ゴールデン マハ シール。 これが黄金の魚マシール(マハシール)デカいね~!これがゴールデンマシールですがワイルドの稚魚がいますよ!

久々!これぞゴールデンマハシール

ゴールデン マハ シール

はじめに このファクトシートには、ゴールデンシールに関する基本的情報(一般名、科学的根拠、起こりうる副作用と注意事項、詳しい情報の入手先)が記載されています。 ゴールデンシールは米国の各地に自生する植物ですが、過剰伐採により絶滅危惧種になっています。 天然供給が減少したため、今では、米国全土、特にブルーリッジ山脈で、ゴールデンシールが商業栽培されています。 歴史的にはアメリカ原住民が、皮膚病、潰瘍、淋病などの様々な病気にゴールデンシールを使ってきました。 現在では民間療法または伝統療法で、風邪やその他の気道感染症、感染性の下痢、眼感染症、膣炎(膣の炎症や感染症)や、時にはがんなどに用いられています。 傷や口内炎、歯肉や口や喉の痛みを緩和させるためのマウスウォッシュに使われることもあります。 ゴールデンシールの地下茎や根は乾燥させて、お茶や流エキス剤、また錠剤やカプセルのための個体抽出物に使われます。 ゴールデンシールは、よくエキナセアと組み合わせて風邪用の製剤として使われます。 科学的根拠• ゴールデンシールの安全性や有効性に関して発表された研究はほとんどなく、いかなる健康上の問題に対してもゴールデンシールの使用を勧める科学的根拠はほとんどありません。 ゴールデンシールに含まれる化合物ベルベリンに関する臨床研究では、ベルベリンがある種の下痢を引き起こしたりする感染症や眼の感染症など、特定の感染症に有効な可能性を示唆しています。 しかし、ゴールデンシール製剤には、少量のベルベリンしか含まれていないので、ベルベリンの有効性に関する根拠をゴールデンシールにまで拡大するには無理があります。 NCCIHは、ゴールデンシールの抗菌機序やコレステロールを低下させる可能性についての研究を助成しています。 また臨床研究を推進するため、研究用のゴールデンシールの開発にも助成しています。 副作用と注意事項• ゴールデンシールを成人が短期間、推奨用量で摂取する限りは、安全であると考えられています。 副作用はまれですが、吐気や嘔吐などの可能性があります。 ゴールデンシールの長期にわたる高用量での使用に対する安全性については、情報がほとんどありません。 ゴールデンシールには、薬剤が体内で処理される過程に変化を引き起こし、多くの医薬品に影響を与える可能性があります。 中国黄蓮 Coptis trifolia やヒイラギナンテン Mahonia aquifolium など、ベルベリンを含有する他の薬草がゴールデンシールの代わりに使われることがあります。 これらの薬草は、ゴールデンシールとは違った薬効、副作用、薬物相互作用をもっている可能性があります。 妊娠している女性や授乳中の女性は、ゴールデンシールを使うべきではありません。 ゴールデンシールに含まれる化学物質のベルベリンは新生児の黄疸の原因になったり、またそれを悪化させることがあります。 また核黄疸という命にかかわる障害を引き起こす可能性もあります。 幼児や小児はゴールデンシールを摂取すべきではありません。 あなたが行っている補完療法をすべてのかかりつけの医療スタッフに伝えてください。 健康管理のためにあなたがどんなことをしているのか、すべて話しましょう。 それによって連携のとれた安全な治療が受けられるでしょう。 医療スタッフに補完療法について話す際のポイントについては、をご覧ください。 Goldenseal. Natural Medicines Comprehensive Database Web site. Accessed at www. naturaldatabase. com on July 21, 2009. Goldenseal Hydrastis canadensis L. , Berberine. Natural Standard Database Web site. Accessed at www. naturalstandard. com on July 14, 2009. McKenna DJ, Plotnikoff GA. Goldenseal Hydrastis canadensis. In: Coates P, Blackman M, Cragg G, et al. , eds. Encyclopedia of Dietary Supplements. New York, NY: Marcel Dekker; 2005:297—308. 出版物(例えば「サプリメント:知っておきたいこと」など)、さまざまなサプリメント成分や製品に関する個別のファクトシート(例えば「ビタミンD、マルチビタミン・ミネラルサプリメント」など)、および「PubMed Dietary Supplement Subset(PubMedで検索する際、サプリメントに関する論文を自動的に限定検索可能)」等を提供しています。 ウェブサイト: E-mail:.

次の

久々!これぞゴールデンマハシール

ゴールデン マハ シール

はじめに このファクトシートには、ゴールデンシールに関する基本的情報(一般名、科学的根拠、起こりうる副作用と注意事項、詳しい情報の入手先)が記載されています。 ゴールデンシールは米国の各地に自生する植物ですが、過剰伐採により絶滅危惧種になっています。 天然供給が減少したため、今では、米国全土、特にブルーリッジ山脈で、ゴールデンシールが商業栽培されています。 歴史的にはアメリカ原住民が、皮膚病、潰瘍、淋病などの様々な病気にゴールデンシールを使ってきました。 現在では民間療法または伝統療法で、風邪やその他の気道感染症、感染性の下痢、眼感染症、膣炎(膣の炎症や感染症)や、時にはがんなどに用いられています。 傷や口内炎、歯肉や口や喉の痛みを緩和させるためのマウスウォッシュに使われることもあります。 ゴールデンシールの地下茎や根は乾燥させて、お茶や流エキス剤、また錠剤やカプセルのための個体抽出物に使われます。 ゴールデンシールは、よくエキナセアと組み合わせて風邪用の製剤として使われます。 科学的根拠• ゴールデンシールの安全性や有効性に関して発表された研究はほとんどなく、いかなる健康上の問題に対してもゴールデンシールの使用を勧める科学的根拠はほとんどありません。 ゴールデンシールに含まれる化合物ベルベリンに関する臨床研究では、ベルベリンがある種の下痢を引き起こしたりする感染症や眼の感染症など、特定の感染症に有効な可能性を示唆しています。 しかし、ゴールデンシール製剤には、少量のベルベリンしか含まれていないので、ベルベリンの有効性に関する根拠をゴールデンシールにまで拡大するには無理があります。 NCCIHは、ゴールデンシールの抗菌機序やコレステロールを低下させる可能性についての研究を助成しています。 また臨床研究を推進するため、研究用のゴールデンシールの開発にも助成しています。 副作用と注意事項• ゴールデンシールを成人が短期間、推奨用量で摂取する限りは、安全であると考えられています。 副作用はまれですが、吐気や嘔吐などの可能性があります。 ゴールデンシールの長期にわたる高用量での使用に対する安全性については、情報がほとんどありません。 ゴールデンシールには、薬剤が体内で処理される過程に変化を引き起こし、多くの医薬品に影響を与える可能性があります。 中国黄蓮 Coptis trifolia やヒイラギナンテン Mahonia aquifolium など、ベルベリンを含有する他の薬草がゴールデンシールの代わりに使われることがあります。 これらの薬草は、ゴールデンシールとは違った薬効、副作用、薬物相互作用をもっている可能性があります。 妊娠している女性や授乳中の女性は、ゴールデンシールを使うべきではありません。 ゴールデンシールに含まれる化学物質のベルベリンは新生児の黄疸の原因になったり、またそれを悪化させることがあります。 また核黄疸という命にかかわる障害を引き起こす可能性もあります。 幼児や小児はゴールデンシールを摂取すべきではありません。 あなたが行っている補完療法をすべてのかかりつけの医療スタッフに伝えてください。 健康管理のためにあなたがどんなことをしているのか、すべて話しましょう。 それによって連携のとれた安全な治療が受けられるでしょう。 医療スタッフに補完療法について話す際のポイントについては、をご覧ください。 Goldenseal. Natural Medicines Comprehensive Database Web site. Accessed at www. naturaldatabase. com on July 21, 2009. Goldenseal Hydrastis canadensis L. , Berberine. Natural Standard Database Web site. Accessed at www. naturalstandard. com on July 14, 2009. McKenna DJ, Plotnikoff GA. Goldenseal Hydrastis canadensis. In: Coates P, Blackman M, Cragg G, et al. , eds. Encyclopedia of Dietary Supplements. New York, NY: Marcel Dekker; 2005:297—308. 出版物(例えば「サプリメント:知っておきたいこと」など)、さまざまなサプリメント成分や製品に関する個別のファクトシート(例えば「ビタミンD、マルチビタミン・ミネラルサプリメント」など)、および「PubMed Dietary Supplement Subset(PubMedで検索する際、サプリメントに関する論文を自動的に限定検索可能)」等を提供しています。 ウェブサイト: E-mail:.

次の

辺見哲也さんと行く ゴールデンマハシール秘境釣行 |XstreamTours

ゴールデン マハ シール

はじめに このファクトシートには、ゴールデンシールに関する基本的情報(一般名、科学的根拠、起こりうる副作用と注意事項、詳しい情報の入手先)が記載されています。 ゴールデンシールは米国の各地に自生する植物ですが、過剰伐採により絶滅危惧種になっています。 天然供給が減少したため、今では、米国全土、特にブルーリッジ山脈で、ゴールデンシールが商業栽培されています。 歴史的にはアメリカ原住民が、皮膚病、潰瘍、淋病などの様々な病気にゴールデンシールを使ってきました。 現在では民間療法または伝統療法で、風邪やその他の気道感染症、感染性の下痢、眼感染症、膣炎(膣の炎症や感染症)や、時にはがんなどに用いられています。 傷や口内炎、歯肉や口や喉の痛みを緩和させるためのマウスウォッシュに使われることもあります。 ゴールデンシールの地下茎や根は乾燥させて、お茶や流エキス剤、また錠剤やカプセルのための個体抽出物に使われます。 ゴールデンシールは、よくエキナセアと組み合わせて風邪用の製剤として使われます。 科学的根拠• ゴールデンシールの安全性や有効性に関して発表された研究はほとんどなく、いかなる健康上の問題に対してもゴールデンシールの使用を勧める科学的根拠はほとんどありません。 ゴールデンシールに含まれる化合物ベルベリンに関する臨床研究では、ベルベリンがある種の下痢を引き起こしたりする感染症や眼の感染症など、特定の感染症に有効な可能性を示唆しています。 しかし、ゴールデンシール製剤には、少量のベルベリンしか含まれていないので、ベルベリンの有効性に関する根拠をゴールデンシールにまで拡大するには無理があります。 NCCIHは、ゴールデンシールの抗菌機序やコレステロールを低下させる可能性についての研究を助成しています。 また臨床研究を推進するため、研究用のゴールデンシールの開発にも助成しています。 副作用と注意事項• ゴールデンシールを成人が短期間、推奨用量で摂取する限りは、安全であると考えられています。 副作用はまれですが、吐気や嘔吐などの可能性があります。 ゴールデンシールの長期にわたる高用量での使用に対する安全性については、情報がほとんどありません。 ゴールデンシールには、薬剤が体内で処理される過程に変化を引き起こし、多くの医薬品に影響を与える可能性があります。 中国黄蓮 Coptis trifolia やヒイラギナンテン Mahonia aquifolium など、ベルベリンを含有する他の薬草がゴールデンシールの代わりに使われることがあります。 これらの薬草は、ゴールデンシールとは違った薬効、副作用、薬物相互作用をもっている可能性があります。 妊娠している女性や授乳中の女性は、ゴールデンシールを使うべきではありません。 ゴールデンシールに含まれる化学物質のベルベリンは新生児の黄疸の原因になったり、またそれを悪化させることがあります。 また核黄疸という命にかかわる障害を引き起こす可能性もあります。 幼児や小児はゴールデンシールを摂取すべきではありません。 あなたが行っている補完療法をすべてのかかりつけの医療スタッフに伝えてください。 健康管理のためにあなたがどんなことをしているのか、すべて話しましょう。 それによって連携のとれた安全な治療が受けられるでしょう。 医療スタッフに補完療法について話す際のポイントについては、をご覧ください。 Goldenseal. Natural Medicines Comprehensive Database Web site. Accessed at www. naturaldatabase. com on July 21, 2009. Goldenseal Hydrastis canadensis L. , Berberine. Natural Standard Database Web site. Accessed at www. naturalstandard. com on July 14, 2009. McKenna DJ, Plotnikoff GA. Goldenseal Hydrastis canadensis. In: Coates P, Blackman M, Cragg G, et al. , eds. Encyclopedia of Dietary Supplements. New York, NY: Marcel Dekker; 2005:297—308. 出版物(例えば「サプリメント:知っておきたいこと」など)、さまざまなサプリメント成分や製品に関する個別のファクトシート(例えば「ビタミンD、マルチビタミン・ミネラルサプリメント」など)、および「PubMed Dietary Supplement Subset(PubMedで検索する際、サプリメントに関する論文を自動的に限定検索可能)」等を提供しています。 ウェブサイト: E-mail:.

次の