ハッピーニューイヤー文字。 ハッピーニューイヤーの文字の無料イラスト|AI・EPSの無料イラストレーター素材なら無料イラスト素材.com

ハッピー・ニューイヤー

ハッピーニューイヤー文字

「謹賀新年」は「つつしんで新年をお祝い申し上げます」という意味なので、「ハッピー・ニュー・イヤー」とは意味が異なります。 解説 "Happy New Year" は "May you have a happy new year. " や "I wish you a happy new year. " などの願望を意味する文が省略されて生じた表現だと思われます。 "May you have a happy new year. " を直訳すると「あなたが楽しい新年を持ちますように」となります。 文頭の "May" は祈願文に用いられる助動詞です。 "I wish you a happy new year. " は「私はあなたに楽しい新年を願います」という意味です。 "A Happy New Year" でなくてよいのか? 「良いお年を」という意味の慣用的なメッセージとして "Happy New Year" という表現を使う場合には、"Happy New Year" の前に " A" を付ける必要はありません。 "We wish you a happy new year. " のように "happy new year" を文の一部として使う場合には " a" が要求されます。

次の

「Merry Christmas」アメリカではNGワード。“A” Happy New Yearは英語として間違い?!

ハッピーニューイヤー文字

いよいよクリスマス。 最近の日本では、気の早いお店はハロウィンが終わり次第、クリスマスモードに模様替えのところも多いようですが、クリスマス当日が近づくにつれ「Merry Christmas」の文字を見かけることが多いのではないでしょうか。 一方、近年のアメリカでは「Merry Christmas(メリー・クリスマス)」を言うことが少なくなっています。 デパートやショップでのプレゼント用の表示は「Holiday Gift(ホリデーギフト)」。 街中のディスプレーは、「Merry Christmas(メリー・クリスマス)」と「Happy Hanukkah(ハッピーハヌカ)」をあわせて飾るお店や「Happy Holidays(ハッピーホリデーズ)」だけにしているお店があります。 なぜ、こういった変化が起きたのでしょうか? 12月にはユダヤ教の祝日ハヌカもあり、また、仏教徒やヒンズー、イスラム教の人々にクリスマス・ハヌカは関係ないため、おおやけの場で「メリー・クリスマスを使うのはどうなのか?」という動きが広がったためです。 そのため、多くの学校では、さまざまなバックグラウンドの生徒に合わせて「メリークリスマス」とは言わない指導をしているようです。 グリーティングカードのメッセージはなんて書けば良い? 日本から海外の知人友人にこの時期、グリーティングカードを送るという人もいるかもしれませんね。 十分に気心の知れた友達で、クリスマスを単純にイベントとして楽しむタイプだとわかっていれば、シンプルに「Happy Christmas, Best friend!(ハッピークリスマス、親友!)」で大丈夫です。 もちろん、相手が熱心なキリスト教徒なら「May God bless your Christmas(クリスマスに神のご加護がありますように)」でも喜ばれるでしょう。 相手の気を悪くしないか不安ならば、事前に「Do you celebrate Christmas?(クリスマスを祝いますか)」をたずねておくと良いかもしれませんね。 ところが、「Merry Christmas and A Happy New year」という冠詞のAをつけて、文法的に間違った英語表現を書いてしまうの見かけます。 正しくは「Merry Christmas and Happy New year」です。 Aが前につくのは「Wish you a Happy New Year」「Have a Happy New Year」というように文中で使われる場合だけなのが現在では基本です。 新年の挨拶フレーズは他に、 「Cheers to Great New Year!

次の

ハッピー・ニューイヤー

ハッピーニューイヤー文字

いよいよクリスマス。 最近の日本では、気の早いお店はハロウィンが終わり次第、クリスマスモードに模様替えのところも多いようですが、クリスマス当日が近づくにつれ「Merry Christmas」の文字を見かけることが多いのではないでしょうか。 一方、近年のアメリカでは「Merry Christmas(メリー・クリスマス)」を言うことが少なくなっています。 デパートやショップでのプレゼント用の表示は「Holiday Gift(ホリデーギフト)」。 街中のディスプレーは、「Merry Christmas(メリー・クリスマス)」と「Happy Hanukkah(ハッピーハヌカ)」をあわせて飾るお店や「Happy Holidays(ハッピーホリデーズ)」だけにしているお店があります。 なぜ、こういった変化が起きたのでしょうか? 12月にはユダヤ教の祝日ハヌカもあり、また、仏教徒やヒンズー、イスラム教の人々にクリスマス・ハヌカは関係ないため、おおやけの場で「メリー・クリスマスを使うのはどうなのか?」という動きが広がったためです。 そのため、多くの学校では、さまざまなバックグラウンドの生徒に合わせて「メリークリスマス」とは言わない指導をしているようです。 グリーティングカードのメッセージはなんて書けば良い? 日本から海外の知人友人にこの時期、グリーティングカードを送るという人もいるかもしれませんね。 十分に気心の知れた友達で、クリスマスを単純にイベントとして楽しむタイプだとわかっていれば、シンプルに「Happy Christmas, Best friend!(ハッピークリスマス、親友!)」で大丈夫です。 もちろん、相手が熱心なキリスト教徒なら「May God bless your Christmas(クリスマスに神のご加護がありますように)」でも喜ばれるでしょう。 相手の気を悪くしないか不安ならば、事前に「Do you celebrate Christmas?(クリスマスを祝いますか)」をたずねておくと良いかもしれませんね。 ところが、「Merry Christmas and A Happy New year」という冠詞のAをつけて、文法的に間違った英語表現を書いてしまうの見かけます。 正しくは「Merry Christmas and Happy New year」です。 Aが前につくのは「Wish you a Happy New Year」「Have a Happy New Year」というように文中で使われる場合だけなのが現在では基本です。 新年の挨拶フレーズは他に、 「Cheers to Great New Year!

次の