水 2 リットル 効果 いつから。 「水を一日2リットル飲むとよい」はウソ?体に毒?肥満や昏睡、花粉症の恐れも

水を2リットル飲む健康法は本当であり、嘘である!

水 2 リットル 効果 いつから

この記事は約3分で読めるよ こんにちは、よねちんです。 筋トレを始めて1年以上が経ちました。 筋トレを始める前はプロテインだけ飲んでいれば良いでしょ!と思っていました。 水を飲み始めると肌荒れすることがなく、筋トレの効果も出やすくなったんです。 筋トレをしている人は毎日4リットル以上の水分が必要と言われていますが、筋トレを始めたばかりの人には無理です笑。 どんだけ水飲めばええねん、て話ですよ。 あれは筋肉量が多い人達の話です。 まずは2リットル以上摂取することを目標にしましょう。 この記事を読むことで、筋トレをするために水分補給が大事な理由が分かりますよ。 ではさっそく本題に入りましょう。 つまり体に血を巡らせるためには『水分』が必要ということ。 毎日体から出ていく水分(汗・尿)はなんと2リットル以上といわれています。 なので、毎日2リットル以上は水を摂取しなないといけません。 きちんと 2リットル以上取れれば、血液の循環が良くなり体の調子も良くなりますよ。 内臓の働きが良くなり自立神経が整う 血液の循環が良くなると、内臓がしっかりと働きます。 内臓機能が働くと副交感神経に良い影響があります。 心と体を『リラックス状態』にさせるのです。 普段忙しくしているサラリーマンの人ほど水分補給がしづらいと思います。 家に帰っても仕事のことを考えたりすると、肩にずっと力が入りっぱなしですよね。 でも意識して 水を飲むことで、リラックス効果が高まり、睡眠の質がグンとよくなりますよ。 朝の目覚めが良くなるので、おいしく朝ご飯を食べられます。 体の調子が良くなり仕事で疲れにくい 睡眠の質がよくなると、仕事でも疲れにくくなります。 前日の疲れが溜まりにくいからです。 日中の仕事のパフォーマンスが高まって、早く家に帰られますよ。 水を飲むことで、体の調子が良くなり、仕事にも良い影響があるのです。 水を2リットル以上飲むことで筋トレの効果が高まる 痛すぎて筋トレできない・・・ ということが減ります。 筋トレの効果を高めるためには、継続が大事。 そのためにしっかりと水分補給をしましょう! 2リットルの水分が栄養素を筋肉にとどける 筋肉の80%は水で出来ています。 筋肉というタンクに、『栄養を運ぶための血液』は90%が水分で出来ています。 水を2リットル以上飲まないといけない理由が分かりますね。 しっかり 水分補給が出来ると、栄養が筋肉まで届くので効果が出やすくなりますよ。 水分で代謝が良くなると筋肉に張りが出る 水を飲むことで、体内の古い水分が外に出されます。 飲んだ水が体の外へ出るまでに1か月以上かかるといわれています。 水が入れ替わるまでに時時間がかかるので、 水を2リットル以上飲まないと、古い水分が体内に残ってしまうのです。 でも 十分な水分を摂れば、代謝が良くなり筋肉に張りが出ます。 マッチョな人が素晴らしい体をしているのは、彼らが毎日4リットル~5リットルもの水分を補給しているからなんです。 外ではペットボトル(500mlの水)を2本持ち歩く 意識して水を飲むために500mlのペットボトルをバッグに入れておきましょう。 ビジネスYouTuberのまこなり社長はペットボトルを箱買いして、ペットボトルをバッグに入れて持ち歩いているようです。 バッグに入れておけると、• いつでも水分補給ができる• 喉が渇いた時にジュースを買わなくて済む というメリットがあります。 のどが渇いた時に、コンビニや自販機でジュースを買うことが多くありませんか? ドキッとした人は要注意です。 1時間に1回は意識して水を飲もう 水を飲む時は、喉が渇いてから水を飲むのではなく、 喉が渇く前に飲みましょう。 気づかないうちに、体からどんどん水分がなくなっていきます。 休日は自分のペースで時間を過ごせるので意識して水を飲みやすいと思いますが、平日仕事をしていると時間に追われてしまいます。 なので1時間経ったら水分補給しましょう。 気づいたら飲む、ぐらいの意識の方が良いと思いますね。 自宅で水分補給するためにウォーターサーバーを活用する 僕は自宅で筋トレをするためにウォーターサーバーを置いています。 大会に出る様なガチ勢は飲み放題のサーバーを使っている方もいますね。 僕はシンプルなデザインのを使っています。 (7年連続モンドセレクション受賞)も人気ですね。 外では500mlのペットボトルを持ち歩き、家ではウォーターサーバーを活用するのがおすすめですよ。 筋トレの効果UPのために水を2リットル以上飲もう 水分を意識して取ることで筋トレの効果が出やすくなります。 血液の循環も良くなるので、朝スッと起きれるようになりますし、仕事で疲れにくくなります。 それに筋トレの効果が出ると、モテます。

次の

【筋トレ】水を2リットル飲むべき理由【ビギナー向け】

水 2 リットル 効果 いつから

この記事の目次• 水をたくさん飲むメリット 大抵の人は喉が渇いたらときに水を飲みますよね。 でもそれでは1日に必要な水分摂取量を補うことはできません。 一般的に1日に必要な水の摂取量は、約2〜2. 5リットルと言われています。 それはなぜかというと、健康状態が良好な人は1日の生活の中で、約2〜2. 5リットル相当の水分が体外に失われてしまうからです。 そんなにもどこで失ってるの?と思うかもしれませんが、呼吸、発汗、排尿、排泄などを積み重ねるとそれだけの水分損失になります。 逆にいうと約2〜2. 5リットルの水分が老廃物として、体外に出て行かないようだと身体に何らかの不調が出ている可能性があります。 ただし、排出量の少なさは1日に必要な水分をしっかり摂取することで改善できますし、それによって下記のような体質改善が期待できます。 目や口、鼻孔に潤いを与える• 体内に栄養分と酸素を運ぶ• 老廃物を体外に出す• 喉の渇きを抑え、満腹感を与え食欲抑制• 肌に水分を保ち、しなやかさと張りを与える• 血液やリンパの流れをスーズにする ここではまず、必要な量の水を飲むことでどのような体質改善ができるのかについて、この6つの項目について詳しく解説していきます。 目や口、鼻孔に潤いを与える 水分は私たちの身体の中で粘膜となり、各器官の働きが鈍るのを防いでいます。 乾燥して正常な働きができなくなると、さまざまな病気を引き起こしてしまいますから、水分の補給はとても重要です。 例えば鼻や喉の粘膜が乾燥すると、繊毛の働きが弱まり、風邪やインフルエンザのウイルス・花粉などを防ぐことができなくなります。 さらに体内に侵入してきたウイルスなどを、排出するための痰や鼻水も減少させてしまいます。 このように水分が足りなくなることで、外敵の侵入を防ぐために身体が備えている二重ブロックが2つとも機能しなくなります。 さらに次のような問題も発生します。 2口中が乾燥 虫歯や歯周病などの病気、口臭問題も引き起こす このように水分は多岐に渡って身体に影響を及ぼしますから、季節を問わず積極的に水分補給をしなくてはいけません。 体内に栄養分と酸素を運ぶ 私たちの体内に取り込まれた酸素や栄養は、血液を通じて身体の隅々にまで運ばれていきます。 その際、スムーズに運べるようにサポートするのが血液中の水分です。 ですから、水分不足で血液濃度が上がりドロドロの状態になると、血液がスムーズに循環できなくなり、せっかく摂った栄養も必要な所にまで届かなくなってしまいます。 さらにドロドロの血液は粘度が高いため血管内で詰まりやすく、脳卒中や心筋梗塞の引き金になると言われています。 最近では食生活の乱れや食の欧米化などから糖質や脂質の摂りすぎが増え、血液がドロドロになる傾向が高まっています。 これに水分不足が加わるとさらに危険な状態となってしまいますから、水分補給がいかに大切化は分かってもらえるかと思います。 血液の流れが悪くなると、運べる酸素の量も減ってしまいます。 酸素不足は集中力や記憶力の低下を招きます。 「最近仕事の能率が下がったな」とか「試験勉強がはかどらない」と感じている方は、もしかしたら水分不足が影響しているのかもしれません。 他にも血液の流れが悪いと、冷え性や肩こりを引き起こしたり、ダイエットに失敗しやすくなったりします。 時間を決めて定期的に水を飲むなど工夫をして、水分補給を毎日の習慣になるように心がけましょう。 老廃物を体外に出す 「たくさん水を飲むとトイレが近くなるから控えている」という事を聞くことがありますが、水を飲むのはトイレに行くためです。 もちろんたくさん飲めばいいというわけではありませんが、すでにお伝えしましたように体内の60%は水分です。 例えば体重50kgの人なら、体内の水分量は約30リットルとなります。 そして体内の老廃物を外に出すためにも水は1日2リットルくらい飲む必要があります。 体内にある水分は常に新しいものへと入れ替えていかなくてはいけませんが、口にした水が身体の外に排出されるまでに1ヶ月かかると言われています。 ところが1日2リットルを飲まないと、入れ替わりにもっと長い期間がかかり、いつまでも古い水が体内に留まってしまいます。 古くなった体内の水分が入れ替わらないと血液の製造が滞ってしまいますし、代謝は落ち、肌のハリやしなやかさも衰えていきます。 たまの運動などで出る汗も、匂いがキツくなったりします。 水を飲んで老廃物を外に出すことは、身体をいつも若く保つための基本です。 水を最低2リットルは飲んで、きちんと老廃物を出すことを意識しましょう。 水ダイエットについての記事はこちら 4. 喉の渇きを抑え、満腹感を与え食欲抑制 身体の水分は大人で60%、子供で約80%と言われています。 そのうちの1%が減少するだけで喉の渇きを覚え、2%が減少すると脱水症状になることもあります。 例えば体重50kgの人であれば体内の水分は約30リットルで、そのうちの1%は300mlで2%では600mlということになります。 コップ1杯で約200mlですが、たったコップ1杯半の水が身体から抜けるだけで喉が乾いてしまうわけです。 ですから水は喉が乾いてから飲むのではなく、喉が乾く前にこまめに飲むことが健康の維持に必須になります。 「でもそんなにも水を飲むのはつらい」という人もいますよね、そんな人のモチベーションを上げる情報をお伝えします。 こまめに水を飲むことで空腹感を抑えることができるため、それによって余計な食欲を抑えられるようになります。 水をたくさん飲んだら太ると思うかもしれませんが、それは体内の水分が増えただけです。 体脂肪は確実に減っていきますので、継続していればダイエット効果も期待できます。 肌に水分を保ち、しなやかさと張りを与える 身体の一番外側にある肌は、栄養や水分が最後に届くところです。 もしあなたの肌が張りやしなやかさを失っているとしたら、それは1日に必要な水分が取れておらず、身体の表面まで水分が行き届いてないのかもしれません。 接種した栄養や水は、生命維持に関わる器官に対して優先的に届けられます。 肌は優先順位がそれほど高くない部分で、なおかつ血管の末端部分にあるため、栄養や水分の補給がどうしても後回しにされてしまいます。 見た目の肌を透明感のあるものにしたいなら、もっと意識して水を摂る必要があります。 血液やリンパの流れをスーズにする 血液は水分と栄養で構成されています。 栄養を摂らなくてはいけないことは普段から意識していると思いますが、もうひとつの材料の水分は軽視されがちです。 ただそれでは健康的な血液を作ることはできません。 また、お菓子などで糖分を多く摂取する生活をしている人は、血液はドロドロになりやすく、代謝も下がってしまいます。 その結果、低体温になり手足が冷えやすくなります。 そのような理由から、現代人は基礎体温が低い傾向にあります。 基礎体温が35度台の人は免疫力が下がり、ガン細胞の温床になりやすいとも言われています。 また、水分不足は身体中を駆け巡っているリンパの流れも滞らせてしまいます。 リンパは老廃物を流す大事な役目をしていますから、水分不足でリンパがきちんと流れないと老廃物が溜まり免疫力が落ちてしまいます。 その他にもリンパの流れが滞ることで、むくみや肩こり、冷えなどさまざまな症状が起きやすくなります。 体調が良くないなと感じている人は、リンパマッサージをするだけでなく、しっかりと水分の補給も行いましょう。 水をたくさん飲んで美容と健康を目指すならシリカ水一択 「シリカ水」とは、ケイ素(シリカ)を含んでいる水のことで、健康や美容にも期待できる効果がたくさんあります。 シリカ水をもっと詳しく知る 水の現状と水を飲む工夫 お水を飲むといっても、普段から飲み慣れていない人が1日2リットルを毎日続けていくのはとても大変ですよね。 そこでここでは、どうすれば無理なく水を飲むことができるのかについて、わかりやすく解説していきます。 身体の水分が減ってしまう飲み物 水以外ではお茶やコーヒーやお酒などで水分補給をするという人もいますが、これらは飲むと利尿作用の方が強いため、水分補給どころか水分不足になります。 ですから、基本的にお水以外は味わうことを目的とする嗜好品と理解しておきましょう。 とはいえ、水ならなんでも水分補給に適しているというわけでもありません。 その点については次項で説明します。 水道水やペットボトルを毎日飲むのは危険 水道水やペットボトルを日常の飲料に使う人も多いかと思いますが、これらには水と水の中に含まれるミネラル以外に不純物が入っていることがあります。 例えば水道水なら塩素、ペットボトルなら防腐剤。 これらは胃や小腸を通る時に食べ物と同じように分解や吸収されたりするので、胃腸に悪い影響を与える可能性があります。 このため、水道水やペットボトルの水は、大量の水分を補給するのにはあまり適してないません。 1日に2リットルもの水を補給するなら、自宅で使う浄水器が1番おすすめです。 1日2リットルの水を飲むコツ 1日2リットルの水を飲むのであれば、「少しずつ口に含んで飲む」を何回も繰り返しましょう。 1回で口に含む水の量はおちょこ1杯分をイメージしてください。 ほんのひと口ずつですが、これを何度も行います。 最初はそれほどたくさん飲めないかもしれませんが、慣れてきたら午前中から夕方にかけて2リットルを目標に飲んでください。 水を飲む目的のは代謝を促し、老廃物を排出することにありますが、あまりにも遅い時間に水を飲み続けると、夜中に何度もトイレに行くことになります。 それでは睡眠の妨げになり、体調を崩してしまう可能性があります。 このため、水分補給は夕方までに終わらせておきましょう。 気をつけたいのは食事のときです。 この時は食べ物を消化、吸収するのに胃酸が出ます。 このときに大量に水を飲んでしまうと胃酸が薄くなって消化機能が落ちてしまいます。 水分補給が身体にとってマイナスになってしまっては意味がありませんので、食事中の水分補給は控えめにしておきましょう。 これらのことに気をつけながら、自分の生活リズムに合わせて水を飲むようにしてください。 自宅用浄水器の設置がオススメ! 普段から意識して水を飲む習慣がない人は1日2リットルを飲むのは難しいと思う方が多いと思います。 理由として、『水をたくさん飲むとお腹に溜まる』という人も少なくないのではないでしょうか? ではなぜ、たくさん水を飲むとお腹に溜まるのでしょう? 水がお腹に溜まる理由 ビールなら何リットルも飲めるのに、水は500mlでも苦しいという人いますよね。 これはおかしなことではなく、人間は一般的に1度に1. 5リットル程度の水しか飲めません。 飲んだ水は胃袋に入りますが、その胃袋の容量が2リットル程度なので、すでに胃袋に溜まっているものがあると、1. 5リットルが限界になります。 ところがビールの場合には、胃袋でアルコールを吸収しているのと、飲酒により胃袋からの排出を促すホルモンが分泌され、胃袋からどんどん水分が排出されます。 水を飲んでいるときは、浴槽に栓をしてお湯をそそいでいる状態で、お酒を飲んでいるときは浴槽の栓がないでお湯をそそいでいる状態になります。 科学的にはまだ解明していない部分もありますが、私たちの体がそういう仕組みになっていると覚えておきましょう。 体の構造として、そんなに大量の水を1度に飲むことができない作りになっています。 胃に水を貯めておくことで、体内の水分が足りなくなったときに必要に応じて胃から小腸に送り、小腸で水分を吸収して体内の水分不足を補っているのでしょう。 ただし、胃に水が溜まるというのはちょっとした問題を抱えてしまいます。 水道水にしてもペットボトルにしても、不純物が含まれており、必ずしも安全とはいえません。 そんな水が胃に溜まっていたらどうなるでしょう?ちょっと不安ですよね。 その点について、もう少し詳しく説明していきます。 水道水には塩素が入っている 水道水はそもそも美味しくないので、たくさん飲むのは難しいですよね。 水道水は雑菌やウイルスが混入しないように、塩素で殺菌消毒をしています。 この塩素が水の味を悪くしています。 水を殺菌するために塩素はとても大切ですが、塩素と結びついてできるトリハロメタンという発がん性のある物質が出来やすいという問題があります。 さらに塩素以外の不純物も多々混入していることもあるので、水道水を大量に飲むのはおすすめできません。 ちなみにトリハロメタンはやかんに水を入れて短時間沸騰させてしまうと、含有量が増えてしまいます。 沸騰させると塩素は減りますが、中途半端な沸騰はトリハロメタンを増やします。 10分以上沸騰させられない場合には、沸騰が逆効果になることもあるので気をつけてください。 ペットボトルの水は雑菌が発生しやすく化学物質が溶け込んでいる 飲水として利用している人の多いペットボトルの水ですが、2リットル以上毎日飲むのにはコストがかかりすぎてしまいます。 ペットボトルの水は塩素が入っていないので、開封してすぐに飲まないと雑菌が増えていきます。 ペットボトルから化学物質が溶け出して危険という科学者もいます。 そのような、水に本来含まれていないものが、胃の中に溜まっているのは好ましい状態ではありません。 ペットボトルの水は災害時などの時にはとても役に立ちますが、安全性という意味では不安が残る飲水です。 たまに利用するくらいなら問題ありませんが、常用するのにはあまり適していないということを覚えておきましょう。 浄水器がおすすめ 水道水もペットボトルの水もダメなら、どんな水が理想的なのでしょう? 安全で美味しくて飲みやすい水という意味では、家庭用浄水器を設置することをおすすめします。 浄水器は低コストで導入できますし、物理的に不純物を取り除くので、おいしい水を飲むことができます。 さらにペットボトルのように、ゴミが出ることもありませんので、地球に優しい生活を送ることができます。 水の経済効果 ほとんどの人がお水を飲むことの重要性を、すでに理解しているかと思います。 でもお水はあまり美味しくないので、ジュースやコーヒーなどで水分を補っているという人も多いですよね。 それだとかなり家計に負担をかけてしまいます。 ジュースやコーヒーではなく水を飲むことで、かなりの節約効果があります。 どれくらいの効果が期待できるか具体的な金額を見ていきましょう。 1杯を水に変えるだけで節約になる 最近ではいたるところにカフェや居酒屋があるので、空き時間の休憩に使ったり、仕事の付き合いで居酒屋などに飲みに行ったりもするでしょう。 そのときの飲み物はカフェなら1杯200円から。 高いところで800円程度かかります。 居酒屋などでは安くても1000円で、飲みすぎると1〜2万円ということもありますよね。 これらを全部水にするべきとは言いませんが、その一部だけでもお水にすることで、かなりの金額が浮きます。 健康的になるというメリットもあります。 少し考え方を変えてみて、いつも流されるようにお茶や飲み会に行くのではなく、週に何回かは身体のメンテナスを考えて、水に切り替えるという日にしてみましょう。 そうすることで身体も楽になりますし、自分のお財布にも優しくなるはずです。 そうした余裕を生活の中で作っていくことが、自分の視野も広げ、自分のことを客観的に判断できるようになります。 そうなると、高い意識を持って身体管理もできるようになりますので、ぜひ試してみてください。 質のいい水を毎日飲んで健康生活 以上のように、お水はただ単に喉の渇きを潤すものではなく、身体にとって色々な役割があることがおわかりいただけたと思います。 すでに水を飲むことを意識してきたという人は、さらに一歩踏み込んで、水の性質の確認をしてみてください。 そして水を必要量飲めていなかった人は、今までの生活を振り返ってみてください。 きっと身体の不調で思い当たる節がある人もいらっしゃると思います。 身体の調子がイマイチなときには、必ず身体から不調サインが出ています。 それらは意外とお水をしっかり飲むことで解決できるかもしれません。 ただし、無理やり飲むようなことはしないでください。 コツは少し口に含んで飲む、これを何度も繰り返してください。 こうした日常の生活ですでに定着していることを変えていくのは、簡単ではありません。 継続して高い意識を持たなければ、なかなか習慣化することはできません。 ただなんとなく始めるのではなく、まずは生活習慣を紙に書き出してみて、自分の行動パターンが把握するところから始めてみてください。 自分がどんな飲み物を、どのようなタイミングで飲んでいるかを把握して、それを水に切り替えられないか考えてみましょう。 いきなり全部を変えるのは困難ですので、少しずつ時間をかけて変えていきましょう。

次の

白湯を飲む効果効能。オススメのタイミングや飲み方。1番はダイエット向き!?

水 2 リットル 効果 いつから

水ダイエットとは? 水ダイエットとは、毎日の生活の中で意識してこまめに水を飲み、ダイエットすることです。 水を飲むだけのいたってシンプルなダイエット方法です。 飲む水の量は? 水ダイエットをするときに、 効果的な水の摂取量は体重の約4%です。 ところで、なぜ体重の4%なのか?それは、人の体は毎日、老廃物(汚れた水)を体外に排出しています。 私たちの体の約60%は水でできています。 それらの水は体の中を循環して、汚れた水と新しい水を取り替えています。 その取り替えることを新陳代謝と言います。 新しい水が体内に入ってくることで、汚れた水が体外に排出されていくことになります。 常温でこまめに飲む 水は常温で飲むようにします。 冷たい水は美味しいのですが、体を冷やしてしまい代謝を悪くします。 常温の水も飲み慣れることで楽に飲むことができます。 そして、ダイエットで水を飲む場合は、 こまめに摂るというのがポイントになります。 また、食事の前に飲むことで、食欲を抑える効果も期待できます。 どんな水を飲む? 不純物を取り除いているペットボトルの水や浄水器の水、ウォーターサーバーの水がおすすめです。 水道水も飲むことはできますが、2リットル飲むのはちょっと辛いと思います。 水道水は、地域によって多少の違いはありますが、多くは軟水です。 軟水はカルシウムやマグネシウムの含有量が少なく、反対に含有量が高いのは硬水と言います。 軟水は料理やお茶には適していますが、大量に飲むには適していません。 また、硬水はマグネシウムの量が多いので気分が悪くなったり、便が柔らかくなったりします。 そのため、ダイエットに飲む水としては適していません。 やはり、体の中からキレイにするためには、不純物の混じっていないキレイな水をたくさん飲むことです。 ただし、キレイな水はコストがかかります。 ペットボトルは1日400円かかったとして、1ヶ月で12,000円もかかってしまいます。 浄水器はピンからキリまであり、数万円から30万円くらいまで、さまざまなものがあります。 価格によって不純物の除去性能が違うわけですが、価格の安いものはおすすめできません。 キレイな水を飲みたいのであれば、除去性能の良いものを設置するべきです。 最もおすすめは、ウォーターサーバーの水です。 ウォーターサーバーはサーバーがレンタルなので初期費用がかかりません。 費用がかかるのは、毎日の飲み水代金だけです。 安くて経済的に、キレイな水を飲めるのはウォーターサーバーの水です。 参考サイト• 水ダイエットの効果は? 水ダイエットによる効果は次の5つを考えられますが、個人差があるので実際に実感できるものもありますし、実感できないものもあります。 代謝が活発になる 日本人は慢性的に水不足の状態にあると言われ、厚生労働省も健康のために水を飲むことを推奨しています。 体内で水不足になると血液がドロドロになり血流が悪くなります。 血流が悪くなると、体の隅々に栄養や酸素が十分に運ばれず新陳代謝が低下します。 逆に、水をたくさん飲み、体内の水分量が増えると血液の流れが良くなり、代謝が上がっていきます。 参考サイト 新陳代謝が活性化するということは、基礎代謝が上がっていくことになります。 基礎代謝とは生命を維持するために使われる必要最低限のエネルギーのことです。 基礎代謝が上がっていくとエネルギーの消費効率が良くなり、痩せ効果につながっていきます。 私は、水ダイエットで1ヶ月ほど経過した頃から、体重の減少を実感することができました。 体温が上がる 体温が1度上がると基礎代謝は約10%上昇すると言われます。 体内の水分量が増えると代謝活動が活性化して体温があがります。 特に、夏場は水を飲むと発汗も促進するので、体温の上昇は実感しやすくなります。 体温が上昇すると基礎代謝も上がり、寝ているだけでもカロリーが消費されやすくなります。 快便になる 便秘解消に効果を発揮するのは水です。 こまめに水を飲むことで、大腸が刺激されて蠕動運動が活発になり便が出やすくなります。 また、硬い便も水で柔らかくなり出やすくなります。 とくに、これまで水をあまり飲まなかった人が水ダイエットに取り組むと、便秘が解消されやすくなります。 食欲の抑制になる 水を飲むことで胃液が薄まり、食欲を抑制する効果があります。 また、食前にゆっくりと多めに飲むと、胃が膨らみ満腹感があるので、食事量が自然に減っていきます。 1日3食食べるときに、水をしっかりと飲んでいると摂取カロリーは確実に減っていきます。 デトックス(毒物を排出)が期待できる 体内に新鮮な水がたくさん入ってくることで、新しい水と汚れた水の交換がスムーズに行われます。 汚れた水は、汗や尿、便とともに体外に排出され、新しい水が体内を循環することで、体内から老廃物や毒素が排出されていきます。 また、新陳代謝の活性化により、髪や肌の新しい細胞がどんどん再生されていき、お肌や髪の毛のツヤツヤ、ブリブリをサポートします。 参考文献 スポンサーリンク 水ダイエットの口コミでの評価 水ダイエットは、水を飲むだけという簡単な方法なので、効果を疑問視している方もいます。 急激に体重が落ちたという方はあまりいませんが、意識してのみ始めると便秘が解消されて、肌の調子も良くなったという方が多くいます。 また、たくさん水を飲むと、顔がむくむと思っていたが、逆にむくみがとれたという方もいます。 だいたい、半年ほど続けて3kg~5kgの体重が落ちたという方が多いようです。 そこには、水をたくさん飲むことで、食べる量が減ったという方が多くいます。 参考サイト 水ダイエットの体験談 私は10年ほど前に 3年間くらい水ダイエットを行いました。 それがきっかけで、持病も 改善されて、ダイエットに興味を持つようになりました。 水ダイエットのきっかけ 水ダイエットをやることになったきっかけは「痛風の発作」でした。 痛風は暴飲暴食、運動不足、ストレスなどが重なり、尿酸値が高くなることで引き起こされます。 痛風発作が起きた頃は、毎日、仕事が忙しく、ビールの飲みすぎ、食べすぎ、運動不足の状態でした。 痛風の発作の痛みは、経験した人ならわかると思いますが、足の指の骨が折れたような激痛です。 痛風改善の方法は、水分をしっかり摂ることと、体重を落とすこと、適度な運動をすることです。 私は、簡単にできて、一石二鳥の水ダイエットに即座に取り組みました。 実践した水ダイエットのやり方 朝食前に水500mlを飲み、職場に1lの水筒と500mlのペットボトルを持っていき、飲んでいました。 夕食前に500ml、風呂上りから寝るまでに500ml飲んでいました。 1日3l、休日はもう少し多く飲んでいました。 水を飲むと体が汗ばみ、体が熱くなる感じがありました。 飲んだ水の種類 最初の頃は、自宅の近くに温泉場があり、そこの温泉をタンクでもらって冷やして飲んでいました。 その温泉はミネラル分が豊富なお湯で、万病に効くとの謳い文句でしたが、温泉に入ると無料でもらえました。 しばらくして、温泉が出なくなり、もらうことができなくなったので、2lのミネラルウォーターを買って飲んでいました。 単価は安かったのですが、ランニングコストは高くなり 結局、浄水器を買いました。 購入した浄水器は、プレミアムミネラルウォーター生成器・ヌーベラスという浄水器です。 30万円くらいした効果な買い物でしたが、フィルター交換がいらず、30年は使えるというので思い切って購入しました。 現在も使っていますが、家族みんなで飲むことができるので、大変、重宝しています。 期間と効果 ダイエットを意識して水を飲んでいたのは3年間で、 その期間に72kgの体重が67 kgまで落ちました。 一番の目的は痛風の改善だったわけで、これは尿酸値がグッと下がり痛風発作を起こすことがなくなりました。 仕事柄、座ったままの姿勢が多く、運動不足もあり便秘気味になることもあったのですが、水を飲むようになってからは快便になりました。 リバウンド その後、仕事の関係で単身赴任をすることになり、水ダイエットが途切れてしまいました。 単身赴任の影響や水を飲まなくなったことで、また、体重が一気に増えて75 kgになりました。 しかし、その他のダイエットやランニングを始めたことによって、今は65 kgを維持しています。 水ダイエットのメリット・デメリット 水ダイエットの最大のメリットは、何といっても、水を飲むことでキレイを目指せることです。 水を飲むことで健康になることは厚生労働省も推奨しているところです。 デメリットは、初期費用やランニングコストがかかることです。 水の飲みすぎを心配する方もいますが、 1日2~3lをこまめに摂る水ダイエットでは、水中毒で体調を悪くすることはありません。 水ダイエットの成功のポイント 水ダイエットは、 体重の4%の水を常温でこまめに飲むことが成功の秘訣になります。 また、ダイエットが成功するためには習慣化することが大切になります。 そのためには、 美味しいキレイな水がいつも飲める環境を整えることです。 コストパフォーマンスが良くてキレイな水となると、やはりウォーターサーバーの水がおすすめです。 まとめ 私たちにとって水を摂ることは、生きていくうえで欠かせないことです。 毎日の生活の中では、意識することなく牛乳やお茶、コーヒー、ジュースなどで水分を摂っています。 水ダイエットは、これまで飲んでいたものを水に変え、意識して水をこまめに摂る方法です。 水をしっかり摂ることで、ダイエットばかりか体の内側からキレイを目指すことができます。

次の