唐辛子 コンパニオン プランツ。 コンパニオンプランツ

野菜を守るコンパニオンプランツとは?植え方と効果的な組合せ一覧

唐辛子 コンパニオン プランツ

コンパニオンプランツ一覧表 *効果ついて、科学的根拠がないモノが多く含まれています。 科目 主作物 相性の良い 相性の悪い 効果 アブラナ チンゲンザイ ハコベ セージ カモミール 害虫予防。 ブロッコリー シソ 害虫予防。 雑草を抑える。 マリーゴールド 根に土中のセンチュウを抑制する効果がある。 バジル アオムシやアブラムシを防ぐ。 ミント アオムシやアブラムシを防ぐ。 キャベツ イチゴ 生育を阻害する。 ボリジ 生育を阻害する。 カモミール 風味が良くなる。 育成促進。 病害虫予防 コリアンダー アブラムシ、コナガを防ぐ。 セージ モンシロチョウの産卵を防ぐ。 タマネギ ネギ 育成促進 ペチュニア 害虫予防。 マリーゴールド 根に土中のセンチュウを抑制する効果がある。 ミント アブラムシ・青虫から防ぐ。 セロリ アブラムシを防ぐ。 レタス ヨトウムシ、コナガ、モンシロチョウを防ぐ。 ソラマメ 根が競合しないので、一緒に育てられる。 タイム はちを呼び寄せ、受粉を助ける。 モンシロチョウから防ぐ。 ナスタチウム テントウムシを呼び寄せアブラムシを退治する サルビア 害虫予防。 カリフラワー ボリジ 育成を阻害する。 マリーゴールド 根に土中のセンチュウを抑制する効果がある。 ダイコン ナスタチウム アブラムシを防ぐ。 マリーゴールド 根に土中のセンチュウを抑制する効果がある。 カブ カモミール 風味が良くなる。 育成促進。 病害虫予防 ラディッシュ レタス シュンギク マリーゴールド モンシロチョウ、ヨトウムシの被害から守ってくれる。 バジル パセリ ニンジン チャービル ウリ科の株元に植えると、ラディッシュの匂いでウリバエなどの害虫が寄りつかなくなります。 またニンジンやエンドウとの相性も良く、互いによく生育します。 ウリ キュウリ オレガノ 風味が増す。 キャベツ ダイコン キュウリの萎凋病予防。 チャイブ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 ニラ ネギ ニンニク アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 タマネギ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 ミツバ 土中の水分を保つ。 キュウリが日陰になってミツバが育つ トウモロコシ トウモロコシが風除けに成り、順調に育つ。 キュウリの萎凋病予防。 シソ 土壌害虫を防ぐ。 育成促進。 ラッキョウ 青枯れ病や立ち枯れ病を予防 ナスタチウム テントウムシを呼び寄せアブラムシを退治する マリーゴールド 線虫を退治し、土を活性させる。 ゴーヤ ニンジン 病害虫予防。 チャイブ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 ニラ ネギ ニンニク アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 タマネギ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 カボチャ オレガノ 風味が良くなる。 ネギ ニラ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 チャイブ ニラ ネギ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 エンバク 敷き藁の役目をする。 育成促進 ズッキーニ タイム はちを呼び寄せ、受粉を助ける。 モンシロチョウを防除。 スイカ チャイブ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 ニラ ネギ ニンニク アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 メロン チャイブ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 ニラ ネギ ニンニク アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 オレガノ 風味が増す。 ナス ナス ナスタチウム テントウムシを呼び寄せアブラムシを退治する。 エダマメ 元気に育つ。 ニンニク 青枯れ病や立ち枯れ病を予防 バジル 育成促進。 土中の水分を調整し風味を良くする。 チャイブ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 ニラ ネギ ニンニク アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 タマネギ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 ラッキョウ 青枯れ病や立ち枯れ病を予防 ソルゴー アブラムシを防ぐ。 トマト トウモロコシ ジャガイモ 育成を遅らせる。 フェンネル 育成を遅らせ、アゲハチョウを呼び寄せる。 セージ モンシロチョウを防ぐ。 風味が増す。 バジル 育成促進。 土中の水分を調整し風味を良くする。 アオムシやアブラムシを防ぐ。 シソ 育成促進。 土中の水分を調整し風味を良くする。 アオムシやアブラムシを防ぐ。 パセリ 育成促進。 風味が良くなる。 益虫を呼び寄せる。 ボリジ 風味が増す。 ハチを誘う(受粉を助ける) マリーゴールド 病害虫を防ぐ。 生育の促進。 ミント 益虫を呼び寄せる。 アブラムシを防ぐ。 ローズマリー ラベンダー ハチなど益虫を呼び寄せる。 害虫を防ぐ。 萎ちょう病を防ぐ。 ラッカセイ ラッカセイの根粒菌がチッソを固定してトマトに供給する ラッキョウ アブラムシを防ぐ タマネギ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 チャイブ ニラ ネギ ニンニク アブラムシなどを防ぐ。 萎ちょう病、つる割病、青枯病などの病気を防ぐ。 コリアンダー アブラムシ、コナガを防ぐ。 ナスタチウム テントウムシを呼び寄せアブラムシを退治する タイム はちを呼び寄せ、受粉を助ける。 モンシロチョウを防除。 アスパラガス アスパラガスは、トマトのセンチュウ類を防ぎ、トマトはアスパラガスにつくハムシ類を防ぎます。 レモンバーム 風味が良くなる。 ハチを誘う。 ピーマン つるなしインゲン 害虫を防ぎ、根粒菌により育成促進。 シソ 味が良くなる。 チャイブ ニラ ネギ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 マリーゴールド 線虫を退治し、土を活性させる。 ナスタチウム テントウムシを呼び寄せアブラムシを退治する バジル 育成促進。 土中の水分を調整し風味を良くする。 ニラ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 ジャガイモ イチゴ 互いの生育を遅らせる。 トマト・ピーマン・ローズマリー 生育を遅らせる。 チャイブ ニラ ネギ ニンニク タマネギ アブラムシなどを防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 マリーゴールド 根に土中のセンチュウを抑制する効果がある。 ネギ ネギ類 キャベツ マメ類 育成を阻害する ネギ属 ニラ マメ類 生育を阻害してしまうので混植を避けて下さい。 ニンニク キャベツ 育成を阻害する マメ類 生育を阻害してしまうので混植を避けて下さい。 キュウリ トマト なす つる割れ病、青枯れ病、立ち枯れ病の病原菌を殺菌してくれます。 害虫全般を防ぎます。 全般 臭いを嫌がり害虫が寄ってこない タマネギ カモミール 風味が良くなる。 育成促進。 病害虫予防 イチゴ 互いの害虫を防ぐ。 ニンジン 互いの害虫を防ぐ。 マメ マメ類 ローズマリー コナガが寄り付かない。 マリーゴールド 害虫を防ぎ、育成を促進。 根が土中のセンチュウを抑制する インゲン ルッコラ 害虫を防ぐ。 エダマメ トウモロコシ エダマメはトウモロコシの害虫・フキノメイガを、トウモロコシはエダマメの害虫・カメムシをそれぞれ忌避する。 セロリ アブラムシを防ぐ。 エンドウ ホウレンソウ 互いに育成がよくなる。 ニンジン 互いに育成がよくなる。 ソラマメ キャベツ 根が競合しないので、一緒に育てられる。 ラッカセイ エダマメ 互いの害虫を忌避する。 キク レタス ラディッシュ 生育を助ける。 コリアンダー アブラムシ、コナガを防ぐ。 シュンギク チンゲンサイ 害虫を防ぎ、雑草を生えにくくする。 ゴボウ ホウレンソウ ニンジン ゴボウの根を食害する虫がホウレンソウの根を好むため、ゴボウが二股になりにくい セリ ニンジン インゲン 線虫が増える。 パセリ 育成促進。 風味が良くなる。 益虫を呼び寄せる。 エダマメ アゲハチョウの幼虫が近寄らなくなる。 エンドウ 害虫を防ぐ。 生育促進。 コリアンダー 害虫を防ぐ。 生育促進。 セージ モンシロチョウ、コナガが寄り付かない。 風味が良くなる。 タマネギ 互いの病害虫を防ぐ。 ローズマリー コナガが寄り付かない。 土着菌で生育が良くなる。 マリーゴールド 根に土中のセンチュウを抑制する効果がある。 チャイブ アブラムシを防ぐ。 雑草を押さえ育成を助ける。 レタス お互い邪魔をせずに上手く育てられる。 セロリ ニラ 両方よく育つ イネ トウモロコシ マメ類 雑草を押さえ、害虫が減りお互い良く育つ。 バジル アオムシやアブラムシが減り、風味が良くなる。 ショウガ ショウガ サトイモ ジャガイモ 相性が悪い。 ヤマイモ 互いの生育が良くなる。 アカザ ホウレンソウ イチゴ アオムシ、ヨトウムシから守る。 ネギ 害虫予防。 ユリ アスパラガス ゼラニウム 害虫を防ぐ トマト 互いに害虫を防ぐ。 ハムシ、線虫。 ニンニク 交互に植えると、互いに良く育つ。 パセリ 生育を良くする。 風味がよくなる。 バラ イチゴ キャベツ ミント ローズマリー ブロッコリー 互いの生育を阻害する。 イチゴがアブラナ科植物の生育を阻害。 ニンニク 相性が悪い ボリジ ベチュニア 生育を良くする。 ミツバチを呼び、受粉を助ける。 タマネギ ネギ 害虫を防ぐ。 センチュウの防止。 萎黄病の発病抑制 レタス ボリジ マリーゴールド モンシロチョウ、ヨトウムシの被害から守ってくれる。 ナスタチウム 益虫(ハチ)を呼び寄せる。 アブラムシを防ぐ。

次の

トウガラシをコンパニオンプランツと育てよう

唐辛子 コンパニオン プランツ

ネギ類は、青ネギやニラがお勧めです。 ハーブのチャイブもネギ類に入るので、一緒に植えることができます。 ネギ類も育ってくれば収穫して、料理に使うことができるので、一石二鳥です。 苗を植え付ける時に、ナスの根鉢にネギを沿わせるようにして、 2株~3株ほどくっつけて植え付けます。 ナスの根とネギの根が近いほど、病害虫予防の効果が高まります。 また、ナスタチウムは横に広がりながら育つため、ナスの株元を覆ってくれます。 ナスの株元付近を覆うことにより、土の乾燥を和らげる効果があります。 自然のマルチのような状態になる上、 ナスタチウムは葉も花も種も食べられるハーブなのも嬉しいところです。 ニジュウヤホシテントウは、ナスの葉や花を食害する害虫です。 ニジュウヤホシテントウの成虫が1匹つくと、 次々にくニジュウヤホシテントウの成虫がやってきて、食害を繰り返します。 じわじわと葉の食害が進み、葉がぼろぼろになってしまいます。 葉は太陽の光を受けて養分を作る大切な器官です。 食害されてぼろぼろになると、光合成する力も弱くなり、株も弱ります。 ニジュウヤホシテントウはバジルの香りが苦手なのか、 近くに植えていると予防することができるのでお勧めです。 ただし、バジルが大きく育つと、日陰を作ってナスが日照不足になることがあります。 背丈が高くなってきたら、収穫を兼ねて切り戻しを行い、低い状態を保ちましょう。 複数の株のナスを育てている場合は、 株間にシソを植えると、シソの葉が陰になり、土の乾燥を防ぐことができます。 ただし、シソもバジルと同じように、育ってくると背丈が高くなってきます。 その時は、収穫を兼ねた切り戻しを行い、背丈を低くしておきましょう。 切り戻しをすることで枝数が増え、さらに土に陰を作りやすくなります。 さらに、ナスとパセリがお互いに良い環境を作り、それぞれの育ちが良くなります。 ナスの株元でパセリが育つことで、ナスの株元に陰ができます。 株元に陰ができれば、夏の暑い日に土が乾くのを防ぐことができます。 また、ナスの大きな葉がパセリに陰を作り、 直射日光が得意でないパセリもよく育つ環境を作ることができます。

次の

コンパニオンプランツ

唐辛子 コンパニオン プランツ

青ちりめんしそは、日本に古くから伝わり、広く利用されている緑色種です。 葉が縮れ、芽ジソ、葉ジソ、穂ジソとして 上品な芳香をツマや薬味として楽しみます。 詳しい栽培方法は <コンパニオンプランツ的効果> ・キュウリの害虫を遠ざける。 ・赤ジソと青ジソを混植すると、互いに生育を助け合う * ただし交雑するので、タネを採りたいときは避ける。 ・トマトと混植すると、互いに害虫を遠ざけ生育を助け合い、双方の食味が良くなる。 ・ナスの病虫害を減らす。 ・ピーマンの生育を助ける。 <エゴマ>:シソ属 シソの仲間で、葉を焼肉と一緒に食べたり、 キムチ漬けやニンニク醤油漬けなどに利用する健康野菜です。 葉は緑色の卵円形で独特の香りがあります。 一般的には葉を利用しますが、種実も利用することができます。 詳しい栽培方法は エゴマは、昔から~ 「食べると十年長生きできる」と言われているほど栄養豊富で 日本では種から油を取るために古くから栽培されてきた。 <コンパニオンプランツ的効果> 決まった地域で栽培されていたため、その効果はハッキリしませんが 主にシソの準ずる効果が期待できると思います。 <バジル>:メボウキ属 イタリア名はバジリコ、シソと同じように芳香のある葉を摘みとって利用します。 とくにトマトやチーズとの相性がよいのでスパゲッティーやピザ、 サラダなどのイタリア料理には欠かせないハーブとして人気です。 詳しい栽培方法は <コンパニオンプランツ的効果> ・トマトを害虫から守り、生育を促進させ風味を良くする。 (コナジラミ、ハエ、蚊、アブラムシなどにも効果が期待) <ローズマリー>:マンネンロウ属 すっきりとした強い芳香があり、欧米では庭に植えて日常的に利用しています。 鎮静、美容に効果があるといわれ、ヨーロッパでは ローズマリーを生活にとり入れた王侯貴族の若返り伝説があります。 詳しい栽培方法と利用方法 (*種まきからの栽培も可能ですが一般的には苗から・・・) <コンパニオンプランツ的効果> ・キャベツなどのアブラナ科の野菜と相性が良く、 アオムシ・ヨトウガなどの害虫を遠ざける効果が期待。 ・ニンジンと相性が良く、害虫を遠ざける。 ・マメ類の害虫を遠ざける。 コガネムシ・ナメクジなどの害虫を遠ざける。 *ただし、他の植物の生育を妨げるので、混植には適さない。 *病害虫忌避などの効果を利用する場合は、鉢植えなどにして、近くに置く。 <チョロギ>:カッコウソウ属 中国が原産とされるシソ科の一種で、 地下の根の先端に出来る3センチほどある塊茎を食用とします。 日本では、お正月のおせち料理に、黒豆と共に盛り付けられるおめでたい食材。 詳しい栽培方法は 植え付け:3月~4月 葉や実を食べるものが多いシソ科には、 珍しく土の中の根の部分を食べるチョロギです。 シソ科には他にもミントなどもあり、 コンパニオンプランツ的効果もバッチリあります。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています.

次の