駄菓子 屋 近く。 駄菓子の楽駄屋 やおきん公式ネットショップ

『しなのや』静岡おでんと揚げたてフライ!人気の駄菓子屋系軽食店!

駄菓子 屋 近く

「掛川に新しく駄菓子屋ができるらしいよ」 「お店は障がいを持った方が運営するらしい」 そんな噂を耳にしたのが10月でした。 このご時世、駄菓子屋だけでも珍しいのに、障がいを持った方がお店をやるなんて、と僕は驚きました。 * 実を言うと、僕の義理のお兄さんは障がいを抱えています。 そのことを知ったのは僕が高校2年生のとき。 妻(当時は彼女)と2人でいるとき、「実はちょっと伝えておきたいことがあって……」と彼女は切り出しました。 「私のお兄ちゃんは障がいを持っているの」 僕はそのとき何と言っていいのかわからず、「そうなんだ……」とだけ答えました。 あとは適当にその場を濁したように記憶しています。 横さんの話を聞いたとき不意に頭に浮かんだのは、そのときの自分でした。 * 今回、横山さんがお勤めになっているという「」の方にご紹介いただき、横山さんと奥さまの洋美さんをインタビューさせていただくことができました。 〈聞き手=ハマ〉 Contents• 笑顔とTシャツが最高 ー本日はお忙しい中ありがとうございます。 最初に確認なのですが、横山さんはリツアンの社員ということでよろしいのでしょうか 横さん:そうです。 僕はもともと他の会社に勤めていまして今から6〜7年前、52歳のときにそこを辞めたんですね。 どうしても福祉教育に携わりたくて、会社を辞めたあとは色々な学校を回って福祉のことについてお話したり、行政や障がい者団体とつながったり、そんな活動をしていました。 ーリツアンに入社した経緯を教えていただけますか 横さん:僕は外に飲みに出かけるのが好きで、掛川市連雀にある屋台村「本陣通り」によく行っていました。 そこへ偶然リツアンの野中社長が来ていて、そこで意気投合したんです。 彼はおもしろくて、出会ったその日に福祉タクシーを手配してキャバクラに連れて行くんですよ。 普通そんなことしませんよね? ー普通はしません(笑)つまりはお酒がきっかけだったんですね 洋美さん:主人は本当にお酒が好きで、若い頃からしょっちゅう飲み歩いて…… 横さん:もうその話はいいじゃないですか(笑) 洋美さん:でもお酒を通じて新たな出会いがあって、これも何かのご縁ですよね。 本当にありがたいことです。 優しい笑顔で横さんの弱点を突く 横さん:その後も折に触れて一緒に飲んでいると、突然「横山、リツアンで働かないか」と言われました。 野中社長は私が福祉教育に取り組んでいることを聞き、「それを仕事としてやっていいよ」と言ってくれたんです。 なんせ僕は障がいを持っていて、子どもの頃に自分で駄菓子を買ったという経験がありません。 子どもたちにそのような場所をつくるというのは夢がある話じゃないですか。 そのような子どもたちが気軽に買いに来られるような、そんな駄菓子屋ができたら、それはそれは素敵なことだと思いました。 僕はそれまでたくさんの学校を回ってお話をしていたわけですが、やはりそれだけでは伝わりきらないものがあると感じていたんですね。 でも子どもたちに駄菓子屋へ実際に足を運んでもらって、そこでの交流からまた何か新しい気づきや学びが生まれるのではと思っているんです。 ー駄菓子屋が福祉教育を兼ねた場になるということですね 横さん:僕は、健常者と障がい者の接点が少ないことが1つの問題だと思っているんですね。 「障がい者とどういう風に付き合ったらいいのか」 「どういう風に声をかけて介助したらいいのか」 大人からもよく不安の声が上がります。 駄菓子屋では子どもだけでなく、大人にも学びがある取り組みをしていけたらと思うんです。 今回オープンする駄菓子屋では、障がい者が在宅でモノづくりをしていて、お店で展示販売などを考えています。 実は作品づくりは野中社長の知り合いの芸大生が手伝ってくれていますし、お店の内装も東大生がデザインしてくれたんですよ。 これまで障がい者の作品というと「がんばって作ったので買ってください」的な雰囲気があったと思うんですけど、ここでは 「価値ある作品」をつくって売り出していきたいと思っていますね。 ー駄菓子屋のスタッフは、障がいを持っている方がやるということでしょうか? 横さん:そうです。 色々な障がいを持った方が働くので、決まった時間通りにちゃんと営業できるかわかりませんが。 洋美さん:野中社長は「休みたいときは休んじゃっていいよ」「土日だけの営業でもいいんじゃない?」と言ってくれるんですけど、子どもたちが学校帰りに楽しみに来てくれることを考えると、できるだけ営業したいなと思いますね。 「就労B」(就労継続支援B型)とは? 就労Bとは、障がいや難病によって雇用契約を結んで働くことが困難な方が、軽作業などの就労訓練を行うことができる福祉サービス。 報酬は賃金ではなく、生産物に対する成果報酬の「工賃」が支払われる。 厚生労働省の発表によると、2017年の就労B月額平均工賃は15,603円で、時給に換算すると205円。 国で定められている最低賃金とは大きな差があることがわかる。 を参照 横さん:実際のところ、これはなかなかできることではありませんよ。 ー僕がリツアンさんに興味を持ったのは野中社長が書かれているブログ「」を読んだからなんですが、本当に真っ直ぐな想いを持って仕事をされていますよね。 普段はただの酔っ払いにしか見えませんが(笑) 駄菓子屋はさ、とにかく勝ちてぇ。 とにかく儲かりてぇ。 アドバンス、力を貸して。 さまざまな障がいに対応できる仕様になっている 横さん:野中社長のように障がい者を雇ってもらえるだけでありがたいことなのですが、 さらに障がい者のことをもっと理解してもらいたい、というのが私たちの願いです。 洋美さん:障がい者にとっては仕事に対して向き不向きがありますし、本当にその人に合った仕事というものを丁寧に見つけていくことが必要だと思っています。 横さん:僕も以前は人に助けを求めるのが嫌で、外出したくない時期があったんですね。 でもそのままでは新しい出会いは生まれないし、ずーっとひとりぼっちなんですよ。 そういうのは嫌だったし、変えたいと思っていました。 それでも人との出会いによって、ちょっとずつ外に、前に出るようになっていくことで世界は広がったんです。 今ではヒマを見つけては飲みに出るようになって、社長からは「不良身体障がい者だ」なんて言われますけど(笑) 駄菓子屋「横さんち」は11月18日 月 オープン! 横山夫妻は終始にこやかで話がおもしろく、僕も途中何度も大笑いしてしまうほど楽しい時間でした。 「障がいを持つ」ということを、僕はまだ本当の意味で理解できていません。 でもご夫妻とお話していて、少なくとも横山さんたちのことは少しだけ理解できたように思います。 もちろん、まだまだ学ぶべきことはたくさんあるはずです。 実はご夫婦の馴れ初めもうかがったのですが、今回は紙面の都合上泣く泣く省かせていただきました。 まるで映画のような素敵なエピソードなので、また折を見てお伝えできればと思います。 ちなみに横山ご夫妻はなんと今年で結婚35周年。 そして駄菓子屋のオープン日はお二人の結婚記念日とのこと!(素敵すぎる!) ぜひとも18日のオープンには、結婚祝いも込めて大勢の方にお店へ足を運んでほしいと思います。 僕も当日は丸1日「横さんち」へ取材に入る予定です!! 駄菓子屋「横さんち」オープンイベント&基本情報 【オープンイベント情報】 店主の横さんにジャンケンで勝つとお菓子をプレゼント!• 場所:静岡県掛川市城下7-10• 営業時間:平日13:00〜17:00、土日祝11:00〜17:00• 定休日:月曜日 リツアンホームページ.

次の

【駄菓子屋だいいち】毎週木曜日はクレープの日!上富良野の子どもに大人気の駄菓子やタピオカのお店を紹介します|【ふらびと】富良野

駄菓子 屋 近く

住所:〒768-0021 香川県観音寺市吉岡町938• TEL:0875-25-3943• 営業時間:9:00~17:00 (12:00〜13:00休憩)• 定休日:無休(臨時休業があるのでFBをチェック) 駄菓子屋ひなたは観音寺ハローズ店の近くにあります 駄菓子屋ひなたは、観音寺ハローズ店がある県道237号線沿いにあります。 ナビに「観音寺市吉岡町938」を設定すると間違いありません。 道沿いに「菓子・卸・小売 ㈱萩田商店」という看板と「駄菓子屋ひなた」という看板があります。 ㈱萩田商店さんは40年以上続く卸の菓子問屋さんで、 地元の方の要望で小売に対応した「駄菓子屋ひなた」がオープンした経緯だそうです。 (詳しくはで紹介されています) 駐車場は広くて20台くらい駐車できそう! 駐車場には何台か自転車もありました。 (近所の中学生がチャリできたのかな?) 「駄菓子屋さん」というよりも、「菓子問屋」といった感じの店構えです。 倉庫感がすごい…! というか倉庫だ! これは面白そう…! お店は9:00~17:00の営業ですが、12:00~13:00はお昼休みです。 その時間は避けるようにしましょう。 駄菓子屋ひなた 大人も子供も楽しめる店内!懐かしさが溢れて止まらない! 中に入ってみると、思った以上に広い! 倉庫いっぱいに駄菓子が陳列されています! 種類はとにかく豊富! なんと1000種類以上の品揃えだそう…! 駄菓子の他に、懐かしいおもちゃやおつまみ等も売っています。 これは、どの年齢層の人でもテンションが上りますね! 実際に、幅広い年齢層のお客さんがいらっしゃいました。 幼稚園、小学生くらいの子供連れが多かったです。 ばら売りの駄菓子は子供が取りやすいように低い位置に置かれているので、カゴにじゃんじゃん入れてしまう事態に(笑) 親に注意されてました(笑) 駄菓子の箱買いも出来ます。 夢の大人買いですね…! まるで日用品の様に陳列されています(笑) 誕生日会や子供会、地域のお祭りなどのイベントで大活躍すること間違いなしですよ! (予算を聞いて袋詰め対応もしてくれるそうです) レジに駄菓子を持った大人が何人も並んでるのは、なかなかおもしろい光景。 ひなたさんならではの光景です(笑) レジ横にくじ引きコーナーもありましたよ。 がっつりイートインコーナー!という訳ではありませんが、机と椅子が数席あります。 学校で使われてる椅子と机なんですよね。 「うわー懐かしい~」と盛り上がれるポイントがたくさんあります(笑) 駄菓子屋ひなたで買った駄菓子のお値段は3605円(笑)買いすぎてしまう大人が続出! 駄菓子屋ひなたさんで買った駄菓子達。 写真に写りきらないので一部を掲載します(笑) お買い上げ合計金額は まさかの3600円…… 駄菓子買う金額じゃない…!! 言い訳をすると… 半分は、フルタのハイエイトチョコを箱買いと、チョコエッグ(1個200円くらい)4個の値段ですが^^; ついつい買ってしまった(笑) 行った人の口コミを見てみると、 たくさん買う人は5000円とか6000円も買うみたい(笑) テンションあがっちゃって、つい買っちゃうんですよね…すごく気持ちが分かります!.

次の

子供用の夏祭り・バザーで駄菓子問屋を探す。焼津市にある

駄菓子 屋 近く

ツインメッセ最寄りの駄菓子屋系 静岡おでんと揚げたてフライ! 駿河区小黒、『ツインメッセ静岡』のすぐ近くにある駄菓子屋系軽食店。 おでんとフライ、そしておむすびをお手頃価格で提供しています。 注文してからベテランの速度で揚げられるフライ、ホカホカ握りたてのおむすび、そして黒い静岡おでん。 テイクアウトにもお勧めな定番軽食揃い。 席数は少な目ですがイートインも可能。 大人がお腹いっぱい食べても1000円にはまず届かない低価格で、温かく家庭的なランチが楽しめます。 広告 店舗紹介 しなのや:雰囲気 外観 住宅を改装したようなシンプルな店舗、味のあるロゴとおでん・フライの文字が目印です。 ツインメッセ静岡からは横断歩道を挟んで徒歩1分の近場にあります。 ツインメッセのイベントの際は中庭でお弁当を食べてる方が多いので、併せて購入しても良いかも。 軽食なのでイートインの回転も早いですが。 しなのや:メニュー メニュー こちらがメニュー表。 おむすびは赤飯のみ200円ですが、他4種は100円とお手頃価格。 フライは一番高いとんかつを除いてコロッケ60円~アジフライ90円までとスーパーよりも安いかもしれない価格帯。 注文すぐその場で揚げた出来立てを味わえます。 おでんが格安 おでんも50円と60円のみ。 駄菓子屋系おでん店の中でも一番安いのではないでしょうか?品数は少な目ですが、ねり製品にまとまって+3種ほど追加されます。 ほぼワンコインで豪遊! 560円で満喫 朝ごはんを食べ忘れたので豪華に注文、とはいえこれで税込560円ですよ!フライは左からウインナー、串カツ、イカゲソ。 おにぎりは鮭ととりめし。 おでんはもつ、たまご、なると 練り物 です。 イートインは温かい静岡茶も淹れていただけ、熱々のままいただけます。 静岡おでん おでん3種 まずは冷めないうちにおでんから。 色は濃いめですが、濃すぎず薄すぎずな正に静岡おでんのバランス。 こんにゃく付きの卵が可愛いです。 練り製品には定番の黒はんぺんもありましたが、珍しいなるとを注文。 良く煮えていて出汁が染み出る美味しさです! もつ肉も臭みは全くなく、出汁と肉の旨味が口の中に広がる最高の一本でした。 揚げたてフライ ソースをかけて お次はフライ。 とんかつのような大きさのイカゲソはこれで70円、フライはとにかく安いの一言! キッチンでベテランシェフのおじいさんが常に注文を待機しており、注文即揚げで今回の提供も全部で4分ほどでした。 正にファストフード! ウインナー串は赤ウインナーとピーマンが交互に刺さったレトロなビジュアル。 どちらもジューシーで旨味たっぷり。 串カツは大きな玉葱に一口豚肉の駄菓子屋スタイル。 肉より玉葱の方が多いのも定番ですが、玉葱フライ感覚で頼んだ方が良いですね。 自然な甘みが光る一本です。 カリカリ食感からプリっと柔らかいイカゲソは本当に食べ応えがあり、テイクアウトしておかずにするならこれだけで白米一杯食べちゃえそうです。 おむすび おむすび 手作り感あるころっと三角なおむすび。 ごはんの炊き具合も丁度良く、握りたてなので温かかったです。 作り置きもありましたが、すぐ売れていくので常に温かいはず。 鮭たっぷり 具材もたっぷり入っていて満足感のあるおにぎりです。 塩加減も絶妙ですが、フライをおかずに食べても良い組み合わせで舌。 ツインメッセのイベントの際にも、普段使い・観光でも是非お勧めしたい軽食店です! 店舗情報 店名 しなのや 住所 〒422-8072 静岡市駿河区小黒3丁目7-13 連絡先 054-282-3859 駐車場 三台 アクセス 静鉄春日町駅 徒歩25分 定休日 日曜・祝日 営業時間 11:00~17:30 フライは11:00~13:00 17:00~17:30 詳細 なし 関連記事 静岡おでんのお店はこちらから sakuyaoi.

次の