大阪芸術大学 芸術計画学科。 大阪芸術大学短期大学部の学部別に授業料や入試情報、取れる資格まとめ

教員紹介|大阪芸術大学 芸術計画学科

大阪芸術大学 芸術計画学科

社会が求めているのは、先端のテクノロジーを理解し、クリエイティブな発想で自由に組み合わせて、暮らしの未来を創造するクリエイター。 アートサイエンス学科では、文系・理系・芸術系の枠にとらわれない自由な発想と取り組みで、先端テクノロジーを使って新たなカタチにするまでのスキル、知識、実践のすべてを身につけることができます。 〔アートエンターテインメント領域〕 インタラクティブアート(観客が参加することで完成する芸術作品)、インスタレーション(場所や空間全体を作品として体験させる芸術)などを扱います。 〔先端デザイン領域〕 インタラクションデザイン、IoT、ロボティクスなどを扱います。 」と、日本一高いビル・あべのハルカスを舞台に、プロジェクションマッピングと夜景を融合させたイベントに携わっています。 2018年度は展望台58階に立つツインタワーに3Dプロジェクションマッピングの仕掛けを施し、インタラクションコンテンツを発表。 手をかざすと学生がデザインした多彩なデジタル花火が打ち上がる美しい作品で、その幻想的な世界は観る者を魅了しました。 閉じる 芸術そのものの本質を究める 「何をどう表現するのか」を問いかける教育で、自分の表現を見つけ、芸術を追究します。 1年生で油画・日本画・版画・彫刻すべての分野の実習を体験し基礎技能を習得。 2年生からは4コースに分かれ、表現を深めていきます。 〔油画コース〕 平面・立体の両分野の表現技術を磨いた上で、具象、非具象(新しい素材や表現を取り入れた領域の絵画)の2分野から自らの表現技法を豊かにします。 〔日本画コース〕 絵画芸術共通の基礎力と平面・立体表現の基礎を修得し、日本固有の表現に対する考え方や構想の立て方、技法などを学びます。 また、デッサンや写生を繰り返し、日本画固有の画材の扱い方も訓練します。 〔版画コース〕 版画の多様な表現技法を身につけるため2年生で木版、リトグラフ、銅版、シルクスクリーンの4つの版種を体験します。 3年生からは自分に合った版種を選び、オリジナリティのある作品制作に取り組みます。 〔彫刻コース〕 木彫、金属、塑造、さらに身近でさまざまな素材が表現の対象。 代表的な表現法であるモデリング(塑造・鋳造)とカービング(木彫)を通じて自然界の物事をとらえる目を養い、デッサン力を身につけます。 【授業・講義】 ハリウッドから生まれた特殊造形、特殊メイクを学ぶ「特殊美術実習」 本学科は、学びの領域を広げて感性を刺激する取り組みを推進。 「特殊美術実習」もその1つであり、特殊造形や特殊メイクと呼ばれるハリウッドの映画業界から生まれたリアリズムを追究する造形技術やアートメイクを学びます。 閉じる 実践的なカリキュラムで、実社会で活躍できる力を育成 デザインの対象が多様化し、進路選択の幅が広がりつつある現代に対応したカリキュラムを編成。 1年生は基礎を身につけ、2年生以降、各コースの専門性を追究することで、実社会のあらゆる分野で活躍できる能力を育成します。 また、デザインの現場で力を発揮できるよう、他分野との連携や意思伝達のノウハウ習得を重視。 マーケティングやコンセプトワーク、プレゼンテーションなどの能力を養う科目も充実しています。 〔グラフィックデザインコース〕 広告や雑誌、パッケージなどのデザイン技法を学びます。 〔イラストレーションコース〕 ドローイング、ペインティング、シルクスクリーンなどイラストレーションに必要な技術を学びます。 〔デジタルメディアコース〕 各種先端メディアで、デザイナーの視点でその優れた表現方法や技術を学びます。 〔デジタルアーツコース〕 デジタルアートテクノロジーに主眼を置き、実践的な作品制作を通じてさまざまな表現方法とノウハウを習得します。 〔プロダクトデザインコース〕 日常生活に必要な製品を例に、商品の企画を想定してデザイン提案、開発、プレゼンテーションまでを実践的に学びます。 〔空間デザインコース〕 建築、インテリア、照明、ディスプレイなど、すべての空間デザインをトータルに習得します。 〔デザインプロデュースコース〕 デザイナーの視点で企画提案ができるプロデューサー、プランナー、クリエイティブディレクターを育成します。 【授業・講義】 身近なモチーフを出発点に、デザインを体験的に学ぶ「ハイパープロジェクト」 一つの領域にとらわれず、コースや学年の枠を超えて行うチームプロジェクトです。 事例観察やグループディスカッションを通じて、デザイナーの視点やデザインの多様な側面、広さと深さを発見し、「デザインの考え方」の基本と、ロゴ、商品、コミュニケーションアイテムなどを各自の得意な方法での制作を通じて「デザインの作り方」の基本を学びます。 これら一連のデザインプロセスをクラスで共有して、全体的なスキルアップをめざすとともに、デザインの現場やギャラリー見学の機会を設け、幅広い視野を養います。 閉じる 素材とカタチの美を追究 2年生から4コースに分かれ、自分なりの自由なアプローチで工芸の世界を探究。 日本屈指の大規模な工房や設備がそろう工芸専用棟で制作に打ち込みます。 〔金属工芸コース〕 金属を溶かし鋳型に入れて成形する技法「鋳金」、金属に力を加えて成形する技法「鍛金」、主に鏨(たがね)という工具を使い金属を装飾する技法「彫金」の3つを身につけ、自由に金属造形に挑みます。 〔陶芸コース〕 手びねりやロクロによる成形、石膏型による鋳込みの成形、さらに色化粧や上絵付・釉(うわぐすり)の研究、窯の焼成まで。 経験豊富な陶芸作家のアドバイスのもと、土・火・水と対話し、自らを表現します。 〔ガラス工芸コース〕 ガラス工芸の基本である熔解作業、溶解窯での吹きガラス、サンドキャスト技法などのホットワーク、電気炉を使用してガラスを成形するキルンワークなど、ガラス素材の可能性を生かし、自由な創作活動を行います。 〔テキスタイル・染織コース〕 布の文化も探究し、染色技法や繊維素材を布へと展開する織技法、イメージをコンピュータで表現するテキスタイルデザインなど、伝統的な染織と最先端のテキスタイルの両方に触れ、独自の作品制作に挑みます。 【授業・講義】 社会で活躍するための実践的なカリキュラム ものづくりのチカラと、社会人としてのチカラを育てる新カリキュラムを導入。 社会人に求められるプレゼンテーション術を学ぶ「プレゼンテーション演習」、企業が商品として販売するプロダクトデザインの基礎を学ぶ「プロダクトデザイン演習」、作品の魅力を最大限に伝えるための撮影技術を学ぶ「写真撮影演習」などの科目が新たに配置されました。 閉じる アート、広告、最新の映像表現、写真表現を追究 芸術的写真表現「ファインアート」、商業写真の技術「プロフェッショナル」に加え、新たな分野「映像表現」の3分野を学びます。 〔ファインアート〕 一人ひとりの感性を尊重した、自由な写真表現をサポート。 また、写真の枠を超えてビデオやコンピュータを駆使し、幅広い芸術表現の探究も支援しています。 〔プロフェッショナル〕 コマーシャルフォト、スタジオポートレイト、フォト・ジャーナリズムの3つの領域を通して、それぞれの分野を往来できる人材を育成します。 〔映像表現〕 デジタル一眼レフによる動画の映像技法やパソコンを用いたノンリニア編集、4K・8Kといった高精細映像から水中撮影、ドローンによる空撮まで、幅広く学びます。 撮影や合成、デザイン、Webなど幅広い知識が求められるアドバタイジングフォトの基礎から、時代に沿った作品づくりなどを具体的に学びます。 ドローン撮影の先駆者である坂口博紀先生が指導、国土交通省の講習認定団体が発行する「操縦技能証明証」も取得できる人気授業です。 閉じる 1年生から実習を重視。 プロとしての応用力を育てる 工学技術系の建築学とは異なり、感性やデザインを重視する設計を修得するため、1年生から一貫して実技を重視。 芸術の広い領域をカバーする総合芸術大学で学ぶ建築は、既成概念を払拭した自由な建築デザインの可能性を追究できます。 「建築」と「環境デザイン」の2分野を設け、人間のライフスタイルや社会活動に芸術的影響を与えられる建築デザイナーや、地球環境への取り組みをデザインとして視覚化し、都市と自然のバランスの取れたランドスケープを生み出せる環境デザイナーをめざします。 【授業・講義】 共同作業としての建築の考え方を理解 「グループ制作実習」として、構想からプレゼンテーションまでをグループで行う合同課題を提示。 実際に大阪にある建築物のリノベーション(再構築)を提案するというリアルな課題や、建築デザイン競技コンペなどに取り組みます。 閉じる 学内の撮影所を使い、映画制作のすべてと映像を学ぶ 本格的に映画を学べる日本で数少ない学科です。 それぞれの分野の専門性を追究し、本格的な制作活動に取り組みます。 〔映画〕 映画制作の全プロセスを体験します。 特に、映像撮影の基本となるカメラの構造と機能、フレームのフォーマットとカメラサイズ、レンズの特性、フィルムの種類と性格などについては、実際の撮影作業を体験し学びます。 〔映像〕 長短編ドラマをはじめ、ドキュメンタリー、表現映像、アートアニメーション、CMなどさまざまな作品づくりに挑戦し、自身の取り組みたいジャンルを発見します。 〔シナリオ〕 良いシナリオがなければ、良い映画はできません。 まず基本的シナリオ技術と手順を学び、15分作品から30分作品へと段階をふんで、企画書とシナリオ技術を身につけます。 〔映像学〕 映像学は、映像史・作家論・作品論・ジャンル論・様式論・メディア論など他の学問との連携のうえに成り立っています。 古今東西の優れた映像に触れながら、次代の映像作品をプロデュースする各種ノウハウを修得します。 【授業・講義】 デジタル時代に生かす特撮の技術を学ぶ 「ゴジラ」をはじめとする怪獣映画、SF映画などで、映画の山場をドラマチックに盛り上げてきた「特撮」。 開講される「映像美術論」では、今後実際に撮影することも視野に入れ、特撮の歴史やテクニックについて学びます。 閉じる 漫画、アニメ、ゲーム、フィギュアを中心に、次世代のクリエイターをめざす 魅力的なキャラクターをつくる方法を「キャラクター原論」として学び、創作活動の中心に据えるのが本学科の学びの特色です。 2年生からは興味と関心に応じて、漫画、アニメーション、ゲーム、フィギュアアーツの4コースに分かれて専門性を追究し、自由な発想力のクリエイターをめざします。 〔漫画コース〕 確固たるキャラクターを制作することからスタートし、キャラクターを生かした原作、作画を学びます。 プロデューサーやディレクターの視点を養うため、漫画編集や批評の方法も学びます。 〔アニメーションコース〕 キャラクターの魅力を引き出すアニメーションについて、作画技術の基礎から高度な表現技術へと学びを展開。 これからのアニメーションの可能性についても探ります。 〔ゲームコース〕 ゲーム開発の根本にあるものを探りながら、最新技術を駆使したゲーム制作のすべてを習得します。 〔フィギュアアーツコース〕 キャラクターづくりに関わる幅広い知識をもとに、フィギュア造形や制作の技術を磨きます。 【授業・講義】 人気漫画雑誌の現役編集者から直接指導が受けられる「出張編集部」 年に4〜5回開催し、人気漫画雑誌の編集者が実際に本学へ来校。 プロの観点から作品をシビアに評価し、コメントしてもらえます。 2018年秋は漫画コースの学生ら27人がオリジナル作品を持参して参加。 小学館『週刊少年サンデー』の現役編集者から、1人20分以上かけて評価やアドバイスをもらえる貴重な機会となりました。 ライトノベル、SF、エンターテインメント小説、ファッション雑誌からサブカルチャーまで学びの領域の広さとキャリア、職業観を意識した実践的な科目構成が特長です。 〔創作(小説・詩・脚本)〕 自分のテーマと切り口をしっかり確立させ、言葉を磨き、書く力を徹底的に育てます。 〔ノンフィクション・文芸批評〕 まずはものを見る独自の「視点」を養います。 文芸から演劇、時事問題まで多様な分野への関心を深め、論じる力をつけます。 〔出版・編集〕 「何を伝えたいか、切り取りたいか」時代を見抜く感性と編集力を養い、出版・編集業界にとどまらない活躍をめざします。 〔翻訳・講読〕 海外文学や映画の魅力を発見し、歴史や地域性をふまえた言葉の持つ力を引き出します。 【授業・講義】 ライトノベルから純文学まで、学生たちが主体となって文芸発行に挑戦 「藝大びより」「藝大我樂多文庫」「文藝」など、本学からの発信であり作品の発表の場である文芸誌。 制作するのは文芸学科の学生です。 なかでも「藝大びより」は、編集を学ぶ授業の課題として1年間で32ページを制作。 企画会議から始まってグループで何本かの記事企画を進行し、取材や写真撮影、原稿書き、レイアウトまでも担当します。 「それ、記事になるの?」と思う異色企画もめじろ押し。 自由で楽しい制作現場です。 閉じる 思いを電波に乗せて... 「正しい」も「楽しい」も発信 ジャーナリズムの基本を学び、テレビやラジオ、デジタルコンテンツにおける情報を伝える力を養います。 放送局さながらの最新設備の中で学び、メディア産業のプロとして高い専門性を身につけることを目標としています。 2年生からは4コースに分かれ専門技術を学びます。 共同作業も数多く体験します。 〔制作コース〕 テレビ、ラジオ、ドラマ、ドキュメンタリーなどの番組を学生だけで制作。 放送だけでなく、広告やメディアについても学び、各分野が融合するこれからのメディア業界の全貌を理解します。 〔アナウンスコース〕 正しい発声法、呼吸法、正確な日本語などを実習によって習得し、プロのアナウンサーをめざします。 コミュニケーションやこれからの放送や報道を考える授業も履修し、放送人としての感性を研ぎ澄まします。 〔広告コース〕 テレビやラジオのCM制作を通して、コンセプトワークからストーリー、絵コンテ、ナレーション、タレント選び、撮影、編集、録音までのすべてを体験。 制作過程では、マーケティングの手法も学びます。 〔声優コース〕 正確な言葉、発音、発声法で聞きやすく伝えるアナウンス技法をふまえ、自分の声のキャラクターを生かした表現ができる能力を育てます。 舞台芸術、身体表現芸術、アニメーション、映像など他分野と関連づけながら幅広い知識、表現技法を体得できる学びもあります。 【授業・講義】 共同作業も取り入れた作品制作を通じて、豊かな表現力を養う 制作コース/「制作実習(スタジオ・中継)」で、ディレクターとして番組制作に参加したり、中継車を活用してニュース番組を制作。 「制作実習(番組制作)」では、ドキュメンタリーやドラマ、ラジオをつくり、豊富なノウハウを習得します。 アナウンスコース/「アナウンス実習」で読む、話す、聞くための基本技術をマスター。 「ドキュメンタリー論」では、ドキュメンタリー映像の持つ力と可能性を認識し、報道に携わる者としての問題意識やモラルを高めます。 広告コース/「広告実習」では、生コマーシャル、VTRコマーシャルの制作体験。 「広告表現演習」では実在のブランドを立案し、プレゼンテーションを経てキャンペーンを成立させるまでを体験します。 声優コース/「声優学概論」で、演技者として役に取り組む姿勢、正確な滑舌のうえに成り立つ役づくりを行います。 声を使い演技をするためには何が大切なのか、その基本を理解します。 閉じる 生活や企業の課題を解決するプロデュース力をつける 発想力と実践力を鍛え上げ、アート、スポーツ、音楽、町おこしイベント、ウェディングなど、さまざまな分野の課題を解決するスキルを学びます。 〔アートプロデュース〕 絵画、彫刻、建築、文学など、芸術全般に関する深い知識を生かし、展覧会、博覧会、アートイベントをプロデュース。 アートと人のしあわせな出会いの場を提供します。 〔イベントプロデュース〕 人気の音楽フェスをはじめ、スポーツイベント、町おこしのための地域イベントなど、さまざまなイベントプロデュースを行います。 活躍の場は多岐にわたります。 カプコン「ストリートファイターV」プロモーションプロデューサーの本学卒業生とゲストたちによるトークショーも開催しました。 地域住民と交流を深めながら、まちのブランディング構築に挑んでいます。 閉じる 劇場が教室。 上演につぐ上演。 舞台という総合芸術に挑む 舞台の上演を大前提に、実際に計画、準備、練習し、舞台づくりに取り組みます。 さまざまな舞台をめざす者、それぞれの専門を生かして、それを支える者、そんな舞台に関わる者たちが共に学ぶことによって、お互いの仕事を知り、自分のめざす道をより豊かにしてくれる場がここにあります。 〔演技演出コース〕 発声・発音、感情表現、セリフ回しのトレーニングを重ね、2年生で公演を実施。 さらに3年生の学内公演、4年生の卒業公演を経て、演技者、演出者としての実力を磨きます。 〔ミュージカルコース〕 身体訓練や発声、台本の読解をベースに、歌唱力や演技力、感性を養います。 ダンスは基礎からスタートし、ボイストレーニングによってミュージカルに適した発声法を身につけます。 〔舞踊コース〕 作品としての舞台表現を追究。 バレエ分野では、古典的な作品を含め多数の作品に挑戦。 コンテンポラリーダンス分野では、リズム感を基本に表現技術を磨きます。 〔ポピュラーダンスコース〕 ストリートダンスをはじめ多彩なダンスを学習し、エンターテインメント業界で活躍できるプロダンサーとしての基礎を培います。 〔舞台美術コース〕 舞台デザインのテクニックを習得します。 言葉から発想するイメージで風景を描く訓練を実践し、設計図の作成やそれに基づいた模型制作を通して、立体の感覚を磨きます。 〔舞台音響効果コース〕 舞台音響に関するすべてのプロセスを身につけます。 効果音の制作、レコーディングの基礎知識、オペレーションの技法を土台に、学内・学外公演で実践力をトレーニングします。 〔舞台照明コース〕 舞台芸術のジャンルごとに照明表現の特性を探り、電気工学、照明工学、色彩学、心理学など表現の背景となる知識を学びつつ、光の性質を生かした演出法をマスターします。 【授業・講義】 ミュージカル実習 ブロードウェイ・ミュージカルをはじめとする代表的なミュージカル作品を教材に、舞台で必要とされる歌唱力や演技力、ダンステクニックを4年間で修得します。 閉じる 創作からプロデュース、クラシックからコンピュータ音楽まで、幅広く音楽の可能性を追究する 作曲家やレコーディングエンジニアなど新しい音楽、音響デザインの創造者、中学校・高校の音楽教諭や演奏指導者など社会が求める音楽教育者を育てます。 また、他学科とも多くの機会で交流し、お互いに創作や演奏で協力しています。 音楽工学の最新設備も充実。 日本の伝統音楽を学ぶ邦楽の授業も人気です。 〔音楽・音響デザインコース〕 まず、コンピュータと音楽が融合して生まれる世界に迫ります。 器楽曲や合唱曲、管弦楽曲、映画音楽の作曲にも挑戦でき、さらに演奏技術やPAなど音響システムも学べます。 また、各国音楽文化の比較や民族音楽の研究も可能。 既成概念にとらわれず音楽と音の世界にアプローチできます。 〔音楽教育コース〕 音楽教員をめざして教員免許状を取得したい人のために最適なカリキュラムを編成。 演奏の専門学習と教育・指導力を養う学習を両立できます。 ピアノや声楽のほか、さまざまな楽器や演奏法、アンサンブルの知識を学び、音楽の楽しさだけでなく習得する厳しさも理解し、教育に生かします。 【授業・講義】 創作から演奏テクニック、教育・指導力の習得まで幅広いカリキュラム 音楽・音響デザインコース/「音楽制作演習」でクラシックの作曲理論を学び、作品分析を通して創作へとつなげます。 課題作曲から自由作曲へとステップアップします。 「レコーディング」の授業では、ホールやスタジオでの音響システム、機器の取り扱いを学びます。 音楽教育コース/「音楽教育学」で、合唱や唱歌による教育をはじめ、音楽教育の国内外の変遷を見ながら、これからのあり方を考えます。 教職課程科目の1つである「音楽科指導法」の授業では、年間の指導計画、学習指導案づくり、評価法など、教育現場で必要な知識・技術を身につけます。 閉じる テクニックはもちろん音楽ジャンルや専門性の枠を超えた学びで、自分の演奏表現を追究 プロとして通用する演奏技術や感性豊かにうたいあげる表現力、あるいは指導者としての教育力を培い高めることが最重要テーマ。 心ゆくまでレッスンに打ち込める防音レッスンスタジオや学内ホール、劇場、貴重な資料・楽譜などを閲覧できる図書館など、充実した施設・設備を誇り、日頃の練習の成果を発表できる学内外でのコンサートや舞台を多数開催する実践教育が魅力です。 [クラシック] 〔ピアノコース〕 カリキュラムは実技中心ですが、作品研究の充実も特色です。 ピアノデュオ・ピアノアンサンブルなど他の演奏者との呼吸を大切にする学びで、アンサンブルの感覚を磨き、演奏テクニックの追究だけにとどまらない豊かな演奏をめざせます。 〔声楽コース〕 イタリア、ドイツ、フランス、日本の歌曲研究と、4年間を通じてのオペラ研究に主軸を置いた演奏家教育を行っています。 ダンスの授業もカリキュラムに取り入れ、ミュージカルを志す学生にも充実した体制です。 〔管弦打コース〕 バロックから近代音楽まで幅広い作品を教材にテクニックを磨きます。 学内のオーケストラで演奏できるだけでなく、交響曲、オペラ、ミサ曲など多様なジャンルの曲に触れることができます。 [ポピュラー] 〔ポピュラー音楽コース〕 ジャズ、ロック、ラテンとポピュラー音楽の幅広いジャンルを網羅。 多くのジャンルに触れながら、自分のスタイルを発見します。 1年生から学生同士の自主的なバンド活動を進め、やりたい音楽を自分たちで見つけ、つくり出す意識が成長を促します。 学びがより幅広くなりました。 【授業・講義】 まさに総合芸術!圧巻のオペラ公演 オペラ公演で1年間の学習成果を発表します。 毎年恒例の一大イベントで、キャストはもちろん、オーケストラや合唱もすべて本学科の学生・大学院生から選考。 プロの声楽家として活躍する先生の指導のもと、実力を最大限に発揮する発表の場となっています。 公演の練習はすべて単位として認められ、第40回は2019年3月に、高円宮妃久子殿下原作の「氷山ルリの大航海」を上演しました。 閉じる 子どもの心を育む初等教育。 子どもの心を癒やす芸術療法 初等芸術教育学科では、少人数制の授業と豊富な実習が魅力です。 附属幼稚園が4か所あり、2、3年生は週1回、教育現場で実習する「こどもふれあい体験実習」を実施。 さらに、学科イベント「キッズアートカレッジ」では子どもたちを大学に招き、造形活動や音楽鑑賞などを通じて創造の楽しさを体験する、子どもと実際に触れ合うことを重視した実践的な学びを行っています。 〔初等教育コース〕 小学校教諭一種・幼稚園教諭一種の免許状と保育士資格取得を視野に入れたカリキュラムを編成。 「教育」と「心理」に関わるさまざまなアプローチとともに、絵画や音楽などの「芸術」が子どもの心に及ぼす影響と役割を理解。 子どもの生きる力を育てる芸術的な感性を育む方法を養います。 〔芸術療法コース〕 初等教育コースと同様、小学校教諭一種・幼稚園教諭一種の免許状と保育士資格取得を視野に入れたカリキュラムを編成。 特色は、心理療法、絵画・造形療法、音楽運動療法など、心の癒やしにつながる科目を多様に配置していること。 心理学や医学、生理学なども履修します。 2年生の必須科目で、教育現場での学びを座学にフィードバックすることで、より学びが深まります。 閉じる アドミッションポリシー.

次の

大阪芸術大学短期大学部の学部別に授業料や入試情報、取れる資格まとめ

大阪芸術大学 芸術計画学科

学校概要 [ ] 戦前に設立された平野英語塾を前身に浪速短期大学(現:)として再編、1964年(39年)に浪速芸術大学として設置される。 設置者は。 2学部(芸術学部、通信教育学部)、3分野(造形、音楽、メディア芸術)14学科を有しており、全54専攻に分かれる。 2010年時点で在籍学生は学部6,020名、大学院170名、通信課程1,584名となる。 大学ではより文芸誌と漫画雑誌を発行している。 現役教授らや他方面で活躍するアーティストのインタビュー、在学生や卒業生による作品などが毎号掲載している。 また、映画祭の「ダイゲイ」と呼ばれ、映画祭で高い評価を受ける作品を制作する監督を、ここ数年、多く輩出している。 他に、を形成する・と、関東のの3つのと共同製作し、2003年(15年)から2008年(平成20年)まで10月-12月(各シリーズ13回)の期間中に「」を放送し、当大学の学生が製作や出演などに携わっている。 2009年度(平成21年度)からはとの共同制作で年度内に撮影し、2010年(平成22年)5月6日 - に放送された(後述参照)。 創立理念 [ ]• 自由の精神の徹底 - Freedom-• 創造性の奨励 - Creativity-• 総合のための分化と境界領域の開拓 - Frontiers-• 国際的視野にたっての展開 - Global-• 実用的合理性の重視 - Practical- 校歌 [ ]• 『大阪芸大の歌』(作詞:、作曲:)• 『大阪芸術大学の歌』(作詞:小池藤吾郎、作曲:諸井誠)• 応援歌 『いま君は美しい』(作詞:、作曲:) なお、『大阪芸大の歌』と『大阪芸術大学の歌』に関しては、『学校法人 塚本学院校歌集』(演奏:大阪芸術大学管弦楽団・唱和:大阪芸術大学合唱団、録音日:2003年(平成15年)9月23日・収録場所:大阪芸術大学14号館ホール)のに収録されており、主に大阪芸術大学在校生・卒業生向けに販売されている。 沿革 [ ]• 1945年(20年) 塚本英世により、平野英学塾創設• 1946年(昭和21年) 財団法人浪速外国語学校創立(平野英学塾を発展的解消)• 1949年(昭和24年) 浪速外国語学校(各種学校)に改称• 1951年(昭和26年) 学校法人浪速外語学院設立、開学• 1954年(昭和29年) 浪速外国語短期大学を浪速短期大学に改称• 1955年(昭和30年) 通信教育部設置(現在の大阪芸術大学短期大学部通信教育部)• 1957年(昭和32年) 大阪美術学校(各種学校)設置• 1958年(昭和33年) 浪速短期大学附属照ヶ丘幼稚園設置• 1959年(昭和34年) 大阪府に円形学舎竣工、短大及び学院本部移転• 1964年(昭和39年) 大阪府に浪速芸術大学設立(芸術学部美術学科、デザイン学科)• 1966年(昭和41年) 学校法人浪速外語学院を学校法人塚本学院に、浪速芸術大学を 大阪芸術大学に改称• 1967年(昭和42年) 芸術学部に建築学科、文芸学科増設• 1968年(昭和43年) 芸術学部に音楽学科、放送学科増設• 1970年(昭和45年) 芸術学部に写真学科、工芸学科増設。 大阪芸術センターを設置• 1971年(昭和46年) 芸術学部に環境計画学科、音楽教育学科、演奏学科、映像計画学科増設• 1972年(昭和47年) 大阪音楽専門学校(各種学校)を設置• 1973年(昭和48年) 芸術専攻科開設(美術専攻、デザイン専攻、建築専攻、文芸専攻、音楽専攻)• 1974年(昭和49年) 芸術学部に舞台芸術学科、芸術計画学科増設• 1978年(昭和53年) 芸術専攻科に写真専攻、工芸専攻、音楽教育専攻、演奏専攻増設。 大阪音楽専門学校(各種学校)を大阪芸術大学附属大阪音楽学校(各種学校)に改組• 1981年(昭和56年) 大阪美術学校(各種学校)を大阪芸術大学附属大阪美術専門学校(専修学校)に改組。 塚本英世記念館芸術情報センターを設置• 1986年(昭和61年) 芸術学部の映像計画学科を映像学科に改組• 1987年(昭和62年) 大阪芸術大学附属大阪音楽学校を廃止。 学校法人塚本学院白浜研修センター()を設置• 1992年(4年) 学校法人塚本学院菅平高原研修センター()を設置• 1993年(平成5年) 大学院芸術文化研究科芸術文化学専攻(修士課程)設置• 1995年(平成7年) 大学院芸術文化研究科芸術文化学専攻(博士課程)設置• 1997年(平成9年) 大学院芸術制作研究科芸術制作専攻(修士課程)増設• 2000年(平成12年) 浪速短期大学を大阪芸術大学短期大学部に改称• 2001年(平成13年) 通信教育部芸術学部(美術学科、デザイン学科、建築学科、文芸学科、音楽学科、放送学科、写真学科、工芸学科、映像学科、環境計画学科)増設• 2002年(平成14年) 大阪芸術大学博物館を開館• 2003年(平成15年) 芸術学部の環境計画学科を環境デザイン学科に改組• 2005年(平成17年) 大学院芸術文化研究科(博士課程)と芸術制作研究科(修士課程)を芸術研究科芸術文化学専攻(博士前期課程)、芸術制作専攻(博士前期課程)、芸術専攻(博士後期課程)に改組。 芸術学部にキャラクター造形学科増設、音楽教育学科募集停止。 通信教育部芸術学部環境計画学科を環境デザイン学科に改組• 2007年(平成19年) 大阪芸術大学テレビ局を開局• 2008年(平成20年) 大阪市の再開発地域に、である「ほたるまちキャンパス」を開設• 2010年(平成22年) 芸術学部に初等芸術教育学科、通信教育部芸術学部に初等芸術学科を増設• 2012年(平成24年) 芸術学部の環境デザイン学科、通信教育部芸術学部の工芸学科、環境デザイン学科、映像学科、放送学科の学生募集停止• 2014年(平成26年) 大阪府大阪市のに、サテライトキャンパスである「スカイキャンパス」を開設• 2017年(平成29年) 芸術学部にアートサイエンス学科を増設 学生生活 [ ] 学園祭 [ ] この節のが望まれています。 産学協同ドラマ作品 [ ] 2003年度から2008年度までは、・・との共同制作。 基本的な放送時間は、KBS京都が毎週日曜22時から22時30分、サンテレビが毎週火曜20時54分から21時24分、テレビ神奈川は毎週金曜21時から21時30分であった。 またこの他の各局でも放映された。 2010年放送の産学協同ドラマはとの共同制作。 2012年度はとの共同制作である。 2003年度 『』• 2004年度 『』• 2005年度 『』• 2006年度 『』• 2007年度 『』• 2008年度 『』• 2009年、2010年 『』• 2009年度内にドラマの撮影・制作を行い、2010年5月9日・5月16日・5月23日・5月30日の深夜(各1時間)に放送された。 2012年度 『スニーカージェネレーション』 大阪芸大テレビ [ ] KBS京都においては、産学協同ドラマに代わる番組として、『大阪芸大テレビ』(15分番組)を、2010年(平成22年)1月より放送していた。 これはOUA-TVというの地上波版という位置づけで、大阪芸大の学生の活動振り、大学便りを放送している情報番組である。 2011年3月末でKBS京都での放送は終了したが、現在同番組は、下記の3局にて放送されている。 放送地域 放送局 系列局 放送日時 土曜 0:45 - 1:00(金曜深夜) 土曜 18:15 - 18:30 土曜 22:30 - 22:45 過去のネット局 放送地域 放送局 系列局 放送日時 備考 独立局 土曜 0:00 - 0:15(金曜深夜) 2011年3月まで 独立局 日曜 2:00 - 2:15(土曜深夜) 2010年10月まで 土曜 1:50 - 2:05(金曜深夜) 2012年3月まで その他提供番組 [ ]• 大阪芸大メディアキャンパス〜開け! アートの扉! 毎週木曜日 深夜0時• など全国のラジオ局(系列)で放送。 ・他で放送。 ・・で放送。 制作の地上波テレビ放送分(2010年度より:関西ローカル(2014年までの決勝戦のみフルネット24局全国ネット))• 同中継のスポンサーのひとつとして、試合中のイニングスの合間に流れる、同学の学生が製作したワイプコマーシャル(画面の上半分をのスタンド風景を映したもの)を放送している。 同中継の決勝戦については、2014年まではネットワークセールス枠だったが、2015年からはローカルセールス枠に転換されたため、関西ローカルのみの提供となった。 大学出版物 [ ]• 『大学漫画』• 『大阪芸術大学河南文藝 文学篇』• 『大阪芸術大学河南文芸 漫画篇』 組織 [ ] 学部(通学課程) [ ]• ()内はコース名• (日本画、油絵、版画、彫刻)• (コミュニケーションデザイン、ライフデザイン)• (金属工芸、陶芸、ガラス工芸、テキスタイル・染織)• (建築デザイン、都市デザイン)• (フォトアート、コマーシャルフォト、ドキュメンタリー、デジタルフォト)• (映画、映像、シナリオ、映像学)• (創作、ノンフィクション・文芸批評、出版編集、翻訳)• (制作、アナウンス、広告、声優)• (言語、造形、音響、映像、情報)• (演技演出、ミュージカル、舞踊、舞台美術、舞台音響効果、舞台照明)• (漫画、アニメーション、ゲーム、フィギュアアーツ)• (音楽制作、ポピュラー音楽)• (ピアノ、声楽、管弦楽、音楽教育)• (初等教育、芸術療法)• アートサイエンス学科 学部(通信教育課程) [ ]• 芸術学部• 美術学科(絵画、版画)• 工芸学科(金属工芸、陶芸、染織・テキスタイル)• 写真学科• デザイン学科• 建築学科• 環境デザイン学科• 映像学科(ビデオ、アニメーション、漫画)• 文芸学科• 放送学科• 音楽学科 大学院 [ ]• 芸術専攻• 芸術制作研究分野• 芸術文化学研究分野• 芸術制作専攻• 絵画研究領域(・・)• 彫刻研究領域• デザイン研究領域(・・・・)• 環境・建築研究領域(環境設計、建築設計)• 工芸研究領域(・・・)• 映画・映像研究領域(映画、映像、シナリオ)• 舞台研究領域(演劇、舞踊)• 文学・キャラクター創作研究領域(小説、キャラクター)• 器楽研究領域(・)• 声楽研究領域(歌曲、オペラ)• 作曲研究領域(作曲、電子音響音楽)• 芸術文化学専攻(博士前期課程)• (美学・芸術学、美術史学、映像学、民族芸術学)• 施設 [ ] 河南キャンパス(学部・大学院・通信教育) [ ] 設置施設 [ ]• 芸術情報センター• 図書館• 収蔵コレクション• 、の写真作品411点(通称:ガスマン・プリント・コレクション)をで唯一、1セット保有している。 これは、中で5セットしかない、写真史上大変貴重な物である。 の歴史上貴重な機器が、大阪芸術大学に保存・収集されている。 博物館• 撮影所• 芸術劇場• 総合体育館• 研修センター• 芸坂 ほたるまちキャンパス(学部・通信教育) [ ] スカイキャンパス [ ] 伊丹キャンパス(短期大学部) [ ] 「」を参照 福利厚生施設 [ ]• 塚本学院白浜研修センター(和歌山県西牟婁郡)• 塚本学院菅平高原研修センター(長野県上田市) 対外関係 [ ] 国内交流 [ ]• 加盟大学 海外協定大学 [ ]• (アメリカ合衆国)• (アメリカ合衆国)• (アメリカ合衆国)• (アメリカ合衆国)• (アメリカ合衆国)• (アメリカ合衆国)• (アメリカ合衆国)• (アメリカ合衆国)• (アメリカ合衆国)• (アメリカ合衆国)• (アメリカ合衆国)• (アメリカ合衆国)• (オーストリア)• (オーストリア)• (ルイ・ルミエール映画学校、フランス)• (中国)• (韓国) 系列校 [ ]• 教職員・出身者 [ ] 詳細は「」を参照 ロケ作品 [ ]• 劇場版3• 岩石雄大(辻本茂造)が通う「実直大学」のキャンパスとして、数秒、校内風景が映る。 テレビドラマ版• 主人公が通う大学として、大学構内がロケ地となる。 「ミュージックビデオにおける女の子の演出講座」において、大学構内がロケ地となる。 撮影監督は、当時大阪芸大在学中の寿司くん(・こやまたくや)が担当。 主人公が通う高校「北飛鳥学園」として、校内や食堂、芸術情報センター等が映る。 大阪芸大のにおいて、本作のロケ地を巡るフォトラリーが開催された。 交通アクセス [ ]• から石川線「東山行き」または近鉄長野線 から金剛バス阪南線「行き」に乗車し、「東山」バス停下車すぐ。 なお、東口近くの大阪芸術大学専用バスターミナルから、スクールバスが出ている(無料)。 こちらは校門から先、通称「芸坂」を登り、10号館前まで運行する。 バス椅子定員になり次第出発。 かつてスクールバスは「東山」バス停と同じ所で停車し、学生は芸坂を登らなければならなかった。 2013年には10数台あるスクールバスのうち1台が、映画「[新編]叛逆の物語」とのタイアップでラッピングされ 、「痛バス」として注目された。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 学科構成が似ていて、何かと比較されがちである。 - 出身者(中退)であるの自伝的漫画作品。 「大作家(オオサッカ)芸術大学」として登場し、1980年代初頭のキャンパス・ライフについて詳細な描写がある。 出典 [ ] []• 芸大ブログ2013年11月13日付記事 外部リンク [ ]• (英語).

次の

教員紹介|大阪芸術大学 芸術計画学科

大阪芸術大学 芸術計画学科

thisismedia 【関西4美大】京都精華大学・京都造形芸術大学・大阪芸術大学・成安造形大学出身の有名アーティスト 関西の「美大・芸大」ってどんなところ…? 「五美大」と聞くと、武蔵野美術大学、多摩美術大学、東京造形大学、女子美術大学、日本大学芸術学部の美術大学5校を想像する方も多いのではないでしょうか? 関西にも主要な美術大学がいくつかあり、特に人気な4校、京都精華大学・京都造形芸術大学・大阪芸術大学・成安造形大学を総称して「関西4美大」と呼びます。 今回は、そんな関西の主要美大・芸大と、各校の有名な卒業生・アーティストをご紹介。 これから美大への入学を考えている方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。 京都精華大学 京都精華大学は、京都府京都市左京区に本部がある私立大学。 通称、「精華大」「精華」と呼ばれています。 日本で初めて 「マンガ学部」を開設した大学として一時期話題に上りました。 京都市と共同運営するかたちで 「京都国際マンガミュージアム」を開設・運営するなど、文化・表現メディアとしての マンガの研究・収集・保管・展示に力を入れています。 さらに、2015年から文化庁より委託を受け「メディア芸術連携促進事業」を実施。 メディア芸術分野の文化資源の運用・展開に参画しています。 学部 芸術学部 デザイン学部 マンガ学部 ポピュラーカルチャー学部 人文学部 学科 芸術研究科 デザイン研究科 マンガ研究科 人文学研究科 京都精華大学出身の有名人・アーティスト 塩田 千春 学部の実験的なカリキュラムや専攻構成の大胆な改編、更にインターネット上の学科設置など、教育研究機関としての大学の形態を常に変化させ力を入れています。 学部 美術工芸学科 マンガ学科 キャラクターデザイン学科 情報デザイン学科 プロダクトデザイン学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 映画学科 舞台芸術学科 文芸表現学科 アートプロデュース学科 こども芸術学科 歴史遺産学科 コース 基礎美術コース 日本画コース 油画コース 写真・映像コース 染織テキスタイルコース 総合造形コース ストーリーマンガコース キャラクターデザインコース ビジュアルコミュニケーションデザインコース イラストレーションコース クロステックデザインコース プロダクトデザインコース 空間デザインコース ファッションデザインコース 建築・インテリア・環境デザインコース 映画製作コース 俳優コース 演技・演出コース 舞台デザインコース クリエイティブ・ライティングコース アートプロデュースコース こども芸術コース 文化財保存修復・歴史文化コース 京都造形芸術大学出身の有名人・アーティスト 黒木華 京都造形芸術大学・芸術学部映画学科俳優コース卒業。 人気の実力派女優であり、ドラマ・映画で大活躍中です。 在学中にオーディションに合格してから舞台を超えて様々なメディアで活躍されています。 経歴 2011年 『東京オアシス』にメインキャストとして映画初出演。 2012年 『おおかみこどもの雨と雪』で声優初挑戦、 2013年 連続テレビ小説『純と愛』、『リーガルハイ』第2シリーズなどのテレビドラマでレギュラー出演。 映画でも初主演(ダブル主演)した『シャニダールの花』や『舟を編む』での演技が評価され、キネマ旬報ベストテンや日本アカデミー賞など、日本の主要映画賞で計7つの新人賞を受賞。 2014年 『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。 大阪芸術大学 鬼才の若手映画監督として有名な山下 敦弘さん。 卒業制作として撮った『どんてん生活』のビデオを、知人に配っていたら、篠崎誠経由で(北野武を国際的に紹介した批評家の)トニー・レインズに注目され、国際映画祭に出品されるという特殊な経歴を持っています。 経歴 2005年 女子高生を主役にした『リンダ リンダ リンダ』発表。 キネマ旬報ベストテンでも6位獲得。 『天然コケッコー』では、『ジョゼと虎と魚たち』の脚本家・渡辺あやと組み、第32回報知映画賞・最優秀監督賞を最年少受賞 2014年 咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞 2015年 ドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』で東京ドラマアウォード2015の演出賞を受賞 滋賀県大津市に本部を置く日本の私立大学です。 通称、「成安」「成安造形大」と呼ばれています。 イラストの専門コースが充実しており、各コースで専門的なスキルを身につけることができます。 領域 総合領域 イラストレーション領域 美術領域 商法デザイン領域 空間デザイン領域 地域実践領域 コース 総合デザインコース メディアイラストコース アートイラストコース デジタルイラストコース マンガ・絵本コース アニメーションコース 3DCGコース フィギュア・トイコース 風景イラストコース ネイチャーイラストコース 日本画コース 洋画コース 現代アートコース グラフィックデザインコース 情報デザインコース 写真コース 映像コース コスチュームデザインコース プロダクトデザインコース 住環境デザインコース クリエイティブ・スタディーズコース 成安造形大学出身の有名人・アーティスト 川内 倫子 澤田 知子は、セルフポートレートの手法を用いた写真表現で有名な写真家です。 代表作は、作家本人が被写体となり、髪型、メイク等を変え別人になりすまして証明写真を撮った『ID400』。 同じ人間なのに、別人にしか見えない。 その人を証明するための「証明写真」が、実際は何も証明できていない。 その卓抜したアイデアと作品の見事さが高く評価され、この『ID400』シリーズはキヤノン「写真新世紀」2000特別賞を受賞しました。 経歴 2000年 成安造形大学 写真クラス卒業。 卒業作品『ID400』でキヤノン「写真新世紀」2000特別賞を受賞。 2004年 国際写真センター ICP の「インフィニティー賞」 若手写真家部門を受賞。 「美大」「芸大」のおすすめ記事.

次の