これから の 天気 千葉。 天気予報

これからやの天気(3時間毎)

これから の 天気 千葉

梅雨前線が東シナ海から本州付近を通って三陸沖にのびています。 東海地方は、おおむね曇りで、雨の降っている所があります。 15日の東海地方は、梅雨前線が本州の南まで南下するため、はじめ曇りで雨の降る所がありますが、次第に高気圧に覆われるためおおむね晴れるでしょう。 東海地方では高温が予想され、熱中症の危険が特に高くなる見込みです。 暑さを避け、水分をこまめに補給するなど、十分な対策をとってください。 16日の東海地方は、高気圧に覆われるため、晴れるでしょう。 佐渡では、強風に注意してください。 梅雨前線が東シナ海から本州付近を通って三陸沖にのびています。 県内は、曇りで雨の降っている所があります。 15日は、次第に高気圧に覆われますが、気圧の谷や湿った空気の影響を受ける見込みです。 このため、曇り時々晴れで雨や雷雨となる所があるでしょう。 16日は、高気圧に覆われますが、気圧の谷や湿った空気の影響を受ける見込みです。 このため、晴れのち曇りで雨や雷雨となる所があるでしょう。 <天気変化等の留意点> 15日は、下越、中越、上越では、土砂災害、河川の増水、落雷に注意してください。

次の

よく当たる天気予報サイトはどれ!?天気予報に振り回されるのはもう嫌だ!

これから の 天気 千葉

カメラや登山を趣味にしていると 休日の天気が気になりますよね。 何回も天気予報を確認してしまいます。 もちろん、それによって計画も色々と変わってきます。 ただ天気予報サイトも沢山あるし、それによって予報も違ったりします。 果たして、 よく当たる天気予報サイトは一体どれなのか・・・。 今回は天気に振り回されないよう天気予報サイトについて調べて書きたいと思います。 天気予報サイトについて少し知ろう まずは、天気予報サイトについて少し調べてみたいと思います。 今、私は「美瑛町白金」という場所にある「青い池」へ撮影に行きたいです。 紅葉に青い水面が映えますし、そろそろ初雪が降りそう。 なので、Googleで「美瑛町白金 天気」と検索しました。 そうすると、「 Yahoo! 天気」、「 日本気象協会tenki. jp」、「 goo天気」、「 エキサイト天気」、「 Mapion天気予報」、「 livedoor天気予報」、「 @nifty天気予報」といった天気予報サイトが1ページ目に表示されてました。 そこでどのサイトがどう違うのか・・・。 天気予報サイトは天気予報していない・・・!? 実は、「Yahoo! 天気」、「goo天気」、「エキサイト天気」、「Mapion天気予報」、「livedoor天気予報」、「@nifty天気予報」といった天気予報サイトは 正確な意味では天気予報していないです。 どういうことだ?? と思うかもしれませんが、これには「 予報業務の許可事業者」という単語が関わってきます。 この理解のために 天気が予報される流れについて見てみたいと思います。 天気予報の流れ まず、天気予報と聞くと「 気象庁」という単語が思い浮かびます。 気象庁は官庁の一つですが、その業務をざっくりと言うと「 気象情報の提供」となります。 つまり、自然現象の観測データーを収集し、スーパーコンピューター等で解析。 その情報を民間会社や法人等に提供しています。 天気予報の源的な存在ですね。 民間会社や法人等はその情報や独自に収集した情報を元に天気予報をします。 ただ、誰でも勝手に天気予報をし発表して良い訳ではありません。 そのためには、 気象庁長官の許可を受けた「 予報業務の許可事業者」である必要があります。 というのも、誰でも勝手に技術的な裏付けも無く天気予報をし公表していたら社会的な混乱を招く恐れがあるからです。 なので、必要な技術のあるものにだけ「予報業務の許可事業者」として天気予報の許可を与えています。 「予報業務の許可事業者」の有名どころとしては、 日本気象協会(一般財団法人)や ウェザーニューズ(民間会社)などがあります。 参考: 一方で、上に記載した「Yahoo! 天気」、「goo天気」、「エキサイト天気」、「Mapion天気予報」、「livedoor天気予報」、「@nifty天気予報」といった天気予報サイトは「予報業務の許可事業者」が運営している訳ではないので天気予報自体を行うことはできません。 これらのサイトは気象庁や「予報業務の許可事業者」である日本気象協会やウェザーニューズなどから 予報情報を提供してもらい、それをそのまま掲載したり、あるいは二次コンテンツとして発表しているだけになります。 どのサイトがどこから予報情報の提供を受けているのか では、どのサイトがどこから予報情報を提供してもらっているのでしょうか!? 調べてみると、「Yahoo! 天気」、「goo天気」、「エキサイト天気」、「livedoor天気予報」は 日本気象協会と 気象庁から情報を提供されているようです。 これらのサイトをよく見ると以下のような記載が見られます。 なので、天気予報もだいたい横並びです。 試しに「美瑛町白金」の1週間予報を見てみます。 上から「Yahoo! 天気」、「goo天気」、「エキサイト天気」、「livedoor天気予報」です。 サイト毎に掲載している日数が違いますが気温や湿度なども同じ数値ですね。 私が調べた時は、これらのサイトの1週間予報は「 気象庁」の予報をそのまま掲載しているようでした。 上は「気象庁」の1週間予報です(美瑛町は旭川の近く)。 同じですね。 ちなみに、この時はどのサイトも明日・明後日の天気予報は「 日本気象協会」の予報をそのまま掲載していました。 しばらくの間観察していましたが、時間によって、またサイトによって「気象庁」の天気予報を採用するか、「日本気象協会」の天気予報を採用するかは変わってくるようです。 どのサイトが何の基準でどちらの予報を採用しているかは分かりませんが、 いずれにせよどのサイトも「気象庁」か「日本気象協会」の天気予報を掲載しています。 また、「Mapion天気予報」、「@nifty天気予報」、は主に ウェザーニューズから予報情報を提供されています。 なので、これらも殆ど同じ予報内容となっています。 ということで、天気予報サイトは沢山ありますが、殆どは「 気象庁()」、「 日本気象協会()」、「 ウェザーニューズ()」に集約されていると言えます。 ちなみに、GPV気象予報 というのもよく当たることで有名ですね。 私も使っていますが良いですよね。 これは、気象庁や米国海洋大気局等の気象予測モデルをスーパーコンピュータで計算し、その予測値を地図上に表示させたものらしい。 他の予報サイトとは毛並みが違います。 他の天気予報と違って地図上で雲の動きを確認できるので、目的地と時間に合わせて天気を予測できます。 便利で精度も高いと思います。 39時間先まで予報している詳細予報は結構頼りになります。 それでどれが当たる天気予報サイトなのか!? それでどのサイトがよく当たる天気予報サイトなのか!? 調べてみると、「気象庁」の天気予報はその精度を公表していました。 参考: ただ、他のサイトはこのようなものを公表していませんでした。 なので、ちゃんと比較できません・・・。 ただ、個人的な感想ですが特定のサイトだけがいつもダントツで当たるということはないのではないでしょうか!? であるなら、各天気予報サイトに情報を提供している「 予報業務の許可事業者」である、「気象庁()」、「日本気象協会()」、「ウェザーニューズ()」、それから細かに天気を知ることができる「」から好きなものを複数選びチェックする必要が出てくるかと思います。 天気予報を複数チェックし予報が被ればその精度は高いでしょうし、予報が割れれば多数決です。 ありきたりな結論となってしまいましたが複数チェックがコツですね。 ちなみに、私の場合だと明日・明後日の天気では「日本気象協会()」、「ウェザーニューズ()」、「」を見比べています。 週間予報では「気象庁()」、「日本気象協会()」、「ウェザーニューズ()」の予報を参考にすることが多いです。 それでいくと、明日の美瑛町は「GPV」では雲が多そうですが、「日本気象協会」と「ウェザーニューズ」は晴れの予報です(晴れと言っても雲量は様々ですが)。 早朝の撮影であれば良いかもしれません。 そして、週間予報を確認すると2016年は10月21日の早朝もしかしたら初雪の「青い池」が見られるかもしれません:) まとめ 天気予報は永遠のテーマですよね。 私も撮影に出る前や当日は穴が開くほど見ますが、 やはり複数で判断しております。 ネットが普及する前は新聞やテレビが頼りでしたが 今は便利になりましたよね。 ワイズさんの住んでいる地域で当てはまるのかは不明ですが 毎週月から金曜夕方6時にNHKで放送している 『ほっとニュース北海道』の 天気予報だと美瑛の天気予報も出ますよ。 インスタにも載せましたが、白髭の滝までですね。 ご参考になれば~.

次の

千葉は今夜から雨、明日午後は南うねり+北東の風【2020.5.18】

これから の 天気 千葉

おはようございます。 5月18日 月曜日の朝です。 昨日は 青空が広がった地域も多く暑くなりスーパーには短パンで買い物にくる男性もちらほら見かけるようになりましたが、 今朝は朝から低い雲に覆われてのスタートです。 東海上に抜けた低気圧は千島近海からオホーツク海あたりまで南北に長い低圧部を形成し、 南海上には前線が停滞していて九州南部までのびています。 バジー海峡付近で熱帯低気圧となった元台風1号の雲が北東方向へと進んでいるところ。 衛星画像を見てみると熱帯低気圧から沖縄あたりまで北東方向に白く発達した雲行きが広がっています。 沖縄や奄美地方から九州南部までは今日の午前中にも大雨となりそうであり注意が必要。 西日本から東日本の太平洋側にも前線の北側で雲がひろがっており、四国や近畿でもこれから雨のエリアが広がってくる見込み。 東海や関東では夜になって雨が降り出す予報がでています。 今日から明日は太平洋側を中心に雨脚が強まるところが多くなりそうで、関東地方も明日の午前中にはまとまった雨となってきそうです。 千葉南エリアでは朝からやや強めに北東ベースの風が吹いています。 昨日の日曜日はその前に通過した低気圧による南うねりにより、千葉湘南ともにサイズアップして午前中を中心に十分遊べるコンディションとなりました。 今朝は昨日よりかはサイズダウンしていますけど朝は潮回りが良くなってきていて、ちょうど8時過ぎに干潮時刻を迎えます。 千葉南エリアではややサイズダウンしたものの潮が引いて割れやすい時間帯。 北東の風なので南にひらいたポイントが中心となりますが、面にはまだそれほど影響はでてなく小ぶりながらも乗れる波はありそうです。 ただこれから東の風が強まってきそうなので、次第に面に影響が出てきそうです。 湘南も昨日は遊べるサイズが続きましたけど、今朝はサイズダウン。 でも潮が引いてるので一部ではまだロングでは出来るくらいは残ってそうです。 チャンネル登録をお願いします! 今後の気圧配置と波: 北東 の風かわすポイント 今夜9時の予想天気図 FSAS24 今夜にかけては九州の南の前線上に低気圧が解析されており、雨のエリアが東へと拡大してきます。 近畿地方では午後から雨、東海や関東地方は夜から雨が降り出します。 千葉エリアの風は夕方にかけて東から南東の風にシフトしてくる見込み それほど強くは吹かない時間帯もあるかもしれませんけど、ほとんどのポイントでは面に影響が出てしまうでしょう。 午前中の潮がまだ少ない時間帯でかつ風の影響も少ないときの方が良さそうです。 明日夜9時の予想天気図 FSAS48 明日は夜にかけて前線上を低気圧が東進してきます。 夜には関東の東海上へと抜けていく予想ですが、この低気圧のコースと抜けるタイミングでは明日の午後から夕方はコンディションが整う可能性もあります。 午前中の低気圧が接近中は千葉は東からの風、湘南は北東の風が強く吹きそう 低気圧は昼には東海上へと抜けていき、千葉エリアも北東から北の風へとシフトしそうです。 前線の南側で強まる南うねりでサイズアップしてくるでしょう。 南に開いて北東の風をかわせるポイントでは、南うねりが反応しつつオフショアベースとなりコンディションが整ってくる可能性があります。 早い時間から北東の風が吹く湘南や平砂浦などのほうが整いやすくなりそうですが、 外海に面した南向きのポイントではそれまでに吹いた東風の影響で夕方までに整ってくるかが微妙な感じかもです。 過去の気圧配置と波情報 今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。

次の