する こと に なっ た 英語。 「~することが難しい」の英語表現7選【単語・英会話用例文あり】

「することになった」に関連した英語例文の一覧と使い方

する こと に なっ た 英語

「~することに決まっていた」か「~することになっていた」は英語で 'it had been decided that... ' となります。 「東日本大震災の起こる直前、私は仙台で働くことになっていた(働くことに決まっていた)」 この例文にみたらちょっと複雑になります。 なぜなら、過去に決まっていたのにしなかったことの話になりますから。 理解するのには同じ文章を現在形にしましょう: 「私は仙台で働くことになっている」 'It has been decided that I will work in Sendai. ' これはわかりやすいでしょう、そう決まっているからそうする。 しかし、決まっていたのにしなかったということになったら 'will'は使えなくて 'would' を使わなければなりません。 「東日本大震災の起こる直前、私は仙台で働くことになっていた(働くことに決まっていた)」 'Just before the great Tohoku earthquake it had been decided that I would go to work in Sendai. I was supposed to start working in Sendai but I lost the job because of the earthquake. (仙台で働き始めることになっていたけど、地震のために仕事がなくなった) She was supposed to be here by noon. (彼女はお昼までにここに来ることになっていた) 現在形でも使えます。 Are you going to the meeting? (会議に行く?) Yes, I'm supposed to. (行くことになっています).

次の

~することになっているbe supposed to

する こと に なっ た 英語

4です。 ちょっと修正を… いろいろご意見が出てますので(No. 5の方とは異なる意見になります)お困りかも知れませんね。 加えて修正までされるとややこしくなると思いますが、ご質問を再読したところ、「~ということ」という目的のいくつかを箇条書きにされたいということではないようですね。 そこで、箇条書きの一般論で言いますと、各箇条は動詞、準動詞、名詞で始めるようなっています。 各箇条共に開始のスタイルを合わせます。 動詞は命令文のように原形で、準動詞はto不定詞が使われることが多いようです。 また、文章を箇条書き形式で書き直したような形というのは、本来の箇条書きではありません。 例えば: A. This machine will ensure low running costs, reduce production time and improve product quality. ということを言いたい場合、通常の文の形で: B. This machine will: 1 ensure low running costs; 2 reduce production time; and 3 improve product quality. のように書くことがあります。 これは英語でいう箇条書きbullet pointsではありません。 また、同じ文に改行をほどこして: C. This machine will: 1 ensure low running costs; 2 reduce production time; and 3 improve product quality. と書いたとしても、私はこれを本来の箇条書きとは言えないのではないかと思うのです。 箇条書きは普通: 1)各項目が独立して文の流れを引き継がない(=1行の文に戻した場合にB. のようなきちんとした文にはならない 2)各箇条の語尾にピリオド、コンマを打たない という表記上の慣例があるからです。 もちろん、形式にとらわれずに表現するケースも多いですし、私自身なんでも規則通りにやるべきだと思っているわけでもないのですが、ビジネス文書であれば私はこの作法を参考にされることをお勧めします。 今回のように箇条書きするときには、その上に存在する基本になる文に合わせる必要があります。 つまり、全体で1つの正しい文になるようにします。 Use of this machine enables you to: i reduce production time; ii ~; and iii ~. 注 コンマ、セミコロン、and, ピリオドの使い方にご注意ください。 機械を使うことにより以下のような利点があります。。。 という流れで箇条書きをするなら、当該の機械を主語として、動詞以下を箇条書きにする、というスタイルより、利点のみをなるだけ名詞で箇条書きをしたほうがプレゼン資料としては、インパクトがあると思います。 (efficiency, improvement, less time など。。。 ) でも、そうなるとご質問の趣旨とは違ってくるので、話を戻して、なるだけ元の文脈を生かそうとすると。。 This new product, model T-XXXS, enables 1 to reduce production time 2 to save the occupying space 3 to maintenance cost and time みたいなかんじになるのではないでしょうか。 この場合、Enableという動詞を受けているので、箇条書きのスタートポイントの動詞は、to から始まっています。 Reducing productive time この項目の下には、作業時間を短縮するための手順などが書かれていると期待するのが自然。 Reduce productive time 直訳すると「作業時間を短縮しなさい」という意味なので、この項目の下には、作業時間を短縮するのがいかに大切かが書かれていると期待するのが自然。 Reduces productive time この項目の下には、この機械が作業時間を短縮するのだよ、ということを詳しく書いてあると期待するのが自然。 というわけで、「作業時間を短縮できます!」を主張するためにどのようなことを書くかによります。 ただし、プレゼンや機械の内容にもよりますが、私なら単純に「Saves Time(時間節約になる)」にするかもしれません。 A ベストアンサー アメリカに住んで40年目になりました。 仕事の関係で一週間のうちでプレゼンがある日のほうがない日が多い週が多い私なので、使える使われている表現として私なりに書いてみますね。 今カリフォルニアに来ているのもその理由です。 プレゼンが5つほど金曜日までにあります。 >上記のような文をそのまま訳した場合(主語を省略して動詞から始めた場合)、英語圏の人が問題なく意味を汲み取ってくれるのでしょうか? 問題なく、とは断言できません。 問題ないからといわれたからて言って主語を取ってしまう事は英語の表現を使っているとは思われないことになってしまいます。 プレゼントは責任を持って自分の伝えたい事を誰かにそして彼らの前ですることですね。 そして、パワーポイントなどでは、箇条書きにすることでスクリーンをすっきりさせる事が出来るし、しないとまずい事にもなるわけです。 まず基本になる事が二つあり、それうちのひとつが満たされていれば主語は取ってしまっても大丈夫です 一つは、箇条書きのタイトルの部分で共通した主語となる表現が既に存在する、と言う状況です。 多分がこれが一番多いと思います。 重複するものは省いちゃえと言う英語の基本的なものですね。 そして、もう一つは、主語が誰でもいいしあまり意味のない、つまり、youでもweでもeverybodyでもいいような文章での箇条書きですね。 このようなときには動詞を原形で持ってこなく現在分詞として使います。 つまり動名詞句に持っていってしまうわけですね。 例えば、幸せとは、と課題句・箇条書きの題名を持ってきて、愛せる人が存在する事Having、自他共に心から信頼されている事を感じることReceiving、知ったかぶりをしないで済ませることの出来る知識を持っていることPossessing、と言う感じですね。 よって、問題なく出来ると言うには、箇条書きの部分も、一貫させた表現なくてはならないと言うことなのですね。 つまり、主語と推測されるものがばらばらでは「まずい」わけです。 そのためにも適切な同志を持ってこなくてはならないわけです。 (上の前者の項目での注意となります) よって、 Reduces Costs Increases efficiency Simplifies operation process と言う風にすると、この箇条書きのタイトルが、Our be selling model MK16:と言うようになるわけですね。 しかし4番目の箇条書きとして、less weight, 5番目にless expensiveなどとすると一貫性が崩れてしまうわけですね。 言っている意味は分かるのですが、表現上のスタイルとして、PPTのスクリーンイメージとしてバランスが取れなくなってしまうわけです。 4・5を使うのであれば、 Cost reduction Higher efficiency Simple operational process そして Less weight Less initial equipment investment と言う風になるわけですね。 そして動詞は口頭で説明するわけです。 また、これらを更に動詞とは関係なく Cost advantage Efficiency Operational process Physical advantage Financial merits と言う風にそれぞれのことに関しての情報・データは口頭で説明します、と言う風にもって行くことで、スクリーンに言おうとする「答え」を書かないでおくと言うテクニックもプレゼンには必要となっているわけです。 英語の文法からではなく、プレゼンと言うものがどういうものでどう実際に表現しているのかをほんの少し書いてみました。 参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてくださいね。 アメリカに住んで40年目になりました。 仕事の関係で一週間のうちでプレゼンがある日のほうがない日が多い週が多い私なので、使える使われている表現として私なりに書いてみますね。 今カリフォルニアに来ているのもその理由です。 プレゼンが5つほど金曜日までにあります。 >上記のような文をそのまま訳した場合(主語を省略して動詞から始めた場合)、英語圏の人が問題なく意味を汲み取ってくれるのでしょうか? 問題なく、とは断言できません。 問題ないからといわれたからて言って主語を取ってし... しかし、これって英語のキーボードには無いですよね。 であれば、彼らはパワーポイントのようなソフトが使えない、 文字オンリーの場面で、箇条書きをどうやって表現するのでしょうか? ひとつ自分で思い浮かんだのは番号やアルファベットを振って 1. aiu 2. kakiku 3. sasisu A. aiu B. kakiku C. saissu とすることですが、番号やアルファベットを振りたくないケースもあると思います。 ご存知の方いらしたらアドバイス頂けますと嬉しいです。 よろしくお願い致します。 「標準」と言えるかどうかですが、論文とかだと「1. 」「a b c 」「i. iii. 」とかがまず当たり前にあります [. その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。 例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。 この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。 that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。 そこで、文頭に1フレーズ置くことにより「なお」と言える表現がないものかと探しております。 1フレーズというのは、例えば、副詞一語、あるいは慣用的な表現のことです(「まず」を「To begin with 」というように)。 どなたかご教示下さい。 なお、「なお」の訳として「also」を使う例文も見かけますが、「also」は単に情報を追加する場合に使うような感じがしますので、注意喚起の場合には違和感があると思います。 「also」は日本語でいう「また」に相当するような感じがします。 仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。 その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。 例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。 この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。 that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。 とも言えると思います。 二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。 英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。 それでなくても専門的な用語が多く使われるので、文としてはあまり込み入ったものは歓迎されません。 法律関係は別ですが。 例えば上記に挙げた英文ですが、この前に勿論Note that or, please note , in addition, furthermore を入れる事は可能ですし、「なお」という言葉にこだわるなら入れたいという気持ちになるかもしれませんが、これは本文中ならまだしも、注釈の場合は必要ありません。 訳注では短文、またはフレーズだけの場合がほとんどです。 これは日本人としてのこだわりかもしれませんが、英語圏の者にとってはあまり意味がありません。 単語の訳にこだわる事も大切ですが、文、段落としてのbig picture が最後にものを言う、という例として、ニクソンが来日した時の通訳をした人の逸話があります。 元大統領が、carrying coals to Newcastle という表現を使った時に、その日本語訳を聞いた日本人在席者がどっと笑ったので、スピーチ後ニクソンが翻訳者に何と言ったのか訊いたところ、「灘に酒を盛って行く様なもの(つまりは意味が無い、無駄な事)」と訳したとの事でした。 とも言えると思います。 二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。 英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。 それでなくても専門的な用語が多... A ベストアンサー 私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。 というものが載っていました。 「all+複数名詞」は物[人]一般を指すのに対して、「all the 名詞」は特定の集合を指す。 ただし、特に《米》では「all+名詞」で特定の集合を指す場合もある この最後の指摘がkaze2004さんのご質問に関連していそうです。 (2) 現行の中学2年の検定教科書『New Horizon 2』(東京書籍)に「私の好きなこと・もの」という表現のところに、I like spring the best of all seasons. という表現があります p. わが国の教科書ですからこのall seasonsが春夏秋冬という四季(=「特定の集合」)であることは明らかでしょう。 ですから…of all the seasonsと言うのが原則であるはずにもかかわらず …of all seasonsとなっているのです。 私はこれも上の(1)に関係するものではないかと考えています。 日ごろ現実の英語に接していても「all the 名詞」となるべきところでtheがない形をよく見かけるように思います(ご紹介できる実例は今手元にありませんが)。 all subjectsには2つの解釈がありえることになります。 1つ目は回答#1さんのおっしゃる,「ばくぜんとすべての教科」を表しているというもの。 もう1つは「学校で教えられているすべての教科」を表していながらtheを用いていないというもの。 (すなわち、(1)で紹介した「「all+名詞」で特定の集合を指す場合」。 ) もちろん、どちらの解釈が正しいのかはこれだけでは判断できませんが、後者の解釈も大いにありえることを私は強調しておきたいと思います。 (4) 実はallと非常に似た振舞い方をする語にbothがありますが、bothは特定のものを指す場合であっても「both the 名詞」の形で用いられるときはtheがよく省かれます。 その本は両方ともおもしろい」と説明されています。 件のallもこのbothと同じ道をたどろうとしているのかもしれません 私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。 というものが載っていました。 A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 整理をするという意味で一番良く使われるのは、organizeと言う単語なんですね。 これは、collateのように、バラバラになった書類などを整理整頓する時にも使いますし、散らかった部屋を整理するという意味でも使います。 また、情報をわかりやすく、上司の為に整理してまとめる、という意味で、My job in the office is to organaize all the information that we have accumulated for my boss. という具合ですね。 また、その情報を整理するという事が、その情報のうちには結構要らないものが多い、というのであれば、clean up the information という言い方をします。 また、collateのように、順序だてる必要があるというのであれば、sortという単語を使います。 よって、情報を整理するという事について、何をするかによって、単語を選ばなくてはならないという事ですね。 organizeは、書類のcollate, 情報のsort, また、いらない情報を削る、等も含んでいるという事ですね。 さて、議論を整理するですが、実は私には、この文章がわかりません。 settle the controversyとして、議論をまとめて終わりにする、という意味で使われます。 この意味のことを言っているかな。 これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに35年ほど住んでいる者です。 整理をするという意味で一番良く使われるのは、organizeと言う単語なんですね。 これは、collateのように、バラバラになった書類などを整理整頓する時にも使いますし、散らかった部屋を整理するという意味でも使います。 また、情報をわかりやすく、上司の為に整理してまとめる、という意味で、My job in the office is to organaize all the information that we have accumulated for my boss. という具合ですね。 また、その情報を整理するという事が、そ...

次の

英語で「〜によって」は何て言う?「〜することで」「それによって」など

する こと に なっ た 英語

日本語の表現をそのまま英語に訳そうとすると、どう言ったらよいのかわからない・・・という悩みはよくあることですが、「〜することにした」や「〜することになった」という表現もそのうちの一つかと思います。 「転職をすることにしました」は「I decided to switch jobs. 」と表します。 ・ I decided to go back to school. (私は大学に戻ることにしました。 ) ・ She decided to quit her job and move to Australia for a few years. (彼女は仕事を辞めてオーストラリアに引っ越し、向こうで数年間住むことにしました。 ) ・ We decided to put our son in an international school. (息子をインターナショナルスクールに入れることにしました。 例えば、ロスで公共の交通機関を使うかレンタカーをするか迷ったが、結局レンターカーをすることにしたと言いたい場合は「I ended up renting a car. 」と言います。 使い方:「I ended up」+「動詞ing」 ・ Because I sprained my ankle, I ended up not running the marathon. (足首を捻挫したので、結局マラソンは走らないことにしました。 ) ・ He ended up buying a used car. (彼は結局中古車を買うことにした。 ) ・ What did you end up doing? 決して間違いではないのですが、日常会話でそのように表現するのは堅苦しくちょっと不自然です。 日本語では「〜することになった」と表現するような場合でも、英語にするならシンプルに「〜をします」と言うほうが自然です。 基本的に自分の決断ではなく外的要因で「〜することになった」を表す。 こんにちは いつも質の良いコンテンツを提供して頂きありがとうございます。 とてもためになっています。

次の