消費 税 軽減 税率 いつまで。 消費税の軽減税率はいつまで?対象品と対象外を確認!

消費税増税で軽減税率の対象はいつまで?経過措置やポイント還元の仕組みをわかりやすく!

消費 税 軽減 税率 いつまで

そして、今、消費税が引き上げられることが決まりましたね。 そして軽減税率が適用される物、されない物などが出てきたり、 私達の消費活動において、覚えておかないと困ることがいろいろと 出てまいりました。 ここでは、そんな消費税引き上げについてのアレコレをお話したいと 思います。 と思っていましたが、5年も経つと慣れるものですね。 そして、軽減税率が適用される物とされない物も国税庁は発表しています。 この「軽減税率」。 ということなんです。 でも、あ、そうですか。 とカンタンには行かないのがこういう税金問題。 そこで、もう少し詳しく軽減税率について見ていきましょう。 飲食品が該当になったのは、食べ物は、生活必需品、というか、 生きていくために必要なものなので、軽減税率の対象物となりました。 もうひとつは、定期購読の新聞代です。 新聞については、国民がニュースや知識を得るための コストや負担を減らすためとのことです。 新聞からは、生きるために必要な情報を入手したり、 知的好奇心を満たしたりと、消費行動で使うものとは違う、 という理由で、軽減税率の対象となったのです。 まずは、「お酒類」。 間違いやすいところでは、調味料の「みりん」」。 さらに、例えば、ハンバーガーとビールをお持ち帰りしたとします。 何だか、1回聞いただけでは分からず、混乱してしまいそうですよね。 う~ん、国民がニュースや知識を得るために買って読む、という理由では ネット購読も、新聞の定期購読も全く同じだと思うのですが、 どうしてここで線引きをしているのか、正直言ってよく分からないですね。 便利な消費税アプリがあるんです。 アプリはスマホにダウンロードするだけでカンタンに 使えます。 いろいろ種類があるのですが、ワタシがオススメしたいのは、 「消費税++」というアプリです。 もちろん、ふつうの電卓としても使えますし、何より無料のアプリです。 使わない手はないですよね! 消費税増税前に、ダウンロードすることをおすすめします。 消費税が上がるとややこしい?家計簿につける税金の計算方法とは? ところでアナタは家計簿をつけていますか? 家計簿をつけると、自分の家のお金の流れが分かり、 この前 おサイフに入れたばかりの1万円がいつの間にか なくなっていた。。 ということもなくなります。 何にいくら使ったかを把握するには、やはり家計簿はつけるのが一番ですね。 また、だんだんと複雑化してきているので、 家計簿アプリを利用するのも手ですよ。 例えば、 「マネーフォワードME」は複数の金融機関口座の残高や、 クレジットカード利用情報が自動的に記録されますし、 レシート読み取り機能などもついて便利です。 自分のお金は自分で守っていかないといけないので、 これも頭の片隅に入れておいてくださいね。 まとめ 消費税が8%なのは、2019年9月30日までです。 しかし、一部のものについては軽減税率が適用されます。 外食は飲食品に入らないとか、出前は飲食品に入るとか、 自分の頭の中で理解をして、快適な暮らしを続けていきましょうね。

次の

消費税の軽減税率はいつまで?対象品と対象外を確認!

消費 税 軽減 税率 いつまで

税金・相続 2020. ここで 食料品など一部の商品が、消費税8%に据え置かれることが話題になりました。 しかし、外食は10%に、テイクアウトなら8%など複雑でわかりずらいと思っている方も多いのではないでしょうか? 今回は軽減税率の対象になるもの、ならないものを細かくご紹介します。 また、消費税増税に対してキャッシュバックの制度もありますので、増税後にお得に買い物ができる方法も知っておきましょう。 キャッシュレスポイント還元には対象となるクレカ、電子マネー、QR決済などが決まっています。 宜しければ、以下の記事も合わせて参考してください。 2019年10月に消費税10%に!軽減税率とは?いつまで軽減税率は続く? 軽減税率とは? 関連記事 消費税の軽減税率制度とは、飲食料品や医薬品など一部の商品に対して、消費税増税後も8%の軽減税率を適用する というものです。 しかし、テイクアウトとイートインで税率が変わるなど軽減税率は消費者にとって分かりにくい部分が多いことが問題になっています。 今回軽減税率の対象となる場合、ならない場合を理解しておきましょう! 軽減税率がいつまで続くかは決まっていない 軽減税率が適用される期限は発表されていません。 ですので軽減税率が適用されるのは、2019年10月~未定となります。 食費の増減は家計に響くものですので、なるべく長く軽減税率が適用されるといいですね。 軽減税率では外食は対象外、自炊で節約を!またはテイクアウト・宅配もお得! 飲料食品 肉、野菜、魚、お菓子などの 食品、調味料は軽減税率の対象となり、 税率は8%です。 また、アルコールの含まれない飲み物も軽減税率の対象となります。 スーパーや八百屋、魚屋などの小売店で食品やを買う場合や自動販売機で飲み物を買う場合などが考えられます。 増税後は、自炊をして外食の回数を減らすと効果的に節約できそうです! テイクアウト カフェやレストランでごはんや飲み物を持ち帰る場合、軽減税率の対象となります。 しかし提供された場所で食べる場合、「外食」とみなされ、軽減税率は適用されません。 そしてその場で食べるかテイクアウトが選べる場合、注文したときの意思表示によって変わってきます。 例えば、「食べきれないから持ち帰ります」といっても、注文時にイートインを選んでいれば消費税は10%になってしまいます。 ショッピングセンターのフードコート、コンビニのイートインスペース、ホテルのルームサービスも「外食」に含まれます。 宅配サービス ピザや、お寿司、そばなど出前・宅配サービスは軽減税率の対象となります。 ウーバーイーツなどの宅配サービスも軽減税率に含まれます。 店で食べるのと宅配サービスを利用して家で食べるのとでは同じ商品でも税率は変わってくるということになります。 増税後は、軽減税率が適用される宅配サービスの需要がさらに高まるかもしれませんね。 補足:紙媒体の新聞 新聞も軽減税率の対象の1つです。 ただし、以下の条件を満たす必要があります。 <軽減税率の対象となる新聞の条件>• 定期購読契約が締結されていること• 週に2回以上発行されること• 政治や経済などの一般社会的事実を掲載されていること 注意しなければいけないのが、駅やコンビニで購入する場合は10%の消費税がかかることです。 また、 電子版の場合、軽減税率の対象にはなりません。 ファストフード店やレストラン、カフェで飲食をする場合が外食に該当します。 先ほど紹介した通り、軽減税率はテイクアウトするのかイートインで食べるのかによって変わってくるものです。 例えばファストフード店で注文時に「持ち帰ります」といった場合、税率は8%、「ここで食べます」といった場合、税率は10%となります。 しかし消費者側の混乱を避けるために、イートインとテイクアウトで価格を一定にするチェーン店もあるようです。 ですので10月1日から一律で増税されます。 小さな子供がいる家庭で大量に必要になってくるおむつや、介護の現場で使われる介護用おむつなどに適用されないことになります。 先ほど飲食料品は軽減税率の対象と紹介しましたが、酒類は例外です。 ただしアルコール度数の低いみりんなどの調味料、ノンアルコール飲料、甘酒などは酒類とみなされず、軽減税率のなります。 また、お酒を使ったお菓子も酒類には含まれません。 ペットを飼っている方にとっては毎日消費するものですので、増税後は家計の出費が増えてしまいますね。 ですので 薬局で販売される風邪薬や、痛み止めなどの薬に軽減税率は適用されません。 ただし「医薬品」や「医薬部外品」に該当しないものもありますよね。 例えば、医薬外部品に指定されていない栄養ドリンクや健康食品などが挙げられます。 これらは食料品とみなされ、軽減税率の対象となります。 キャッシュレスで消費者に5%or2%のポイント還元あり! キャッシュレス・消費者還元事業とは?いつからいつまで? このキャッシュバック制度は、キャッシュレスの買い物に対して一定割合を消費者に還元するものです。 還元期間は2019年10月から2020年6月の予定です。 キャッシュレス決済を進めたい国が消費税増税に伴い、決定した制度になります。 キャッシュバックの割合、対象店舗は? 還元率は、買い物をする店の区分によって定められています。 中小小売、飲食、宿泊 5%還元 コンビニ、外食、ガソリンスタンドなど 大手系列のチェーン店 2%還元 百貨店など大企業や病院、住宅など一部の除外業種 還元なし 中小の小売店に対しては5%の還元があり、増税の2%を考えても、3%分お得に買い物ができることになります。 ただし 換金性の高い商品券や切手、債権、株式は対象外になっています。 転売によってもうけを出すなどの方法が考えられるからです。 次に実際に対象となっている店舗を紹介します。 全国合計239,273店が加盟にしており、電気製品の販売店がかなり多いことが分かります。 対象となる決済手段は? や電子マネー、QRコード、モバイル決済決済方法で買い物をすることが条件になります。 登録事業者には、大手のクレジットカード会社やPayPay、LINEpayなど多くの企業が含まれます。 今まで買い物は現金でしていた方も、キャッシュレスに切り換えを検討しても良いかもしれません。 キャッシュレス・消費者還元事業について、詳しくは以下の記事を参考にしてください!.

次の

軽減税率はいつまで続く?期間や対象品目をわかりやすく解説!

消費 税 軽減 税率 いつまで

『消費税』とは、商品・製品の販売やサービスの提供などの取引に対して、 課される税金です。 消費税の税率アップは、 高齢化社会における社会保障の財源を確保するために、 現役で働く世代など、特定の人にだけ負担を集中させず、 高齢者も含めた国民全体で、 負担するのがふさわしいとの考えに基づいています。 注目されるのは、初めて導入される 『軽減税率制度』です。 つまり、2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。 しかし、食料品など一部の商品が、 軽減税率の対象品目となり、 消費税8%に据え置かれるこということです。 ただし、この軽減税率は、 2019年10月から2020年6月までの9か月間限定の措置なのです。 消費税増税での経過措置とは? 消費税増税での経過措置とはどういうものなのでしょうか? 封切りが楽しみな映画や、増税前に買った前売り券のような、 実際に使えるのは10月以降のチケットなどは、 そのまま増税分の料金を追加で負担しなくても使えるのでしょうか? そういったときに関わってくるのが 『経過措置』です。 消費税率の変更によって、 事業者や消費者の混乱を防ぐために設けられる措置です。 封切り前に買う映画の前売り券など、 実際に使うのが増税後になる場合、 そのまま使って映画を鑑賞することができます。 このように税法上の猶予期間を設定したのが『経過措置』なのです。 経過措置の対象は、 『10月以降は新税率』という原則を適用することが、 明らかに難しい取引のみとなっています。 今回は、大きく10種類の取引に対して経過措置が取られています。 このほかにも、 『リース譲渡に係る資産の譲渡などの時期の特例』を受ける場合は、 経過措置が設けられています。 消費税増税でのポイント還元の仕組みをわかりやすく! 近頃話題のキャッシュレスですが、 このキャッシュレスをうまく利用すれば、 増税の負担が軽くなるかもしれません。 2019年10月から2020年6月までの9か月間限定で、実施されるのが、 『キャッシュレス・消費者還元事業』です。 いわゆる 『ポイント還元制度』です。 対象となるキャッシュレス決済は、 制度に登録されたクレジットカード、デビットカード、交通系電子マネー、 スマートフォンの2次元コード読み取りなどです。 ポイントは、それぞれの規定に沿った換算方法で付与され、 そのカードが使えるお店やサービスで利用できます。 9か月間とはいえ、 上手に活用すれば、かなりの恩恵が期待できるようです。 つまり、増税分が相殺されることになります。 登録店舗には、 ポイント還元制度のロゴマークが入ったポスターなどが、 掲示されるということです。 商品の価格表示は、基本、総額表示です。 商品の値札やチラシに書かれている値段を見ると、 税額が書き添えられていたり『税別』や『税込み』と書かれていたり、 いろいろあってややこしいです。 本来、価格表示には、 本体価格に消費税分を足した 『総額表示』が義務付けられています。 それなのに『税別』や『税込み』といった表示が多いのは、 2013年施行の特別措置法で『誤認防止措置』を講じれば、 税抜き価格のみの表示を行うことが認められているからです。 これは、値札の張り替えなどの事務負担を配慮した措置だそうで、 この措置の期限は、2021年3月31日 水 までとなっています。 値札を見た時に、少しでも安い金額が書かれていると、 買ってしまうことも多いですよね。 あとがき 話題になっている軽減税率ですが、 たとえば、 ファーストフード店でハンバーガーを買って、 店内で食べようとします。 軽減税率が実施される期間は9ヶ月なのですから、 ちょっと慣れたころには終わってしまうことなんですね。 税金が高くなるのはちょっと困ります。 でも、その税金が、 子どもたちや高齢者のための福祉に使われるのなら、 仕方ありません。 それより、 この軽減税率の措置を施行するために使われるお金や時間、 そして労力、 これを福祉のために使うということはできないものでしょうか。 最近、様々なところで目にする機会が増えたスマホ決済ですが、どのようなもななもでしょうか?スマホ決済とは、スマートフォン一つでお金の支払いを行う事ができるサービスです。 これには2つの種類があり、一つは「非接触型決済 非接触IC決済 」と、もう一つは「QRコード バーコード 決済」の2つがあります。 ・「非接触型決済 非接触IC決済 」従来からある、Suica・Edy・QUICPayなどの、スマホに搭載されたNFC・FeliCa・Bluetoothなどを利用した決済方法で、クレジットカードや電子マネーなどの登録を行ったスマホを、専用端末にかざすことで決済を行うサービスです。 ・「QRコード バーコード 決済」最近話題となっているサービスで、スマホにQRコードやバーコードを表示させ、お店側に読み取ってもらうか、お店側が提示したQRコードやバーコードを、スマホで読み取って決済を行うサービスです。 それぞれのサービスについて、メリットとデメリット、お勧めするアプリ・お得なキャンペーン、スマホ決済にお勧めするクレジットカードにも目を向けて、深堀したいと思います。

次の