確認させていただきたく。 「ご確認していただきたく、よろしくお願いいたします。」というメールの書き方...

「確認してください」よりも丁寧な言い換え敬語・メール例文

確認させていただきたく

「頂きたく存じます」の意味とは? 「頂きたく存じます」とは「何かをもらいたい」の敬語 目上の方や取引先の方などへ、こちらの希望を伝える場面はよくあります。 「こうしてほしい」「何かをもらいたい」という要望を伝えるのは、簡単なようで案外難しいものです。 言い方によっては「図々しい」「厚かましい」と思われることもあるでしょう。 そんなときに「頂きたく存じます」という言葉を使えば、丁寧で控えめな姿勢を保ったまま、相手へ要求することができます。 「ご検討いただきたく存じます」「詳しい資料を頂きたく存じます」などと伝えることで、謙虚に「こうしてもらいたい」「〇〇が欲しい」という気持ちを伝えられます。 尊敬語の「存じます」をつけてより丁寧に 「頂く」だけを使うのであれば「詳しい資料をを頂きたいのですが」「ご検討いただけますか」などとすることもできます。 しかし「頂く」を使っていても、その後が尊敬語でなければやはり若干一方的な印象を持たれることもあるでしょう。 「頂く」だけでなく、「自分はそう思っています」「そうしてもらいたいです」という意思の部分まで丁寧に尊敬語で表現することで、相手への敬意を正しく表します。 そのため要望の後は「存じます」として、相手に対してへりくだっている状態を伝えることができます。 「頂きたく存じます」は二重敬語? 「頂きたく存じます」は二重敬語ではない 「頂きたく存じます」は二重敬語ではありません。 それは「頂く」も「存じる」も、自身の動作を表す謙譲語だからです。 「ご覧になられる」などのように、相手の動作を表す敬語が「ご覧」「なられる」など、二重になっているものが二重敬語です。 「頂きたく存じます」の使い方・例文 ビジネスメールでよく使う「ご一報頂きたく存じます」 相手に対して「連絡をください」ということを伝えたい場合には「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」や「ご連絡お待ちいたしております」などが使われます。 この「ご連絡」という言葉を「ご一報」に変えて「ご一報頂きたく存じます」とすることもできます。 ご一報というのは「連絡」または「連絡をする」という意味で使われます。 特に、相手に対して「メールで連絡をください」と伝えたいときに「ご一報」を使うと大変スムーズな文章になるので便利です。 上司や目上の方に教えを乞う「お教え頂きたく存じます」 ビジネスの場では相手に何かを教えてもらいたい、という場面が多くあります。 そのときに「教えてください」ではビジネス感に欠けると感じる方は多いでしょう。 そんなときには「お教え頂きたく存じます」とすることができます。 もしくは、さらに格式を上げて「ご教示頂きたく存じます」などです。 「お教え」は丁寧語、「ご教示」は尊敬語なので、立場が上の方や目上の方には「ご教示」の方を使うとさらに丁寧な敬語として相手に伝えられます。 ちなみに「ご教授」は主に生徒が教師や教授などに対して使う言葉です。 そのため、一般的なビジネスの場では「ご教示」もしくは「お教え」などと「頂きたく存じます」を組み合わせて使うことになります。 「頂きたく存じます」の類語表現 謙虚なニュアンス「頂ければ幸いにございます」 「頂きたく存じます」という言葉はとても丁寧な言葉ですが、「こちらの希望を相手に受け入れてもらう」という気持ちが前提となっていることが多いでしょう。 そのため、場合によっては少し言葉のニュアンスが強いと感じるかもしれません。 「こちらの要望を受け入れてはもらいたいが、押し付けるようなつもりはない、そうしてもらえたらありがたい」という気持ちを表したいのであれば「頂ければ幸いにございます」という言葉に置き換えてみると良いでしょう。 「ご検討いただき、ご興味をお持ち頂ければ幸いにございます」 ビジネスにも便利な「宜しくお願い申し上げます」 ビジネスの場では「頂きたく存じます」という言葉が頻繁に使われています。 一度のメールや会話の中で「頂きたく存じます」という言葉を何度も使ってしまう、ということもあるでしょう。 同じ言葉を何度も使ってはいけないということはありませんが、あまりに使いすぎると一辺倒な印象を持たれることがありますし、会話や文章のリズムが整いにくくなります。 そんなときには「~のほど、宜しくお願い申し上げます」という言葉に置き換えると便利です。 「宜しくお願い申し上げます」• 「宜しくお願い致します」 これらの表現は適度にライトで、それでいてビジネス感が薄れません。 「頂きたく存じます」は、会話やメールの核となる部分だけに使い、そのほかの用件や文末の締めなどには「宜しくお願い申し上げます」を使う、など工夫すると文章のリズムが整いやすくなります。 「頂く」と「いただく」の違い 「イタダク」という言葉を、口頭で使う分には良いのですが、メールや文章の中で使うときに「頂く」と「いただく」で書き方を迷うことがあります。 この漢字と平仮名は、どちらでも良いというものではありません。 実際に物や動作が存在する「頂く」 「頂く」と、漢字で書く場合は「本動詞」の役割をする場合です。 「本動詞」というのは、一般的に「動詞」と言われている部分です。 例えば「パンを食べる」の「食べる」、「海で泳ぐ」の「泳ぐ」など、自分や他人が実際に行動する動作を指します。 つまり「頂く」を使うのは「実際に何かもらうものが存在する場合」です。 資料やサンプル、お菓子やお茶など、物理的にそれが存在し、その存在するものを自分や他人がもらうときに使います。 今回のように「頂きたく存じます」と、何かをもらう・求める場合には漢字が適切です。 動詞の添えて使う場合は「いただく」 一方「いただく」と平仮名で書くのは、物理的にそのものが存在しない場合です。 本来、平仮名の「いただく」は「補助動詞」としての役割で使います。 「頂く」を使えないときに「いただく」を使う、と考えても良いでしょう。 「補助動詞」とは動詞に添える動詞です。 例えば「契約をしていただく」「ご説明いただく」など「~をしてもらう」と考えるとわかりやすいかもしれません。 他にも「休ませていただく」「確認させていただく」など、自身の行動を表す動詞の補助として使うこともできます。 この場合は「~させてもらう」という意味です。 辞書での「頂く」と実用での「いただく」 「イタダク」を辞書で調べると「頂く」または「頂く・いただく」のどちらでも使える旨が記載されていることがあります。 これは「言葉として、このような書き方がある」という程度の理解で問題ありません。 実用で重視される判断基準は、文部科学省ホームページに記載されている「内閣訓令」を参考にすると良いでしょう。 内閣訓令によると、補助動詞としての「いただく」は公用文では平仮名で用いることを定めています。 日常生活やビジネスの場などで、内閣訓令を厳密に守らなければならないわけではありませんが、使い方に迷ったり、失礼があってはならない方への文章に使う場合などは、参考にしてみてください。 まとめ 「頂きたく存じます」という言葉は、こちらの要望を伝えつつ、相手へある程度の判断を任せる、というとても微妙な心情を表すことができます。 そのため、使う場面によっては「頂きたく存じます」では強すぎたり、反対に弱すぎたりするかもしれません。 自分が相手に対して、どれくらいの熱量で要望を伝えたいのか、ということを考えて「頂きたく存じます」を上手く使えるように意識してみましょう。

次の

「いただきたく存じます」は二重表現だから使えない?!意味や正しい使い方、言い換え表現を解説

確認させていただきたく

AAA株式会社 BBB部 CCC様 いつも弊社商品をご利用くださり、厚くお礼申しあげます。 ご注文内容は下記のとおりでございます。 お手数をおかけし恐縮ですが、 ご確認くださいますようお願い申しあげます。 発送が完了いたしましたら、改めてご連絡申しあげますので、 今しばらくお待ちくださいますよう、お願い申しあげます。 今後ともよろしくお願いいたします。 AAA株式会社 BBB部 CCC様 お世話になっております。 発売は、商品が入庫して 発送の準備が整った後ならいつでも可能です。 1 発売日 2 事前予約を行うかどうか、行うならその開始日 3 商品発売の情報解禁日 タイナカプラン様のサイトやメルマガ、SNSなどで 情報発信してからでないと注文は入らないと見込まれます。 発送可能日まで二週間と迫っています。 タイナカプラン様の情報発信の準備を考えると、 事前予約を取れるのが数日しかないようです。 発売日から注文を受け付け、同時に タイナカプラン様に告知してもらうほうがいいかもしれません。 よろしくお願いいたします。 送付の確認メール 件名:広報誌用画像の件 AAA株式会社 BBB部 CCC様 いつもお世話になっております。 この度は新サービスをご提案くださり、 誠にありがとうございます。 ぜひとも一度、直接お目にかかり、内容を伺えればと存じます。 早速で恐縮ではございますが、 お打ち合わせの日程、下記のご都合ではいかがでしょうか。 引き続き、よろしくお願いいたします。 AAA株式会社 BBB部 CCC様 お世話になっております。 弊社の展示会出展をご検討いただきまして ありがとうございます。 この機会をご活用いただきたく、 貴社の展示会についてのご希望を伺えればと メールいたしました。 貴社のビジネスに合う展示会をピックアップして、 資料などをお送りさせていただきます。 割引キャンペーンが6月2日 金 までですので、 ご興味がありましたら2日までにご回答いただけると幸いです。 —————————————— Q1. 展示会出展にご興味はお持ちですか? A. ある B. なし C. どちらとも言えない Q2. 展示会にあたり、不安に感じる点はございますか? Q3. 展示会に関して、知りたいことはございますか? —————————————— お忙しいなか大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。 経過の整理の確認メール 件名:社内報レイアウトについてご確認.

次の

「頂きたく存じます」の意味とは?失礼のない使い方を例文で解説

確認させていただきたく

ご確認 = 確認すること• ご・お~いただきたく = 「〜してもらいたい」の意味の敬語(謙譲語)• すると「ご確認いただきたく存じます」の意味は… 「確認してもらいたいと思います」 であり、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 「確認してください!」とストレートに言うのではなく遠回しに自分の意思や気持ちをつたえる、とても丁寧なフレーズですね。 ニュアンスとしては 「確認してもらいたいと思うのだけど…」みたいなイメージ。 あまりに堅苦しくて大げさかもしれませんが、とにかく目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズになります。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「ご確認いただきたく存じます」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「確認」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「ご確認していただきたく存じます」は間違い敬語となりますのでご注意を。 この場合、謙譲語「お(ご)」をなくして「確認していただきたく存じます」とすれば正しい敬語になります。 理由は長くなるので省きますが、あくまでも「ご確認いただきたく存じます」をつかうことをオススメします。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「ご確認いただきたく存じます」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】確認してほしい!と伝えるビジネスメール 「ご確認いただきたく存じます」の使い方 文字どおり何かしら「確認してほしい!」と言いたいときのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 たとえば、• 【例文】xxをご確認いただきたく存じます。 のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールに使われます。 ようするに「確認してほしい!」という意味なのですが丁寧な敬語にすると、こんな風にややこしい文章になります。 なお「ご確認 をいただきたく存じます」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 新たにメールを作る必要はなく、もとのメールを転送して作る。 さて、過日にメールにてお願いしておりました打合せ日程ご相談の件、その後いかがでしょうか。 大変失礼とは存じますが念のため先日お送りしましたメールを転送いたしますので、ご確認いただきたく存じます。 よろしくお願い致します。 メールで連絡をしていなければ、新たに催促メールを作る。 人事部・ノマドです。 さて先般、2017年度・人事評価面談の実施依頼を社内掲示板にて掲載しておりましたが、貴部署の進捗がまだのようでしたので、確認までにご連絡いたしました。 その後いかがでしょうか。 なお、本メールと行き違いでご報告いただいておりましたらその旨お申し付けください。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご確認いただきたく存じます。 よろしくお願い致します。 「ご確認 いただきたく存じます」でも十分に丁寧ではありますが… 「ご確認 いただければと存じます」とすると、より丁寧な敬語になります。 たとえば、• 【例文】xxをご確認いただければと存じます。 のようにして使います。 意味と違い・使い方 どちらも言いたいことは結局のところ「確認してほしい」なのですが… 敬語の使い方に違いあり。 謙譲語「いただく」に仮定の「たら・れば」をくっつけると「 いただければ」という敬語になります。 したがって「ご確認 いただければと存じます」のニュアンスとしては「よかったら確認してもらえたらと思うのだけど」というような感じになります。 「ご確認 いただきたく存じます」でも遠回しにあなたの希望を伝える敬語なのですが… 「ご確認 いただければと存じます」だともっと大げさになります。 かな〜り遠回しにお願いをしているわけで、目上・上司・取引先への言葉づかいとしてはこの上なく丁寧ですね。 そんなに丁寧にする必要あるの?って思うくらい。 まぁ、ひとつのオプションとしてお好みでお使いください。 【例文】xxをご確認いただきたく、お願い致します。 【例文】xxをご確認いただきたく、お願い申し上げます。 のようにして使います。 あなたの意思が伝わらずぼんや〜りとしたメールになって「結局なにが言いたいの?」ということになりかねません。 そんなときに活躍するのが「ご確認 いただきたく、お願い致します」です。 「ご確認 いただきたく存じます」だと「確認してもらいたいと思います」という意味であり、 「ご確認 いただきたく、お願い致します」だと「確認してもらいたい、お願い!」というような意味になります。 敬語としてはどちらも、これでもかというくらい丁寧なので使い分けする必要はありません。 文章のバランスを考えてお好みでお使いください。 なお「ご確認 をいただきたく、お願い致します」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 敬語の解説 一応「ご確認 いただきたく、お願い致します」の敬語の成り立ちをまとめておきます。 もとになる単語「確認」• したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。 「ご確認 いただきたく存じます」 「ご確認 いただければと存じます」 「ご確認 いただきたく、お願い致します」 だけでなくシンプルに 「ご確認をお願い致します」としてもOKです。 意味としては「確認をお願いします!」であり、 言いたいことは結局のところ「確認してほしい」となります。 たとえば、• 大変ありがたいこと。 これまで紹介しきれなかった敬語もふくめ丁寧レベルごとにまとめておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 ご確認ください• ご確認くださいませ• ご確認いただけますか?• ご確認ください• ご確認くださいませ• ご確認いただけますか• ご確認いただけますでしょうか• ご確認をお願い致します• ご確認いただきたく、お願い致します• ご確認いただきたく存じます• ご確認いただければと存じます• ご確認のほどお願い申し上げます• ご確認くださいますようお願い申し上げます• ご確認いただきますようお願い申し上げます• ご確認くださいませ• ご確認をお願い致します• ご確認いただきたく、お願い致します• ご確認いただきたく存じます• ご確認いただければと存じます• ご確認いただきますようお願い申し上げます• ご確認いただけますようお願い申し上げます• ご確認くださいますようお願い申し上げます• ご確認いただければ幸いです• ご確認いただければ幸甚に存じます• ご確認いただけましたら幸いです• ご確認いただけますと幸いです• ご確認いただけますと幸甚に存じます• ご確認いただけましたら幸甚でございます• ご確認いただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 なお「ご確認 をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 ご確認賜りますようお願い申し上げます• ご確認いただければ幸いです• ご確認いただければ幸甚に存じます• ご確認いただけましたら幸いです• ご確認いただけましたら幸甚でございます• ご確認いただけましたら幸甚に存じます• ご確認賜りますと幸いです• ご確認賜れますと幸いです• ご確認賜りましたら幸いです• ご確認賜れましたら幸いです• ご確認賜りますと幸甚に存じます• ご確認賜れますと幸甚に存じます• ご確認賜りましたら幸甚に存じます• ご確認賜れましたら幸甚に存じます なお「ご確認 を賜りましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。

次の