エイプ 100。 縦型スポーツモデル、ホンダ(HONDA) エイプ(APE)100

エイプ100 組み立て記録 その⑥ ジェネレータ交換&マフラー取り付け

エイプ 100

エイプ100、プラグ交換 こんにちは。 別の質問で、エイプ100、インシュレータ社外、マフラー社外で、今まで使っていたプラグが白くなったのでメインジェット85番まであげたところ、とても調子が良かったのですがプラグがまだ白かったのでさらに90番に上げプラグは狐色になったのですが、加速の初めほうとと最後のほうは特に問題に問題ないのですが、加速途中でかぶり気味になると質問しました。 回答を参考にし、調べた結果、スローとメインジェットの重なっている部分のガスが濃くなってしまっているのではないかという結論がでました。 そのため、ジェットニードルを一段あげて、まだかぶっていたのでもう一段あげてみるとかぶりの多少の改善が見られました。 ですが、プラグは真っ白になってしましました。 90番でやれることは全部やったので、今度はまたメインジェットを85番に変えてジェットニードルを純正より一つ下にしてガスを濃くしてみました。 今度は一速の初めに少しかぶる以外はそこそこいい感じでした。 プラグも狐色ですが、回転数をかなり上げて走った後にちょっと白かったかなと印象でした。 今思えば、メインジェット85番、ニードルジェットが純正の位置の時が一番調子がよかったので、それに戻してプラグの色が白いので熱価を変えようと思います。 純正は7番なので、一つあげて八番にしようと思います。 それで大丈夫でしょうか? あと調べてみたのですが、純正の7番は500円程度なのに8番は1600円・・・なぜ・・? プラグは標準より熱価を前後1番変えるぐらいでは、(極端な使い方をしない限り)エンジンに何の悪影響も与えないので、8番もやってみればよいと思います。 質問者さんが現車でそれを試してみないと、ましてや現車を知らない他人には判断できませんから。 前の回答にも書いたけど、プラグの熱価を変えるのはセッティングが終わってからにしましょう。 ちなみに同じ縦型100ccエンジンを搭載したレーサー(CRF100F、NSF100)ですら標準は7番です。 あと文面からすると、メインジェットとニードルクリップを同時にいじっているようだけど、必ず一つずつ変えて試走すること。 でないとその症状がどちらの影響によるものか判別がつかないからです(ジェットかクリップ位置によるものか判別できない)。 ちなみにプラグは熱価が変わっても値段は変わりません。 その1600円というのはイリジウムプラグでは?.

次の

エイプ100を中古で購入する方必見!中古エイプ100の基礎知識まとめ|

エイプ 100

2002年2月15日に「エイプ100」が新登場。 型式は、BC-HC07 「エイプ」の車体を基本とし、排気量100ccのエンジンを搭載したモデル。 車体色は、スタンダードタイプがクラシカルホワイトでその他に42パターンのカラーオーダープランも設定。 2003年1月に「エイプ100デラックス」を追加。 ヘッドライト、ハンドル、トップブリッジにメッキパーツを採用。 クランクケース、シリンダーヘッドカバー、フロントフォークボトムケースにバフがけを施した。 ガソリンタンクロゴにウイングマークを採用。 車体色は、ブラックのみ。 2004年1月30日に「エイプ100」をカラーチェンジ。 車体色は、スタンダードタイプが新色のリバーサイドブルーを追加し、継続色のクラシカルホワイトと合わせて2色。 その他にカラーオーダープランが15タイプ。 2005年10月29日に「エイプ100」と「エイプ100デラックス」をカラーチェンジ。 「エイプ100」の車体色は、新色のプラズマイエローのカラーリングを追加。 継続色のクラシカルホワイトとリバーサイドブルーと合わせて3色。 カラーオーダープランは廃止された。 「エイプ100デラックス」の車体色は、シャスタホワイトとブラックの2色。 燃料タンク側面のロゴを「Hondaウイングマーク」から「HONDA」に変更し、サイドカバーにもストライプを施した。 2006年12月20日に「エイプ100」と「エイプ100デラックス」をカラーチェンジ。 「エイプ100」の車体色は、新色のファイティングレッドとグラファイトブラックを追加。 継続色のクラシカルホワイトと合わせて3色。 「エイプ100デラックス」の車体色は、ツートーンのカラーのシャスタホワイトとプラズマイエローの2色。 シャスタホワイトではフレームをファイティングレッド、プラズマイエローではブラックとした。 2008年1月25日に「エイプ100」と「エイプ100デラックス」のカラーチェンジ。 また特別仕様のエイプ100スペシャルを発売。 「エイプ100」の車体色は、新色のプラズマイエローを追加。 継続色のクラシカルホワイトと合わせて2色。 「エイプ100デラックス」の車体色は、一新され、燃料タンクとサイドカバーにストライプを施したデジタルシルバーメタリックとインディーグレーメタリックとグラファイトブラックの3色。 特別仕様は、往年の名車「ドリームCB750FOUR」イメージさせるものでパールコーラルリーフブルーを採用し、クロームメッキヘッドライトカバーやパイピング付きツートーンシートなどを装備し、期間限定で最大1000台発売。 2008年9月25日に「エイプ100」をマイナーチェンジ。 また「エイプ100タイプD」を追加。 「エイプ100」の 型式は、EBJ-HC07。 「エイプ100タイプD」の 型式は、EBJ-HC13。 キャブレターのセッティングの最適化を行い、より適正な混合気の供給を可能とし、さらに排気ガスを浄化する触媒装置をエキゾーストパイプ内に二個採用するなどして、平成19年国内二輪車排出ガス規制に適合。 また、バッテリーを新たに装備し、盗難抑止に効果的なアラームキットの装着を可能とした。 前・後フェンダーと左右のサイドカバーをブラックとした外観としている。 車体色は、一新され、ファイティングレッドとシャスタホワイトの2色。 「エイプ100タイプD」は、前後輪に油圧式ディスクブレーキとアルミ製のキャストホイールを採用モデル。 2014年04月に消費税変更に伴い、価格変更を行った。 2016年に生産終了。 ここでは、上の 黄色の部分の 2008年9月25日発売のホンダ エイプ100 EBJ-HC07 と 2008年9月25日発売のホンダ エイプ100 タイプD EBJ-HC13 の違いを比較しました。 4 9. 6 6. 6 6. 6 0. 6 0. 5L 5. 最新記事.

次の

【ホンダ エイプ100】エイプ50とはエンジンの互換性ナシ!違いをあれこれ解説|シリーズ全モデル掲載|MotorFan Bikes[モータファンバイクス]

エイプ 100

エイプ100、プラグ交換 こんにちは。 別の質問で、エイプ100、インシュレータ社外、マフラー社外で、今まで使っていたプラグが白くなったのでメインジェット85番まであげたところ、とても調子が良かったのですがプラグがまだ白かったのでさらに90番に上げプラグは狐色になったのですが、加速の初めほうとと最後のほうは特に問題に問題ないのですが、加速途中でかぶり気味になると質問しました。 回答を参考にし、調べた結果、スローとメインジェットの重なっている部分のガスが濃くなってしまっているのではないかという結論がでました。 そのため、ジェットニードルを一段あげて、まだかぶっていたのでもう一段あげてみるとかぶりの多少の改善が見られました。 ですが、プラグは真っ白になってしましました。 90番でやれることは全部やったので、今度はまたメインジェットを85番に変えてジェットニードルを純正より一つ下にしてガスを濃くしてみました。 今度は一速の初めに少しかぶる以外はそこそこいい感じでした。 プラグも狐色ですが、回転数をかなり上げて走った後にちょっと白かったかなと印象でした。 今思えば、メインジェット85番、ニードルジェットが純正の位置の時が一番調子がよかったので、それに戻してプラグの色が白いので熱価を変えようと思います。 純正は7番なので、一つあげて八番にしようと思います。 それで大丈夫でしょうか? あと調べてみたのですが、純正の7番は500円程度なのに8番は1600円・・・なぜ・・? プラグは標準より熱価を前後1番変えるぐらいでは、(極端な使い方をしない限り)エンジンに何の悪影響も与えないので、8番もやってみればよいと思います。 質問者さんが現車でそれを試してみないと、ましてや現車を知らない他人には判断できませんから。 前の回答にも書いたけど、プラグの熱価を変えるのはセッティングが終わってからにしましょう。 ちなみに同じ縦型100ccエンジンを搭載したレーサー(CRF100F、NSF100)ですら標準は7番です。 あと文面からすると、メインジェットとニードルクリップを同時にいじっているようだけど、必ず一つずつ変えて試走すること。 でないとその症状がどちらの影響によるものか判別がつかないからです(ジェットかクリップ位置によるものか判別できない)。 ちなみにプラグは熱価が変わっても値段は変わりません。 その1600円というのはイリジウムプラグでは?.

次の