戦国 無双 3 empires。 戦国無双4 Empires 攻略Wiki

ニュース/戦国無双3 Empires[PS3]

戦国 無双 3 empires

戦国無双3 Empires 攻略Wiki• ここは戦国無双3 Empiresの情報を集め、まとめたwikiです。 有志の情報提供&編集も、勿論募集しております。 積極的に情報提供をお願いします。 現在、・の各ページの情報を募集中です。 皆が利用するwikiです。 偏った文章の記述はご遠慮ください。 攻略情報以外の投稿は、削除対象になります。 Wikiは構造的に荒らしを阻止出来ず、そのために規制などの措置も不可避的に発生します。 精力的に編集したい方は、アカウントの獲得とログイン状態での編集を推奨します。 編集のルール ・未確定の情報を記載しないで下さい。 ・ 通常のユーザーではページの削除が出来ないので、管理人さんの負荷軽減のため、焦ってページ作成しないで下さい。 ・ 書式は3無印発売の頃から皆で作り上げてきたものです。 個人的な判断で変更をしないで下さい。 ・判断に迷う時は、必ずにコメントして、他の編集人や閲覧者に意見を聞いて下さい。 ・色々な方がこのWikiを閲覧されますので、出来るだけ分かりやすい文章の作成をお願いします。 ・ 他サイトからの転載はしないで下さい。 また、このWikiの内容の他サイトへの転載もご遠慮下さい。 戦国無双3 Empires.

次の

戦国無双4 無印とempiresの違いについて。戦国無双シリーズは...

戦国 無双 3 empires

概要 コンセプトは"究極の、国取り無双。 " 新要素「居城内政」が追加。 ・開発や軍事などのコマンドに該当する部屋があり、そこに武将を配置することで奉行に任命可能。 ・武将からの提案を採用することでゲームが進んでいく。 任意でのコマンド選択も可能。 ・配置する武将の相性によって内政の効果が変化する。 戦闘システムは戦国無双4-IIがベース。 ・ Empiresシリーズではおなじみの戦闘システム、兵站ラインで結ばれた拠点を制圧しながら、前線を押し上げていく「兵站線バトル」が復活。 ・味方武将全員に戦闘の方針を設定することができる「個別方針設定」が可能。 ・戦場に連れて行く武将は、友好度を高めることで最大8人の武将を切り替えながら戦うことが可能。 史実エピソードや人間関係に焦点をあてた「武将ドラマ」。 友好関係や敵武将との確執など、選択や成否によって大きく変化。 無双武将は4-IIに登場した56名で新たな無双武将は登場しない。 プレイヤーが作成する「エディット武将」の他にも、 一般武将には無双武将化していない全国の有名武将などをはじめとした総勢100人以上にも固有の見た目を設定。 淀殿やまつなどの「姫武将」も総勢100人以上登場。 結婚イベントを追加。 無双武将同士はもちろん、エディット武将・一般武将との結婚も可能。 関連リンク• 2ch関連スレッド• 発売前情報• 4、4-2ですでに固有外見だった武将は公式サイトの固有モブ一覧に載っていないが、4エンパにも登場する。 具体的には上杉景虎、高橋紹運、弘中隆包、最上義光、斉藤龍興、朝倉義景、陶晴賢、鍋島直茂、 武田勝頼、 龍造寺隆信、徳川秀忠、豊臣秀頼。 争覇演舞、創世演舞での2Pプレイが可能。 武将は基本的に史実の元服年に基づいて登場する。 勢力内で一国に配置できる武将は最大8人。 「夫婦」などの人間関係を結んだ武将は戦場で相互に切り替え可能になる。 また、味方の切り替えを可能にする戦場策もある。 特定の親子や兄弟には専用の台詞が用意されている(例:真田昌幸と信之・幸村親子、森長可と蘭丸兄弟)• 夫婦になった後に戦場で遭遇すると専用の台詞が再生される。 夫婦になったことで見ることのできるイベントもある。 創世演舞では争覇演舞のシナリオをテンプレートとして読み込み、編集することができる。 例えば川中島シナリオの信玄正室は諏訪姫なのだが、彼女をはずして姫武将としても未登場の三条の方をエディットして武田勢力に組み込める(夫婦設定は出来ない) Wiki編集について• -- Wikiで編集するには?• -- Wiki編集についての基礎ガイド• -- ページが消去・改変された時の復旧法(「差分」・「バックアップ」について)、エラーメッセージ出現時の対処法など•

次の

ゲームソフト

戦国 無双 3 empires

『戦国無双4 Empires』は、一騎当千の爽快感を味わえる『無双』シリーズのおもしろさに、国取りSLGとしての戦略性を加えた『Empires』シリーズの最新作。 さらに、武将たちの人間関係に焦点を当てたドラマも展開され、時として、史実にはない人間関係に発展していく場合もあるという。 なお、2人の相性や人間関係によって、上昇値は変化する。 奉行に任命した武将からは、さまざまな政略コマンドが提案されるようになる。 いずれかの提案を選べば、そのターンの内政は進む。 また、特定の武将のみが提案する政略コマンドもあり、武将集めが戦略に直結するシステムになっている。 実行させると、支配地域すべての商業を発展させられる。 国力を増やして準備が整ったら合戦へ 奉行任命によって国力を増やし、軍備系の提案を実行することで、合戦の準備が整ったら、いよいよ合戦を始める時だ。 内政と合戦の結びつきが強化された本作では、居城内政でしっかりと準備するほど、合戦が有利になる。 今まで以上に、歴史SLG的な遊びを楽しめるだろう。 合戦を始める前の軍団編成では、出陣武将や、持っていく兵糧を決定しよう。 兵糧は、数が多いほど合戦の制限時間が長くなる。 すべて決めたら、いざ出陣だ。 内政や合戦を通じて武将たちの人間関係が変化 内政や合戦を通して武将同士の人間関係が変化し、武将の人間ドラマを描いたイベントを見られることがある。 同じ奉行に任命したり、合戦で救援したり、または協力奥義を発動したりすることで友好度が上昇する他、ミッションが発生することもあるという。 支配地域を広げて居城を大きくしよう 合戦によって支配地域が増えると、さらに大規模な居城を建築できるようになる。 居城が大きくなると新たな部屋が増え、奉行に任命できる人数や提案のバリエーションが拡張されるため、内政の幅が広がって有利にゲームを進められる。 なお、居城を大きくする際はタイプによる分岐が存在する。 プレイスタイルに合わせて選ぼう。 どの武将を仲間にするかだけでなく、どの城から攻めていくかによっても、政略の幅が広がる。 実行すれば、臨時収入を得られる。 味方鉄砲隊を呼び寄せ、敵に大打撃を与える。 金山の数で収入量が変動。 銀山の数で収入量が変動。 馬産地の数で購入金額が変動。 忍びの里の数で成功確率が変動。 刀鍛冶の数で強化量が変動。 刀鍛冶の数で強化量が変動。 交易港の数で収入量が変動。 小京都の数で献上金額が変動。 小京都の数で登用人数が変動。 陶芸の数で忠誠上昇人数が変動。 温泉の数で回復兵力数が変動。 旗は居城に置くことができ、居城全体の見た目をカスタマイズできるだけでなく、旗ごとに、収入増などのさまざまな効果を得られる。 なお、『戦国無双4』や『戦国無双4-II』のセーブデータがあると、引継ぎ特典として、それぞれのタイトルでのメインキャラクターである、真田兄弟と、井伊直政にまつわる旗が獲得できる。 2つの旗は、特別な効果が用意されているという。 プレイできるシナリオを紹介 本作は、歴史SLGのように、開始年代がそれぞれ異なるシナリオを選んでプレイ可能だ。 開始年代によって勢力状況が変わるため、シナリオによって違う楽しみ方ができる。 これ以外にも、シナリオをクリアすることでさらに新たなシナリオが選択可能になっていく。 武田信玄、上杉謙信、毛利元就、長宗我部元親など、名だたる有力大名たちが並び立ち、群雄割拠していた時代。 1国から全国制覇を目指して版図を広げていく、国取りの醍醐味を味わうことができる。 開始年が1599年と下るこのシナリオでは、真田幸村や伊達政宗など、戦国後期に活躍した武将をはじめから操作することができる。

次の