久保 ゴール マジョルカ。 絶賛に次ぐ絶賛!初ゴール久保にマジョルカ監督

久保建英フル出場も無得点、マジョルカ1-3で敗戦

久保 ゴール マジョルカ

スペイン1部18位と降格圏に低迷するマジョルカが7日、アウェーで同16位のエイバルと対戦。 今季アウェー13試合目にして初勝利を挙げた。 一方、MF乾貴士(31)をベンチ外としたエイバルはホームで手痛い黒星。 降格圏まで勝ち点差2と迫られた。 リーグ戦3試合連続の先発となった久保は前半41分、右サイドから中央へ顔を出しボールを受けると体を張ってFKを獲得。 この左サイドでのFKをMFダニ・ロドリゲスがゴールに向かう軌道で鋭いボールを蹴り込むと、そのまま直接ネットを揺らし先制点が生まれた。 1点リードで後半へ折り返すと久保に2試合ぶりとなる一発。 右サイドで相手のボールをカットしたMFポゾがそのまま攻め上がってゴール前の久保にパス。 久保は正面のDF2人を視界に入れながらも細かいフェイントから迷いなく右足を一閃。 相手DFの股を抜けたボールは左ポスト内側に当たりながらゴールネットに吸い込まれた。 バイタルで前向いただけでワクワクするし、一つ一つが上手い。 調子がいいのが伝わってくるよね— まあくん kikkori3 久保くんゴール! dfの股間抜くこと多いし、厄介なプレイヤーになってきたぞ。 マジョルカ久保建英が今季3点目、貴重な追加点でアウェー初勝利に導く gekisaka — ゲキサカ gekisaka マジョルカって今季アウェイ初勝利なんか…。 でも勝てて良かった。 おめでとう🎉— understandユイ underst32541969 マジョルカはパフォーマンスしなれてないからクセが強い — ベッツ niburi1• 13,233• 727• 866• 995• 1,254• 924• 1,196• 954• 1,063• 427• 668• 852• 951• 1,044• 1,153• 929• 1,156• 823• 464• 9,594• 574• 573• 371• 700• 328• 747• 733• 342• 671• 577• 743• 344• 749• 667• 471• 268• 526• 446• 332• 775• 594• 107• 2,261• 125• 534• 112• 306• 470• 100• 1,118• 226• 1,897• 1,577 月別.

次の

久保建英、8試合連続スタメン! 再開後初ゴールなるか…15歳ロメロもベンチ入り(GOAL)

久保 ゴール マジョルカ

なぜ、そこに倒れている? クラブは「心配ありません」とアナウンス。 [スペイン1部 27節] エイバル 1-2 マジョルカ/2020年3月7日/エスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーア スペイン(ラ・リーガ)1部リーグ、RCDマジョルカ戦が2-1でSDエイバルに勝利を収め、今シーズン初めてアウェーで勝点3を獲得した。 78分、U-21スペイン代表ポゾのパスを受けた日本代表MF久保建英が持ち込んで、マジョルカの決勝ゴールを決めたシーン。 そのあとのゴールパフォーマンスが話題を呼んでいる。 18歳の久保がゴールを決めると、現在売り出し中の20歳のポゾ、21歳のコロンビア代表のクチョ・エルナンデスとともに歓喜! アウェーということでゴール裏の一部に集まっていたサポーターのもとへ駆け寄った久保がヒザをつきながら拳を固める。 その後ろから抱きかかえるクチョ・エルナンデス、二人を抱擁するポゾ。 とても熱い場面だ。 ただ、その横で、なぜか、ボランチのガーナ代表ボランチのイドリス・ババがうつぶせで倒れている。 ゴールを祝福しているということだ。 この謎のパフォーマンスを含めた4人の構図が話題を集め、クラブはツイッターで「ババチャレンジ」を開始した。 すると、サッカー少年、映画館スタッフ、女性グループ、かわいらしい人形、レゴ……早くもいろいろな「ババスタイル」が寄せられている。 久保のゴールから思いもよらぬ展開となっている。 久保はこのゴールで、リーグ24試合・3得点・3アシストとした。 そして今週末は14日(日本時間15日2:30)、ホームで首位FCバルセロナと対戦する。 [文:サカノワ編集グループ].

次の

久保建英が先発出場。マジョルカ、終盤にスーパーゴールで追いつかれて残留争い直接対決逃げ切り失敗

久保 ゴール マジョルカ

リーガ・エスパニョーラ第27節、エイバルvsマジョルカが7日に開催された。 エイバルのMF乾貴士が招集メンバー外となった一方、マジョルカの久保建英は3試合連続での先発入りを果たした。 11分にホセ・アンヘルにバー直撃の直接FKを放たれて冷や汗をかいたマジョルカだが、ハーフタイムにかけては押し気味に試合を進める。 3-4-2-1の2列目右サイドに入った久保は攻撃時、比較的自由に動いて逆サイドまで顔を出す。 その久保は、ショートコーナーからの良質なクロスや、右サイドからの鋭い仕掛けなどでチャンスを演出する。 編集部のおすすめ• すると、先制したのはマジョルカだった。 42分、久保がボックス左手前でFKを獲得すると、キッカーのダニ・ロドリゲスがインスウィングに巻いたクロスを供給。 味方に合わせたボールだったが、これがそのまま流れてファーサイドのネットに収まり、マジョルカがリードして前半を終えた。 迎えた後半はエイバルの反撃を受けるマジョルカ。 久保も右サイドで守備に奔走する時間が増える。 それでも、日本の至宝は78分に魅せる。 ハーフウェーラインでポゾがボールを奪うと、ペナルティアーク付近の久保にパス。 久保はDFに対応されながらもマークをずらし、右足を振る。 コントロールシュートが左ポストの内側を叩いてゴールインし、久保の今季3得点目でマジョルカがリードを広げた。 先月にマジョルカ入りしたキ・ソンヨンはこれがデビュー戦となった。 マジョルカはアディショナルタイムに1点を返されるも、そのまま逃げ切り。 久保の活躍もあり、敵地での重要な一戦でアウェー初白星。 3試合ぶりの勝利を手にした。

次の