ギーク ピクチュア ズ。 ギークピクチュアズの新企画「GEEK WONDERS」始動 第1弾はKADOKAWAとタッグ

キャピタルメディカ、映像制作を手掛ける株式会社ギークピクチュアズとCOVID

ギーク ピクチュア ズ

必要不可欠な存在です。 ロケ地の調査、出演者・スタッフの手配、撮影、編集も担当。 【まずは先輩のサポートから】 入社後は、先輩と一緒に現場に入り、仕事の流れ、業務を学んでいきます。 関わるスタッフも多数。 1つのプロジェクトで多い時には数十人になることも。 プロジェクトをスムーズに進めるために コミュニケーションを取っていきましょう。 【ロケ地・出演者を選ぶ!】 ストーリー、出演者、ロケ地などTVCMの方向性を広告代理店を交えて決めていきます。 ロケ地の空き状況を確認、キャスティング会社へ連絡、クライアントへのプレゼン資料作成も担当。 【最高の15秒をつくるため】 撮影現場にも立ち合います。 イメージ通りの映像を撮るため、天気、風向、明るさなど理想の 環境がくるのを待ちます。 たった1秒のシーンを撮るのに、3日かけることも。 【正直ハードですが、誇れる仕事です】 夜遅くまで働くこともありますし、会社に泊まる事だって珍しくありません。 決して楽な環境では ありませんが、他の会社ではできないクオリティの高いCMづくりに携われますし、ワクワクできる場所です。 時間をかけてつくったCMが日本中で放映される瞬間、今までの疲れが吹き飛ぶくらい嬉しいものです。 依頼が殺到しています。 TVCMを中心に映像制作をしている当社。 2007年に設立したばかりですが、手がけるCMはヒットを連発。 ソフトバンクモバイル、トヨタ、サントリーなど数多くの人気CMをつくっています。 その実力は折り紙つき。 国内外を問わず広告賞を多数受賞しています。 おかげさまで、大手広告代理店などから依頼が殺到。 そこで、今回プロダクションマネージャーを採用することになりました。 設立当初から、広告賞を多く受賞し、業界では、非常に注目度の高いCMプロダクションです。 それが「ギークピクチュアズ」。 映像制作に対しては一人ひとりが自分の考えを持っており、時には議論になることもあります。 こういう姿勢があるからこそ、クライアントから評価をいただけるのだと考えています。

次の

GEEK PICTURES

ギーク ピクチュア ズ

ギークピクチュアズによる新プロジェクト「GEEK WONDERS」が始動。 第1弾企画として、クリエイティブユニット「kgmania」が立ち上げられた。 テレビCMや映画・テレビ番組の制作をはじめとする様々な事業を手掛けるギークピクチュアズ。 コンテンツクリエイティブに特化した「GEEK WONDERS」では、キャラクターIPを中心としたオリジナルのコンテンツを持ち、事業展開を行なっていくとのこと。 プロジェクト名は「クリエイティブの力で世の中をワクワクさせたいアーティスト、クリエイター、パートナー、人が集まるプロジェクト」として名付けられたという。 第1弾企画となる「kgmania」は、KADOKAWAとタッグを組み、キャラクターの企画開発や運用などを手掛けるユニット。 3千種以上存在するとも言われている絶滅危惧種の日常を描く『ぜつめつきぐしゅんっ。 』をはじめ、野島伸司原案の『モンシロちゃん』、浅見帆帆子による『ダイジョーブタ』、小鳥遊しほによる『こまりくま』を展開しているほか、アートプロジェクトチーム「ArtHub. jp」と協働で様々な施策を企画していく予定だ。 7月12日には「GEEK WONDERS」のローンチイベントが開催。 キャラクターの展示やイラストレーターによる似顔絵企画などが実施された。

次の

スクランブル交差点が足利に登場!|株式会社ギークピクチュアズのプレスリリース

ギーク ピクチュア ズ

必要不可欠な存在です。 ロケ地の調査、出演者・スタッフの手配、撮影、編集も担当。 【まずは先輩のサポートから】 入社後は、先輩と一緒に現場に入り、仕事の流れ、業務を学んでいきます。 関わるスタッフも多数。 1つのプロジェクトで多い時には数十人になることも。 プロジェクトをスムーズに進めるために コミュニケーションを取っていきましょう。 【ロケ地・出演者を選ぶ!】 ストーリー、出演者、ロケ地などTVCMの方向性を広告代理店を交えて決めていきます。 ロケ地の空き状況を確認、キャスティング会社へ連絡、クライアントへのプレゼン資料作成も担当。 【最高の15秒をつくるため】 撮影現場にも立ち合います。 イメージ通りの映像を撮るため、天気、風向、明るさなど理想の 環境がくるのを待ちます。 たった1秒のシーンを撮るのに、3日かけることも。 【正直ハードですが、誇れる仕事です】 夜遅くまで働くこともありますし、会社に泊まる事だって珍しくありません。 決して楽な環境では ありませんが、他の会社ではできないクオリティの高いCMづくりに携われますし、ワクワクできる場所です。 時間をかけてつくったCMが日本中で放映される瞬間、今までの疲れが吹き飛ぶくらい嬉しいものです。 依頼が殺到しています。 TVCMを中心に映像制作をしている当社。 2007年に設立したばかりですが、手がけるCMはヒットを連発。 ソフトバンクモバイル、トヨタ、サントリーなど数多くの人気CMをつくっています。 その実力は折り紙つき。 国内外を問わず広告賞を多数受賞しています。 おかげさまで、大手広告代理店などから依頼が殺到。 そこで、今回プロダクションマネージャーを採用することになりました。 設立当初から、広告賞を多く受賞し、業界では、非常に注目度の高いCMプロダクションです。 それが「ギークピクチュアズ」。 映像制作に対しては一人ひとりが自分の考えを持っており、時には議論になることもあります。 こういう姿勢があるからこそ、クライアントから評価をいただけるのだと考えています。

次の