久留米競輪 特徴。 久留米競輪場

久留米競輪予想情報|競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

久留米競輪 特徴

久留米競輪場の特徴・バンクデータ 久留米競輪場で的中率を上げる為には、競輪場の特徴を掴んだりして予想のコツを覚えていかなければなりません。 競輪場は、バンクの長さやカントの角度が違ってきたり様々な特徴があります。 その特徴によっても選手たちの実力が思う存分発揮できるかどうかも変わってくるでしょう。 そこで、久留米競輪場のバンクの特徴、決まり手、地元選手の紹介など、車券の的中率アップには欠かせない予想のコツの基礎となる部分を紹介してきましょう。 久留米競輪場のバンクの特徴 久留米競輪場のバンクの特徴は軽めの走路のバンクらしく、スピードのある選手が有利な競輪場です。 くる名競輪場のS級上位戦になってくると、先行逃げきり確率12%と低い傾向があります。 捲りは3コーナの山を登るような形状部分を避けて、早めの捲りか、遅めの捲り追込みがよい展開を生みます。 また、先行の番手選手や早めの捲りの番手選手が有利な傾向があるようです。 下記に久留米競輪場のバンクデータを記載しますので、参考にして下さい。 見なし直線距離 50. 0m バック幅員 10. 0m センター幅員 9. 0m 久留米競輪場の決まり手 次は久留米競輪場の決まり手のデータを見ていきましょう。 しかし、2着の決まり手では特にこれといった脚質はないので、どの脚質の選手でも2着に入る可能性があるのは頭に入れておいてください。 久留米競輪場での開催レース 久留米競輪場で過去に開催されたレースをいくつか紹介します。 ・戸上守杯 ・中野カップレース ・エンジョイスピードパークナイトレース 久留米競輪場の地元選手 久留米競輪場の所属選手はどのような選手がいるのか紹介します。 久留米競輪場の決まり手データを見ていくと、「差し」が若干有利な印象を受けますが、「逃げ」も「捲り」もそれぞれ、それなりに決まる競輪場です。 しかし、先行選手がとても有利になる展開が多いため、追い込みの選手は苦戦を強いられます。 イン待ちや競りもそれなりに有効で車券に絡む確率は比較的高くなっています。 しかし、久留米競輪場自体には「この脚質が良い!」という様な特徴がないため、競輪の基礎的な部分の予想を疎かにしないのが一番の予想のコツではないでしょうか? なので、「階級と競走得点」から選手のレベルを知ったり、「ラインの組み合わせ」を考え、レース展開を考えるの大切になってきます。 階級と競争得点を見る 久留米競輪場で予想をする上で、一番大事なコツとなってくるのは「選手の階級と競走得点」を知る事です。 競輪選手と言えば、見た目だけでその選手の強さやレベルを判断する事はできませんよね。 そこで、使えるのが「階級」と「競走得点」です。 まず、階級というのはその選手の実力を表すランクの様なものです。 上から S級S班 S級1班 S級2班 A級1班 A級2班 A級3班 という6つの階級に分けられています。 なので、久留米競輪場で予想をする際は階級が高い選手が勝ちやすいと考えて良いと思います。 レースにS級1班の選手とS級2班の選手がいたら、S級1班の選手の方が勝ちやすいと思って予想すれば良いでしょう。 もう一つ競輪選手の実力を知るためには「競走得点」を知る必要があります。 この「競走得点」とは、毎レースの成績によって選手に振り分けられる得点です。 そして、この数値が高い選手ほど良いレース結果を残してきた選手という事です。 「競走得点」を予想の要素に取り込む場合は、単純に得点の高い選手が勝ちやすい、得点の低い選手が勝ちづらいと考えてもらっても良いかもしれません。 また、レースが9人で行われるときは、競走得点の点数が低い順に、6番車、8番車、4番車に入る確率が高い傾向にあります。 なのでこれを「ヨーロッパ(4・6・8)」と呼んだりもします。 ラインを把握する 2つ目の予想のコツは「ラインを把握する」事です。 競輪では、選手たちは自分の良いポジションを取るために「ライン」というチームの様なものを組み戦います。 なぜかというと、競輪は時速60kmを超えるスピードで走る競技なので、風の空気抵抗をかなり受けてしまいます。 そのため、先頭にいる選手はその空気抵抗のせいで不利になったり、うまく走らせる事ができなくなってしまいます。 そこで、「ライン」というチーム隊列を組む事によって、その空気抵抗をなくしているのです。 ラインの組み方については、同じ県や同じ地区で組む事が多いので下記を参考にしてください。 北日本ライン 北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島 関東ライン 東京、埼玉、群馬、栃木、茨城、山梨、長野、新潟 南関東ライン 神奈川、千葉、静岡 中部ライン 愛知、岐阜、三重、富山、石川 近畿ライン 京都、大阪、兵庫、奈良、滋賀、和歌、福井 中国ライン 広島、山口、岡山、島根、鳥取 四国ライン 愛媛、香川、徳島、高知 九州ライン 福岡、熊本、長崎、佐賀、大分、鹿児島、宮崎、沖縄 ライン自体は3人で組むのが基本ですが、その3人にもしっかりとした役割があります。 それが「自力」と「番手」と「3番手」です。 もし、車券予想をするのであれば、自力選手を中心に車券を考えていくと的中率が上がるでしょう。 そして、これらの各選手の役割をしっかりと把握し、どのようなレース展開になるのかというのを予想し、競走得点などの選手の実力を組み合わせて予想するのが車券を的中させるコツです。 久留米競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介 上記では、久留米競輪場の特徴や予想のコツを紹介しましたが、何役に立ちそうな情報はありましたでしょうか。 次は、久留米競輪場の歴史や施設、マスコットキャラクターについてご紹介します。 久留米競輪場の概要&歴史 久留米競輪場は1949年に福岡県久留米市にて開設されました。 トラックレースの世界選手権で10連覇という快挙を成し遂げた中野浩一さんの出身が久留米市ということで、ホームバンクとして使用していた事でも有名です。 毎年6月~7月にかけて、久留米競輪場では記念競輪が開催されています。 その記念競輪は中野浩一さんをたたえて、「中野カップレース」と名付けられています。 また、久留米競輪場の周辺には子供が遊べる「子ども広場」などもあり、家族で来場しても非常に楽しめる競輪場になっています。 久留米の入場料 久留米競輪場の入場料は50円となっています。 特別観覧席については、場所によって値段が変わってくるので注意してください。 ・一般入場料 50円 ・特別観覧席 バック下特別観覧席:1,000円 メイン特別観覧席:1,000円 サービスセンター下特別観覧席:500円 ロイヤルルーム:4,000円 久留米競輪場の施設 久留米競輪場は、家族連れで来ても楽しめる施設がたくさんあります。 そんな久留米競輪場の施設内容を簡単に紹介します。 休憩室も用意されているので、家族連れで訪れても利用する事ができます。 ちなみに特別観覧席、ロイヤルルームにはフリードリンクが付いていて、ロイヤルールームには、さらにスポーツ新聞が付いていきます。 家族で来たときにはレースだけでなく、「サイクルギャラリー」を楽しむのもありかもしれません。 福岡県久留米市出身の中野浩一氏の自転車も展示されています。 また、発売窓口やテレビがあり、室内でゆったり競輪を楽しむこともできます。 久留米競輪場に子連れで来た時に子供が飽きてしまわないように良いかもしれませんね。 久留米競輪場のマスコット 久留米競輪場には「トッピー」というマスコットキャラクターがいます。 「トッピーカップ」というマスコットキャラクターにちなんだ名前のレースも開催されています。 また、現在では「トッピー」だけではなく「キック」「ラリー」「マシュー」という仲間も登場しています。 久留米競輪場のアクセス 久留米競輪場へのアクセス方法を簡単にご紹介します。 ・電車でのアクセス JR久大本線「南久留米駅」から徒歩14分 JR久大本線「久留米大学前駅」から徒歩16分 ・クルマでのアクセス 九州自動車道 久留米ICから約8分 ・無料バスでのアクセス 西鉄「久留米駅」東口ロータリーバス乗り場から約15分 JR「久留米駅」東口ロータリーバス乗り場から約20分 まとめ 今回は久留米競輪場の特徴や予想のコツを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 久留米競輪場は他の競輪場と比べても、あまり特徴のない選手たちが走りやすい競輪場となっています。 そのため、「この脚質が良い」などといった予想のコツがありません。 なので、久留米競輪場のバンクの特徴を覚えるのも大事ですが、久留米競輪場で一番大切な予想のコツは、「ライン」や「選手の実力」といった競輪予想の基礎的な部分が重要となってくるでしょう。 是非、久留米競輪場で車券予想をする際は基礎的な予想の部分を疎かにせずに予想をしてみてください。

次の

久留米競輪場

久留米競輪 特徴

【目次】• 久留米競輪場の基本情報 では、久留米競輪場の基本情報を紹介していく。 所在地:福岡県久留米市野中町2• 開設:1949年• 記念競輪:中野カップレース(6月開催) 九州のハヤブサと呼ばれていた中野浩一選手が現役時代にホームバンクにしていたことで有名。 記念競輪(G3)は中野浩一選手を称え「 中野カップレース」としている。 2008年10月に久留米競輪場で開催された共同通信杯競輪でもサブタイトルに中野カップレースと付けられたほど称えられているようだ。 他にも、現役時代九州の旗頭として君臨していた戸上守選手を生み出し屈強な選手ばかり輩出していることでも有名。 ルーキーに着目しておけば誰か有名になるかもな! イメージキャラクターについて 久留米競輪場のイメージキャラクターは「トッピー」。 マスコットキャラクターにちなんで「 トッピーカップ」が開催されている。 また、2010年には新キャラクターで「キック」「ラリー」「マシュー」という仲間を生み出した。 新たな仲間も増え、女性の人気も上昇中!? 久留米競輪場で開催される次の重賞レース 久留米競輪場で開催される直近の重賞レースを紹介していく。 開催期間:2019年10月24日(木)〜27日(日)• 名称:G3火の国争奪戦 出走する地元の選手は、 ・ S2津村 洸次郎 選手 ・ S2樫山 恭柄 選手 ・ S2原田 礼 選手 S1選手に食い込めるか心配だが、走りなれたバンク・地元愛などで活躍してくれるだろう。 特に津村選手は決勝出場したことがある選手。 惜しくも優勝出来なかったが次は確実に狙って欲しいな! 重賞レース競輪・・・ 確実に盛り上がるだろうな!! G3火の国争奪戦が終わったらまた更新するので、また見に来て欲しい。 久留米競輪場の特徴とバンクデータ さてここまで基本情報をご紹介してきたが、本題はここから。 もうすぐ G3火の国争奪戦も始まるし、抑えておいて損は絶対にないだろう。 久留米競輪場で勝つためにはどうすればいいのか、紹介していこう。 「え、競輪場って関係あるの?選手だけじゃないの?」って思う人がいると思うけど・・・。 実は、競輪場の特徴も関係しているのだ!!! 単純に地元選手が強いとか、ライン組みの予想だけでは勝率に上限がある。 特徴やデータを覚えておくことで、もっと勝率があがるのはここだけの話。 久留米競輪場の特徴 バンクは400m。 久留米競輪場の特徴は2013年の夏に走路改修が入り、カントが立った。 直線部には2~4度がついて、コーナーには25~35度の傾斜が付いている。 改修前も軽めのバンクだったことから、 スピードタイプの選手に有利な走路となっている。 S級の選手が集まるレースでは逃げ切りで終わる展開が少なく、まくりや早めのまくりが決まりやすい。 差し切りも400mバンクには珍しくかなり多い。 ここまで知れば多少は見えてきたのではないか? バンクデータと決まり手勝率を紹介 さて、特徴も見えてきたところで一気に追い込もう。 バンクデータをまとめたので見て欲しい。 みなし直線距離 50. 0m バック幅員 10. 0m センター幅員 9. 0m 幅員は他の競艇場より少し広め。 2〜3着は外からの差しが狙いやすいから、スピード選手がラインの先頭に立った時は選手の脚質に合わせるといいだろう。 では、1着と2着の決まり手の勝率を見てくれ。 【 1着決まり手】• スピードタイプに有利な久留米競輪場だけど、差しの方がまくりの3倍ほど多かった。 差しが得意な選手、位置取りが上手い選手が有利ってことかな。 選手次第では逃げ(スタミナタイプ)を選びたいけど、なかなか上手くいかないのが競輪だよな・・・・。 【 2番手決まり手】• マークに関しては、ラインの先頭選手の方が実力があり最後にバテてしまうのだろう。 そうなるとラインの組み合わせが非常に大事になってくるね。 特徴とバンクデータを踏まえた予想方法 以上を踏まえて予想方法をまとめておく。 級が高い逃げの選手がラインの先頭に立った時、組み合わせを考える• スタミナではなく、スピードタイプの選手に着目• 地元選手(地域含める)に注目 この3点だ。 特徴とバンクデータを紹介してきたけど、考えれば考えるほどドツボにはまりそうな気がするな。 ラインを気にしていると選手を見逃したり、選手ばかり見るとラインを見逃したりと重要な部分を繋げるのは自力では難しい。 見えそうで見えないのが久留米競輪場の特徴だな。 俺も個人的に久留米競輪場で勝負しているけど、どうしても限界はあるし重賞レースになると余計に難しくて一苦労している。

次の

久留米競輪場の特徴や傾向・予想のポイント

久留米競輪 特徴

取手競輪場は1950年に開設された。 元々は 取手競馬場として競馬の開催がされていた。 昭和20年代の競輪ブームで競馬の開催が不調になったため、競輪場に変更し1950年に開設された。 取手競輪場の駐車場には競馬場の形跡が残っている。 2001年に 共同通信社杯競輪、2005年に 東王座戦、2009年には 共同通信社杯競輪秋本番、2017年には初めてG1の 全日本選抜競輪が開催されている。 2022年に5年ぶりの全日本選抜競輪が開催と予定となっている。 記念競輪は 取手銀輪王座争奪戦の名称で開催されていたが、2006年に 水戸黄門賞に名称が変更されて開催されている。 開催二日目は助さん格さん賞の名称でシード優秀競争が行われている。 2011年の東日本大震災により施設が被災し、そのタイミングで復旧工事と改修工事を併せて行われたため2011年は本場開催派行われなかった。 その代わりに松戸競輪場にて代替開催を行っていた。 また2013年にバンクの直線入れ替え工事が行われて、バックスタンドが新メインスタンドとしてリニューアルされた。 2014年から入場料が無料となった。 (それ以前は入場料50円だった) 3,取手競輪場のクセや特徴 1周400m。 クセのないバンク。 カントが多少キツイところがあるが、そこを除けば走りやすいバンクであり、どんな戦法も通じやすい。 そのため選手の力勝負が出来るバンク。 ホームバンクの選手だけが知る「 秘密の伸びるコース」が存在するようでホームバンク選手が一枚有利になる。 立地が利根川の畔なので、冬場は風がとても寒くまた強風で選手からキツイと言われている。 バック側では向かい風になりやすくその風が選手の体力を一気に奪うとされている。 4,取手競輪マスコットやイメージキャラクター 取手競輪のマスコットはうさぎのりんたろうだったが2007年にその孫にあたるバンクくんが登場した。 「砦(取手)の森バンク」の住民として現在は孫バンク君がメインキャラクターとなっている。 他にも、ジャン、カント、タンク、チューブ、やまおろし、チェーン、ケン、ボスがいる。

次の