イラストや 男の人。 Gallant and Bold. Boys in Japanese Clothing

【感激!】絵が下手な人でも簡単に描けるボールペンイラスト

イラストや 男の人

概要 かつての九里 くり 大名・に仕えた九人の侍からなる家臣団。 その過去はいずれもならず者や孤児など、決して恵まれた立場の者ではなかったが、当時将軍家から勘当され国中を放浪していたおでんの人柄に惚れ込み半ば強引に家来となり苦楽を共にする。 彼が大名に襲名してからは「都から来る堅物共より気心の知れたお前らがいい」というおでんの意志もあり、正式に大名家家臣として取り立てられた。 (内、海外出身者であるイヌアラシ・ネコマムシ・河松の3名は、おでんが大名になってから数年後に邂逅し家臣団に加わっている。 ) 当初は寄せ集めのチンピラ気質が抜けきらず、領地の金欠問題を解決する為に、おでんの恩人でもあった白舞 はくまい 大名の屋敷から金を盗もうとしたあげく捕まるという騒動も起こしたが、康イエはおでんを思う忠誠心に免じて許すばかりか、彼ら家臣団が盗もうとした金を与え、更には自らの懐から家臣団のための金まで譲渡した。 「ゴロツキの家臣では主君の恥となる。 身なりを整え、礼儀を学び、本を買い、学問を身につけろ」と康イエに諭された家臣団は、以降は言われたとおり服装や所作を改め、勉学や武芸の研鑽に打ち込んだ。 三年後の都への訪問時には、民衆が将軍の行列と見紛うばかりの錚々たる侍衆になった。 おでん曰く「自分が何したわけでもなく彼らが立派にしてくれただけ」と、いかに彼らの奉公を誇っていたかが伺える。 おでんが海外へ旅立ってしまった後も、大名不在の九里をなんとか治めていたが、と彼を船長とする、そしてカイドウと手を結んだ新将軍・の策謀により国は衰退の一途を辿ることになる。 後に帰国した主君おでんと決起してオロチを討たんと動き出すが、それを阻んだカイドウ一味との戦いに敗れ、おでんは罪人として処刑され、本丸であったおでん城も失うことになる。 その20年後である現在は、二人の息子・を立て、光月将軍家の復興のため、オロチ・カイドウへの反逆の機会を狙っている。 構成 赤鞘九人男のリーダー格で、おでんの最初の家来となった一人。 元々は「花の都」近郊で窃盗などの悪事を働くチンピラであったが、都で起こした「山の神事件」の罪を肩代わりしてくれたおでんに男惚れし、都を追放された彼に同行するようになる。 おでんの死後はトキの能力で20年後の現在に飛ばされ、モモの助や仲間達と共に海外へ出るが、その道中での様々な騒動の末に仲間は散り散りとなり、自身はにて遭遇したの能力で頭・胴体・下半身がバラバラにされた状態で放置されることになる。 母の代にワノ国に住み着いた魚人族。 鍔がない「外無双」という刀を所有している。 ある日、ワノ国に漂着したイヌアラシ・ネコマムシを見つけた際、その得体の知れない3人の風貌を蔑む九里のゴロツキ達から迫害を受けていたところをおでんに救われ、その後、3人揃って家臣となる。 トキの死後、時代に残ってその娘・を保護して崩落する城から抜け出し、幼い彼女の面倒を見続けたが、自身の食べる分まで分け与えてくれる献身的な姿は逆に日和を追い詰めてしまい、いつしか彼女は河松の前から姿を消してしまう。 現在ではオロチ・カイドウ一味に捕らえられ、兎丼にある採掘場の牢屋に閉じ込められていた。 余談 呼称の由来について おでんの重臣だった9人を指すこの呼称は、討ち入りに向かう彼らの姿を見た者たちが付けた通称である(ただしこの時のおでんはにより評判が地に落ちており、実際に呼称が付けられたのはおでんが処刑された後になる)。 当然これは正式な呼称ではなく、本人たちが自称しているわけでもないが、敵方のもこの呼称を使っており、彼ら9人を赤鞘九人男と呼ぶことは現在のでは広く理解されている。 以下は、おでんたちが20年前に花の都へ進軍する際に綴られたテロップである。 【彼に拾われ武士となった九人の男が揃い踏み】 【刻は夕刻 深紅に色づく太陽は】 【戦い勇む男達を炎の様に赤く照らし】 【腰に差した刀も然り 燃ゆる命を映し込む】 【人々は後にその強き忠義心を尊び彼らを】 【「 赤鞘九人男」と呼んだ】 好物について 96巻で公開された九人男の好物にはそれぞれのタネ(具材)が挙げられており、全員、主の作るおでんを喜んで食していた模様(先んじて本編に登場している錦えもんやカン十郎、ネコマムシはおでん以外の好物も存在するが)、因みにイゾウやしのぶもおでんの具がそれぞれ好物に挙げられている。 また、おでん本人の好物についても「おでんの すべて」だったと判明している。 関連タグ 光月家 宿敵 協力者 関連記事 親記事.

次の

【感激!】絵が下手な人でも簡単に描けるボールペンイラスト

イラストや 男の人

髪を短くすればいい、胸を大きく描かなければ良い…という問題でもありません。 ですが、然程難しく考える必要も無いと思います。 漫画にしてもイラストにしても仕事とする場合「男性」を描く機会が出てくる事が多くなるでしょうしね。 先にも述べましたがあまり難しく考えず、気を付ける所は気を付けて…という流れになりますがどうぞ宜しくお願い致します。 男性の体格 個人的に男性は女性と違い硬いというイメージを頭に置いているので華奢な男性でも一応はそこを意識しているつもりではあります。 肩幅があり喉仏、首もしっかりとしている…男性用トイレマークのような肩幅ががっしりした四角い(又は逆三角形)のマークを考える良いかもしれません。 そして下半身部分も括れ等々は無くぺたっとしているイメージがありますね。 先程も言いましたがスレンダーというか華奢な男性もそれなりにがっしりしている感じはあります。 筋肉や体格というよりは骨そのものがやはり男性のモノ…という事なのですかね? ですから華奢な男性は細いというよりは「薄い」というイメージが強いです。 太めの男性は丸いのですが女性の丸みでは無く腹部や下半身部分、腕等の太るラインに肉が付くというイメージがありますね。 ですので、丸くてもしっかりと肩がある。 胸はオッパイが大きいという寄りは太い…というかんじでしょうか…。 体格はTVの芸能人の方々や男性のグラビア等々を見て参考にしてみると自分の描きたい度合いが見つかると思います。 筋肉質な人を描く場合結構描き手さんの好みで度合いが変わっていくと思います。 ボディビルダー系の筋肉を好んで描く人やスポーツ系の筋肉を…という方とここは好みの問題だと思います。 女性キャラでも基本のオッパイの大きさは描き手さんによって結構変わりますのでそれと多分似ていると思います。 筋肉のある人は首の周りから肩にかけてのソウボウ筋が盛り盛りしているのでそこに山を作るつもりで描いてあげると嘘筋肉っぽくなりません。 そして定番の力瘤…も上の山もですが上腕二等筋も盛り盛り山を作りましょう。 ボディビル雑誌を見るとやはり力瘤やその反対側が凄いので私の知っている腕じゃない…という気分になります。 個人的な筋肉のポイントは ・首のまわりのソウボウ筋をモリモリさせる ・上腕二等筋もしっかり付ける ・背中の筋肉も凄いので体は厚く描く ・そして、大事な腹筋は6つ …というのを頭に入れていると良いかなと思います。 筋肉は想像で描けそうで実はかなり難しいのでボディビル雑誌、格闘雑誌、スポーツ誌等々を見ながら描いてみるのはかなりオススメです。 そこから自分のカッコいいと思う筋肉を見付ける事が出来れば、そこを基準に描いていけると思います。 古本屋さん等でコレ等の雑誌は安価で手に入りますので練習用に一冊購入してみると良いかと思います。 良かったら書店で綺麗な状態のモノを買って売上に貢献しましょう。 ボディビル誌はかなり極端な筋肉の実物写真を見る事が出来るのでスポーツ筋肉等が描きたい場合でも一度見てみると良いかもしれません。 私は耽美系を描かないので説明が難しいですがいわゆる麗しい男性も体はしっかりと男性ですし(胸板とかしっかりありますし) あといわゆる「男の娘」ですがここも筋肉と同じく描き手さんの好みで良いと思います。 100%女の子にしか見えない体つきでも二次元なので「そういうもの」ですし 逆に「男であることが前提」というスタンスを崩さないで喉仏や肩幅等々の男のラインを服(ロリータ系)で隠す…という感じでも良いと思います。 そこら辺は何度も言いますが描く人の好み…ですね。 まとめ リアルに描きたい人もデフォルメで描きたい人も押さえる所を押さえていれば男性女性と体の描き分けは出来ると思います。 筋肉、女装…等は本当好みが反映されますのでその好みを存分に描けていれば良いかな…と思います。 お付き合い頂きありがとうございました!

次の

Real men need no words! no

イラストや 男の人

概要 かつての九里 くり 大名・に仕えた九人の侍からなる家臣団。 その過去はいずれもならず者や孤児など、決して恵まれた立場の者ではなかったが、当時将軍家から勘当され国中を放浪していたおでんの人柄に惚れ込み半ば強引に家来となり苦楽を共にする。 彼が大名に襲名してからは「都から来る堅物共より気心の知れたお前らがいい」というおでんの意志もあり、正式に大名家家臣として取り立てられた。 (内、海外出身者であるイヌアラシ・ネコマムシ・河松の3名は、おでんが大名になってから数年後に邂逅し家臣団に加わっている。 ) 当初は寄せ集めのチンピラ気質が抜けきらず、領地の金欠問題を解決する為に、おでんの恩人でもあった白舞 はくまい 大名の屋敷から金を盗もうとしたあげく捕まるという騒動も起こしたが、康イエはおでんを思う忠誠心に免じて許すばかりか、彼ら家臣団が盗もうとした金を与え、更には自らの懐から家臣団のための金まで譲渡した。 「ゴロツキの家臣では主君の恥となる。 身なりを整え、礼儀を学び、本を買い、学問を身につけろ」と康イエに諭された家臣団は、以降は言われたとおり服装や所作を改め、勉学や武芸の研鑽に打ち込んだ。 三年後の都への訪問時には、民衆が将軍の行列と見紛うばかりの錚々たる侍衆になった。 おでん曰く「自分が何したわけでもなく彼らが立派にしてくれただけ」と、いかに彼らの奉公を誇っていたかが伺える。 おでんが海外へ旅立ってしまった後も、大名不在の九里をなんとか治めていたが、と彼を船長とする、そしてカイドウと手を結んだ新将軍・の策謀により国は衰退の一途を辿ることになる。 後に帰国した主君おでんと決起してオロチを討たんと動き出すが、それを阻んだカイドウ一味との戦いに敗れ、おでんは罪人として処刑され、本丸であったおでん城も失うことになる。 その20年後である現在は、二人の息子・を立て、光月将軍家の復興のため、オロチ・カイドウへの反逆の機会を狙っている。 構成 赤鞘九人男のリーダー格で、おでんの最初の家来となった一人。 元々は「花の都」近郊で窃盗などの悪事を働くチンピラであったが、都で起こした「山の神事件」の罪を肩代わりしてくれたおでんに男惚れし、都を追放された彼に同行するようになる。 おでんの死後はトキの能力で20年後の現在に飛ばされ、モモの助や仲間達と共に海外へ出るが、その道中での様々な騒動の末に仲間は散り散りとなり、自身はにて遭遇したの能力で頭・胴体・下半身がバラバラにされた状態で放置されることになる。 母の代にワノ国に住み着いた魚人族。 鍔がない「外無双」という刀を所有している。 ある日、ワノ国に漂着したイヌアラシ・ネコマムシを見つけた際、その得体の知れない3人の風貌を蔑む九里のゴロツキ達から迫害を受けていたところをおでんに救われ、その後、3人揃って家臣となる。 トキの死後、時代に残ってその娘・を保護して崩落する城から抜け出し、幼い彼女の面倒を見続けたが、自身の食べる分まで分け与えてくれる献身的な姿は逆に日和を追い詰めてしまい、いつしか彼女は河松の前から姿を消してしまう。 現在ではオロチ・カイドウ一味に捕らえられ、兎丼にある採掘場の牢屋に閉じ込められていた。 余談 呼称の由来について おでんの重臣だった9人を指すこの呼称は、討ち入りに向かう彼らの姿を見た者たちが付けた通称である(ただしこの時のおでんはにより評判が地に落ちており、実際に呼称が付けられたのはおでんが処刑された後になる)。 当然これは正式な呼称ではなく、本人たちが自称しているわけでもないが、敵方のもこの呼称を使っており、彼ら9人を赤鞘九人男と呼ぶことは現在のでは広く理解されている。 以下は、おでんたちが20年前に花の都へ進軍する際に綴られたテロップである。 【彼に拾われ武士となった九人の男が揃い踏み】 【刻は夕刻 深紅に色づく太陽は】 【戦い勇む男達を炎の様に赤く照らし】 【腰に差した刀も然り 燃ゆる命を映し込む】 【人々は後にその強き忠義心を尊び彼らを】 【「 赤鞘九人男」と呼んだ】 好物について 96巻で公開された九人男の好物にはそれぞれのタネ(具材)が挙げられており、全員、主の作るおでんを喜んで食していた模様(先んじて本編に登場している錦えもんやカン十郎、ネコマムシはおでん以外の好物も存在するが)、因みにイゾウやしのぶもおでんの具がそれぞれ好物に挙げられている。 また、おでん本人の好物についても「おでんの すべて」だったと判明している。 関連タグ 光月家 宿敵 協力者 関連記事 親記事.

次の