パソコン 13 インチ 大き さ。 Office搭載ノートパソコンおすすめ厳選|13インチ軽量モデルから大画面タイプまで

PCの画面サイズ13インチと15インチの大きさで迷ったら〜ノートパソコンを買う前に気をつけたいコト〜|MASAMEDIA

パソコン 13 インチ 大き さ

現行 MacBookPro 13 インチの画面は 下記、仕様によると 13. 3 インチで アスペクト比(縦横比)は16. 10 です。 画面の大きさを表すのは、慣例に従って対角線表示です。 つまり、13. 3インチの対角線 をもつ縦横比 16:10の 縦横の長さを求めるということなので、 まず、ピタゴラスの定理 対角線の二乗 = 底辺の二乗 + 高さの二乗 から、16:10の縦横比と対角線の比は、18. 87 になります。 54cm なので まず横の長さは、 13. 3 x 2. 65cm 縦の長さは 13. 3 x 2. 9cm になります。 横の長さ 対角線を除いた 2. 15 縦の長さ 2. 35 は 16:10のディスプレイとインチからcmへの変換をするところなので、対角線のインチにこの数字をかけると縦横が計算できます。 同様に15インチは、 スペックから 対角線が15. 4 インチです。 よこは、15. 4 x 2. 1cm たては、15. 4 x 1. 8cm 17インチは 対角線は17インチなので よこは、17 x 2. 6cm たては、17 x 1. 0cm MacBookProは縦横比がすべて16:10 でしたが、 場合によっては16. 9になります。 (iMac や最近のデジタルTVなど) 参考までに、16:9の場合は、 横の比率が大きいので、かける数字は、横が2. 21 縦が1. 25 になります。 どちらも四捨五入での誤差がすこしあります。

次の

ノートパソコンのサイズと測り方について

パソコン 13 インチ 大き さ

現行 MacBookPro 13 インチの画面は 下記、仕様によると 13. 3 インチで アスペクト比(縦横比)は16. 10 です。 画面の大きさを表すのは、慣例に従って対角線表示です。 つまり、13. 3インチの対角線 をもつ縦横比 16:10の 縦横の長さを求めるということなので、 まず、ピタゴラスの定理 対角線の二乗 = 底辺の二乗 + 高さの二乗 から、16:10の縦横比と対角線の比は、18. 87 になります。 54cm なので まず横の長さは、 13. 3 x 2. 65cm 縦の長さは 13. 3 x 2. 9cm になります。 横の長さ 対角線を除いた 2. 15 縦の長さ 2. 35 は 16:10のディスプレイとインチからcmへの変換をするところなので、対角線のインチにこの数字をかけると縦横が計算できます。 同様に15インチは、 スペックから 対角線が15. 4 インチです。 よこは、15. 4 x 2. 1cm たては、15. 4 x 1. 8cm 17インチは 対角線は17インチなので よこは、17 x 2. 6cm たては、17 x 1. 0cm MacBookProは縦横比がすべて16:10 でしたが、 場合によっては16. 9になります。 (iMac や最近のデジタルTVなど) 参考までに、16:9の場合は、 横の比率が大きいので、かける数字は、横が2. 21 縦が1. 25 になります。 どちらも四捨五入での誤差がすこしあります。

次の

モニターのインチ数の調べ方 < パソコン買取&データ消去.com

パソコン 13 インチ 大き さ

大学生のノートパソコンのサイズは何インチがおすすめ? ノートパソコンの液晶サイズは大きく分けて、12インチ以下と13インチから15インチ、そして15インチ以上の3つに分けることができます。 ノートパソコンは色々な大きさのものが販売されていますが、いったいどれを購入すればよいのでしょうか? ノートパソコンのサイズが変わると何に影響が出る? ノートパソコンの大きさ(サイズ)は、以下の3つに大きく関係します。 1)見やすさ(作業のしやすさ) 2)持ち運びのしやすさ 3)性能 見やすさと作業のしやすさ 画面サイズが大きくなるとその分、文字も大きく表示されます。 パソコンでレポートを書いたり、ネットの記事を読むときに小さな文字を長時間見続けるととても目が疲れてしまいますが、 文字サイズが大きくなるとその分目の疲れも軽減します。 特に、大学生の場合はレポートを書いたり、ネットで記事を読んだりすることが多いです。 卒論作成の時も長時間パソコンを見続けることになるでしょう。 レポート作成などでは長時間作業することも多いので、目が疲れやすくなって作業がはかどらないかもしれませんね。 また、12インチ以下のコンパクトなサイズのノートパソコンでは、全体のサイズが小さくなる分、キーボードの大きさも小さくなります。 手や指が大きい人はタッチしにくいということも出てくるかもしれません。 持ち運びのしやすさ 液晶サイズが大きいノートPCだとカバンに入れるのも面倒で、持ち運びが不便だと感じることが多いと思います。 そして何より サイズが大きいノートパソコンは重いものが多く、リュックに入れていても肩が凝ってきてしまいます。 実際私が昔持っていたノートパソコンは15. 5インチのサイズだったのですが、カバンに入れて運ぶのがとても苦痛でした。 リュックに入れてもずっしりと重く感じ、ほんの数キロ離れた場所に移動するだけでも億劫に感じたものでした。 大学生であれば家と大学との間でパソコンを持って移動することもあるでしょう。 あまりに大きくて、持ち運びが苦痛になるようだと大学に行くのも嫌になってしまいますよね。 もし、パソコンを持って移動することが多いようであれば、なるべく負担を減らすためにも、15インチよりも小さいサイズのものを購入すると良いです。 性能 ノートパソコンの傾向として、 サイズが大きなパソコンほど高性能な機種が多くなり、サイズが小さくなると性能が下がる傾向にあります。 ここでいう性能というのはCPUの性能ことを言います。 ノートPCはデスクトップよりも小さい作りですので、サイズが小さくなるとそれに応じて他の機能を犠牲にしなければならなくなってきます。 持ち運びも考えているけど、しっかり使えるものがいいということであれば、あまりに小さいと性能不足になってしまって作業が全然進まないということも起こり得ます。 性能が下がるとできることも限られてきます。 理系でバリバリ使いたいのにCPUの性能が足りないために全然使えない、ということも起こってきます。 13インチのノートパソコンは性能と携帯性をバランスよく満たす 現在パソコンメーカー各社から販売されているノートパソコンで一番種類が多いのが、13. 3インチのノートパソコンです。 このサイズのノートパソコンの特徴としては、 非常に軽くて携帯性に優れたノートパソコンが多いということです。 0kg~1. 2kgのものが多いですが、中には1kgを切って700グラム~900グラムの超軽量ノートパソコンも販売されています。 しかも、性能面でも優れたものが多いです。 インターネットやメール、SNS、Officeソフトを使った書類やレポート作成に使えるのはもちろんのこと、理系の研究にも使えるくらい性能が高いものもあります。 性能を抑えたモデルから、高い性能のものまで幅広く揃っています。 大きさは、下の写真のようにA4ノートと同程度またはA4ノートを少し大きくしたサイズのものになります。 A4ノートと大きさを比較していますが、どれもA4サイズよりも少しだけ大きい程度の大きさであることがお分かりいただけると思います。 3インチの大きさは作業をするのにも問題ありません。 快適に入力できるキーボードを搭載し、画面サイズも十分な広さがあります。 もちろん、ノートと一緒にカバンに入れてもそれほど違和感なく収まります。 軽いものが多いので、持ち運ぶ場合にも便利でしょう。 [13. 3インチのノートパソコン Dell Inspiron 13 7000] ノートパソコンとA4ノートを重ねたところ。 PCの幅はA4ノートよりもわずかに大きいだけで、奥行きはA4ノートよりも小さくなっている。 [13インチのノートパソコン Apple MacBook Air] 13. 3インチのパソコンは各社から販売されていて、人気の売れ筋商品が多いです。 中でも、、、などは 性能も高いですし、薄くて軽く持ち運びにも優れています。 文系・理系を問わずいろいろなことに幅広く使えるノートパソコンです。 見やすさや作業のしやすさという面でも、十分な大きさがあります。 ストレスなく作業を行うためには、やはり12インチ以上の大きさは欲しいところです。 3インチのパソコンであれば、携帯性と機能性の両方をバランスよく満たしてくれれます。 3インチノートパソコンのおすすめモデル dynabook GZ 779gまたは859gという超軽量PC バッテリー持続時間が長い 周辺機器との接続も安心 持ち運びには不向きだが、画面の大きさと性能を重視するなら15インチ以上 画面サイズが15インチ以上になると、デスクトップパソコンと同じくらいの見やすさで作業をすることができるようになります。 サイズが大きいと性能の高い機種も多く、快適なコンピューター環境が手に入ります。 実際の大きさは、以下の写真のようにA4ノートと比べると大きくなることがわかります。 [15. 6インチノートパソコン DELL Inspiron 15 5000] [15. 6インチノートパソコン HP Pavilion 15-cu000] 私が以前使っていたノートパソコンは15. 5インチのもので、主に自宅で使用していました。 これくらい大きいと安定して使うことができます。 ただ、持ち運びにはぎりぎりの大きさで、たまに外に持っていくことがありましたがかさばる上に重く、苦痛を感じていました。 持って出るにしても毎日は大変です。 1か月に1、2回程度なら我慢できるかなという感じです。 ですので、15インチ以上のパソコンは、持ち運びが多い人にはあまりお勧めしません。 ただ、 画面はとても見やすいです。 作業もしやすいですし、目が疲れることもあまりありません。 もちろん性能もしっかりしています。 中にはデスクトップPC並みの性能を持つCPUを搭載したノートPCもあり、理系の研究用途にも快適に使用できます。 また、ゲーミングノートPCというゲームをプレイするのに適したノートパソコンは、だいたい15. 6インチ以上のものに限られています。 自宅や大学でしっかり使いたい人であったり、大きな画面で作業したい人であれば15インチ以上のものが良いでしょう。 人気のある機種は、や、などがあります。 4年生になったときに、卒論のために大学と家とでパソコンを持って行き来するようになるかも、と心配する人がいるかもしれません。 確かに、家と大学とでパソコンを持ち運びする人もいます。 その一方で、大学の研究室にパソコンを置きっぱなしで、家ではスマホやタブレットで済ませている人も多いです。 実際のところ、研究室から帰ってきて家でさらにパソコンを使って作業をすることはあまりないかもしれません。 研究室である程度作業を済ませてしまえば、家に持ち帰ってパソコンでしなければならない仕事というのはあまりありません。 このような理由があるため、15インチ以上のものを購入したとしても、大学に置いておけば移動回数を抑えることが可能です。 研究室に所属するようになると、1人1つの机が与えられることが多いので、自分のデスクの上にパソコンを置いておくことができます。 卒論などでしっかり使えるものがほしいけど移動が心配という方でも大丈夫でしょう。 6インチノートパソコンのおすすめモデル DELL G5 ハイスペックCPUを選択可能 専用グラフィックス搭載 理系の研究用途にも最適 なるべく広い画面で作業がしたいが、時々は持ち運ぶ必要があるときには14インチのサイズのノートパソコンもあり 14インチのノートパソコンは、重さが約1. 5kg~1. 8kgのものが多いです。 3インチのノートパソコンよりは重たくなる傾向にありますが、画面サイズが広くなるので作業がしやすくなります。 ただ、15. 6インチよりは狭いので、やや中途半端な感じもするかもしれません。 それでも、15. 6インチよりは圧倒的に軽いので、もし外に持ち運ぶ必要が出てきても持ち歩きやすいというメリットがあります。 普段は自宅などに据え置いて使うことが多いので広い画面で作業がしたいけど、いざという時に持ち運べるようなものが欲しい、という場合には良い選択肢になります。 ただ、14インチノートパソコンは各社ともラインナップされている製品があまりありません。 その分、14インチのノートパソコンはとても貴重です。 14インチのノートパソコンの大きさは、下の写真のようにA4ノートよりも一回り大きくなります。 [14インチ ノートパソコン Lenovo ThinkPad X1 Carbon] 14インチノートパソコンのおすすめモデル Lenovo ThinkPad X1 Carbon 1. 13kgの軽量ノートPC 優秀な性能と機能 セキュリティも充実 ライトな使い方や持ち運びが多いなら12. 5インチ以下でも良い では、最後に13インチよりも小さなサイズはどうかということをご紹介します。 まず、13インチの一つ下のサイズとして、12. 3~12. 5インチがあります。 実際にどれくらいのサイズかというと、下の写真のようにA4ノートとほぼ同じサイズになります。 機種によってはA4ノートよりも小さくなるものもあります。 小さくて疲れそうと感じる人もいれば、コンパクトでいいなと思う人もいるでしょう。 下の写真は12. 5インチのNEC Lavie Direct NMと12. 3インチのノートパソコンMicrosoft Surface Pro 7です。 Lavie Direct NMはA4ノートの上にパソコン(黒色)を置き、その上にB5ノート(青色)を置いています。 [12. 5インチノートパソコン NEC Lavie Direct NM] また、は12. 5インチの大きさで、通常のノートパソコンよりもディスプレイが広く使えるような設計になっているのと、キーボードについてはキーとキーの間隔(キーピッチ)が19mmで、13. 3インチや15インチのノートパソコンで採用されているものと同じ間隔を実現しています。 このように、小さくても使い勝手を重視したモデルも存在します。 ストレスなく作業を行うためには12. 5インチ以上はほしいと上で書きましたが、実際どのようにパソコンを使用するかによっては12. 5インチ以下でも問題ない場合があります。 小さな画面で作業するのが気にならないような人や、パソコンで作業するのがそれほど疲れないというような人は大丈夫だと思います。 このような場合であれば、12. 5インチ以下でも問題ないでしょう。 本体サイズが小さくても、最近は高い性能を持ち合わせた製品も登場しています。 特に、Surface Pro 7は高い性能を持ちながらも、タブレットとしても使えるなど非常に便利です。 5インチ以下のノートパソコンの魅力はとてもコンパクトで軽く、携帯性に非常に優れていることが挙げられます。 パソコンの用途を考えたときに、 小さくても気にならないようであれば、12. 5インチよりも小さいなパソコンはとても便利なものになるでしょう。 5インチ以下のノートパソコンのおすすめモデル.

次の