ポケモン go すごい 技 マシン。 すごい技マシンノーマルを使うべきおすすめポケモン紹介★【ポケモンGO】

【ポケモンGO】わざマシン入手方法・使い道と無駄に消費しないための使い方!|ポケらく

ポケモン go すごい 技 マシン

効果 ポケモンに指定したゲージ技を覚えさせる。 レガシー技にも対応。 つまり合計2個。 そのため、どのポケモンに使うかよく考える必要があります。 本記事では、 現在覚えられるレガシー技や 将来追加されそうなレガシー技のうち要注目なゲージ技をまとめています。 すごいわざマシンの使用や備蓄の決定に参考にしてください。 そのほか技厳選が難しいことで有名だった ミュウにも、好きな技を指定して覚えさせられます。 GBLでの注目度 ミュウツーやアーマードミュウツーは、GOバトルリーグでも注目されています。 以下のページでリーグでの使用率や、現在の注目度を調べられます。 ハイパーリーグで採用率トップクラス。 その際は技開放しておく必要がある。 御三家はどれもGOバトルリーグで人気で、特に ラグラージや フシギバナなどが活躍しています。 そのほかジムで使いやすい メタグロスにもコメパンを覚えさせたいところ。 実装時には覚えられなくなっている可能性があります。 によれば、以上のポケモンは 今までに一度も覚えたことがないはずの技を、すごいわざマシンで覚えられることになっています。 あまり実用的でない技ばかりですが、コレクション目的に覚えさせても良さそうです。 また サンダーのほうでんはジム・レイドでは3ゲージ、PvPでもある程度DPEが高く、要注意です。 解析・予想含む 将来のレガシー技 ここ1年ほどミュウツーのサイコブレイク、コバルオンのせいなるつるぎなど 伝説などの専用技が徐々に解禁されていますが、データ内にも 未実装の専用技がいくつかあります。 また 将来のコミュニティデイで新技を習得すると思われるポケモンも多数います。 備蓄もオススメ まだこれらがどんな性能になるかはわかりませんが、 予想外の強技として実装される可能性もあります。 今回はあえて使わず、将来の解禁に備えてためておくのもオススメです。 将来のコミュニティデイで 対象になるかもしれないポケモン ポケモン わざ 不明 【補足】 で名前が出たものや、で落選したポケモン。 2月の選挙情報から、すでに過去のコミュデイ対象になったポケモンにも新技がくる可能性がある。 不明 【補足】 いわゆる「600族」と呼ばれるポケモン。 同じ600族では カイリューやメタグロスなどが今までコミュデイ対象になった 専用技をもらえそうなポケモン ポケモン わざ エアロブラスト 【補足】 こんげんのはどう 【補足】 原作でのカイオーガ専用技。 ポケGOでも内部データに名前だけ存在している だんがいのつるぎ 【補足】 原作でのグラードン専用技。 ポケGOでも内部データに名前だけ存在している コバルオン同様にもらえる可能性がある シャドーボーン 【補足】 原作でのアローラガラガラ専用技。 ポケGOの内部データには未登録だが、将来的に実装の可能性が高い。 すごいわざマシンのタグ すごいわざマシンスペシャル.

次の

【ポケモンGO】すごいわざマシン(技マシン)の使い方と入手方法/アイテム(道具)

ポケモン go すごい 技 マシン

概要 すごいわざマシンを使うべきポケモンたち バトルリーグの報酬や、コミュニティデイで手に入るすごいわざマシン・スペシャル。 手に入れたのはいいけど、誰に使えばいいの? せっかく手に入れたのだから、損せず使いたいですよね。 すごいわざマシンはレガシーわざ(期間限定わざ)も覚えさせることができるので、貴重なアイテムです。 そんなすごいわざマシン・スペシャルを使うのにふさわしいポケモンを、ランク順で掲載してみました。 この記事を参考に、どのポケモンに使うか決めてみてください。 レガシーわざはほとんど対戦向けの性能です。 なのでバトルリーグに基づいた順位で紹介していきます。 スーパーリーグ、ハイパーリーグどちらも活躍するポケモンは、スーパーでまず使ってみて、気に入らなければハイパーまで育成して使ってみるのがおすすめです。 ランキング 1位:ブラッキー とっておき 活躍するリーグ:スーパーリーグ 一番おすすめしたいのが、とっておき持ちのブラッキー。 スーパーリーグを代表するポケモンの1つで、とっておき有り無しの差がとても大きい。 あくタイプに耐性を持つマリルリ相手でも、とっておきがあれば対等に戦うことができます。 とっておきを持つことで劇的な変化を体感することはないですが、ランク9,10でも通用するポケモンを獲得できるのでおすすめです。 バトルリーグに興味あるけど、誰を選んだらいいのかわからない。 という方こそ、とっておきブラッキーを使ってみてください。 ・ 2位:メガニウム ハードプラント 活躍するリーグ:スーパーリーグ、ハイパーリーグ スーパーリーグ、ハイパーリーグどちらでも活躍するポケモンで、高い耐久力とハードプラント、じしんで幅広いポケモンに対応できます。 ラグラージ対策にメガニウムが使われ、じしんのおかげで、はがね相手にも十分対抗できます。 大負けする相手が割合少ないため、ブラッキーのような安定性があるのでおススメです。 ハードプラントの威力は高く、等倍相手でも高いダメージを与えることができます。 レガシーわざを覚える御三家の中で一番おススメなのがメガニウムです。 ・ 3位:ラグラージ ハイドロカノン 活躍するリーグ:スーパーリーグ、ハイパーリーグ 高い攻撃力とスペシャルわざの回転が非常に早いポケモン。 ラグラージのハイドロカノン連射は、やられる側からすれば本当に参る。 タイプ一致のじしんも、ハイドロカノンに負けないほどの脅威なので、非常に強力なポケモンです。 すごいわざマシンスペシャルの恩恵を最も体感できるのは、恐らくこのラグラージ。 ただラグラージはスーパーリーグ、ハイパーリーグどちらでもよく使われており、その分対策も多くされています。 頭打ちに感じる時が来るので、高レートを目指すのであれば優先順位はブラッキー、メガニウムの次です。 ランク6以下では無双できるかもしれません。 バトルリーグをやらなくても、ジム設置やジム挑戦、レイドバトルでも活躍できるからです。 メタグロスはディアルガやカイオーガが出てくるマスターリーグでも通用するほどのポケモン。 メタグロスだけでマスターリーグを勝ち続けることはできませんが、1体持っているだけで余裕が生まれます。 高個体ダンバルを手に入れたなら、コメットパンチ持ちメタグロスを作るのはとてもおススメです。 ・ 5位:アーマードミュウツー サイコブレイク 活躍するリーグ:ハイパーリーグ ハイパーリーグを代表するポケモン、アーマードミュウツー。 ギラティナ・アナザー並の高耐久を持つため、安定感があります。 初手出しで大負けすることがほとんどないのも魅力の一つ。 ただねんりきによるスペシャルわざの扱いが難しく、抱え落ちや交代受けされやすいので、玄人向けのポケモンです。 ミュウツーが好きとか、カッコいいポケモンを使いたいならおススメです。 6位:リザードン ブラストバーン 活躍するリーグ:ハイパーリーグ ほのおタイプを代表するポケモンで、はがね、くさ、フェアリー相手に有利に進められます。 リザードンはドラゴンクローを持つので、対ギラティナでも大負けすることはありません。 みずタイプと高耐久に弱いので、活躍できるできないの差がかなり大きい。 ラグラージに似た立ち位置なので、プレイヤーの腕が試されるポケモンです。 7位:フシギバナ ハードプラント 活躍するリーグ:スーパーリーグ、ハイパーリーグ 強力なハードプラントを覚え、ヘドロばくだんでフェアリー相手にも勝てるポケモン。 高い耐久力からハードプラントを連発することで、等倍バトルでの活躍も期待できます。 ただしレジスチルやギラティナ、アローラベトベトンなど、どうにもできないポケモンが多いので、起用しづらいのがネック。 フシギバナに思い入れがある人にはおススメ。 サイコブレイク、シャドーボールのどちらかを覚えているミュウツーに、すごいわざマシンスペシャルを使って、もう片方のわざを覚えさせたら完成。 対戦、ジムバトルでもそんなに有用ではないので、コレクション用ですね。 ただ同じように考えているプレイヤーは多いので、そこまで価値はなさそう。 色違いでサイコブレイクシャドーボール持ちならすごいかも。 ただノーマルわざもこおりのつぶてというレガシーわざなので、すごいわざマシンノーマルも必要になります。 耐久力が高いため、この記事の順位で言えば5位ぐらいにすすめたいですが、用意が簡単ではないので番外編での紹介に。 みずでっぽう型のラプラスもたまにいますが、自分に合わないとわかった時のこころのダメージが大きいので、ちょっとリスキー。 交換募集して手に入れたほうが無難かもしれません。 シャドウポケモン ラグラージ、フシギバナなど シャドウの攻撃力ボーナスが適用されたレガシーわざに、可能性を感じているプレイヤーも多いと思います。 候補としてはラグラージ、フシギバナ、カメックス、メタグロスあたり。 はっぱカッターやあまえるのようなノーマルわざに、シャドウボーナスを乗せたサーナイトやウツボットは実際にいます。 スペシャルわざだとどの程度使えるのか? バトルリーグ用のポケモンが十分に揃っていて、それなりに勝ち進められている人がお試しで使いそうです。 備考 使わずに持っておくのもOK どうしても欲しいレガシーわざポケモンがいないのであれば、ひとまず持っておくのもアリです。 任意でわざを選べるアイテムは貴重で、入手できる機会がなかなかありません。 そこまで対戦しないのであれば、現時点ではメタグロスかコレクション用のミュウツーに使う程度。 あとはドサイドンのがんせきほうぐらい。 誰かに絶対使わなきゃいけない、なんてことはないのでとりあえず持っておくのも良いと思います。 ミュウに使うのはややもったいない 20種ものスペシャルわざを持つミュウに、すごいわざマシンを使うのはあまりおススメできません。 今は通常のわざマシンがバトルリーグ、レイドバトル、トレーナー対戦など入手できる機会が多いからです。 レガシーわざという年に1回手に入るかどうかの希少さに比べたら、ミュウにすごいわざマシンを使うのはかなりもったいない。 通常のわざマシンを入手してはミュウに使って、狙っているスペシャルわざを当てにいくほうが良さそうです。

次の

【ポケモンGO】環境を破壊する最強ポケモン誕生の可能性もアリ! すごいわざマシンスペシャルを使うべきポケモンは?

ポケモン go すごい 技 マシン

事実、ミュウツーは全ポケモンの中でもトップクラスの攻撃ステータスとCPを有していて、強力なゲージ技を数多く扱えることから、名実ともに最強の名を冠するに相応しいポケモンですよね。 ところで、ミュウツーには特に強力な限定技が2種類存在しているのをご存知でしょうか。 一つはEXレイドバトルで登場したミュウツーのみが習得可能な「 シャドーボール」、もう一つはグローバルチャレンジの達成ボーナスにより登場した「 サイコブレイク」です。 さらに、技の解放をすることでこの 限定技を両方覚えたミュウツーを作成することも可能。 今回の記事では、仮にシャドーボールとサイコブレイクをミュウツーに習得させた場合にどうなってしまうのかを紹介します。 ダブル限定技ミュウツーの使い道は? シャドーボールとサイコブレイクを覚えたミュウツーの運用方法を紹介します。 もっとも輝くのはマスターリーグでの運用か。 あくタイプ以外に等倍以上でダメージを与えられる! ダブル限定技を習得したミュウツーがもっとも活躍するのは、参加可能CPに制限が設けられていないマスターリーグでの運用です。 マスターリーグで頻出する「 ギラティナ(オリジン)」「 メタグロス」に対してシャドーボールで対策しつつ(ギラティナに弱点を突かれてしまう点には注意! 交換を駆使してギラティナ遭遇の瞬間にシャドーボールを撃てるようにしておくのが理想!)、ゲージが溜まるのが非常に早いサイコブレイクで様々なポケモンを等倍でガンガン削っていくことが可能。 マスターリーグではエスパータイプが弱点のポケモンが選出されるシーンが少ないものの、等倍でダメージを与えることが可能なポケモンが非常に多いので、 シャドーボールと組み合わされば、あくタイプ以外のすべてのタイプのポケモンに等倍以上でダメージを与えることが可能という汎用性の高さが魅力です。 また、 サイコブレイクは非常にゲージ回転が良い技なので、相手の シールドを削る役割も。 ミュウツーは使用可能な技が多いため、 何をしてくるかを非常に読みづらいという精神的プレッシャーをかけることにも繋がります。 1匹でゴーストタイプとエスパータイプが弱点のレイドボス対策が可能。 将来的な育成コストの節約に。 ソロや少人数レイドバトルの成功率もアップ! シャドーボールとサイコブレイクを覚えたミュウツーは、 ゴーストタイプとエスパータイプの両タイプのトップクラスのアタッカー。 この2タイプが弱点のレイドボスに挑戦する際は、 編成して間違いなしのポケモンなので、1匹で2匹分以上の働き(もしくはそれ以上)が可能。 ミュウツーの育成は大変ですが、 将来的にミュウツー以上の火力を持つポケモンが出てくる可能性は低く、一度作ってしまえば長期的に見たときに育成に使用するほしのすなやアメがかなり節約可能。 また、リモートレイドバトルの実装により、 一人一人の火力が非常に重要な環境になった(挑戦可能な範囲が広く、参加トレーナーがばらけやすいため、ソロor少人数での挑戦となるシーンが増加した)ため、 ミュウツーのような火力を出すことが可能なポケモンをたくさん用意できればできるほど、レイドバトルの成功率が上昇しますよ。 レイドバトルの成功率アップは、色違いを狙ったり、図鑑を埋めたり、強力なポケモンを集めるペースアップ全てに直結するため非常に重要ですよ! 筆者えだまめ。 どのミュウツーにわざマシンを使うか悩んでます おそらく多くのトレーナーさんに共感していただけると思うのですが、私えだまめ(筆者)、どのミュウツーを限定技2個持ちにするか非常に悩んでおります……。 他にもすごいわざマシンスペシャルを使いたいポケモンは沢山いる……でも最強ミュウツーも欲しい……でもアメもすなも惜しい……と欲まみれな悩みを抱えながらGWを過ごすことになりそうです。

次の