未来からのお告げ。 別れを告げられラインブロック!けど解除?次は既読スルー!彼の心理は?|ルノルマンカード占い師

別れを告げられラインブロック!けど解除?次は既読スルー!彼の心理は?|ルノルマンカード占い師

未来からのお告げ

」と自称する未来人「YJ」がTwitterに降臨した。 2000年にアメリカのネット掲示板で話題になった未来人ジョン・タイターの再来だとして話題になっている。 ジョン・タイターは、2036年の未来からやって来たタイムトラベラー。 2000年以降に起こる出来事を予言のごとく書き込み、その中のいくつかはすでに実現している。 加えて、タイムマシンの存在を認めその設計図を公開。 パラレルワールドやタイムパラドックスなどの理論を語ったことで信憑性が高まり、単なるイタズラではないかもしれないと注目された。 2018年に現れた未来人YJは、Twitterで「質問は答えられる範囲で返します」として、ネットユーザーに質問を受け付けた。 国内と世界情勢について、2075年に日本が存在しているかは「首都が岡山になっていますがあります」と明言し、北朝鮮は「南北統一され無くなっています」と回答した。 2018年起こる事件には、「2018年の大事件ですか 1つは人工衛星の落下ですかね」とコメント。 南海トラフ地震の発生時期を「2024年の8月に発生しました」と警告した。 さらには変わり種の質問にも回答しており、例えば、「僕は童貞卒業出来るのでしょうか?」という個人的な質問には「童貞の概念はなくなります」という意表を突いた答えだった。 これには、「童貞中退」という言葉が出るなど、盛り上がりを見せている。 未来人界隈で一番信用されたと言われるジョンタイターよりもガバガバ設定。 5日には「急遽、2020年に行かなければならなくなりました」。 しかし、8日には「未来人擬きが私のことを殺人ロボットだと広めてあらぬ誤解を招いてしまったので訂正するために帰ってきました。 」と再び降臨している。 Twitterへの投稿目的を「1. 協力者を見つける為2. 興味本意3. 忠告の為」と語っているYJ。 未来人か、現代人か、真偽は定かではないが、新年早々ユーザーを夢中にさせた一件だったといえよう。

次の

別れを告げられラインブロック!けど解除?次は既読スルー!彼の心理は?|ルノルマンカード占い師

未来からのお告げ

part2「」より続く 前身の東芝ブレイブサンダースは企業チームだったが、Bリーグとともにプロ化した現在の環境は大きく様変わりした。 多くのファンの声援が届くようになった反面、保証がない厳しい世界でもある。 トップアスリートはケガのリスクを抱えながら戦わねばならず、それゆえケガをした瞬間はどんなことが脳裏を過ぎるのだろうか。 今後のキャリアのこと、生活のことなど不安は尽きない。 2019年末、滋賀レイクスターズ戦でケガをしたときに「本当に終わったと思った」という篠山が、当時の心境を振り返ってくれた。 ケガをしたときは神様からのお告げじゃないですけど、「きっと何かの意味があるんだろう」とすぐに考えるようにしています。 アメリカ戦での(左第1趾末節骨)骨折も、年末の(左肘関節)脱臼もそうですが、防ぎようがなかったケガだったと自分の中では思っています。 アメリカ戦で骨折したときはワールドカップに出場し、アメリカとも対戦することができ、順位決定戦で残る2試合を戦い切って、お腹いっぱいみたいな感じになることを許さないって神様に言われたような気がするんですよね。 ワールドカップの次にすぐオリンピックに出られると簡単に考えてしまっていたことを、神様に怒られたのかもしれないです。 でも、なんとか開幕戦に間に合い、調子の波はありましたけどシーズンを戦っていった中で、年末のあの試合になるわけです。 正直、その前から自分の疲労の度合いとか少し体の不調があったり、ちゃんとリカバリーができていないとか、そういうのが少しずつ蓄積されていたところもあったかもしれない、と今振り返ると感じています。 身体の使い方が少し雑になっていたり、もしかすると筋肉が少し緊張して100%の状態で試合に臨めていなかったかもしれません。 でも、あの脱臼をしたときは「本当に終わった」と思いました。 骨が折れたと思っていたので、オリンピックを諦めざるを得ないだろうし、あとは少しでもキャリアを長く続けていけるように、というスイッチに切り替えなければいけないのかなって本当に思いました。 その後の検査の結果、脱臼で済み、骨も折れてなく、全治3ヶ月と言われたときは、オリンピックに向けてもう1回自分の体の使い方や基礎体力などをこの期間で見つめ直せという宿題を与えられたのかなっていうような考え方でした。

次の

ドラマ版の「JIN

未来からのお告げ

Contents• 2020年に流行するコロン:2062年から来た未来人はコロンに対し何か言及しているのか? 事故や自然災害など、過去に度々現れては未来についての情報を小出しにしていく未来人。 その人物は何人かいる様で、それぞれが同一人物であるかなど、 詳細は一切分かっておりません。 この記事では、数ある未来人の中でも特に有名である 2062年から来た未来人の証言を、まとめていきたいと思います。 そして早速結論になりますが、 2062年から来た未来人は、2020年現在に流行しているコロンについての言及は、今の所ございません。 2020年以降の世界について、何にも言及していないということはないのですが、ネット上のあらゆる情報を漁ったところ、コロンに対する未来人の言及は何もありませんでした。 これが意味する所としては、 コロンが未来から見たら取るに足らない小規模の災害であったのか、もしくは 未来人自体がやはり架空のキャラクターであるのか・・・ とは言え、コロン以外には色々な未来のお告げをしていますので、そちらについてもまとめてみたいと思います。 WW3について ・WW3は2030年以前 ・日本は、核は使用していない ・WW3はアジア全域、アメリカ、ロシア、一部ヨーロッパ、中東で行われる ・化学兵器が使われる 中国について ・かなり前に崩壊している(2062年から見て) ・世界各国から非難され孤立し、各国から軍事制裁され崩壊 これ以外にも世界情勢、科学技術、日本の内政などなど、色々なお告げをしていますが、かなり近い世界の未来として、上記抜粋して取り上げています。 上記内容を取り上げた理由としては、 2020年現在、アメリカと中国の軋轢はかなり大きくなっており、多くの法人メディアにおいても、 WW3の可能性について取り上げている事実があるためです。 一部のメディアでも「 核」戦争という内容が見られ、それは2062年から来た未来人のお告げとかぶるものがございます。 また、他の未来人のお告げによると、 2020年にWW3が起こるとも・・・ その内容については、ミステリー雑誌である『ムー』編集長の、 三上丈晴氏が以下の様に語っています。 核の使用は限定的ですが、戦争は3年間におよび全世界で数百万人の犠牲者が出ると言われています。 核戦争の影響はフィリップスのいる時代にも及び、放射能で荒れ果てた荒野が世界各地に広がるそうです」引用: 以上の様な背景から、2020年という現代において、核戦争が勃発する可能性がゼロではないかもしれないということが分かるかと思います。 そして未来人が言及しているもう一つのトピック、 中国について。 こちらについては、中国が近い将来に 「自滅」の道を辿るのではないかという不穏な未来を予言しています。 一つの可能性が、上記に挙げられるアメリカとの核戦争。 開戦の引き金が何かは分かりませんが、この戦闘が国家崩壊に繋がる可能性が挙げられます。 そしてもう一つ考えられる未来が、 2020年蔓延しているコロンの存在。 こちらの存在に関して、2062年からの未来人は触れていませんが、過去に色々な未来を暗示してきた イルミナティカードでは、その未来をしっかりと予知しているんです。 詳細は下記の別記事にて解説していますので割愛しますが、そのカードのイラストには、 研究所が爆発し、コロンが蔓延する未来を想起させるものがあり、それは 今回のコロンが発生した中国武漢の研究所を連想させます。 具体的なイラストやカードは次章の関連記事で紹介していますので、合わせてご確認ください。 このコロンが中国を崩壊の道へと導くのか、もしくはWW3のトリガーとなるのか、肝心の詳細について未来人は伏せていますが、近い将来に何かが起こる・・・可能性はあるかもしれません。 カードの画像も貼ってますので、その内容を合わせてご覧ください。 そんなバカな・・・と思う反面、数々の奇妙な一致が・・・と言う内容になっています。 下記記事では、そのような内容をまとめて紹介しています。 それらの詳細を、下記の記事ではまとめています。 2020年現在、もっとも関心の高まっているコロンに関しての言及は一切ありませんでした。 なので、コロンが未来に影響を及ぼさない程度のことであるのか、あるいは未来人の存在自体がフェイクなのか。 その真相は現時点では分かりません。 しかし、未来からの情報ではなく、過去に世に出されたイルミナティカードには、 コロンを想起させる様なイラストが存在します。 なので、それが 未来人の訴える中国崩壊、もしくはWW3に繋がる原因の一つではないのかとも考えられます。 ということで、未来人からの具体的な言及はありませんが、 コロンが未来を変えるトリガーになる可能性は考えられるのではないか・・・ という結論で、この記事を締めさせていただいます。 文中に出てきたイルミナティカードや、それが予知する東京五輪開催中止の未来など、下記関連記事も合わせてご確認くださいませ。

次の