ありしこそ 意味。 八代集秀逸 千人万首

天台宗 > 天台宗について > 法話集 > お正月

ありしこそ 意味

徒然草第19段 徒然草 (上) 第19段 折節の移り変るこそ、ものごとにあはれなれ。 折節の移り変るこそ、ものごとにあはれなれ。 「もののあはれは秋こそまされ」と人ごとに言ふめれど、それもさるものにて、今一きは心も浮き立つものは、春のけしきにこそあ ンめれ。 鳥の声などもことの外に春めきて、のどやかなる日影に、墻根の草萌え出づるころより、やゝ春ふかく、霞みわたりて、花もやうやうけしきだつほどこそあれ、折しも、雨・風うちつづきて、心あわたゝしく散り過ぎぬ、青葉になりゆくまで、万に、ただ、心をのみぞ悩ます。 花橘は名にこそ負へれ、なほ、梅の匂ひにぞ、古の事も、立ちかへり恋しう思ひ出でらるゝ。 山吹の清げに、藤のおぼつかなきさましたる、すべて、思ひ捨てがたきこと多し。 「灌仏の比、祭の比、若葉の、梢涼しげに茂りゆくほどこそ、世のあはれも、人の恋しさもまされ」と人の仰せられしこそ、げにさるものなれ。 五月、菖蒲ふく比、早苗とる比、水鶏の叩くなど、心ぼそからぬかは。 六月の比、あやしき家に夕顔の白く見えて、蚊遣火ふすぶるも、あはれなり。 六月祓、またをかし。 七夕祭るこそなまめかしけれ。 やうやう夜寒になるほど、雁鳴きてくる比、萩の下葉色づくほど、早稲田刈り干すなど、とり集めたる事は、秋のみぞ多かる。 また、野分の朝こそをかしけれ。 言ひつゞくれば、みな源氏物語・枕草子などにこと古りにたれど、同じ事、また、いまさらに言はじとにもあらず。 おぼしき事言はぬは腹ふくるゝわざなれば、筆にまかせつゝあぢきなきすさびにて、かつ破り捨つべきものなれば、人の見るべきにもあらず。 さて、冬枯のけしきこそ、秋にはをさをさ劣るまじけれ。 汀の草に紅葉の散り止りて、霜いと白うおける朝、遣水より烟の立つこそをかしけれ。 年の暮れ果てて、人ごとに急ぎあへるころぞ、またなくあはれなる。 すさまじきものにして見る人もなき月の寒けく澄める、廿日余りの空こそ、心ぼそきものなれ。 御仏名、荷前の使立つなどぞ、あはれにやんごとなき。 公事ども繁く、春の急ぎにとり重ねて催し行はるるさまぞ、いみじきや。 追儺より四方拝に続くこそ面白けれ。 晦日の夜、いたう闇きに、松どもともして、夜半過ぐるまで、人の、門叩き、走りありきて、何事にかあらん、ことことしくのゝしりて、足を空に惑ふが、暁がたより、さすがに音なくなりぬるこそ、年の名残も心ぼそけれ。 亡き人のくる夜とて魂祭るわざは、このごろ都にはなきを、東のかたには、なほする事にてありしこそ、あはれなりしか。 かくて明けゆく空のけしき、昨日に変りたりとは見えねど、ひきかへめづらしき心地ぞする。 大路のさま、松立てわたして、はなやかにうれしげなるこそ、またあはれなれ。 移り変るこそ : 季節の変化すること。 それが面白いというのが、この段の主旨。 は秋こそまされ」と人ごとに言ふめれど : 『拾遺集』巻9の歌「 春はただ花のひとえに咲くばかりもののあわれは秋ぞまされる 」などを引用。 引き続いて、それもそうだが、心浮き立つということで言えば、春の景色だと、追加している。 けしきだつほどこそあれ: 桜のつぼみが膨らんで、開花の準備を整え終わった程の時期。 は名にこそ負へれ: 「 さつき待つ花たちばなの香をかげば昔の人の袖の香ぞする 」(『古今集』巻3)などの歌をイメージしている。 橘の花こそ、この季節を表す有名なものなのだ。 ひにぞ、古の事も、立ちかへり恋しう思ひ出でらるゝ: 「 梅が香に昔をとへば春の月こたへぬ影ぞ袖にうつれる 」(『新古今集』巻1)を引用。 恋の記憶でもよみがえるのか?。 の比: <かんぶつのころ>と読む。 灌仏は4月8日、釈迦の誕生日。 甘茶を仏像に注いで祝福した。 : 上賀茂、下賀茂神社の春の大祭り。 : 祓いは、諸人の罪やけがれをはらい清めるため、宮中や神社で行われる神事。 六月を夏越 なごし の祓 はらえ ・夏祓と呼んだ(『大字林』より)。 たる事は、秋のみぞ多かる: さまざまなもののあわれは、秋は多い。 の朝こそをかしけれ: 野分は台風。 台風一過の朝は風情がある。 野分については『源氏物語』や『枕草子』などにもさかんに書かれているので、ここで書かなくてもいいようなものだが、腹ふくれる想いがするのでやはり書かないではいられないこと、どうせこの書き物はすぐに破り捨てるのだから書かないわけにはいかないと、この文の直後に言い訳をしている。 まかせつゝあぢきなきすさびにて: 筆のおもむくままにつまらない慰めごとを、。。 、荷前の使立つなどぞ: <おぶつみょう、のさきのつかいたつなどぞ>と読む。 「御仏名」は、三世諸仏の名を読み上げて一年の罪障を払う行事。 清涼殿で行った。 「荷前」は、平安時代、諸国から貢ぎ物として奉られた初物。 これを伊勢神宮をはじめ諸陵墓に奉った。 その使いの出発の情報。 ども繁く: 「」が多くある。 より四方拝に続くこそ面白けれ: <ついなよりしほうはいにつづく・・>と読む。 「 」は、 大みそかの夜に行われる朝廷の年中行事の一。 鬼に扮 ふん した舎人 とねり を殿上人らが桃の弓、葦の矢、桃の杖 つえ で追いかけて逃走させる。 中国の風習が文武天皇の時代に日本に伝わったものという。 江戸時代の初めには廃絶したが、各地の社寺や民間には節分の行事として今も伝わり、豆まきをする。 鬼やらい。 鬼追い。 鬼打ち。 また、「四方拝」は、一月一日の早朝に行われる皇室祭祀 さいし。 天皇が清涼殿の東庭に出て、属星 ぞくしよう ・天地四方・山陵を拝し、五穀豊穣・天下太平を祈る。 明治以降は神嘉殿で、皇大神宮・豊受大神宮・四方の神々を拝することに改められた。 空に惑ふが: 足が地に着かないぐらい走りまわっている人々が、。 実に豊かな祭りの列挙。 おりふしのうつりかわるこそ、ものごとにあはれなれ。 「もののあはれはあきこそまされ」とひとごとにいうめれど、それもさるものにて、いまひときはこころもうきたつものは、はるのけしきにこそあ んめれ。 とりのこえなどもことのほかにはるめきて、のどやかなるひかげに、かきねのくさもええいづるころより、やゝはるふかく、かすみわたりて、花もようようけしきだつほどこそあれ、おりしも、あめ・かぜうちつづきて、こころあわたゝしくちりすぎぬ、あおばになりゆくまで、よろずに、ただ、こころをのみぞなやます。 はなた ちばなはなにこそおえれ、なほ、うめのにおいにぞ、いにしえのことも、たちかえりこいしゅうおもいいでらるる。 やまぶきのきよげに、ふじのおぼつかなきさましたる、すべて、おもいすてがたきことおおし。 「かんぶつのころ、まつりのころ、わかばの、こずえすずしげにしげりゆくほどこそ、よのあはれも、ひとのこいしさもまされ」とひとのおおせられしこそ、げにさるものなれ。 さつき、あやめふくころ、さなえとるころ、くいなのたたくなど、こころぼそからぬか わ。 みなづきのころ、あやしきいえにゆうがおのしろくみえて、かやりびふすぶるも、あはれなり。 みなづきばらえ、またをかし。 たなばたまつるこそなまめかしけれ。 ようようよさむになるほど、かりなきてくるころ、はぎのしたばいろづくほど、わさだかりほすなど、とりあつめたることは、あきのみぞおおかる。 また、のわきのあしたこそ おかしけれ。 いいつゞくれば、みなげんじのものがたり・まくらのそうしなどにことふりにたれど、おなじこと、また、いまさらにいわじとにもあらず。 おぼしきこといわぬははらふくる るわざなれば、ふでにまかせつつ、あじきなきすさびにて、かつやりすつべきものなれば、ひとのみるべきにもあらず。 さて、ふゆがれのけしきこそ、あきにはおさおさおとるまじけれ。 みぎわのくさにもみじのちりとどまりて、しもいとしろうおけるあした、やりみずよりけむりのたつこそおかしけれ。 としのくれはてて、ひとごとにいそぎあ えるころぞ、またなくあわれなる。 すさまじきものにしてみるひともなきつきのさむけくすめる、はつかあまりのそらこそ、こころぼそきものなれ。 おぶつみょう、のさきのつかいたつなどぞ、あ われにやんごとなき。 くじどもしげく、はるのいそぎにとりかさねてもよおしおこなわるるさまぞ、いみじきや。 ついなよりしほうはいにつづくこそおもしろけれ。 つごもりのよる、い とうくらきに、まつどもともして、よなかすぐるまで、ひとの、かどたたき、はしりありきて、なにごとにかあらん、ことことしくののしりて、あしをそらにまどうが、あかつきがたより、さすがにおとなくなりぬるこそ、としのなごりもこころぼそけれ。 なきひとのくるよとてたままつるわざは、このごろみやこにはなきを、あずまのかたには、なおすることにてありしこそ、あ われなりしか。 かくてあけゆくそらのけしき、きのうにかわりたりとはみえねど、ひきかえめづらしきここちぞする。 おおじのさま、まつたてわたして、はなやかにうれしげなるこそ、またあ われなれ。

次の

徒然草第19段

ありしこそ 意味

お正月といいますと、新しい年を祝うお祭りのようにも思われますが、本来はお盆と同じように、ご先祖様をお迎えし、ご供養する宗教的な意味合いが含まれているのです。 「月籠 つごも りの夜、亡き人の来る夜とて、魂祭 たままつ るわざは、この頃にはなきを、東 あずま の方には、なほすることにてありしこそ、あわれなりしか」 これは徒然草 つれづれぐさ に見られる大晦日 おおみそか の様子ですが、このように昔はお正月にもご先祖様を迎えてともに一年の幸せを願ったものとされていました。 初詣、門松、しめ飾りなど昔から慣れ親しんだお正月の風物詩にもそういった意味が込められているのです。 だれもが最も日本人らしさを感じることができるのがお正月だといえます。 ところでよく「一年の計は元旦にあり」といいますが、ご先祖様をお迎えしているよい機会でもあります、仏様に向って今年一年の目標をたててみてはいかがでしょうか。 それも澄みきった清らかな心でたてることが大切です。 「悪い行いはせず、善い行いをして、自らの心を清く保ちなさい」ということが、いろいろなお経に説かれる仏様の教えのもとなのです。 自分のことより他人の幸せを願えるようになることが、仏様のみこころに添うことになるのです。 そうすればご先祖様も必ず喜んでくださるでしょう。 さあ、晴れ晴れとした気持ちで新年を迎えましょう。 まずは家族そろって菩提寺にお参りします。 仏様やご先祖様はいつも変わらぬ清らかな姿で迎えて下さいます。 「昨年はありがとうございました。 今年もどうぞ見守っていて下さい・・・」 こんなふうに家族そろって感謝し、手をあわせたいものです。

次の

『徒然草』の19段~21段の現代語訳

ありしこそ 意味

第十九段 折節のうつりかはるこそ 折節のうつりかはるこそ、ものごとにあはれなれ。 「もののあはれは秋こそまされ」と人ごとにいふめれど、それもさるものにて、今一きは心もうきたつものは、春の気色にこそあめれ。 鳥の声などもことの外に春めきて、のどやかなる日影に、墻根の草萌えいづるころより、やや春ふかく霞みわたりて、花もやうやう気色だつほどこそあれ、折しも雨風うちつづきて、心あわたたしく散り過ぎぬ。 青葉になり行くまで、よろづにただ心をのみぞ悩ます。 花橘は名にこそ負へれ、なほ梅の匂ひにぞ、いにしへの事も立ちかへり恋しう思ひ出でらるる。 山吹のきよげに、藤のおぼつかなきさましたる、すべて、思ひ捨てがたきこと多し。 今なら特典のメール講座「兼好法師の生涯」がついてきます。 口語訳 季節の移り変わりこそ、何事につけても味わい深いものである。 「もののあはれは秋がまさっている」と誰もが言うようだが、それも一理あるが、今ひときわ心浮き立つものは、春の風物でこそあるだろう。 鳥の声なども格別に春めいて、のどかな日の光の中、垣根の草が萌え出す頃から、次第に春が深くなってきて霞がそこらじゅうに立ち込めて、花もだんだん色づいてくる、そんな折も折、雨風がうち続いて、心はせわしなく思ううちに散り過ぎてしまう。 青葉になり行くまで、何かにつけてひたすら人の心を悩ませる。 花橘は昔を思い出させるよすがとして有名だが、それでもやはり梅の匂いにこそ、昔のことも今が昔に立ち返って恋しく思い出される。 山吹が清らかに咲いているのも、藤の花房がおぼろにかすんでいる様も、すべて、思い捨てがたいことが多い。 道理がある。 あるようだ。 あると思われる。 花が咲き始める。 まさにそんな折も折。 清音で読む。 「ことならば咲かずやはあらぬ桜花見るわけさへにしづ心なし」(古今集・春下・紀貫之)、「」(紀友則)の心。 「五月まつ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする」(古今・夏・読人知らず)、で、和泉式部と冷泉天皇第四皇子敦道親王の出会いのきっかけとなったことでも有名。 にも花橘の歌に基づく章段がある。 山吹のあざやかな色彩と、藤のおぼろな色彩を対比させたもの。 「灌仏会の比(ころ)、祭の比、若葉の、梢涼しげに茂りゆくほどこそ、世のあはれも、人の恋しさもまされ」と人のおほせられしこそ、げにさるものなれ。 五月、あやめふく比、早苗とるころ、水鶏(くいな)のたたくなど、心ぼそからぬかは。 六月(みなづき)の比、あやしき家に夕顔の白く見えて、蚊遣火(かやりび)ふすぶるもあはれなり。 六月祓(みなづきばらえ)又をかし。 『徒然草』の全243段を原文・現代語訳ですべて朗読し、解説したオンラインアプリです。 今なら特典のメール講座「兼好法師の生涯」がついてきます。 口語訳 「四月の灌仏会のころ、葵祭のころ、若葉の梢が涼しげに茂っていく頃こそ、世のあはれも、人恋しさも高まるものだ」と、ある人がおっしゃっていたが、まったくその通りだ。 五月、屋根にあやめを葺く端午の節句、六月の早苗を取って田植えするころ、水鶏(くいな)のたたく声など、心細くないことがあろうか。 みすぼらしい家に夕顔の花が白く見えて、蚊遣火をいぶしているのも趣深い。 六月の夏越の祓も味わいがある。 「仏生会(ぶっしょうえ)」とも。 釈迦の像の頭に香水をそそぐ。 陰暦四月中の酉の日に行われた。 六月ごろのこと。 「キョッキョッ」という声が戸を叩いているようなので「鳴く」ではなく「叩く」といわれる。 田植えの時期の夕方から深夜にかけて哀愁ただよう声で「叩く」ので、恋愛感情を高めるものとされた。 源氏の随身が荒れ果てた家に夕顔が白く咲いているのを見て源氏に言った。 「かの白く咲けるをなむ、夕顔と申し侍る。 「夏越(なごし)の祓(はらえ)」とも。 上賀茂神社・下賀茂神社が有名。 茅の輪くぐりをして邪気を祓ったり、「人形(ひとがた)」とよばれる紙を衣類にこすりつけて邪気をうつし、水に流したりする。 百人一首に「」(従二位家隆)が有名。 七夕まつるこそなまめかしけれ。 やうやう夜寒(よさむ)になるほど、雁鳴きてくるころ、萩の下葉(したば)色づくほど、早稲田(わさだ)刈り干すなど、とり集めたる事は秋のみぞ多かる。 又、野分(のわき)の朝(あした)こそをかしけれ。 言ひつづくれば、みな源氏物語・枕草子などにことふりにたれど、同じ事、又今さらに言はじとにもあらず。 おぼしき事言はぬは腹ふくるるわざなれば、筆にまかせつつ、あぢきなきすさびにて、かつ破(や)り捨つべき物なれば、人の見るべきにもあらず。 『徒然草』の全243段を原文・現代語訳ですべて朗読し、解説したオンラインアプリです。 今なら特典のメール講座「兼好法師の生涯」がついてきます。 口語訳 七夕をまつるのは、とても優雅なことだ。 だんだん夜が寒くなってくる季節に、雁が鳴いて飛び渡ってくるころ、萩の下葉が黄色く色づく頃、早稲の田を刈り取って干しているのなど、趣深い事物は、秋ばかりに集中している。 また、野分の吹いた次の朝はとても情緒がある。 言い続ければ、みな源氏物語・枕草子などに語りつくされて今更というものだが、同じことをまた今一度絶対に言わないと決めているわけでもない。 筆にまかせて書くものの、つまらない手すさびであり、すぐに破り捨てるべき物なので、人の見るようなものでもないのだ。 一年に一度だけ会うという牽牛・織女の二星をまつる行事。 遣唐使によってもたらされた。 乞巧奠(きこうでん)とも。 言い古されてしまっているが。 に「そもそもことふりにたれど…」。 「おぼしきこと言わぬは、げにぞ腹ふくるる心地しける」(『大鏡』)古くからあったことわざと思われる。 「つつ」は逆説的ニュアンス。 さて冬枯の気色こそ秋にはをさをさおとるまじけれ。 汀の草に紅葉の散りとどまりて、霜いと白う置ける朝(あした)、遣水(やりみず)より烟(けぶり)の立つこそをかしけれ。 年の暮れはてて、人ごとに急ぎあへる比(ころ)ぞ、又なくあはれなる。 すさまじきものにして見る人もなき月の、寒けく澄める廿日(はつか)あまりの空こそ、心ぼそきものなれ。 御仏名(おぶつみょう)・荷前(のさき)の使たつなどぞ、あはれにやんごとなき。 公事(くじ)どもしげく、春のいそぎにとりかさねて催しおこなはるさまぞいみじきや。 追儺(ついな)より四方拝(しほうはい)につづくこそ面白けれ。 つごもりの夜(よ)、いたう暗きに、松どもともして、夜半 よなか)過ぐるまで人の門(かど)たたき、走りありきて、何事にかあらん、ことことしくののしりて、足を空に惑ふが、暁がたより、さすがに音なくなりぬるこそ、年の名残も心ぼそけれ。 なき人の来る夜とて魂(たま)まつるわざは、この比(ごろ)都にはなきを、東(あずま)のかたには、なほする事にてありしこそあはれなりしか。 かくて明けゆく空の気色、昨日に変りたりとは見えねど、ひきかへめづらしき心地ぞする。 大路(おおち)のさま、松立てわたしてはなやかにうれしげなるこそ、またあはれなれ。 『徒然草』の全243段を原文・現代語訳ですべて朗読し、解説したオンラインアプリです。 今なら特典のメール講座「兼好法師の生涯」がついてきます。 口語訳 さて冬枯の気色こそ秋にほとんど劣らないだろう。 水際の草に紅葉が散り留まって、霜がたいそう白く下りている朝、遣水から水蒸気が立っているのは大変趣深い。 年も暮れてしまって、人は誰もお互いにあわただしい頃こそ、比べようもなく趣深い。 殺風景で興ざめなものは、見る人も無い月が、寒々と澄んでいる十二月二十日過ぎの空こそ、心ぼそいものである。 宮中で諸仏の名を唱える御物名(おぶつみょう)・天皇や皇族の陵に諸国から献上された初穂を奉る勅使が立つのなどは、情緒深く高貴なものだ。 宮中の諸行事が、春の準備の忙しい時に重ねて行われるさまこそ、結構なことである。 大晦日の追儺式から、元旦の朝の四方拝まで、一続きに行われるのは実に面白い。 大晦日の夜、たいへん暗い中に、松明をともして、夜半過ぎまで人の家の門を叩き、走り廻って、何事だろうか、大声で騒ぎ立て、足が地につかないほど走り廻るが、明け方には、やはり音もなくなってしまうのは、過ぎ去る年の名残も心細いことだ。 亡くなった人の霊魂が帰ってくる夜ということで魂を祭る行事は、ころごろ都では行われないが、東国には、いまだに行うことがあるというのは、情緒深いことだ。 こうして明け行く空の気色。 昨日に変わったとはみえないけれど、打って変わって実に清新な心地がするものだ。 都大路のようすも、門松を家々に立てて華やかにうれしげなのこそ、趣深いものだ。 十二月中旬に、諸国から献上された初穂を、天皇や皇室関係の陵に奉る勅使。 天皇が北斗七星を拝して、天地四方の神々を拝する。 村上天皇の代から清涼殿東庭で行われた。 枕草子を意識。

次の