茹で た ブロッコリー 冷凍。 ブロッコリーの保存方法は冷蔵と冷凍、長持ちは茹でてから?保存期間、常温では?

ブロッコリーの賞味期限を大特集!冷蔵・冷凍で長持ちさせるには?

茹で た ブロッコリー 冷凍

生のままでブロッコリーを冷凍保存すると、ブロッコリーのシャキっとした歯ごたえを損なわず、ブロッコリーの良さを維持することができます。 また、 加熱をしないことでビタミンが抜けにくいというメリットもあります。 では、生のままの保存方法の手順をご紹介します。 まず、ブロッコリーを小房に分けて切り落としていきます。 次に、1つ1つラップに包みます。 最後にジップ付き保存用袋に入れて、冷凍庫で保存します。 以上のように、簡単に保存できてしまいます。 急速に凍らせたいときには、ブロッコリーをラップに包んだ後にアルミホイルで包んでから冷凍したり、金属のトレーの上において冷凍するとよいでしょう。 生のままの保存は、買ったときの状態から栄養価さを落とず、おいしくいただくことができ、簡単なのでぜひ試してみてください。 生のままで冷凍した場合は、生のままで冷蔵保存したときよりも保存期間が延びます。 生のままの冷蔵保存は、上記でも書きましたが購入してから2~3日で傷み始めてしまうので、2~3日以内で消費しなくてはならなくなります。 ブロッコリーのつぼみが黄色に変色してしまうのは、つぼみが開き始めている状態だからです。 また、変色してくると、食感と味の変化があり、また見栄えがよくないためお弁当などには使いにくいですが、食べるには問題はありません。 しかし、どうせなら鮮やかな緑のブロッコリーを食べたいですよね。 生のままで冷凍したブロッコリーの保存期間については、1ヶ月が目安です。 冷蔵保存よりもだいぶ保存期間が延びますので、多めに購入しても対策ができます。 また、 変色もなく、味も食感もほとんど損ないません。 ブロッコリーを一度茹でてから保存すると、 解凍してすぐに使うことができたり、一度茹でていることから、小房がぽろぽろと崩れるのを防いだりするメリットがあります。 まず、ブロッコリーを小房に切り分けます。 次に、塩を加えた熱湯で30秒ほど、固めに茹でます。 茹でたらザルにあげて水気をきり、キッチンペーパーでしっかり水気を拭き取ります。 荒熱が取れたら、ブロッコリーをジップ付き保存用袋に入れて、冷凍庫で保存します。 栄養価や味わいを損ねないために、 高温で短時間加熱するのがおすすめです。 塩は、一つまみがよい加減になります。 一度ひと手間をかけて下茹でしているので、使う時には解凍してすぐに調理ができます。 忙しいときなどに便利な方法です。 ぜひ、お試しください。

次の

ブロッコリーのゆで方と保存方法!冷凍した時の解凍方法は?

茹で た ブロッコリー 冷凍

もともと日持ちがしない野菜で 早いと購入してから3,4 日で傷んできてしまいます。 ですので、購入後は冷蔵庫に保管して、できれば早いうちに使い切ってしまうのがおすすめです。 冷蔵庫での保存法は? ブロッコリーは、 生のまま、または 茹でてから冷蔵庫で保存することが可能です。 生のまま冷蔵庫で保存する場合は、 洗わずにそのままビニール袋に入れて密閉し、できれば 野菜室で、可能であれば 立てた状態で保存しましょう。 茹でて保存する場合は、 ブロッコリーを小房に切って洗います。 沸騰したお湯にブロッコリーを入れて、 2分半ほど茹でて、ザルに挙げて水気をしっかり切ります。 冷めたら密封容器に入れて、冷蔵庫で保存します。 茹でておけば、そのままお肉料理に添えたり、パスタやシチュー、カレーなどの煮物に入れて使えるので便利ですよ。 ブロッコリーは 生で保存しておくと、すぐに 黄色くなって、味が変わっておいしくなくなってしまいます。 ですので、黄色くなる前に、茹でてから保存しておくと、少しは変色を気にすることなくおいしく食べれますよ。 私も色が変わりそうだなと思ったら、とりあえず すぐに茹でるようにしています。 冷凍する場合は? ブロッコリーは 冷凍保存が可能です。 ブロッコリーは前述のとおり、 傷むのが早いですし、新鮮なうちに食べるのがやはりおいしいですので、もし、おいしいうちに食べきれない場合は、 早めに冷凍保存してしまいましょう。 購入したばかりのブロッコリーを冷凍保存することで、 1ヶ月は保存できるようになります。 ここでは、私が実際に行っているブロッコリーの冷凍保存の方法をご紹介します。 電子レンジで加熱した後に冷凍保存することで、ブロッコリーに含まれる 栄養素を逃さずに保存することができますが、火が通り過ぎて歯ごたえが無くなってしまうことも多々ありますので、 加熱時間には十分気を付けてくださいね。 冷凍したものは解凍してしまうと、水分がたくさん出ておいしくなくなってしまいますので、 凍ったまま調理に使うようにしましょう。 もちろん、電子レンジではなく、 お鍋やフライパンで茹でて冷凍することも可能です。 茹でてから冷凍保存する場合は、少し硬めに茹でて冷凍したほうが、食べるときに柔らかすぎずおいしく食べられますよ。 値段の差が激しいですが、できるだけ新鮮なものを選んでおいしく食べたいですね。 ここではおいしいブロッコリーの選び方を伝授したいと思います。 次のようなものがおすすめの 新鮮でおいしいブロッコリーです。 ときどき、黄色がかったものが売られていることがありますが、これは鮮度が落ちているということですので避けたほうがいいですね。 また、ブロッコリー自体が 固くて引き締まっているものは鮮度が高い証拠です。 逆に、柔らかく力がないものは避けましょう。 また、株もどちらかというと 大きいものがおすすめです。 逆に小さいものは、完全に育つ前に収穫されている可能性があります。 大きいものは十分育っていることが多いので、大きいものを選びましょう。 他にも、まれにお店によっては茎がカットされているものがありますが、茎があるほうが日持ちがしますので、 茎がついているものを選びましょう。 また、ブロッコリーは傷みやすいので、茎がしっかりしているものもおすすめです。 後は、全体的に 黒ずんでいないものや 茎に空洞や巣が入っていないか確かめるといいですね。 近くのスーパーなどで買ったブロッコリーは、流通で時間がかかったりするせいか、結構傷むのが早いような気がします。 地場産を売っている道の駅などで購入すると、とっても新鮮で冷蔵庫で1週間以上、時には2週間ほど持つことがあります。 ちょっとした発見です。 ですので、産地直送のきれいなブロッコリーを見つけたら、鮮度も高いのでなるべく購入するようにしています。 鮮度のいいものは何でもおいしいですよね。 栄養価がとっても高くお医者さんもおすすめするブロッコリー、栄養についてはこちらもご覧ください。 また、食物繊維も豊富で 整腸作用もありますし、 美肌効果があるといわれるビタミンCもたっぷりで、また 風邪の予防も期待できます。 冷蔵庫に常備しておきたいブロッコリー、上手に保存して美味しく健康に食生活に活用していきたいですね。 スポンサーリンク•

次の

ブロッコリーを冷凍保存!生のままと茹でてからはどっちがいい?

茹で た ブロッコリー 冷凍

ブロッコリー、上手な保存の仕方って? 今が旬のブロッコリー。 今年は暖冬の影響もあり、お手ごろ価格で買えるのが嬉しいですよね。 でも、丸ごと購入すると使い切るのが大変。 茹でてしまうと、ブロッコリーの歯ごたえがなくなってしまうのです。 ではどうすればいいのでしょうか…。 正解は茹でずに生のまま冷凍すること!小房に分けてカットし、冷凍しておけば、あのシャキッとした歯ごたえは損なわれませんよ。 ブロッコリーを小房に分けて切り落とす。 サッと洗って水気を切り、重ならないようにジップロックやビニール袋に入れ、冷凍する。 使用する際には、使う分だけビニール袋から取り出し、シリコンスチーマーに水・塩を入れてレンジで2分ほど加熱すればOK。 1回分ずつ、小袋に入れて冷凍しておくのもいいかもしれませんね。 生のまま保存できるなんて手間がかからずラク~。 使うときもレンジでチンするだけなら簡単です!ブロッコリーが余ったら生のまま保存してみてくださいね。

次の