧れの存在です。 凛は優羽が隣に引っ越してきた時から優羽のことが大好きなのですが、好きすぎて優しくできず、いつも上から目線で優羽に厳しくあたります。 ドSのビビり男です。 優羽はというと、そんな凛は自分のことを思って厳しくしてくれていると思い込み、自分がダメダメだから凛に迷惑ばかりかけていると、ネガティブな子に育ちます。 凛が優羽に冷たくあたる理由、優羽が厳しい凛に懐く理由は意外なところにありました。 幼い頃、優羽の父親は優羽のことを可愛すぎて「優しくしてくる男には気を付けろ」という教えのもと娘を育てます。 それを聞いた凛は、自分が厳しく近寄る男どもから優羽を守ることを誓います。 「こじらせ愛」の始まりは、幼い頃の思い込みからでした。 そんな2人の気持ちを知りながら見守る幼なじみの暦と蛍太。 暦は面倒見が良く、凛に厳しく言われる優羽を慰める強い味方です。 蛍太は、エスカレートする凛の「こじらせ愛」に呆れながらも2人を応援しています。 しかし、4人の幼なじみの関係が変化する出来事が起こります。 第2章「ライバル出現」スタートです。 優羽が家の修繕工事のため一時仮住まいの家に引っ越したことで、幼なじみの関係は変化していきます。 引越し先の隣には、佐伯兄妹が住んでいました。 兄の和真(伊藤健太郎)は、カッコイイ外見に頭も良く、優しいプレイボーイ。 妹の実花(桜田ひより)は、人懐っこく、言いたいことはズバッと言う性格です。 和真は、可愛いのに自分に自信がなく、常にビクビクしてしまう優羽に「優羽ちゃんはとっても可愛いよ。 自信を持って」と正面から迫ります。 自分の意見を聞いてくれる和真の優しさに優羽は戸惑います。 一方、凛は和真の出現によってペースを乱され、悶絶する時間を過ごしていました。 気になった凛は、新しい優羽の家に向かいます。 そこで目撃したのが、和真の優羽への「頭ポンポン」現場。 焦ってどうしたらいいかわからなくなった凛は、次の日から優羽を無視する態度にでます。 2人の間に見えない距離ができていきます。 ある放課後、優羽を迎えにきた和真と鉢合わせした凛は、「あいつをイジメていいのは俺だけだ。 あいつを好きになっていいのも俺だけだ」と和真に喧嘩を売りますが、「大事なのは、優羽ちゃんの気持ちじゃないのか?」と反対に宣戦布告をされてしまいます。 凛から無視され傷つく優羽と、ライバルの手強さに落ち込む凛。 こじらせ愛はさらなるこじらせステージへ。 第3章「かのじょ(仮)」スタートです。 凛は自分が告白される現場にわざと優羽を呼び出します。 告白を断る手段として、「ごめん、付き合ってるやつがいるから。 相手は、優羽だから」と嘘をつきます。 それを聞いて驚く優羽に、凛は「告白を断るのが面倒だから、付き合ってるふりをしろ。 かのじょ、カッコ仮な」と、言いくるめます。 凛の病みレベルはマックスに達しました。 それを知った幼なじみの暦と蛍太は、凛の病みレベルに頭を抱え、告白した子にも悪いだろと注意しますが、凛はこれからは優羽に彼女のようにやさしく出来ると張り切ります。 張り切ったところで、凛です。 手をつなぎ色々な所にデートに連れて行き、彼女のように接する凛に優羽は、かのじょ(仮)なのだからと無理に合わせます。 かのじょ(仮)だからとキスを迫る凛に、優羽の限界がきます。 突き飛ばされた勢いで、昔のアルバムをひっくり返す凛。 そこには、幼い頃2人でいった「星の村」の写真が入っていました。 大事にしていた写真には、優羽の大切な思い出も詰まっていました。 「星の村で、凛くんが隠した大切なものを見つけられたら、私のこと認めてくれるって約束したの覚えてる?」 しかし、凛はそんなこと全く覚えていないと言います。 そんなことより今度のデートのことで頭いっぱいの凛に優羽は、「今の凛くんは変わった。 昔の幼なじみに戻りたい」と泣き出します。 幼なじみに戻りたい。 自分は振られたのだ。 凛は、大事なことに気付けないまま部屋を後にします。 第4章「りんの宝物」スタートです。 偶然にも佐伯兄妹のおじいちゃんが、「星の村」のオーナーだったこともあり、幼なじみ4人と佐伯兄妹で遊びに行くことになりました。 流星群が見えるという夜です。 優羽は、幼い頃に見つけられなかった「凛の宝物」を探しだすために。 凛は、優羽に振ったことを後悔させるために。 みんなでバーベキューをする中、佐伯の妹・実花が凛に告白します。 優羽と別れたからいいでしょと迫る実花。 優羽を気にする凛でしたが、またしても素直になれず優羽を突き放します。 一人、「凛の宝物」を探しに森に入る優羽。 さらに追い打ちをかけるように、凛と実花が抱き合うところを見てしまいます。 悲しみで崩れ落ちる優羽は、初めて感情を表に出します。 「ハート型の岩」と叫び走り去る優羽。 辺りは暗くなっても優羽は帰ってきません。 みんなで捜索しますが、見つからず焦るばかり。 凛には「ハート型の岩」で思い出したことがありました。 幼い頃、優羽の喜ぶ顏が見たくて隠した宝物。 ハート型の岩の元に埋めた記憶がよみがえります。 優羽を探してハート型の岩に向かった凛は、落ち葉だらけの中、必死に宝箱を探す優羽を見つけます。 「宝物を見つけて、凛に認められたい。 自分は凛のことが好き。 自分を変えたい」凛への思いが溢れる優羽。 一緒に見つけた宝物は、優羽の飼っている文鳥のキーホルダーでした。 凛は、幼い頃渡せなかった宝物を優羽に手渡します。 「ずっと好きだった。 」 やっと素直になれた2人。 見上げた夜空には、たくさんの流星群が降り注いでいました。 映画『ういらぶ。 』の感想と評価 C 2018「ういらぶ。 」製作委員会 C 星森ゆきも/小学館 今をときめく キンプリの平野紫耀さんが主人公ということで、劇場も若い女の子たちでいっぱいでした。 平賀紫耀さんの、 クールな目線でドSっぷりを出したかと思うと、 くしゃくしゃの笑顔で悶絶する妄想男子っぷりと、幅広い演技に コロコロ変わる表情から目が離せません。 本当の王子がいました。 エンドロールには、出演者のオフショットや撮影の様子が流れます。 笑顔いっぱいの撮影現場の様子は、映画の中のキラキラ青春そのもので、 このメンバーだからこそ完成した作品なのだと確信しました。 登場人物がみんな良いやつなのも、心がほっこりします。 中でも、凛たちと幼なじみの男の子・蛍太は、友達想いで常に優しく2人を見守ります。 凛の行き過ぎた行動にストップをかけたり、喧嘩の仲裁に入ったりと何かと振り回される役柄ですが、 磯村優斗さんが自然に演じていて好感が持てました。

次の

映画「ういらぶ。」がフルで無料視聴できる動画配信サービス。pandoraやdailymotionにはある?

ういらぶ 映画 キャスト

尽力下さった関係者の皆様に深く深く感謝をしております・・・ありがとうございます! そして、そんな星森を更に感動させて下さったキャストの皆様・・・! 凛役を演じて下さる平野紫耀さんは、絶対的なカッコ良さの中に可愛さを兼ね備えた王子様! 優羽役を演じて下さる桜井日奈子さんは、あまりに可愛く表情豊かな素敵な女優さん・・・! 幼なじみーず、佐伯兄妹も、最高に豪華でフレッシュな役者様に演じていただけることになり、 今から楽しみで仕方ありません! そんな映画『ういらぶ。 』は、私自身尊敬してやまない佐藤祐市監督はじめ、製作陣の皆様が きっとまぶしく、胸キュンな作品に仕上げて下さると確信しています。 今は私もひたすら完成を心待ちに、毎日ドキドキワクワクしています! 【監督・佐藤祐市コメント】 アイドルとして圧倒的な存在感を放ちながら、ふとした時にかわいらしさも感じさせる平野くん。 凛というキャラクターの魅力的な二面性を演じ切ってくれると期待しています。 桜井さんは、優しい空気感のなかに秘めた強さを持っていて、優羽役にはぴったりだと思っていました。 まさに今をときめくエネルギーに満ちたキャストの皆さんとの化学反応を楽しみながら、やっぱり恋っていいなと微笑ましく思ってもらえるような作品をお届けできるように頑張ります。 asmik-ace. jp などなど…大好評です! 単行本が発売されていますので、 興味のある方はぜひ原作も読んでみてくださいね~ 映画『ういらぶ。 』出演キャストは? 『ういらぶ。 』が実写映画化されるにあたって、 出演キャストについても知りたいですよね! 紫耀くんの相手役、ヒロインは桜井日奈子さんが演じます。 nikkei. 』のキャスト一覧です! 平野紫耀 桜井日奈子 玉城ティナ 磯村勇斗 伊藤健太郎 桜田ひより 出演者コメント 紫耀くん、桜井日奈子さんをはじめ、 キャストの皆さんのコメントをご紹介します! 【和泉凛 役】平野紫耀 お話を頂いた時は正直に嬉しかったです。 原作も読ませて頂いたんですが、『ういらぶ。 』は初々しい恋のお話という事で、本当に見ているこちらがもどかしい気持ちになります。 なかなか2人が気持ちを素直に伝えられない感じがもの凄く伝わってくるので、この感じを僕達もうまく出して皆さんにキュンキュンしてもらいたいです。 和泉凛はとりあえずものすごいドSです。 でもその理由は優羽が好き過ぎて、その想いを隠そうとしてついつい乱暴になってしまうというちょっと不器用な男子です。 親友の藤 蛍太の前では優羽のこと大好きなのが丸出しで、このギャップにやられる女の子は沢山いると思うので、この差を演じるのは難しいですが頑張ります。 桜井日奈子さんは、テレビで拝見していて岡山の奇跡だなー 笑 と思いました。 歳も近いので共演させて頂くのが楽しみです。 【春名優羽 役】桜井日奈子 『ういらぶ。 』のヒロイン春名優羽を演じさせていただくことになりました。 優羽はゆるふわでキラキラした女の子だけど、ヘタレで自分に自信がない子。 大丈夫だよ!自信もって!とツッコミいれながらも、すごく健気でこんな娘がいたら独り占めしたくなるなぁと思いながら原作を読みました。 だけど、いつもはヘタレなのに、いざって時に強さをみせる、そのギャップや凛くんへのゆるぎない想いにキュンときたり。 一読者として春名優羽というキャラクターが大好きになりました。 優羽が恋する凛くんは独占欲のカタマリで、変わったキャラクターではあるけれど、優羽への気持ちは凛くんに共感する部分がたくさんありました。 お互いを一途に想っているのになぜかうまくいかない、もどかしさ、初々しさを大切に表現できたらいいなと思います。 主演の平野紫耀さんとはまだちゃんとお話ししたことがないのですが、凛と優羽というキャラクターとして、『ういらぶ。 』を作る同志として、一緒に頑張りたいと思います。 佐藤祐市監督とも初めてお仕事させていただきます。 たくさんの作品を手がけていらっしゃる監督にしっかりついていこうと思います。 そしてヒロインを演じるという覚悟を持って、作品に向き合いたいと思います。 【坂下暦 役】玉城ティナ 坂下暦役を演じさせて頂きます、玉城ティナです。 原作を読ませて頂いたときに、ふと『優羽ちゃん本当にかわいいなあ、、』と呟いてしまっている自分に気付き、暦の独特の優羽ラブ感を私なりに表現できたらなあと思います。 実際には全く高嶺の花キャラではない私ですが、暦の強めなところ、くすっと笑ってしまうようなところを汲み取って演じていきたいです。 はじめから凛と優羽の掛け合いにはキュンキュンしっぱなしでした。 『ういらぶ。 』の世界観に入れることをとても楽しみに光栄に思っています! 【藤蛍太 役】磯村勇斗 この度、映画『ういらぶ。 』にて、藤蛍太役を演じさせて頂きます。 磯村勇斗です。 原作を読ませて頂いた時、拗れている恋心が自分の中で、凄くムズキュンすぎて、いつの間にか、『ういらぶ。 』の世界に惹き込まれていました。 その中で藤蛍太を演じさせて頂く事を嬉しく思います。 今回、キャストの中では年長者になりますが、蛍太として、親友の凛をしっかり支え、共演者皆さんの若さを感じながら、一つ一つ丁寧に、フレッシュに演じていきたいと思っています。 よろしくお願い致します。 【佐伯和真 役】伊藤健太郎 和真は、ものすごくストレートに人の事を好きになり表現できる人です。 時には相手やその周りから嫌がられる事もありますが、僕はそんな和真が意外と好きなので演じるのがとても楽しみです。 この物語にも凛やその仲間たちにも、和真が異分子の様な存在になれたらいいなと思います。 asmik-ace. jp 『ういらぶ。 』の映画撮影ロケ地は? ファンとして気になるところといえば、 今回の映画『ういらぶ。 』がとこで撮影されるのか?という ロケ地情報ですよね~ 映画のロケ地巡りも映画を楽しむ醍醐味だったりするので、調べてみました! ロケ地は岡山県 撮影期間は2017年10月中旬から2017年11月中旬でした。 ロケ地は岡山県を中心に撮影されたようですね! ツイッターでの目撃情報、からの発表などから調べてみました。 』は同じマンションで一緒に育った高校生4人組のストーリーです。 そのマンションのロケ地が、 「ポレスターガーデンシティ清心」になっているようです。 pref. okayama. youtube. 」と発表がありました!! キンプリが映画主題歌を担当するのはこれが初めてとなります。 本作のために書き下ろされた「High On Love! 」に聞こえて、とても盛り上がる楽曲となっています!」 紫耀くん主演でキンプリが主題歌の『ういらぶ。 』楽しみですね~! 公開日の11月9日が待ち遠しいですね^^ まとめ 平野紫耀くんが2018年11月9日(金)公開の映画『ういらぶ。

次の