宇佐 市 殺人 事件。 【安心院町親子殺人事件】犯人は複数犯か?怨恨が濃厚か?山名高子さん親子の情報について!|ジープ速報

大分県宇佐市の治安【事件や事故など】|治安マップ

宇佐 市 殺人 事件

宇佐市殺人事件 【大分の親子遺体 殺人で捜査】 大分県警は、同県宇佐市の住宅で見つかった住人男性(51)と母親(79)の遺体に刃物による多数の傷があったと明らかにした。 殺人事件と断定し、捜査を始めた。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 大分県宇佐市安心院町荘(あじむまちしょう)で 親子が殺害される事件が起きました。 2月3日に民家で男女2人の遺体が見つかり、 その民家の住む、79歳の母と その息子51歳と確認されました。 2人の遺体には、刃物による多数の傷があり、 殺人事件と断定されました。 大分県宇佐市安心院町荘(あじむまちしょう) 大分県宇佐市安心院町 安心院町(あじむまち)は、 大分県北部、宇佐郡に属した町です。 2005年3月1日現在、人口は7730人です。 大分県宇佐市安心院には、 大分県立安心院高等学校 安心院中学校 宇佐市立安心院小学校 佐田小学校 津房小学校 ー萱籠分校 深見小学校 ー福貴野分校 などがあり、事件が解決しない状況により 近隣の住民の不安は募っています。 犯行には男3人以上関与って本当?? 大分の親子遺体は「殺人」 多数の傷…靴のあとも 大分・宇佐市の住宅で見つかった親子2人の遺体について、多数の傷があったことなどから、警察は、殺人事件と断定し、5日に捜査本部を設置する方針。 — FNN. その他に複数の靴跡もあり、 大分県警は少なくとも3人以上の男が関与した犯行 との見方を強めています。 なぜ親子は狙われたのか?? 隠蔽(いんぺい)工作もされておらず、 ずさんな手口とみられています。 県警の捜査本部は約90人態勢で 周辺の聞き込みなどを続けていますが、 犯人特定につながる有力な手掛かりはないとしています。 なぜ、この親子は狙われたのでしょうか。 犯行の動機すらみえてこない上に、 目撃情報もないことが事件の解決の妨げになっているようです。 大分県宇佐市安心院町荘(あじむまちしょう)で 親子が殺害される事件が起きました。 2月3日に民家で男女2人の遺体が見つかり、 その民家の住む、79歳の母と その息子51歳と確認されました。 2人の遺体には、刃物による多数の傷があり、 殺人事件と断定されました。 人口の少ない地域での殺人事件。 住民にとっては不安を隠せないと思います。 早期解決することを願うばかりです。 亡くなられた親子のご冥福をお祈り申し上げます。

次の

後藤巡査殺害事件

宇佐 市 殺人 事件

遺跡も発掘された駅川店、現在も寿屋が所有 トライアル宇佐店は1981年7月に「駅川寿屋」として開業。 建物は2階建て(屋上は駐車場)で売場面積は4,823㎡。 駅川は宇佐市成立前の宇佐郡駅川町(駅館(やっかん)+豊川の合成地名)に由来する。 当時の宇佐市は4町合併により誕生して14年ほど。 旧駅川町は4町のなかで最も開発が進んでいなかった地区であったが、旧宇佐町、四日市町、長洲町の中間地点にあたるために市役所が設置され、発展が著しかった。 また、当地は遺跡が多い地区であり、建設前には遺跡の発掘調査も行われた。 その後、寿屋は別館を建設。 寿屋傘下のディスカウントストア「キッド」、ファミリーレストラン「グルッペ」、書籍・CD「AVクラブ」(現:TSUTAYA AVクラブを運営するニューコワン)などが出店した。 1990年代には出入口の移設を伴う大規模改修がおこなわれた。 駅川寿屋。 寿屋は劣勢に立たされることになると、2002年1月に寿屋が経営悪化のため閉店する方針を発表(この時点では寿屋は多くの店舗を営業継続する方針であったが駅川店は「アクシス中津寿屋」「寿屋杵築店」などと共にいち早く閉店方針を表明)。 同月末の寿屋のスーパーマーケット廃業に伴い閉店した。 なお、寿屋は倒産直前に全店舗を対象にラララグループ仕様の店舗への改装を進めていたが、駅川店は90年代の全館改装以降はほぼ未改装であった。 今もライバルとなっているミスターマックス。 2002年1月の閉店後は寿屋が入居企業を募集し、同年8月にトライアル宇佐店として古い内装を残したまま営業を再開。 24時間営業となった(現在は24時閉店)。 2階の一部にはゲームセンターが出店した。 また、別館には2003年11月に贈答品店「江戸心本店」が開業。 レストラン棟にはドコモショップが出店している。 現在も建物はラララグループ寿屋の後継企業「カリーノグループ」が所有しており、同社傘下の企業がメンテナンスしている。 館内の一部照明は同社によりLED化されている。 活用方法は未定 トライアル宇佐店は8月4日に2階売場を閉鎖、8月25日19時を以て完全閉店となる。 トライアルは2018年に近隣にあった小型店・豊後高田店(旧・寿屋豊後高田店)を新店舗の「トライアル豊後高田玉津店」に移転させている一方、宇佐店が新店舗として移転する計画は7月現在出されていない。 建物は築30年以上が経過しているものの、新耐震基準を満たしていると思われ、駐車場も十分であるため再活用される可能性もある。 市役所に近く、交通量が非常に多い交差点という「宇佐の一等地」であるため今後が注目される。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 都商研ニュース検索 検索: 最新のニュース• 2020年6月29日• 2020年6月29日• 2020年6月29日• 2020年6月29日• 2020年6月28日• 2020年6月28日• 2020年6月28日• 2020年6月27日• 2020年6月26日• 2020年6月25日• 2020年6月24日• 2020年6月22日• 2020年6月21日• 2020年6月19日• 2020年6月18日• 2020年6月18日• 2020年6月18日• 2020年6月17日• 2020年6月17日• 2020年6月17日• 2020年6月17日• 2020年6月16日• 2020年6月16日• 2020年6月14日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月12日• 2020年6月12日• 2020年6月12日• 2020年6月12日• 2020年6月11日• 2020年6月11日• 2020年6月10日• 2020年6月10日• 2020年6月9日• 2020年6月9日• 2020年6月9日• 2020年6月8日• 2020年6月6日• 2020年6月5日• 2020年6月4日• 2020年6月3日• 2020年6月3日• 2020年6月3日• 2020年6月2日• 2020年6月1日• 2020年5月30日• 2020年5月29日• 2020年5月29日• 2020年5月28日• 2020年5月28日• 2020年5月27日• 2020年5月27日• 2020年5月26日• 2020年5月26日• 2020年5月26日• 2020年5月25日• 2020年5月25日• 2020年5月24日• 2020年5月24日• 2020年5月23日• 2020年5月23日• 2020年5月22日• 2020年5月22日• 2020年5月21日• 2020年5月21日• 2020年5月21日• 2020年5月20日• 2020年5月19日• 2020年5月18日• 2020年5月18日• 2020年5月17日• 2020年5月17日• 2020年5月16日• 2020年5月16日• 2020年5月15日• 2020年5月14日• 2020年5月13日• 2020年5月12日.

次の

こども園襲撃事件で32歳男送検 銃刀法違反疑い 大分・宇佐

宇佐 市 殺人 事件

本庁で、目下、ある疑惑をめぐり「全国の神職を巻き込んだ騒動が勃発している」と本庁関係者は明かす。 というのも、本庁の一部幹部たちが「怪文書」や「名誉毀損文書」と呼ぶ、複数の匿名文書が、全国の神職関係者の間で飛び交っているからだ。 さらに今月、業を煮やした本庁首脳がこれら匿名文書に対し、被疑者不明のまま名誉毀損で刑事告訴に踏み切るというから穏やかでない。 一部の幹部が業者とつるんで、 神社本庁の不動産を転売して私腹をこやしているのではないかという疑惑だ。 20世帯以上が入る神社本庁職員用宿舎「百合丘職舎」(川崎市)が問題の不動産。 これを 1億8,400万円でA不動産に売却、A不動産はB社に即日転売し、さらにその後、B社が大手ハウスメーカーC社に転売、その価格が 一気に3億円超に跳ね上がったという。 当時の本庁総務部長、小野崇之氏と、秘書部長だったS氏がこの売却話を進め、その資金で 渋谷区代々木の中古の高級マンションを購入。 S氏がマンションに入居し、小野氏は2016年2月、全国8,000社の八幡神社の頂点、 宇佐神宮( 大分県) の宮司に栄転した。 各地の神社の収益源の一つは「 神宮大麻」、すなわち「 天照皇大神宮」 と書かれた伊勢神宮の「 お札」だ。 その金額は 30億円をこえるが、交付金として再び、都道府県神社庁、各神社へと戻されていく。 神社が神宮大麻の売り上げをそのまま懐にしまえば、手数料として課税されるため、わざわざ面倒な手順を踏んでいるのだ。 神社本庁の実際の収入は、寄付金や神職の資格試験で得られる手数料など 16億円ほどで、財産は 90億円をこえるという。 ダイヤモンドオンラインの記事では「不気味がるほどの額ではない」と書いているが、われわれ庶民の感覚からすれば、すごい金額である。 宮司をめぐる大神社と神社本庁の対立は「八幡宮」の総本宮、大分県の宇佐神宮でも起きていた。 宮司の人事は、氏子などから選出された 責任役員の具申をもとに、 神社本庁が任命する。 富岡八幡宮の場合、先代宮司の引退後、宮司代務者に就いた長女を宮司にしようと責任役員会が具申したものの、本庁側が認めず、先延ばしにされ続けた。 宇佐神宮のケースも似ている。 世襲家の女性権宮司について神社本庁側は経験不足であるとして宮司就任を承認せず、神宮の責任役員会と氏子総代会がこれに反発、裁判沙汰になった。 2014(平成26)年5月15日、 神社本庁は女性権宮司を免職にした。

次の