ウォン 信用。 3866兆ウォンの家計・企業負債、このままで大丈夫なのか=韓国|韓国経済.com

韓国へ日本の金融機関から信用状の停止をしろ!という勇ましい意見を見る...

ウォン 信用

金融制裁発動なら為替で韓国ウォン暴落か 昨年の徴用工裁判や自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件など韓国の暴走に対して制裁を科すべきだという声は昨年から上がっていました。 日本政府の持つ韓国への制裁カードの中に金融制裁があります。 金融制裁とは簡単に言えば、指定した相手が 金融機関の口座からお金の引き出しや送金が出来なくなることです。 つまり、韓国企業の資金調達に影響が出ます。 現実に日本の銀行が韓国から資金を回収が加速していると報じられています。 金融制裁へ向けた準備は進んでいると考えられるでしょう。 7月4日に始まった半導体材料の輸出厳格化によって韓国経済は混乱状態に陥っている状況です。 それを証明するかのように為替市場ではウォン売りが強くなっており今日の終値は先週末よりもウォン売りとなりました。 8月にはホワイト国除外が本格運用になる予定なので半導体材料3品目以外にも輸出厳格化に伴い審査を要する可能性も出ています。 他の国からすれば日本が指定するホワイト国から韓国が除外するということはそれだけ韓国の信用が無いと理解するでしょう。 他国の金融機関も韓国から資金を回収するきっかけになる可能性も十分に考えられるでしょう。 韓国政府は日本以外から借りれると考えているようですが、8月になりホワイト国除外となるとそんな余裕はないと思います。 2008年の金融危機の時と違い韓国経済は安定していると韓国の金融委員長は発言していますが、それなら 韓国政府のトップ層と財閥企業のトップが緊急で会談をする理由は何なのでしょうかね? 半導体材料の輸出厳格化でこれだけ慌てているのに説得力がありません。 信用状停止で韓国は通貨危機? 韓国が一番恐れている金融制裁は 信用状の停止です。 韓国の銀行は国際的な信用が低いために日本の銀行が保証して支えていると言っても過言ではありません。 信用状を失うことは韓国の貿易自体が成り立たなくなる可能性があるのです。 発動すれば韓国経済を奈落の底へ叩き落すような制裁です。 韓国株価も下落しており、財閥企業の銘柄も軒並み下落するなど韓国経済の先行きに対して不安を持つ投資家が多いことも事実です。 為替だけでなく株価も下落している状況なので安定しているとは言い難いです。 為替でもウォン売りが続き、株価も下落が継続するとなると韓国から資本逃避が本格化します。 これまではスワップ協定があり、金融危機の時に助け合うことが出来ました。 しかし、2019年現在は日本もアメリカも韓国とスワップ協定は結んでいないので通貨やドルの供給を韓国は受けることが出来ないでしょう。 韓国は自力で対応しないといけない可能性が高い状態なのです。 韓国の5月の外貨準備高は4019億ドルとなっていますが、 1997年のアジア通貨危機の際は外貨準備高の数字は現実と違いました。 結果、韓国は自力で対処できずIMFの管理下に置かれることになったのです。 通貨危機というワードが出るのは金融制裁が発動し、為替市場でウォンが暴落した際に韓国が持つ外貨準備金だけでは止められないと考えている人が少なくないからでしょう。 信用状が停止となった時に通貨危機へ一気に傾くと予想している人も多いと思います。 最後に 半導体材料の輸出厳格化に対してWTOへの提訴や対抗処置の実施と韓国政府は発表していますが果たして本当にできるのでしょうか? 半導体材料の輸出厳格化の原因が韓国にあることを受け止めない以上は関係改善は無理でしょうし更なる悪化を招くだけです。 ホワイト国除外に伴う輸出管理の厳格化であることに韓国政府は気が付いてないのでしょうか?.

次の

【外国人の韓国売り】で「ウォン安」が進む!593億ドル規模の外為市場は「通貨危機」以来

ウォン 信用

南鮮は製造業の国なので、ウォン安である方が輸出は有利になる。 さて通常、輸出好調であれば外貨が国内に貫流するため、それを売れば自国通貨高になる。 しかし朝鮮では輸出が好調であるにもかかわらず、自国通貨安が続いていた。 この理由は通常の経済では説明できない。 朝鮮経済は、政府補助金でダンピング輸出しているとしか説明がつかないのである。 政府や中央銀行は債券で市場からウォンを集めて為替介入に使用し、介入で得た米ドルを米国債で運用している。 今後もウォン安を維持するには、国債などの発行額を増やすか、さもなくば政府予算を減らすしかないという状況に陥っていた。 日本の民主党政権時代は、民主党が全力でウォン安を支え、日本の製造業を次々と潰した。 しかしそのような売国政権も崩壊、再び政権は日本人の手に戻った。 そうなると当然、ウォンには逆風が吹き始め、安倍晋三内閣・第二次がほぼ確定した時点でまだ組閣される前から急速な円安ウォン高が進みはじめた。 民主党崩壊とともに、日本国内は景気の回復傾向が見られ始め、同時期、南鮮国内は崩壊へのカウントダウンが始まった。 チャートを見れば、一時的に1041ウォン程度にまで値上がりしていたようである。 この調子だと、年内に1ドル3桁ウォンまで値上がりするか、またはウォンが紙くずとなり0の数が10ないし20個程度にまで値下がりするのではないかと見込まれる。 ネットでは、ウォンの通貨保証を日本がしており、保証を取り消せば南鮮の経済は崩壊する、などといった話が流布されているが、しかしこれは 真っ赤な嘘である。 南鮮ウォンと日本円の関係で実際に存在したのは「」だったが、既に終了している。 これは、外貨が不足した際にお互いに融通し合うという取り決めである。 もっとも、日本円は準基軸通貨であり、日本で外貨が不足したので南鮮に供給を依頼するなどということは間違ってもあり得ないので、実際には日本が南鮮に低利で資金供給する取り決めということになる。 通貨スワップ協定終了後、ウォンは人民元との直接取引によって、人民元を後ろ盾とする方針に変更されている。 日鮮間のスワップ協定は、日本銀行と韓国銀行のいわゆる「日韓通貨スワップ協定」と、チェンマイ・イニシアティブにおける財務省外為特会と韓国銀行間のもの二種類の、計3種類が存在した。 日銀・韓銀• 2005 平成17 年: 締結• 2008 平成20 年12月: 200億ドル相当に増額 リーマンショック対応 麻生政権• 2010 平成22 年4月末: 増額措置終了、30億ドル• 2010 平成22 年6月: スワップ協定3年間延長決定、2013 平成25 年7月まで 菅政権• 2011 平成23 年10月: 300億ドル相当に増額 欧州金融危機対応 、2012 平成24 年10月まで 野田政権• 2012 平成24 年10月末: 増額措置終了、30億ドル• 2013 平成25 年: 満期終了• チェンマイ・イニシアティブ• 2006 平成18 年: 双方向取極締結、日本100億ドル・南鮮50億ドル、2015 平成27 年2月まで 小泉政権• 2015 平成27 年: 満期終了• ドル・ウォンスワップ• 2011 平成23 年10月: ドル 日本・財務省外為特会 とウォン 南鮮・韓銀 のスワップ取極締結、30億ドル 野田政権• 2012 平成24 年10月: 満期終了 ウォンは、南鮮国外ではまず両替できない。 日本では両替できる銀行は一応あるが、アメリカなど南鮮から距離のある国ではまず両替不可能である。 南鮮人が海外旅行するときは、南鮮国内であらかじめ両替してから出掛けるか、クレジットカードを使用する必要がある。 南鮮への旅行者も、帰国の際には南鮮国内で自国通貨に両替しておく必要がある。 南鮮国外でウォンが両替できないのは、海外の銀行が南鮮の銀行や南鮮政府に手持ちのウォンのドルなどへの両替を要求しても、何だかんだと話をはぐらかせて応じないためである。 両替を引き受けても、その国にある南鮮の銀行の支店に持って行っても両替に応じないのであれば、ウォン札など単なる紙切れに過ぎない。 南鮮の銀行自体が自国通貨を嫌っているのに誰がそんな通貨を欲しがるか、考えれば誰でも理由は分かる。 自業自得である。

次の

大韓民国ウォン

ウォン 信用

四月危機に襲われている韓国経済ですが、2020年第1四半期(1th Quarter:01-03月)の経済状況を総括する記事が韓国メディアでも増えてきました。 データのとりまとめが進んでいるのでしょう。 「ウォン安」は「韓国売り」の結果です 2020年04月23日、『亜州経済(日本語版)』に「 セルコリア」についての記事が出ました。 「 韓国売り」と呼ばれることもありますが、韓国が見捨てられ、韓国の 資産が売られることです。 つまり韓国から資本が逃避します。 同記事では、以下のようにまとめています(面倒くさい人は斜め読みでも大丈夫です)。 新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態により金融市場が混乱に陥ったなか、 第1四半期に一日平均 外国為替取引高は過去最大を記録した。 韓国銀行が23日に発表した「第1四半期中の外国為替銀行の外国為替取引動向」によると、 今年第1四半期の外国為替銀行の一日平均外国為替取引規模は 593億7000万ドルであり、前四半期より 49億9000万ドル( 9. 2%)増えた。 これは、関連統計の 集計を始めた2008年以来、最も大きい規模だ。 なぜこんなことになったかというと、 今年第1四半期に 外国人が国内株を売りさばいて資金を回収したのが影響を受けたものと分析される。 同期間、外国人は有価証券市場で 15兆5000億ウォンを売り越した。 (後略) だからだというのです。 つまり「 ウォン安」が進行します。 Money1では毎日のように「ドルウォン」レートの変動についてご紹介していますが、2020年01-03月ではウォン安が進行しました。 上掲のチャートのとおりです(チャートは『Investing. com』より引用)。 このウォン安進行は「 韓国売り」の現われである、と同記事は言っているのです。 まだ「韓国売り」が止まったわけではない! そして、これまた毎日のようにMoney1でご紹介していますが、この外国人投資家の「 韓国株式の売り越し」は止まったわけではありません。 上掲のとおり、直近1週間(2020年04月17-23日)だけでも「 8,494億ウォン」を売り越しています。 ですので、2020年第1四半期はこうだったねぇ、などと振り返っている場合ではありません。 韓国メディアが「外国人投資家が31日ぶりに戻ってきた!」などと大騒ぎするのは、その動向が「資本逃避」(キャピタル・フライト)と密接に結び付いているからです。 柏ケミカル@dcp 危機時に韓国の資産が売られる理由については、『TCKインベストメント』のオハド・トポー会長が非常に的確、かつ簡潔に説明していらっしゃいます。 を引いた以下を参照いただければ幸いです。

次の