パパ と 巨乳 jk。 パパと巨乳JKとゲーム実況(1)

リストラされたパパが萌え声ゲーム実況者に!? 『パパと巨乳JKとゲーム実況』の50代無職のおっさんがかわいく見えてしょうがない

パパ と 巨乳 jk

「パパ、私とゲーム実況しよ」 いまどき珍しい(?)頑固親父っぷりを、背中から滲ませるこちらの男性。 人は何かを成し遂げるべきであり、父である自分は家族を守る使命に準ずるべき。 ……そんな己の信念とは裏腹に、ある日 リストラされてしまった彼は鬱屈した日々を送っていたようです。 そんなパパのもとに、勢いよくふすまを開けて登場したのは 巨乳JK 娘のリサ。 彼女は居間に入ってくるなり、 「パパ、私とゲーム実況しよ」と声を掛けてゲーム機のコントローラを手渡します。 なかなかどうして、ゲームというものは奥深い。 拙いながらも、リサの指示を頼りにFPS系のゲームをプレイするパパの表情は真剣そのもの。 「ゲームというより映画じゃないか」と、近年のゲームの進化ぶりに驚くばかりのパパ。 一方で、リサは何やらノートPCを開いて 「案外おもしろいの録れたなー、タイトル何がいいかなぁ」と作業を始めます。 そう、彼女がやっていたのは ゲーム実況動画の編集作業! まさか先ほどのパパのプレイを本気でアップするつもりなのか……!? 気になったパパが編集画面を見せてもらうと、先ほどのプレイ内容がまるまる録画されていたり、 娘の声がイケボな男性声になっていたりでビックリ仰天! そのうえ、リサから 「パパの声も編集しようか? バレても気にしないならそのままネットに上げるけど」などと恐ろしいことを言われ……。 これにはパパも、そもそもアップするなと言うより先に 「絶対バレないような声にしてくれ……!! 」と絶叫せざるを得ませんでした。 南ちゃん(50歳男性・無職)の記念すべき動画初投稿 かくしてゲリラ的に始まった、世にも珍しい父と娘のゲーム実況動画投稿。 娘の編集技術によって女性声になったことを受け、実況者名を 「じゃあ南ちゃんで……」とリクエストするパパ。 この男、ノリノリである。 読者的にはそんなパパの茶目っ気のほうがよほど意外なところでしたが、父としてはやはり娘の意外な一面に驚いた様子。 気になったパパは、 「リサはいつからこういうことをやってるんだ?」と尋ねます。 リサがゲーム実況に興味を持ったのは、それまで打ち込んできたバレエに挫折したことがきっかけでした。 まるで子どものようにゲームを楽しむ実況者達を見て、 「何かを成し遂げられなくても人生なんて楽しめればそれでいいんだ」と気付いたという彼女。 そんなリサから 「リストラされてもパパはパパだからね」と心強い言葉を受け、パパもまた 「プリマにならなくてもリサはリサだしな」と当たり前ながらも大切なことに気付かされるのでした。 娘との心温まるやりとりに奮い立たされ、その後、転職活動に本腰を入れ始めたパパ。 しかしそんな父の決意をよそに、 南ちゃん(パパ)のゲーム実況動画はまさかの大バズり!? 現実と動画でパワーバランスが真逆なふたりに和む 巨乳JKの娘とゲーム実況を録っていたと思ったら、なぜか自分が巨乳JK実況者になっていた!? 異色すぎる経歴を持つパパに実況者としての人気を追い抜かれたりもしましたが、リサはこの盛り上がりを好意的に捉えているようで……。 すぐさま、第2弾としてコラボ動画を撮影することにしたふたり。 撮影のあいだだけは娘と父ではなく、サトリくんと南ちゃんを演じるということに戸惑いを覚えつつも、リサの真剣な眼差しに圧倒されたパパは、徐々に新米実況者として成長していきます。 娘から編集の苦労やネットの怖さを教わったり、友達という設定で会話するよう指示されたり。 いろいろと理解の追いつかない部分もありましたが、リサとのマルチプレイは終始和気あいあいとした雰囲気で進行。 一方のリサも、クエスト達成時には思わず設定を忘れて 「やったねパパ」と話しかけてしまうという、かわいらしい一面も見せてくれました。 そんなふたりの仲睦まじいゲーム実況動画は、 またしてもバズりにバズりさらに知名度を上げていきます。 ファンの間では、ゲームのうまいサトリくんが不慣れな南ちゃんを、まるで父と娘のようにサポートする姿が評判のようですが……。 現実においては真逆の関係性というのが何ともおもしろいところ! 今後とも現実と動画内の両面から、この親子のことを見守っていたいと思った方も多いことでしょう。

次の

父娘のゲーム実況漫画「パパと巨乳JKとゲーム実況」第1話あらすじ感想ネタバレ

パパ と 巨乳 jk

『パパと巨乳JKとゲーム実況』 パパと娘の幸せゲーム実況ライフ(ただしパパは巨乳JK) ゲーム実況は今や娯楽の一つとして定着した。 ゲーム機に最初から実況配信の機能がついているくらいだ。 世界の誰か知らない人に、面白くプレイ見せるのは立派な表現活動。 この作品は ゲーム実況を通じて描かれるパパと娘の絆のお話。 リストラで仕事を失った50歳のパパ・ 篠宮憲一。 かねてよりゲーム実況をしていた娘の リサは、彼が一日中家にいるのを見かねて、一緒に配信をするよう誘う。 リサは男声の 「サトリ」としてボイスチェンジャーで配信しており、登録者数20万人の 人気実況者。 一方でパパは女声の 「南」にボイチェン。 パパが南としてプレイした動画が、意外なことに大バズり。 ボイチェンによる萌え声、古臭い喋り方、たどたどしい操作がハマったらしい。 あっというまにサトリ(リサ)の人気を追い越してしまう。 それどころか、想像による女子高生・南のファンアートがアップされるほどに。 かくしてサトリと南(リサとパパ)は、2人でゲーム実況配信に本腰を入れ始める。 タイトルの巨乳JKとは、リサのことではない。 パパが演じる南(をファンが勝手に妄想したもの)の方だ。 このあたりがリアルと切り離されたネットの面白さ。 南のファンが作った、アニメーションする南の2Dモデルを見た時は、さすがにパパも自分がドジっ子巨乳JKになっていたとは思わず、赤面。 いわばVTuberみたいなもの。 パパとリサがこのファンのイメージをどう受け入れて、自分たちの実況に生かしていくかは、今後の見どころになりそうだ。 パパとリサの仲は、めちゃくちゃにいい。 ちょっと古めかしくて真面目で優しいパパと、お年頃なりに大人びつつもパパっ子なリサ、2人の仲の良さを見ているだけでも幸せになれる。 パパが本当に初心者で一生懸命取り組んでおり、リサはそれをニコニコして見ながらサポート。 実況プレイ中の2人は元気に満ち溢れ、イキイキしている。 リサ側は幼い頃おパパさんのことが大好きだったけれども、学校の友だちの影響で距離を置かなきゃと戸惑っていたらしい。 「ゲーム実況を一緒にする」という名目があることで、2人でいられる時間がしっかり取れるようになった。 パパのそばで心から楽しそうにしているリサの姿を見ていると、彼女が両親にいかに愛されているかがよくわかる。 幼い頃に父親を亡くし、仕事ではリストラを受け入れ、苦労を重ねてきたパパ。 「今リサと一緒にゲームがやれて楽しいからいいんだよ」と微笑む姿は、嘘偽りなく幸せそうだ。 そんなパパの姿を見て、リサの顔もまたキラキラしている。 幸福のループだ。 2人を微笑ましく見ている母親も含め、 ゲームが家族の絆を育んでいるのは間違いない。 ただそれを「実況」という形で作品として残しているからこそ、2人は目的を持って打ち込めているのがポイントだろう。 2人の実況が人を引きつけるのは、もしかしたら、2人の幸福感がネットを通した向こう側に、伝わっているからかもしれない。

次の

リストラされたパパが萌え声ゲーム実況者に!? 『パパと巨乳JKとゲーム実況』の50代無職のおっさんがかわいく見えてしょうがない

パパ と 巨乳 jk

『パパと巨乳JKとゲーム実況』 パパと娘の幸せゲーム実況ライフ(ただしパパは巨乳JK) ゲーム実況は今や娯楽の一つとして定着した。 ゲーム機に最初から実況配信の機能がついているくらいだ。 世界の誰か知らない人に、面白くプレイ見せるのは立派な表現活動。 この作品は ゲーム実況を通じて描かれるパパと娘の絆のお話。 リストラで仕事を失った50歳のパパ・ 篠宮憲一。 かねてよりゲーム実況をしていた娘の リサは、彼が一日中家にいるのを見かねて、一緒に配信をするよう誘う。 リサは男声の 「サトリ」としてボイスチェンジャーで配信しており、登録者数20万人の 人気実況者。 一方でパパは女声の 「南」にボイチェン。 パパが南としてプレイした動画が、意外なことに大バズり。 ボイチェンによる萌え声、古臭い喋り方、たどたどしい操作がハマったらしい。 あっというまにサトリ(リサ)の人気を追い越してしまう。 それどころか、想像による女子高生・南のファンアートがアップされるほどに。 かくしてサトリと南(リサとパパ)は、2人でゲーム実況配信に本腰を入れ始める。 タイトルの巨乳JKとは、リサのことではない。 パパが演じる南(をファンが勝手に妄想したもの)の方だ。 このあたりがリアルと切り離されたネットの面白さ。 南のファンが作った、アニメーションする南の2Dモデルを見た時は、さすがにパパも自分がドジっ子巨乳JKになっていたとは思わず、赤面。 いわばVTuberみたいなもの。 パパとリサがこのファンのイメージをどう受け入れて、自分たちの実況に生かしていくかは、今後の見どころになりそうだ。 パパとリサの仲は、めちゃくちゃにいい。 ちょっと古めかしくて真面目で優しいパパと、お年頃なりに大人びつつもパパっ子なリサ、2人の仲の良さを見ているだけでも幸せになれる。 パパが本当に初心者で一生懸命取り組んでおり、リサはそれをニコニコして見ながらサポート。 実況プレイ中の2人は元気に満ち溢れ、イキイキしている。 リサ側は幼い頃おパパさんのことが大好きだったけれども、学校の友だちの影響で距離を置かなきゃと戸惑っていたらしい。 「ゲーム実況を一緒にする」という名目があることで、2人でいられる時間がしっかり取れるようになった。 パパのそばで心から楽しそうにしているリサの姿を見ていると、彼女が両親にいかに愛されているかがよくわかる。 幼い頃に父親を亡くし、仕事ではリストラを受け入れ、苦労を重ねてきたパパ。 「今リサと一緒にゲームがやれて楽しいからいいんだよ」と微笑む姿は、嘘偽りなく幸せそうだ。 そんなパパの姿を見て、リサの顔もまたキラキラしている。 幸福のループだ。 2人を微笑ましく見ている母親も含め、 ゲームが家族の絆を育んでいるのは間違いない。 ただそれを「実況」という形で作品として残しているからこそ、2人は目的を持って打ち込めているのがポイントだろう。 2人の実況が人を引きつけるのは、もしかしたら、2人の幸福感がネットを通した向こう側に、伝わっているからかもしれない。

次の