クラシック カー ディーラー ズ。 おこもりして名車でも見よっ! 人気番組「名車再生!クラシックカー・ディーラーズ」配信開始

名車再生!クラシックカー・ディーラーズみたいにレストアして儲ける事って可能...

クラシック カー ディーラー ズ

シーズン12まではイギリスのAttaboy制作、シーズン13以降は ()の制作で、本国での番組名は『 Wheeler Dealers 』。 後述の通り、日本でも(順番の前後はあったものの)2016年からはインターネットテレビ「」で一部無料配信され 、で2018年から『ディスカバリー傑作選』枠内で不定期に2時間2エピソード、その後2019年10月から『ディスカバリー傑作選』の枠で毎週1エピソードずつ放送されている。 本稿では本作のスピンオフ的作品である『 名車再生!マイクのワールドツアー』ならびに『 名車再生!あの車は今』についても述べる。 概要 [ ]• ディーラー役であるマイク・ブルーワーが購入した中古車をメカニック役であるやアント・アンステッドが修理()し、転売する過程をドキュメント調に描く。 邦題ではクラシックカーという言葉が用いられているが、対象とする車は1950年代のものから2000年代のものまで幅広い。 放送開始から第6シーズン終了までは1つのエピソードを30分番組2回ずつで構成していたが、第7シーズン以降は1時間番組に変更された。 本国では第6シーズン以降、1つのシーズンを春と秋の2部に分けて放送している。 第12シーズン前半では新たに米国のカリフォルニア州に作業拠点を設置し、車両の調達とレストアを主に米国内で行った。 同シーズン後半で再び拠点は英国内に戻ったものの、第13シーズン以降は前述の米国・カリフォルニア州へと拠点を本格的に移している。 特徴 [ ]• このような古い車のレストア番組は欧米で多く作られているが、その多くが登場人物の対立などを多く描くと呼ばれる形式なのに対し、本番組は古くなった車を自分で修理や改造、改良する事を前提とし、レストア作業の内容を細かく描写することに主眼を置いている。 車の購入販売交渉やパーツの調達、外注修理の発注などはマイクが担当し、修理や改造部分はエド又はアントが担当する(塗装の傷埋めなど簡単な修復についてはマイクが行うこともある)。 役割分担は明確に分かれており、二人の車に関する様々な知識や解説もみどころである。 運転、改造、修理、パーツ調達や車の楽しみ方のそれぞれの分野を幅広くとりあげている。 レストア以外にも現在の環境基準に適合する改良(主に排ガスや有鉛ガソリン仕様を無鉛ガソリン仕様へ変更)や外装のカスタマイズパーツの変更やカスタムペイント、世界の車を扱うためイギリス国内仕様への変更(主に進行方向に合わせたライトの光軸の変更)なども行う。 扱う車が抱えている弱点を改善する(排気効率の見直しや点火ポイント変更や対策品の交換など)。 番組が開始された時代から現代までの間に変化した技法も紹介。 作業方法や進化してゆくマテリアル類の性質や種類や使用方法や作成方法も解説する。 同じ車メーカー内の共通するパーツの流用や年式の違う車からのパーツ流用でバージョンアップするなどありとあらゆる車の改造テーマが盛り込まれている。 車を調達した後にマイクとエド又はアントの話し合いで作業の方向性を決める。 マイクが車を試乗した時に感じた不具合をエド又はアントに伝えて点検を行う。 安価で簡単な作業で済む場合もあるが、車の保存状態や経年劣化、既に生産終了でパーツが入手困難となり高額出費になってしまう大修理になる場合も多く、話し合いでもめることも度々ある。 決められた予算内で修理をすることになっているが、修理中に故障している箇所が新たに見つかり、予算オーバーとなる場合もたびたびある。 かけた経費ぎりぎりあるいは以下でしか転売できず、赤字になってしまうことも数回あった。 いかにして経費を抑え、高値で売って利益を出すか、二人のこれまでの経験と勘とアイディアでいかにしてピンチを乗り切るかが番組の見所である。 古い車を扱うにあたってオリジナルの状態をいかに復元していくかが見所ではあるが、既に交換パーツの生産・販売が終了していることが度々あり、イギリス国内のほかヨーロッパ各国にいる車のパーツの代用品や加工に精通しているメーカーや職人に相談して対策している。 最新の技術と昔から変わらない技術の作業で古い車のパーツ製作や加工がおこなわれているのか、マイクとエドが工場に訪れて紹介している。 番組の人気とともに作業環境も進化していき初期の頃は町の工場のような場所から現在は修理に必要な工具などはほぼ揃えてある。 排気マフラーやエキゾーストマニホールドも材料を購入すれば制作できるようになった。 アメリカ車を取り扱う場合、在庫が豊富でありしかも安価との理由で、マイクが渡米して車両本体やカスタムパーツ、イギリスでは入手困難なジャンクパーツの買い付けを行うことがある。 これまでマイクがアメリカで車両買い付けしてレストアをイギリス国内でエドが作業して転売する回があったがシーズン12からマイクとエドがアメリカに作業拠点を移している。 アメリカとの車文化の違いなどをイギリス人の目線から解説する。 レストアが完了した時点で車両の購入代金・補修部品費・外注費(場合によってはこれらに追加して輸送費や渡航費)からなる総費用が提示されるが、この中にはキャストの人件費は含まれない。 初心者やサンデーメカニックの視聴者が修理に手をつけても途中で投げ出さずコツコツと忍耐強く作業することで修理代を抑えることができることを言っている。 自宅に作業するガレージがない人もレンタルガレージを使用したり工具をレンタルできることもアドバイスしている。 修理やパーツ、ケミカル類の交換で出た廃棄物の処理の方法なども解説している。 パーツ交換のコツや方法、テクニックも解説する。 修理を終えた車は修理箇所のチェックのためマイクとエド又はアントで試乗する。 一般道の他、クローズドコース(や私有地やクロスカントリーコース)など一般道ではチェックしにくい高速スピードでの不具合がないか試される。 また、修理した車にちなんだ場所で映画やテレビドラマなどのロケ地やメーカーの生産拠点の工場へ出向き、車が活躍していた当時の気分を味わう。 人気の車のオーナーズクラブのメンバーや車を生産した技術者との交流も行われる。 番組で取り上げた車は中古販売される。 インターネットに広告を掲載して一般の人に直接マイクが販売する。 インターネットの普及でヨーロッパ各国からの問い合わせが多く、わざわざ作業場まで足を運んでくる人も多い。 また、代理人を通して日本に販売されたこともあり()、希少な車種や熱狂的なファンの多い車も多く、ファンが集まるクラブミーティングの会場で直接声かけして売ることもある。 場合によっては元の売主が買い戻したり、 の回のように改造パーツ提供者に販売することもある。 113回でレストアしたはBMWのイギリス法人が広報車として、166回でレストアしたはホンダのアメリカ法人が展示車としてそれぞれ買い取っているなど、メーカーが購入することもある。 出演者 [ ] () Mike Brewer (声:) 1964年8月28日、生まれ。 にある中古車専門店「Mike Brewer Motors」のオーナーで、取り扱う車の購入・転売・部品の調達を担当する。 シーズンが進むにつれ、たまに塗装の修復、外装のドレスアップなども担当するようになり、作業場にはマイク専用の工具箱が置かれるようになった。 Edd China (声:) 1971年5月9日、ロンドン生まれ。 ()で工業デザインを学ぶ。 番組内ではメカニック担当であり、高度な技能や設備を必要とする作業以外はほぼ自らの手で修理する。 「最も速く走る家具」のギネス記録保持者(時速148kmで走行するソファ)でもある。 身長201cm(6ft 7in)の長身。 第13シーズンの出演を最後にこの番組を去ると発表した。 エドによれば、第13シーズンから実際の番組制作を担当することになったベロシティ・チャンネル(ディスカバリーチャンネル傘下)が「作業場のシーンを減らせ」等番組スタイルの変更を要求し、話し合ったものの合意に至らなかったため降板に至ったという。 () Ant Anstead (声:) 1979年3月28日、生まれ。 英国の放送局、の番組『』にも出演するメカニック、カーデザイナー、カービルダー。 第14シーズンから出演している。 ポール・ブラックリー Paul Brackley 不定期に出演するアシスタントであり、自走できない車両をトランスポーターで搬送する際の運転を担当したり、重量物やエド一人では行えない作業が発生したときに登場する。 本番組のテクニカルアドバイザーでもある。 フィル・モートン Phil Morton 不定期に出演するアシスタント。 ポールが出演しない回、かつエドが一人で行えない作業がある際にサポートする。 出演する回は少なく、車の運転などはせずエドのサポートのみを行う。 登場するとエンディングテロップでもテクニカルアドバイザーがポールではなくフィルが記載される。 まれに2人とも記載される場合が後述の2回以外にもある。 基本的にポールとフィルは上記の通り、どちらか一人しか出演しないが、二人が共演した回として、(KR200が積まれたバンの後方から車を降ろす役割)と(完成後のテストドライブのシーンで車内販売の店員に扮する)がある。 なお、第13シーズンのエド降板と同時に、理由は不明だがポールとフィルの出演もなくなった。 アントはアシスタントを置かずに一人で作業しているため、人手がいる際は必要に応じてマイクが手伝っている。 放送リスト [ ] 放送リストの詳細については「」を参照 スピンオフ作品 [ ] 名車再生!あの車は今 [ ]• 本国での番組タイトルは"Wheeler Dealers Revisited"であり、2010年に放送された。 日本での放送は2015年4月 - 5月。 エドとマイクがかつて手がけた車を振り返り、さらに現在の持ち主を訪ねていく。 取り上げられた車は放送順にジープ・CJ7、アルファロメオ・スパイダー、ポルシェ・911タルガ、BMW・635CSi、マツダ・MX-5の5台である。 名車再生! マイクのワールドツアー [ ]• 本国での番組タイトルは"Wheeler Dealers Trading Up"。 Wheeler Dealersの第10シリーズ以降の本編未放映時期に放送されている(第10シリーズは春期と秋期の間、第11シリーズは秋期終了後)。 マイクが世界各国をめぐり、中古車の購入と転売を繰り返すことで手持ちの現金を増やし、最終的に高額なスポーツカー を購入することを目指す。 エドは登場しない。 参照: 名車再生!ドリームカー大作戦 [ ]• 名車再生!クラシックカー・ディーラーズの番組で、マイクが顧客の車をレストアして転売し、その儲けでより高価な車を購入。 それを繰り返し、顧客の夢の車を手に入れるまでを追う。 日本時間2020年4月13日22:00に放送開始。 脚注 [ ] []• 1時間番組となった第7シーズンから第13シーズンまでを配信している。 前述の第7シーズンと第8シーズンは全ての回を配信、第9~13シーズンは総集編(ただし、第12シーズン後半の総集編「Best of UK」は配信)と特別回(エド大活躍トップ10)、そして一部の回を除き配信している。 また、AbemaTVのオリジナル企画(視聴回数の高かった回や、日本車を扱った回のみ選出した総集編など)も配信されている。 なお、エドが降板しアントに交代した第14シーズン以降については配信されていない(2019年現在)。 - BS11・2019年9月18日• 頻度は低いが、ヨーロッパ各国(フランス、イタリア、ドイツ、ポーランドなど)に買い付けに赴くこともある。 番組中でエドが使用しているオレンジ色のニトリル長手袋はこのショップのオリジナル商品である。 他にもゴーグルやTシャツ、マグカップなどが販売されている。 - Discovery Networks International• Season1ではポルシェ、Season2ではフェラーリ。 - Discovery UK• - 関連項目 [ ]• (英語)• (英語)• 外部リンク [ ]• - ディスカバリー・チャンネル (日本語)• - Discovery Channel (英語)• (英語)• mikebrewer -• (英語)• (英語)• antanstead -• (英語)• TheEddChina -.

次の

名車再生!クラシックカー・ディーラーズ

クラシック カー ディーラー ズ

名車再生! クラシックカーディーラーズ 原題:Wheeler とはで放映されている番組である。 概要 でのいいが、安いけれど問題有り有りなを安く買いたたき、でのエドが新同然に再生、高値で売り飛ばすという内容の番組である。 類似の番組は色々と放映されているが、2人ののせいか落ち着いている印がある。 で作られているようで価格がドで換算されている。 の際にはエドが番組のレポーターのように懇切丁寧に修復のコツを教えてくれるのが。 色々とタメになるところが多い番組ではあるが、番組同様に同然のを安く買いたたいて、新同様に修復して高値で売り飛ばすことが………できればって苦労はしない。 相場よりも破格なだけに修復にかかる費用も半端ではなく、時には修復代のほうが購入価格を上回ることもさることながら、エド並の修復をするにはちょっとした工場並の設備とエド並の知識が必要になるからである。 後はやっぱり番組だからだとか、だと色々とがあるからとか。 ただし、工場には頼らず自でやれるところは自でして工費を安くあげたい、を作るようにがな人には参考にはなると思われる。 番組なので演出は入っているが、エドの技術解説にがあるとは思えないからだ。 仮に間違っていたら、続出で大変なことになるから。 のが高値で売れるということは、その種に需要があるからであり、欲しい人がいなければどんな安値であっても売れない。 つまり、この番組に登場できるほどのを作ってこそ、として一流なのかも知れない。 色々な意味で。 ちなみにというけれど、これは邦題のせいであり、実際には で酷評された3や・といったもバンバン出てくる。 ちなみに原題のWheeler は「辣腕」や「やり手」と言う意味を持っている。 なお内ではではのや、などで視聴可。 放送ではので数年前の作品を視聴することができる。 登場人物 ・ワー(:田脩) の購入・売却およびの調達担当。 が良く理難題言って偉ぶる割りにはエドほどの活躍をしないように見えるかも知れないけれど、やコネを駆使してお値打ちの種を見つけ、状態の欠陥を見抜いて安く買い付ける腕は一流といってもよく、なんだかんだといって彼がいるからこそ、この番組が成り立っているとも言える。 を買い付ける際の状態を見極めるトや交渉術はエドの修復技術よりも参考になるかも知れない。 まあ、に見えてしまうのも仕方がないともいえるが。 かつてはの・について口は出すのに手は出さなかったが、近年はトのなど簡単な作業については自分専用の工具を持ち出して行うことがある。 本職も本を出せるほどのである。 ワー流購入術はである。 実物を実際に見て、試乗してから決めること。 の日はなるべく避ける の日では傷がだたないので• 視察する時には持参。 底の具合や漏れがあるかどうかを確認すること。 即一括だと、値引きが期待できる。 購入する時の一番のはシャとフが腐食していないこと。 エド・ : 番組が誇る優秀な。 なので年寄りに見えてしまうが、実は生と意外に若い。 がいない時にはのあるを吐くこともある。 に乗ると飛ばしたがるとは対照的に落ち着いたを好む傾向にある。 何処かのに通じるところがあるような……しかしはとかなりので、あのよりさらにデカい。 本業は用になを作る会社の代表で、最速の具でいくつかのを持っている。 その中でも走るソーについては「最速のソー」としてに載っており、頃にはのに走るソーとともに出演していた。 また、に登場する2人羽織2階建てを作ったのも彼である。 また自身のではいつも作業中に付けているエドの色のやのも行っている。 番組ではンテイターの他にアイト・も勤めている。 番組ではの理難題に理矢理付き合わされているように見えるが、流石にエドにもがなが持ってくることはあり得ないので、実は種選定にもの段階で口を出しているのだろう。 番組会社とのからに放送される13をもって番組をすることが発表されている。 エドの。 走れないを牽引したり、重量のある部品を支えたり運んだりするなど、1人では出来ない作業を手伝っている。 最後に購入と修復にかかった総額が出るのだが、エドの工賃はともかくの人件費が加算されないところを見ると、実は 何処の覆面みたいに 備品という扱いなのかも知れない。 でも、 喋る。 この他にもとなるの売りと買い、屋の人やエドでは出来ないを外注するの人も登場する。 特に工場のは準かも知れない。 意外と料に費用がかかる ド のは素人からすれば驚きである。 名車再生ツアー がを購入し、高値で売りさばきながら中を回って、最終的にはを手に入れるというの事。 短期間でを回るためエドの元に送ってするという訳にもいかなかった。 他人のを見せられるのもどうかと思うのだが。 この時、にも訪れており、ションでを手に入れては売り飛ばすということを繰り返している。 流石にの土の前にはも苦戦していた。 クラシックカーディーラーズに関するを紹介してください。 関連項目• エド・の• ・ワーの.

次の

名車再生!クラシックカー・ディーラーズのDVD

クラシック カー ディーラー ズ

ずいぶん久しぶりに「今日乗らないでいつ乗るんだよ」ってぐらいに晴れ渡った週末。 が、相変わらず熱があり、咳と鼻水も止まらない。 そんな状態で無理を押してオートバイに跨がっても、楽しくないばかりか、事故にも繋がりかねない。 「名車再生!クラシックカー・ディーラーズ」とは 「名車再生!クラシックカー・ディーラーズ(原題:)」は、で毎週月曜22時から放送されているカー・バラエティ番組である。 クラシックカーの「購入」から「レストア」、そして「販売」までをドキュメンタリー形式で見せる。 エド・チャイナ氏による「レストア」の工程を詳細に見せるのが、この番組の最大の特徴である。 テレビ・ショーにしては異例なほど詳しいので、クルマの仕組みや用語をある程度知っていないと楽しめない。 「名車再生!クラシックカー・ディーラーズ」の番組構成 番組の構成は毎回ほぼ決まっているが、車種はもちろんのこと、レストアの内容も毎回違っており、飽きさせない。 さらに、買付方法を変えたり、レストア後は個人への転売だけではなくメーカーに売却したりして、欧米のクルマ文化のさまざまを紹介してくれる。 クルマを買い付ける ディーラー役であるマイク・ブルーワー氏が、当エピソードで扱う車種を紹介しつつ、レストア対象とする個体を探す。 探し方はネット検索が多いが、後述の最新エピソードでは、という街でのクラシックカーの集会で個体を見つけ出した。 マイク氏が対象の個体をテストドライブしつつ、その問題点を挙げていく。 その問題点が、この番組の真骨頂である「レストア」のポイントとなる。 クルマをレストアする レストアこそが、この番組の真骨頂である。 レストアは、エンジンやトランスミッション、および周辺機器の分解に始まり、外装の板金、内装に至るまで、多岐に渡る。 レストアする場所はガレージ内に留まらず、民間の自動車関連工場/ショップに出向くこともある。 クルマをテストする テストドライブも、車種に合わせたさまざまな場所で行う。 オフロード車であれば山の中、バギーであればビーチ、スポーツカーであればレース場やメーカーのテストコースだったり。 ずいぶん無茶に見えるテストドライブをすることもあり、「売りモンなんじゃねえの?」と不安になることもある(まあ私が心配することじゃないんだけど)。 クルマを転売する 転売はシンプルに個人と交渉して販売することが多いが、 メーカーに展示用として販売したり、売れない場合はそのまま番組が終わることもある。 例えば「」の場合は、ただでさえ不人気車なのに、ラッピングでヘンテコな模様を描いたせいか売れず、チャリティーオークションに出品したそうだ。 まあ要するに「」である。 今回のエピソードは、その「DATSUN 240Z」に対して• エキゾーストマニホールドの交換• カムシャフトの修復• キャブレターの修復 を施すという、いつも以上にクルマの内部構造に重きを置いた内容であった。 画像出典: DATSUNとは 「DATSUN ダットサン 」とは、日産自動車の1ブランドである。 1981年に「NISSAN」ブランドに統一されるまでは、海外向けの乗用車に広く使用されていた。 この「DATSUN 240Z」全盛期の70年代は、「NISSAN」よりも知名度のあるブランドであったらしい。 トヨタ系のサイトなのに。 さすがトヨタ、懐が深い。 ブランド統一後、しばらく「DATSUN」ブランドは途絶えていたが、2012年に新興市場向けのブランドとして復活している。 ちなみに、その復活した「DATSUN」ブランドは、インドでもインドネシアでも苦戦しているらしい。 (つづく) ToshUeno.

次の