ハヌマーン dqmsl。 考察:超マスのパンプキンタイフーンは誰に覚えさせる?

【DQMSL】ハヌマーン(新生転生)の評価とおすすめ特技

ハヌマーン dqmsl

特性 ロケットスタート みんな大好きロケットスタート 先制特技の次に確実に動けることを約束された素晴らしい特性です。 ディアノーグ、ハヌマーン、アルシオン、マデサゴーラ。 どのモンスターも闘技場でみかける機会が多く、腐らないことが分かります。 レア卵との親和性も高い特性です。 ハヌマーンにはげしいおたけびやイオナズンをつけると凶悪になるのがいい例です。 神獣ということもあるので、神速(2ターン先手)がほしかったところですが、もらえただけよかったとしましょう。 秘めたるチカラ お馴染みの特性。 正直、この特性はオマケみたいなものですがないよりマシでしょう。 運よく生き残ってターンが経過した後に先手をとることができたりと思わぬメリットはあります。 ですが、秘めたるチカラ自体が古い特性のため、強さを感じにくいのが本音です。 ロケットスタートがメインでこれはおまけですね。 特技 サイコマータ・改 賢さを下げるサイコマータ 当たるたびに賢さを1段階確率で下げるみたいです。 改良されてますね。 割と強いです。 割と強い。 ???系の呪文ダメージを15%アップのハートを装備 フォロボスに245ダメージ与えています。 先制をとりつつ、これはなかなか強いかもしれません。 速攻パーティ相手なら相当削れるのではないでしょうか。 そこそこの威力に賢さ下げもあるので、リオーやゾーマにうまく当てることができれば、火力を大幅にダウンさせることができます。 使用感 無制限のGPでは・・・ 魔獣につっこんでみました。 ハヌマーンでいいだろという感じもしますが、あえてディアノーグエースを採用してみました。 サイコマータがいい仕事をしたりしなかったりします。 これがウエイト125とかになってくると、ディアノーグエース1匹にウエイトを大きく割かれてしまうため、パーティ構成がシビアになってきます。 ウエイト27でサイコマータ・改の火力をどう捉えるかが大事になってくるのではないでしょうか。 まとめ ロケットスタートつきの新たなモンスターの誕生です。 複数パーティでハヌマーンを2回使いたいという場面などで重宝するかもしれません。 ですが、ハヌマーンやアルシオン、マデサゴーラをはじめ、あげくのはてにウエイト14のディアノーグの存在があるので、無理して使うモンスターでもないかもしれません。 ちょっと難しいロケットスタート使い、それがディアノーグエースだと思います。

次の

【DQMSL】カッコ良い!ハヌマーン(新生転生)に適した特技や使い方をまとめてみた

ハヌマーン dqmsl

クエスト評価 6. 0点 クエスト: 6. 0点 クエスト: 4. 0点 クエスト: 2. 0点 ハヌマーン強の評価 クエストでの評価 デイン系の特大呪文ダメージ 引き継ぎ特技で「ギガデイン」を覚えられる。 敵1体にデイン系の特大呪文ダメージを与えるので、デイン弱点のモンスターが多く出現するクエストではある程度使える。 闘技場での評価 ロケットスタートで確実に先制 特性に「ロケットスタート」を持つ。 バトル開始時に確定で発動し、1ラウンド目は先制で行動する。 確実に特技を打てるので、高速アタッカーとして重宝する。 身も凍るおたけびで状態効果を解除 固有特技の「身も凍るおたけび」は、 敵全体に無属性の体技ダメージを与え、状態効果を解除する。 「ロケットスタート」があるため、真っ先に状態効果を剥がせるのが強み。 無属性全体ブレス&行動停止 固有特技の「マインドブレス」で、 敵全体に無属性の息ダメージを与え、確率で行動停止させる。 こちらも「ロケットスタート」との相性が良く、先手で行動停止を狙える。 いきなりおいかぜでブレスを牽制 特性「いきなりおいかぜ」でブレスを牽制できる。

次の

【DQMSL】まほうの白地図、星4から星4+4の育成方法

ハヌマーン dqmsl

ドラゴン バルボロス、アギロゴス、ドラゴンウーを主軸とした非常に強力なパーティ。 残りにハヌマーンやラーハルト、ヴォルカドラゴン等をお好みでチョイスできるカスタマイズ性を持ちながらも 3匹で火力を確保している恐ろしいパーティです。 48時間ふくびきによって入手困難だったバルボロスやアギロゴスが揃って組めるようになった方も多いのではないでしょうか。 対策は以下が挙げられます ・オーシャンボーンと体技反射 ブレスと体技をメインに攻めていくので、オーシャンボーンと体技反射ができるモンスターを並べれば案外楽に勝てたりすることもあります。 ・マソ速攻 ダーティドールやミストバーンを使用し、1体でも先手で落とせれば勝ちが見えます。 ・くじけぬ系 ジェスターやガオガイヤ等ですね。 ラーハルトがいなければ結構有利です。 ・魔獣 アルシオン、ハヌマーン、アウルート、バロンジャッカル、イボイノスはドラゴンに先手を取ることができ、半壊させるパワーがあります。 強力なパーティであることは間違いありませんが、対策もしやすい分かりやすいパーティです。 マ素 ガルマザードを起点とし、ダーティドールやミストバーン、超魔ゾンビを使っていくパーティ。 ダーティドールはBスタートモンスターで容易に入手できる強力なモンスターです。 ミストバーンはコラボモンスターなので現在は入手不可ですが、無星でも使っていける強みがありますね。 ミストバーンがない人はデモンスペーディオや超魔ゾンビを組み合わせて使っていくことになります。 どちらも強力なモンスターです。 対策は以下が挙げられます。 ・におうだち におうだちでダーティドールやミストバーンの攻撃を防ぎます。 てんのもんばんがベスト、オーガキングがベター。 オーシャンボーンは案外すぐやられたりします。 ・マ素 信じられない話なのですが、マ素系の特技はマ素によって軽減することができます。 マ素の対策はマ素で簡単にすることが可能です。 こちらに光のはどうを仕込むことで一方的に有利な状況を作り出すことも可能です。 ・くじけぬ系 ダーティドールの特技が単発なこともあり、くじけぬ系モンスターは大活躍できます。 特にジェスターならデインブレイクもあるので、マ素パーティのモンスターは容易に倒すことができます。 ガチガチの耐久相手でなければ勝ち筋を作りやすいパーティだと思います。 ラプエビマジンガ ラプソーン、エビルプリースト、キラーマジンガの3体 + におうだち系 のモンスターを使用するパーティ。 宵闇の魔人がないので白夜の魔人になってます。 全パーティの中でもトップクラスに対応幅が広く、使いやすいのが特徴。 古めのモンスターを中心にして組むことができる素晴らしいパーティです。 ラプソーンのリーダー特性によって耐久力もあり、キラーマジンガとエビルプリーストは2ターン目に先手を取りやすいのも強みです。 宵闇の魔人とオーシャンボーンやヴォルカドラゴンと組み合わせることで、マインドにも強くなることができます。 対策は以下が挙げられます。 ・悪魔 悪魔の高火力なら一方的に倒すことも可能です。 しかしコマンドを血迷えば負けてしまうこともあるので注意しましょう。 ・ウルノーガ ムカつくモンスターはウルノーガのゴールドアストロンで止めてしまいましょう。 対策という対策があまりありません。 それくらい万能で強力なパーティです。 オムド亀 新生転生を果たしたオムドレクスと戦帝アックル(以下亀)を組み合わせたパーティです。 その他にはメルトアやオーシャンボーン、ドラゴメタル等と組み合わせることで非常に強力なリバースパーティとなります。 オムドは反撃特技でリバースをしなくても強いです。 害悪です。 亀は耐久力と火力を兼ね備えた究極のモンスターであり、最強のモンスターでもあります。 リバースされてしまえば負けが約束されてしまうようなものですので、いかにしてリバースされないかが大事になってきます。 対策としては以下が挙げられます。 ・ウルノーガ ゴールドアストロンで止めたり、青の衝撃で反撃状態を無効化できます。 ・マデュラージャ 長引くほど火力が上がるので長期戦に有利です。 ・メルトア オムドを吸ってしまえば置物化できます。 これらの対策でも亀の機嫌次第で負けることもあるでしょう。 まとめ 4つの強力なパーティを紹介させていただきました。 これらのパーティはGPでも大会でも見かけることがあると思うので、対策をしていなければならなくなります。 全部に対策するのはほぼ不可能ですが、相手のパーティがどういった動きをしてくるかが分かれば勝率を上げることにつながるのかなと思います。 魔王の上方修正等で環境は変わる思いますのでまた記事を書けたら書きたいですね。

次の