飛燕 エロ。 飛燕『吸血女教師の眷属性活』 : ヘドバンしながらエロ漫画!

飛燕『吸血女教師の眷属性活』 : ヘドバンしながらエロ漫画!

飛燕 エロ

隅田かずあき先生(原作:村田真哉氏)の『キリングバイツ』第5巻(小学館)を読みました。 圧倒的な強さを有する城戸の能力は何の動物か楽しみにしていましたが、斯様な攻防一体の能力を持つ動物とは知らない種が登場しており、勉強になりました。 あと、もふもふ感増加&褐色肌バージョンのヒトミさん、黒ギャルめいた魅力もあって大変眼福です。 さて本日は、飛燕先生の『吸血女教師の眷属性活』(富士美出版)の遅延へたレビューです。 なお、先生のもよろしければ併せてご参照下さい。 セクシーフェイス&ゴージャスボディな年上美女との純愛ストーリー&貪り貪られな濃厚パワフルファックが魅力的な1冊となっています。 描き下ろし作品を除き、1話・作当りのページ数は14~22P(平均17P強)とコンビニ誌初出としては標準的な部類。 長編作としてストーリーの読み応えはある程度形成されていますが、 抜きツールとしての方向性が非常に明瞭な作品構築であり、読後の満腹感が強い1冊となっています。 アダルト美人で優しくて、凛としながら実はちょっとトボけた可愛げもある赤目先生が性衝動を全部受け止めてご奉仕してくれる幸福感を基調としつつ、ここに主人公の先輩である美人生徒会長・凜子さんがストーリーに割って入り、彼女もまた吸血鬼であることが明かされ、主人公を巡るトライアングルラブを形成。 やや流され気味ではありますが、主人公の誠実さもあって赤目先生とのハッピーエンドで綺麗にまとめていますし、激しい性行為の最中に唇を近づける描写を最終話まで複数回意識的に描きつつ二人にキスをさせず、 二人が正直な想いを口にして精神的にも深く結ばれる終盤でやっと口づけを交わす小技も印象的。 【セクシーフェイス&ゴージャスボディな年上ヒロインズ】 長命である吸血鬼であるため実年齢はもっと上だと推察されますが、長編作は20代半ば~後半程度の見た目の赤目先生とハイティーン級の女子校生なみための凜子先輩のダブルヒロイン制。 その他短編2作も20代前半~半ば程度のエロメイドさんが登場しており、 アダルト美人としてのセクシーさを重視したキャラデザインとなっています。 年上で大人である故の余裕さもありつつ、恋愛関係では意外に初心で純粋、しっかり者ながらちょっと焼きもちであったりコミカルな言動をしたりな赤目先生、ミステリアスでSっ気もありつつ内心では寂しさも抱えている凜子先輩は 共にキャラ立ちがよく、両者の対照性と共通性が長編作における三角関係の面白さに大きく寄与しています。 ヒロインのボディデザインについては、 すらりと等身高めのスレンダーボディに、柔肉がたっぷりと詰まったモチモチ質感と重量感を有する巨乳、締まったウェスト、バストに負けず劣らずのマッスを誇る巨尻、すらりと伸びる美脚を組み合わせたセクシー&ゴージャスな体型であり、非常に分かり易いセックスアピールを強く持たせつつ、肢体全体のバランスが綺麗にまとまっているのが大きな加点材料と言えます。 繊細な描線を強弱をしっかり付けながら丁寧に入れ込む作画は十分な密度の高さを有しており、 前述のエロボディの濃厚な淫猥さに適度なオサレ感や華やかさを重ねることで、バランスを保つスタイル。 読み手の嗜好によっては多少クドさを感じる可能性はありますが、過度にならない程度に絵としての重さ・濃さをしっかり保っているのは美点でしょう。 【ヒロインの肉感ボディと熱っぽい痴態を彩る演出】 各エピソードのページ数はさほど多くはありませんが、上述した様に明瞭な抜きツールとしての作品構築であるため、濡れ場の分量は十分に用意されており、肉感ボディの存在感の強さもあって実用面での体感的なボリューム感は総じて強く仕上がっています。 眷属としての強い性衝動のある長編作の主人公や、メイドさんにエロ調教をする短編「王子様と言いなりメイド」のショタご主人様などが、激しいピストンでヒロイン側を圧倒するという状況も投入しつつ、 クールビューティーな年上ヒロインが主人公の前では淫靡に蕩け、その豊満ボディを余すところなく使って性的にご奉仕してくれるという状況そのものが棚ボタ的な幸福感を生み出すことがこの作家さんのエロ描写では肝要な特長。 ヒロインのグラマラスボディをたっぷり見せ付けることを意識しつつ、熱っぽく蕩けたセクシーな表情、子宮口までノックする肉棒に襞々が絡みつくみっちりとした膣内の断面図描写、乳首残像を伴ってゆさゆさと激しく動く乳揺れ描写、肉感ボディをじっとりと濡らす各種液汁描写など、 基本的な演出手法を用いると共に、アへ顔や大量のエロ台詞といった過激なエロ演出はむしろ用いず、ストレートな淫靡さを持たせつつ、ヒロインの性的な魅力をより高めることを指向したエロ演出と感じます。 フェラや手コキ、パイズリからの口内射精やぶっかけを搭載する前戯パートに、1回の射精だけでは双方満足せずに更にピストンを重ねる中出し連発が目立つ抽挿パート、各種プレイを大盤振る舞いでバンバン射精していくパートなど、 多回戦仕様を基本としており、嬌声と共にアクメに歓喜するヒロインにたっぷり中出しして白濁液を結合部から噴出させる大ゴマ~1Pフルのフィニッシュでハイカ口リーにゴージャスなエロシーンを〆ています。 作劇面でも一工夫あり、登場人物達の関係性を丁寧に描き出しつつ、年上美人の豊満ボディをフルコースで味わえるエロの量的満足感も変わらぬ美点。 今回も大変満足させて頂いた2冊目です。 アダルト美人にたっぷり尽くされたい諸氏にお勧めでございます。

次の

飛燕『吸血女教師の眷属性活』 : ヘドバンしながらエロ漫画!

飛燕 エロ

隅田かずあき先生(原作:村田真哉氏)の『キリングバイツ』第5巻(小学館)を読みました。 圧倒的な強さを有する城戸の能力は何の動物か楽しみにしていましたが、斯様な攻防一体の能力を持つ動物とは知らない種が登場しており、勉強になりました。 あと、もふもふ感増加&褐色肌バージョンのヒトミさん、黒ギャルめいた魅力もあって大変眼福です。 さて本日は、飛燕先生の『吸血女教師の眷属性活』(富士美出版)の遅延へたレビューです。 なお、先生のもよろしければ併せてご参照下さい。 セクシーフェイス&ゴージャスボディな年上美女との純愛ストーリー&貪り貪られな濃厚パワフルファックが魅力的な1冊となっています。 描き下ろし作品を除き、1話・作当りのページ数は14~22P(平均17P強)とコンビニ誌初出としては標準的な部類。 長編作としてストーリーの読み応えはある程度形成されていますが、 抜きツールとしての方向性が非常に明瞭な作品構築であり、読後の満腹感が強い1冊となっています。 アダルト美人で優しくて、凛としながら実はちょっとトボけた可愛げもある赤目先生が性衝動を全部受け止めてご奉仕してくれる幸福感を基調としつつ、ここに主人公の先輩である美人生徒会長・凜子さんがストーリーに割って入り、彼女もまた吸血鬼であることが明かされ、主人公を巡るトライアングルラブを形成。 やや流され気味ではありますが、主人公の誠実さもあって赤目先生とのハッピーエンドで綺麗にまとめていますし、激しい性行為の最中に唇を近づける描写を最終話まで複数回意識的に描きつつ二人にキスをさせず、 二人が正直な想いを口にして精神的にも深く結ばれる終盤でやっと口づけを交わす小技も印象的。 【セクシーフェイス&ゴージャスボディな年上ヒロインズ】 長命である吸血鬼であるため実年齢はもっと上だと推察されますが、長編作は20代半ば~後半程度の見た目の赤目先生とハイティーン級の女子校生なみための凜子先輩のダブルヒロイン制。 その他短編2作も20代前半~半ば程度のエロメイドさんが登場しており、 アダルト美人としてのセクシーさを重視したキャラデザインとなっています。 年上で大人である故の余裕さもありつつ、恋愛関係では意外に初心で純粋、しっかり者ながらちょっと焼きもちであったりコミカルな言動をしたりな赤目先生、ミステリアスでSっ気もありつつ内心では寂しさも抱えている凜子先輩は 共にキャラ立ちがよく、両者の対照性と共通性が長編作における三角関係の面白さに大きく寄与しています。 ヒロインのボディデザインについては、 すらりと等身高めのスレンダーボディに、柔肉がたっぷりと詰まったモチモチ質感と重量感を有する巨乳、締まったウェスト、バストに負けず劣らずのマッスを誇る巨尻、すらりと伸びる美脚を組み合わせたセクシー&ゴージャスな体型であり、非常に分かり易いセックスアピールを強く持たせつつ、肢体全体のバランスが綺麗にまとまっているのが大きな加点材料と言えます。 繊細な描線を強弱をしっかり付けながら丁寧に入れ込む作画は十分な密度の高さを有しており、 前述のエロボディの濃厚な淫猥さに適度なオサレ感や華やかさを重ねることで、バランスを保つスタイル。 読み手の嗜好によっては多少クドさを感じる可能性はありますが、過度にならない程度に絵としての重さ・濃さをしっかり保っているのは美点でしょう。 【ヒロインの肉感ボディと熱っぽい痴態を彩る演出】 各エピソードのページ数はさほど多くはありませんが、上述した様に明瞭な抜きツールとしての作品構築であるため、濡れ場の分量は十分に用意されており、肉感ボディの存在感の強さもあって実用面での体感的なボリューム感は総じて強く仕上がっています。 眷属としての強い性衝動のある長編作の主人公や、メイドさんにエロ調教をする短編「王子様と言いなりメイド」のショタご主人様などが、激しいピストンでヒロイン側を圧倒するという状況も投入しつつ、 クールビューティーな年上ヒロインが主人公の前では淫靡に蕩け、その豊満ボディを余すところなく使って性的にご奉仕してくれるという状況そのものが棚ボタ的な幸福感を生み出すことがこの作家さんのエロ描写では肝要な特長。 ヒロインのグラマラスボディをたっぷり見せ付けることを意識しつつ、熱っぽく蕩けたセクシーな表情、子宮口までノックする肉棒に襞々が絡みつくみっちりとした膣内の断面図描写、乳首残像を伴ってゆさゆさと激しく動く乳揺れ描写、肉感ボディをじっとりと濡らす各種液汁描写など、 基本的な演出手法を用いると共に、アへ顔や大量のエロ台詞といった過激なエロ演出はむしろ用いず、ストレートな淫靡さを持たせつつ、ヒロインの性的な魅力をより高めることを指向したエロ演出と感じます。 フェラや手コキ、パイズリからの口内射精やぶっかけを搭載する前戯パートに、1回の射精だけでは双方満足せずに更にピストンを重ねる中出し連発が目立つ抽挿パート、各種プレイを大盤振る舞いでバンバン射精していくパートなど、 多回戦仕様を基本としており、嬌声と共にアクメに歓喜するヒロインにたっぷり中出しして白濁液を結合部から噴出させる大ゴマ~1Pフルのフィニッシュでハイカ口リーにゴージャスなエロシーンを〆ています。 作劇面でも一工夫あり、登場人物達の関係性を丁寧に描き出しつつ、年上美人の豊満ボディをフルコースで味わえるエロの量的満足感も変わらぬ美点。 今回も大変満足させて頂いた2冊目です。 アダルト美人にたっぷり尽くされたい諸氏にお勧めでございます。

次の

飛燕『吸血女教師の眷属性活』 : ヘドバンしながらエロ漫画!

飛燕 エロ

隅田かずあき先生(原作:村田真哉氏)の『キリングバイツ』第5巻(小学館)を読みました。 圧倒的な強さを有する城戸の能力は何の動物か楽しみにしていましたが、斯様な攻防一体の能力を持つ動物とは知らない種が登場しており、勉強になりました。 あと、もふもふ感増加&褐色肌バージョンのヒトミさん、黒ギャルめいた魅力もあって大変眼福です。 さて本日は、飛燕先生の『吸血女教師の眷属性活』(富士美出版)の遅延へたレビューです。 なお、先生のもよろしければ併せてご参照下さい。 セクシーフェイス&ゴージャスボディな年上美女との純愛ストーリー&貪り貪られな濃厚パワフルファックが魅力的な1冊となっています。 描き下ろし作品を除き、1話・作当りのページ数は14~22P(平均17P強)とコンビニ誌初出としては標準的な部類。 長編作としてストーリーの読み応えはある程度形成されていますが、 抜きツールとしての方向性が非常に明瞭な作品構築であり、読後の満腹感が強い1冊となっています。 アダルト美人で優しくて、凛としながら実はちょっとトボけた可愛げもある赤目先生が性衝動を全部受け止めてご奉仕してくれる幸福感を基調としつつ、ここに主人公の先輩である美人生徒会長・凜子さんがストーリーに割って入り、彼女もまた吸血鬼であることが明かされ、主人公を巡るトライアングルラブを形成。 やや流され気味ではありますが、主人公の誠実さもあって赤目先生とのハッピーエンドで綺麗にまとめていますし、激しい性行為の最中に唇を近づける描写を最終話まで複数回意識的に描きつつ二人にキスをさせず、 二人が正直な想いを口にして精神的にも深く結ばれる終盤でやっと口づけを交わす小技も印象的。 【セクシーフェイス&ゴージャスボディな年上ヒロインズ】 長命である吸血鬼であるため実年齢はもっと上だと推察されますが、長編作は20代半ば~後半程度の見た目の赤目先生とハイティーン級の女子校生なみための凜子先輩のダブルヒロイン制。 その他短編2作も20代前半~半ば程度のエロメイドさんが登場しており、 アダルト美人としてのセクシーさを重視したキャラデザインとなっています。 年上で大人である故の余裕さもありつつ、恋愛関係では意外に初心で純粋、しっかり者ながらちょっと焼きもちであったりコミカルな言動をしたりな赤目先生、ミステリアスでSっ気もありつつ内心では寂しさも抱えている凜子先輩は 共にキャラ立ちがよく、両者の対照性と共通性が長編作における三角関係の面白さに大きく寄与しています。 ヒロインのボディデザインについては、 すらりと等身高めのスレンダーボディに、柔肉がたっぷりと詰まったモチモチ質感と重量感を有する巨乳、締まったウェスト、バストに負けず劣らずのマッスを誇る巨尻、すらりと伸びる美脚を組み合わせたセクシー&ゴージャスな体型であり、非常に分かり易いセックスアピールを強く持たせつつ、肢体全体のバランスが綺麗にまとまっているのが大きな加点材料と言えます。 繊細な描線を強弱をしっかり付けながら丁寧に入れ込む作画は十分な密度の高さを有しており、 前述のエロボディの濃厚な淫猥さに適度なオサレ感や華やかさを重ねることで、バランスを保つスタイル。 読み手の嗜好によっては多少クドさを感じる可能性はありますが、過度にならない程度に絵としての重さ・濃さをしっかり保っているのは美点でしょう。 【ヒロインの肉感ボディと熱っぽい痴態を彩る演出】 各エピソードのページ数はさほど多くはありませんが、上述した様に明瞭な抜きツールとしての作品構築であるため、濡れ場の分量は十分に用意されており、肉感ボディの存在感の強さもあって実用面での体感的なボリューム感は総じて強く仕上がっています。 眷属としての強い性衝動のある長編作の主人公や、メイドさんにエロ調教をする短編「王子様と言いなりメイド」のショタご主人様などが、激しいピストンでヒロイン側を圧倒するという状況も投入しつつ、 クールビューティーな年上ヒロインが主人公の前では淫靡に蕩け、その豊満ボディを余すところなく使って性的にご奉仕してくれるという状況そのものが棚ボタ的な幸福感を生み出すことがこの作家さんのエロ描写では肝要な特長。 ヒロインのグラマラスボディをたっぷり見せ付けることを意識しつつ、熱っぽく蕩けたセクシーな表情、子宮口までノックする肉棒に襞々が絡みつくみっちりとした膣内の断面図描写、乳首残像を伴ってゆさゆさと激しく動く乳揺れ描写、肉感ボディをじっとりと濡らす各種液汁描写など、 基本的な演出手法を用いると共に、アへ顔や大量のエロ台詞といった過激なエロ演出はむしろ用いず、ストレートな淫靡さを持たせつつ、ヒロインの性的な魅力をより高めることを指向したエロ演出と感じます。 フェラや手コキ、パイズリからの口内射精やぶっかけを搭載する前戯パートに、1回の射精だけでは双方満足せずに更にピストンを重ねる中出し連発が目立つ抽挿パート、各種プレイを大盤振る舞いでバンバン射精していくパートなど、 多回戦仕様を基本としており、嬌声と共にアクメに歓喜するヒロインにたっぷり中出しして白濁液を結合部から噴出させる大ゴマ~1Pフルのフィニッシュでハイカ口リーにゴージャスなエロシーンを〆ています。 作劇面でも一工夫あり、登場人物達の関係性を丁寧に描き出しつつ、年上美人の豊満ボディをフルコースで味わえるエロの量的満足感も変わらぬ美点。 今回も大変満足させて頂いた2冊目です。 アダルト美人にたっぷり尽くされたい諸氏にお勧めでございます。

次の