ほら ここ で 君 が 笑う シーン が 見どころ なん だから さ。 ヒゲダン「115万キロのフィルム」115万キロって何?至極のラブソングに迫る!

ヒゲダン「115万キロのフィルム」115万キロって何?至極のラブソングに迫る!

ほら ここ で 君 が 笑う シーン が 見どころ なん だから さ

忘れたくない「思い出」ありますか? みなさんには、忘れられない思い出や、忘れたくない思い出はありますか? 例えば、何かを卒業したときや新たな門出に立ったときなどの人生の節目のシーン。 旅行先で見た素晴らしい景色や風景。 はたまたもっと何気ない日常の光景。 こうして考えてみると、みなさん何かしら忘れたくない思い出がありそうですね。 その瞬間を迎えたとき、「絶対忘れない」なんて強く思ったのではないでしょうか。 でも、そんな風にうまく行かないのが現実。 忙しい毎日や膨大な仕事に追われているうちに、忘れてしまうこともありますよね。 もちろん、誰が悪いわけでもありません。 それに、思い出そうとして思い出すから「思い出」と呼ばれるわけです。 大切なのは、「忘れたくない」と思う気持ち これがあるからこそ、思い出が作られるのです。 そんな「忘れたくない」と思う気持ちを込めた素敵な楽曲をご紹介します。 大人気の4人組バンド「ヒゲダン」こと、Official髭男dism。 2019年にはテレビ朝日系の番組「熱闘甲子園」に楽曲を書き下ろすなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍するバンドです。 ウェディングソングとしても注目を集める そんなヒゲダンの楽曲の中でも、最近ウェディングソングとして注目を集めているのが今回ご紹介する『115万キロのフィルム』。 一体どんな歌詞なのか気になりますよね。 早速チェックしていきましょう。 映画=「思い出」 まずは冒頭の部分にご注目ください。 この曲でいう「映画」というのは、「思い出・記憶」のこと。 だから、カメラはiPhoneでもビデオカメラでもなく、自分の目。 大好きな「君」を主役にして、「思い出」という名の映画(記憶)を作る。 出だしからいきなり素敵です。 そして楽曲は、ここまでの「思い出」を披露する展開へと進みます。 最初は喧嘩した話で始まりますが、サビでは笑顔の思い出が語られています。 笑顔が「見どころ」というとても素敵な表現が、この楽曲ならではのポイントです。 そして、サビは下記のように続きます。 楽しいとついついスマホで写真を撮りたくなってしまいますが、それよりも記憶にしっかりと残した方が、後々いい思い出として活力を与えてくれるのかもしれません。 未来を見据えて… 1番ではこれまでのダイジェストを紹介していましたが、2番では現在から未来について語られています。 しかし、何気ない毎日って忘れてしまいがちですよね。 でも、そんな日も愛しくて尊い日々として記憶に残そうというところが素敵です。 こんな恋人がいたら、毎日毎日充実しそうですね。 そして2番のサビへと続きます。 だからウェディングソングとして人気なのかもしれません。 そのあとの「エンドロールなんて作りたくもない」という歌詞から、二人での思い出を終わらせることなく続けたいという気持ちが伝わってきて素敵です。 「115キロ」が示すモノ Cメロからラストにかけた部分では、この楽曲の鍵が歌われています。 それが、下記の部分です。 115万キロというのは、「君」との思い出を記録する一生分の長さなのです。 実は、映画の撮影などに使われるフィルムは1秒記録するのに約457mmが必要と言われています。 これが115万km、計算するとざっと80年分。 80年というと、だいたい人の寿命くらいの長さですよね。 つまりこの楽曲のタイトルは、「一生分のフィルム」ということ。 君との思い出を逃さないよう、一瞬一瞬を一生分記録するということなのです。 ため息が出るほど素敵な比喩ですよね。 また、これは最後のサビでも裏付けれられています。 そんな強く温かい思いが滲む素晴らしいラブソングですね。 ぜひプロポーズや結婚式に! 以上、Official髭男dismの楽曲『115万キロのフィルム』をご紹介いたしました。 この内容を見れば、ウェディングソングとして人気が出る理由もお分りいただけますよね! ストレートな歌詞ですが、ベースが比喩だから重たい感じもせず、むしろより一層素敵に聞こえます。 結婚式はもちろん、プロポーズにもいいかもしれませんね。 ビッグイベントを控えてる方、ぜひ参考にしてみてください! また、そうでない方も、いつか来る日に備えて聞き込んでみてくださいね。 TEXTゆとりーな.

次の

りぁんの日記

ほら ここ で 君 が 笑う シーン が 見どころ なん だから さ

楽曲名「115万キロのフィルム」とは 本楽曲の 「フィルム」は 「写真フィルム」 のことを意味しています。 撮影すればするほど、 フィルムは長くなっていきます。 ここがタイトル解釈のポイントで 「115万キロという長さのフィルム」 を作る為には 「80年間」 撮影を続ける必要があります。 つまり• 生涯をかけて撮影を続ける• 一生、君のそばにいる といった主人公の 「想い」や 「誓い」の全てが凝縮されているのです。 「115万キロのフィルム」 どれだけ素敵なタイトルなんだ、、、 また、本楽曲が素敵なのは タイトルだけではありません! 男目線で紡がれていく丁寧な歌詞も、本楽曲の魅力を引き出すうえで、絶対に欠かせない要素の一つです。 では、本題の歌詞に迫っていきましょう。 歌詞 これから歌う曲の内容は 僕の頭の中のこと 主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る 映画の話さ Ah くだらないなと笑ったんなら 掴みはそれで万事OK! 呆れていないでちょっと待って きっと気に入ってもらえると思うな ここまでのダイジェストを 少しだけ見せるよ 初めて喧嘩した夜の涙 個人的に胸が痛むけれど そのまま見続けよう ごめんねと言って 仲直りして手を握って… ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう とりあえず今の所は きっと10年後くらいには キャストが増えたりもするんだろう 今でも余裕なんてないのに こんな安月給じゃもうキャパオーバー! きっと情けないところも 山ほど見せるだろう 苗字がひとつになった日も 何ひとつ代わり映えのない日も 愛しい日々尊い日々 逃さないように忘れないように 焼き付けていくよ 今、目を細めて恥じらいあって 永遠を願った僕たちを すれ違いや憂鬱な展開が 引き裂こうとしたその時には 僕がうるさいくらいの声量で この歌何度も歌うよ だからどうかそばにいて エンドロールなんてもん 作りたくもないから クランクアップがいつなのか 僕らには決められない だから風に吹かれていこう フィルムは用意したよ 一生分の長さを ざっと115万キロ ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう さあ、これから生まれる名場面を 探しにいこうよ 酸いも甘いも寄り添って 一緒に味わおう フィルムがなくなるまで 撮影を続けようこの命ある限り スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 これから歌う曲の内容は 僕の頭の中のこと 主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る 映画の話さ Ah 歌声を強調させる歌い出しで これから歌う曲の内容は… と、語りかけられることで、本楽曲の歌詞が• 主人公から君へ語りかけるように綴られていくこと• 物語風に展開されていくこと を把握することが出来る。 リスナーもついつい歌詞に注目してしまうテクニックを用いているのです。 そして主人公は二人を 「カメラマン」と 「主演」 に対比させています。 自分がわき役に回ることで、 君を引き立てようとする主人公。 どのような物語が展開されていくのでしょうか。 くだらないなと笑ったんなら 掴みはそれで万事OK! 呆れていないでちょっと待って きっと気に入ってもらえると思うな ここまでのダイジェストを 少しだけ見せるよ 掴みはそれで万事OK! とユーモアを漂わせる気さくな主人公は 目の奥にあるフィルム 想い出 を君に語りかけていきます。 初めて喧嘩した夜の涙 個人的に胸が痛むけれど そのまま見続けよう ごめんねと言って 仲直りして手を握って… まずは、初めて喧嘩した日のこと。 「え?いきなり喧嘩の想い出?」 と、なっちゃうかも知れませんが 喧嘩した日々も、 今の二人を作り上げた大切な構成要素 なのです。 また喧嘩をすることで、今まで我慢していた本音をぶつけ合うことができ、より一層お互いを知ることができます。 だから 「個人的に胸が痛むけれど」 と、傷心を承知で向き合おうとしている。 サビ1 ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう とりあえず今の所は ついにきた主人公お気に入りのシーン! どこのシーンで君が笑うかを把握している様子からは、何度もその映像を見た 回想した という、健気さが伝わる。 主人公にとっては君の笑顔が全て であり、それさえあれば、今後どんな問題が起きても乗り越えていけると確信しているのです。 スポンサーリンク 2番 きっと10年後くらいには キャストが増えたりもするんだろう 今でも余裕なんてないのに こんな安月給じゃもうキャパオーバー! きっと情けないところも 山ほど見せるだろう 1番は 「君との想い出の回想」 が、題材とされていましたが 2番以降は 「君との未来の展望」 が、描かれていきます。 キャストとは、子供の対比。 10年後に築き上げているはずの家庭を夢に見ては、現実の問題までリアルに考えて キャパオーバー! と叫びを上げる。 それだけ真剣に君との未来を描いている。 苗字がひとつになった日も 何ひとつ代わり映えのない日も 愛しい日々尊い日々 逃さないように忘れないように 焼き付けていくよ 入籍して苗字が変わる そんな特別な日も、ありきたりな日常も 全てを脳裏に焼き付けていく。 長い時間の幸せを築くには、特別な日のお祝いもそうですが、実はありきたりな日常の充実の方が大切なのです。 サビ2 今、目を細めて恥じらいあって 永遠を願った僕たちを すれ違いや憂鬱な展開が 引き裂こうとしたその時には 僕がうるさいくらいの声量で この歌何度も歌うよ だからどうかそばにいて エンドロールなんてもん 作りたくもないから 描かれるは結婚式の情景。 家庭の夢を語り合って• 入籍したときを夢見て• 結婚式の情景を歌う なんときらめかしい2番だったのでしょうか。 光に満ち溢れた歌詞は、今後の二人を照らすようです。 3番 クランクアップがいつなのか 僕らには決められない だから風に吹かれていこう フィルムは用意したよ 一生分の長さを ざっと115万キロ クランクアップとは、撮影が終了すること。 ここでは、人生の終了を意味する。 そしてタイトル 「115万キロ」が登場。 タイトル解釈でも解説したように 「一生を誓う意味」が込められています。 藤原さん曰く それくらいあれば二人のこれからの人生を収めることができるよね。 というメッセージも込められているとのこと。 改めて素敵すぎる、、、 ラストサビ さあ、これから生まれる名場面を 探しにいこうよ 酸いも甘いも寄り添って 一緒に味わおう フィルムがなくなるまで 撮影を続けようこの命ある限り 最後は、まだ見ぬ未来をワクワクさせるような言い回しで締められる。 主人公と君が作り上げる映画。 それがいつ終わるのか、なんて誰にも分かりません。 だからこそ、命ある限り紡いでいくのです。 感想 アルバム 「エスカパレード」の1曲目に収録された 「115万キロのフィルム」 こんな大作を1曲目に、、、 心奪われるは必至ですね。 男目線で描かれる歌詞に• 男性は「共感」• 女性は「愛情」 を覚えたと思います。 こんな一生ものの愛を歌われたら、女性はたまらないはず。 最強の結婚式ソング と言っても過言ではないですね。

次の

ヒゲダン「115万キロのフィルム」115万キロって何?至極のラブソングに迫る!

ほら ここ で 君 が 笑う シーン が 見どころ なん だから さ

楽曲名「115万キロのフィルム」とは 本楽曲の 「フィルム」は 「写真フィルム」 のことを意味しています。 撮影すればするほど、 フィルムは長くなっていきます。 ここがタイトル解釈のポイントで 「115万キロという長さのフィルム」 を作る為には 「80年間」 撮影を続ける必要があります。 つまり• 生涯をかけて撮影を続ける• 一生、君のそばにいる といった主人公の 「想い」や 「誓い」の全てが凝縮されているのです。 「115万キロのフィルム」 どれだけ素敵なタイトルなんだ、、、 また、本楽曲が素敵なのは タイトルだけではありません! 男目線で紡がれていく丁寧な歌詞も、本楽曲の魅力を引き出すうえで、絶対に欠かせない要素の一つです。 では、本題の歌詞に迫っていきましょう。 歌詞 これから歌う曲の内容は 僕の頭の中のこと 主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る 映画の話さ Ah くだらないなと笑ったんなら 掴みはそれで万事OK! 呆れていないでちょっと待って きっと気に入ってもらえると思うな ここまでのダイジェストを 少しだけ見せるよ 初めて喧嘩した夜の涙 個人的に胸が痛むけれど そのまま見続けよう ごめんねと言って 仲直りして手を握って… ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう とりあえず今の所は きっと10年後くらいには キャストが増えたりもするんだろう 今でも余裕なんてないのに こんな安月給じゃもうキャパオーバー! きっと情けないところも 山ほど見せるだろう 苗字がひとつになった日も 何ひとつ代わり映えのない日も 愛しい日々尊い日々 逃さないように忘れないように 焼き付けていくよ 今、目を細めて恥じらいあって 永遠を願った僕たちを すれ違いや憂鬱な展開が 引き裂こうとしたその時には 僕がうるさいくらいの声量で この歌何度も歌うよ だからどうかそばにいて エンドロールなんてもん 作りたくもないから クランクアップがいつなのか 僕らには決められない だから風に吹かれていこう フィルムは用意したよ 一生分の長さを ざっと115万キロ ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう さあ、これから生まれる名場面を 探しにいこうよ 酸いも甘いも寄り添って 一緒に味わおう フィルムがなくなるまで 撮影を続けようこの命ある限り スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 これから歌う曲の内容は 僕の頭の中のこと 主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る 映画の話さ Ah 歌声を強調させる歌い出しで これから歌う曲の内容は… と、語りかけられることで、本楽曲の歌詞が• 主人公から君へ語りかけるように綴られていくこと• 物語風に展開されていくこと を把握することが出来る。 リスナーもついつい歌詞に注目してしまうテクニックを用いているのです。 そして主人公は二人を 「カメラマン」と 「主演」 に対比させています。 自分がわき役に回ることで、 君を引き立てようとする主人公。 どのような物語が展開されていくのでしょうか。 くだらないなと笑ったんなら 掴みはそれで万事OK! 呆れていないでちょっと待って きっと気に入ってもらえると思うな ここまでのダイジェストを 少しだけ見せるよ 掴みはそれで万事OK! とユーモアを漂わせる気さくな主人公は 目の奥にあるフィルム 想い出 を君に語りかけていきます。 初めて喧嘩した夜の涙 個人的に胸が痛むけれど そのまま見続けよう ごめんねと言って 仲直りして手を握って… まずは、初めて喧嘩した日のこと。 「え?いきなり喧嘩の想い出?」 と、なっちゃうかも知れませんが 喧嘩した日々も、 今の二人を作り上げた大切な構成要素 なのです。 また喧嘩をすることで、今まで我慢していた本音をぶつけ合うことができ、より一層お互いを知ることができます。 だから 「個人的に胸が痛むけれど」 と、傷心を承知で向き合おうとしている。 サビ1 ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう とりあえず今の所は ついにきた主人公お気に入りのシーン! どこのシーンで君が笑うかを把握している様子からは、何度もその映像を見た 回想した という、健気さが伝わる。 主人公にとっては君の笑顔が全て であり、それさえあれば、今後どんな問題が起きても乗り越えていけると確信しているのです。 スポンサーリンク 2番 きっと10年後くらいには キャストが増えたりもするんだろう 今でも余裕なんてないのに こんな安月給じゃもうキャパオーバー! きっと情けないところも 山ほど見せるだろう 1番は 「君との想い出の回想」 が、題材とされていましたが 2番以降は 「君との未来の展望」 が、描かれていきます。 キャストとは、子供の対比。 10年後に築き上げているはずの家庭を夢に見ては、現実の問題までリアルに考えて キャパオーバー! と叫びを上げる。 それだけ真剣に君との未来を描いている。 苗字がひとつになった日も 何ひとつ代わり映えのない日も 愛しい日々尊い日々 逃さないように忘れないように 焼き付けていくよ 入籍して苗字が変わる そんな特別な日も、ありきたりな日常も 全てを脳裏に焼き付けていく。 長い時間の幸せを築くには、特別な日のお祝いもそうですが、実はありきたりな日常の充実の方が大切なのです。 サビ2 今、目を細めて恥じらいあって 永遠を願った僕たちを すれ違いや憂鬱な展開が 引き裂こうとしたその時には 僕がうるさいくらいの声量で この歌何度も歌うよ だからどうかそばにいて エンドロールなんてもん 作りたくもないから 描かれるは結婚式の情景。 家庭の夢を語り合って• 入籍したときを夢見て• 結婚式の情景を歌う なんときらめかしい2番だったのでしょうか。 光に満ち溢れた歌詞は、今後の二人を照らすようです。 3番 クランクアップがいつなのか 僕らには決められない だから風に吹かれていこう フィルムは用意したよ 一生分の長さを ざっと115万キロ クランクアップとは、撮影が終了すること。 ここでは、人生の終了を意味する。 そしてタイトル 「115万キロ」が登場。 タイトル解釈でも解説したように 「一生を誓う意味」が込められています。 藤原さん曰く それくらいあれば二人のこれからの人生を収めることができるよね。 というメッセージも込められているとのこと。 改めて素敵すぎる、、、 ラストサビ さあ、これから生まれる名場面を 探しにいこうよ 酸いも甘いも寄り添って 一緒に味わおう フィルムがなくなるまで 撮影を続けようこの命ある限り 最後は、まだ見ぬ未来をワクワクさせるような言い回しで締められる。 主人公と君が作り上げる映画。 それがいつ終わるのか、なんて誰にも分かりません。 だからこそ、命ある限り紡いでいくのです。 感想 アルバム 「エスカパレード」の1曲目に収録された 「115万キロのフィルム」 こんな大作を1曲目に、、、 心奪われるは必至ですね。 男目線で描かれる歌詞に• 男性は「共感」• 女性は「愛情」 を覚えたと思います。 こんな一生ものの愛を歌われたら、女性はたまらないはず。 最強の結婚式ソング と言っても過言ではないですね。

次の