ポリフェノール 効果。 ポリフェノールとは何か?~種類と存在理由~|コーヒーポリフェノール効果|ネスレアミューズ

5分で分かる効果 カカオポリフェノール・カカオプロテイン

ポリフェノール 効果

現代は食べ物に含まれる 健康にいい食品が 高い関心を集める時代です。 その健康にいい成分のサプリメントが 多くのメーカーで 研究、開発、生産、販売されています。 さまざまな健康にいい成分の中でも、 今注目度が高いのが ポリフェノールです。 ポリフェノールは 植物の果実や果皮などに含まれる 色素や苦味の成分です。 ポリフェノールが健康を維持するための 大切な成分として 世界的に注目されたのは、 1990年代からと近年のことです。 ポリフェノールは世界中の多くの研究により、 「動脈硬化予防に効果がある」 「カラダのサビ、活性酸素を除去する」 など多くの健康効果、効能が 次々に明らかになってきています。 1990年代は 赤ワインのポリフェノールが 大きく話題になりました。 2010年代には、 チョコレートの原材料、 カカオ豆のカカオポリフェノールが 注目されています。 アントシアニン カテキン カカオポリフェノール ルチン フェルラ酸 コーヒーポリフェノール クロロゲン酸 クルクミン ショウガオール 今回はこの中でも今注目が集まっている カカオポリフェノールについてお話します。 明治の「カカオポリフェノールの効果」が代表的高カカオチョコレート チョコレート市場は、 2011年から年々拡大しています。 なかでも注目に値するのが 明治と森永製菓を中心に発売されている ハイカカオ(高カカオ)チョコレートです。 1998年4月に明治製菓が、 カカオポリフェノールが 「標準のチョコレートの2倍以上の量を含んだ」 チョコレートを販売開始しました。 1998年発売当時のパッケージ キャッチコピーは 「健康とおいしさを考えた大人のチョコレート」です。 まさに大人のチョコレートで甘さもかなりひかえられ、 価格も従来のチョコレートの2倍以上と高価です。 チョコレート効果カカオ95% チョコレート効果カカオ86% チョコレート効果カカオ72% 3つの段階のカカオポリフェノール含有量で 明治から発売されています。 近くのスーパーなどで買えます。 これを見ると95%が 多くのカカオポリフェノールを摂取できて いいのではないかと思います。 しかし、私の経験から95%も86%も 苦くて食べるのが非常に苦痛です。 72%が何とか普通に食べられるのではないか と思います。 また、95%、86%、72%と なぜ中途半端な比率なのか 明治に聞きたいところです。 「チョコレート効果カカオ72%」は 冒頭の画像の通り、 深緑色のパッケージが特徴です。 森永製菓も明治の追随品として 「カレ・ド・ショコラ」シリーズを 明治よりも5年遅く 2003年から発売開始しました。 近くのスーパーなどで買えます。 森永製菓は明治の95%は あまりにも苦くてニーズが低いために 「カレ・ド・ショコラ」シリーズには、 これに匹敵する商品は存在しません。 95%のカカオはすでにお菓子の域ではなく 非常に苦いサプリメントです。 明治と森永製菓の高カカオチョコレートの中で 私が一番好きなのは カカオポリフェノール含有量が最も低い 森永製菓の 「カレ・ド・ショコラ カカオ70」です。 70%ならば大人のチョコレートとして 普通に食べられます。 これらの高カカオチョコレートを 何回か買って食べると、 もう従来のミルクチョコレートや 一般的なチョコレートは 甘すぎて、なんか健康に良くないという 感じになります。 価格は倍くらいしますが、 できたらあなたもチョコレートを食べるなら 高カカオチョコレートにしぼった方がいいと思います。 広告 カカオポリフェノールの健康効果、効能 高血圧 カカオポリフェノールは血管の炎症が軽くする作用があります。 血管に炎症があると血管が狭くなり血液の流れが悪くなります。 そこでカカオポリフェノールを摂取することで血管の炎症が軽くなり、 血管が広くなるため、血圧低下の効果が期待できるのです。 動脈硬化予防 カカオポリフェノールには、強力な酸化抑制効果があります。 HDLコレステロール「善玉コレステロール」が増加します。 LDLコレステロール「悪玉コレステロール」の酸化を抑制します。 この二つの健康効果、効能により 中高年の動脈硬化予防につながる働きがあります。 美肌 「しみ」や「そばかす」などの原因は 紫外線による活性酸素です。 カカオポリフェノールには抗酸化作用があるので、 活性酸素を除去し、肌のダメージを保護します。 アレルギーの改善 カカオポリフェノールには アレルゲンに対して抗体がつくられるのを防ぎ、 肥満細胞からヒスタミンが放出されるのを防ぎ、 アレルギーの発症を防ぎます。 また好酸球の働きを抑えるなど、 アレルギー症状を防ぐためにいろいろ働きます。 カカオポリフェノールは脳の活性化に効果があるかもしれない 私たちは誰でも加齢による記憶力や学習能力など 認知機能の衰えは自然なことです。 カカオポリフェノールは、 脳の栄養といわれる血液中の BDNF ( Brain- derived neurotrophic factor) (脳由来神経栄養因子) の働きかけにより、 認知機能を高められる可能性があります。 加齢で減少する脳の栄養分、 BDNFは 脳の維持や再生をうながし、 記憶・学習などの認知機能を促進させます。 BDNFは脳の活動をサポートする 重要な役割を担っています。 しかし、 BDNFは65歳以上では 年齢を重ねるほどに 減ることが報告されています その対抗手段として期待されているのが BDNFを増やすことです。 BDNFを増やすためには、 高カカオチョコレートを食べることです。 高カカオチョコレートに含まれる 高濃度のカカオポリフェノールが 脳の血流量を増やし、 BDNFの血中濃度を増加させます。 それによって 認知機能高める可能性がある という実験が、近年の明治などの実験で報告されています。 高カカオチョコレートを1日に食べる量はどのくらい? 明治の「チョコレート効果カカオ72%」に美と健康にいいことをパッケージの裏面に記載されている いつでもどこでも 手軽に食べられるチョコレートで、 美味しく健康になれたらすばらしいことです。 現在は、明治と森永製菓で発売されている いろんな高カカオチョコレートを常備して 少しずつ食べることが効果的です。 カカオポリフェノールから 生活習慣病予防などの健康効果、効能を得るには、 1日200~500mgを毎日何回かに分けて摂取します。 例えば明治の「チョコレート効果カカオ72%」ならば、 1日2~4枚を分けて食べることが 健康効果、効能のためには必須です。

次の

明治チョコレートのカカオポリフェノール70 以上の効果が凄い!

ポリフェノール 効果

ポリフェノールとは ポリフェノールは植物が紫外線によってできる活性酸素から身を守るために自ら作り出すもので、ほとんどの植物に含まれ主に植物の種や葉に多く存在しています。 ポリフェノールといっても種類は8000以上、カテキン・アントシアニン・タンニンなどは聞き覚えがあるはずです。 含まれる食品 特にポリフェノールが多いのは赤ワインですが、コーヒーも赤ワインに次いで多い食品です。 テレビなどでは赤ワインやココアをよく取り上げられますが、これらよりも私たち日本人はコーヒーや緑茶や野菜から摂取しやすいでしょう。 日本人に馴染みがある食品を挙げます。 若さと健康を維持するにはこの活性酸素の増加を抑制させることがポイントでポリフェノールにはその効能があると注目されています。 抗酸化作用 人間も加齢や不摂生などによって鉄と同様に錆びていき、それを酸化と言います。 空気中から吸った酸素の一部は活性酸素になります。 その酸化力で細菌感染を防いだり生命維持のため様々な器官をサポートしたりするなど大切な役割がありますが活性酸素が増えてしまうと自分の細胞まで傷つけてしまうという特徴をもっており、これがシワや病気の原因のひとつになっています。 ポリフェノールは体内の酸化を防止することが判明しています。 紫外線を浴びた肌はメラニン色素が生成されるのですが、たくさん浴びてしまうとお肌のターンオーバーが間に合わなくなりシミやソバカスを増やしてしまいます。 ある研究で首都圏の成人女性を対象に紫外線とコーヒーポリフェノールの関係を調査したところコーヒーの摂取量が多い人ほどシミが少ないという結果が得られています。 ゴマは古来より世界中で薬として活用されているほど万能です。 ポリフェノールを摂取することで活性酸素の増加を抑制させ脳神経を健全に保つことが可能です。 つまり、がんばらなくてはならないときにビターチョコレートを1かけ食べると集中力を維持することが可能なのです。 女性ホルモンの働きを助ける ポリフェノールの一種であるイソフラボンやゴマに含まれるリグナンは女性ホルモン(エストロゲン)の働きととても似ています。 女性ホルモンがどのような働きをするのかというと、新陳代謝を促進させ肌や毛髪のツヤを保ったり骨を丈夫にしたり脳の血液循環を良くしたり自律神経を安定させたり生理周期を安定させたりします。 こうやってホルモンの働きをみると女性ホルモンに似た働きをする大豆などのポリフェノールを含む食品を摂取するのが大切であることがわかります。 ちなみに消臭作用もありこの緑茶うがいは医師も推奨しています。 その結果、ポリフェノールを含まないホワイトチョコレートでは変化が見られませんでしたが、ビターチョコレートを食べた被験者では血圧の低下が見られたことから、ポリフェノールを含むビターチョコレートには血圧を低下させる効果があることがわかります。 また、蕎麦に含まれるルチンも血管を強化するという報告があります。 中性脂肪が増加する原因は運動不足と食べ過ぎです。 積極的に身体を動かすことが大切ですが、緑茶の効果を利用しましょう。 眼精疲労の回復 仕事でパソコンを操作するのは当たり前だし、プライベートでもスマートフォンに依存する私たちは日々眼精疲労と戦っています。 CMでおなじみのブルーベリーに含まれるアントシアニンは眼精疲労や涙液分泌量を改善することが判明しています。 ダイエット効果 コーヒーに含まれるコーヒークロロゲン酸は血糖値の上昇を抑制させる効果と脂肪燃焼効果があります。 ガン予防 まだはっきりとしたことはわかっていませんが、コーヒーにはガンを発生させるとされている胆汁酸の濃度を抑えることが判明しており、コーヒーを飲む習慣がある人はコーヒーを飲まない人よりもガンを患うリスクが低いとされています。 摂取量の目安 1日の摂取量の目安をご紹介します。 1日2杯程度にしましょう。 1日に7杯飲むと血糖値が下がったという報告がありますが、コーヒー同様にカフェインを含むので飲み過ぎは禁物、食事の後や休憩時にちょこちょこ飲む感じ良いでしょう。 それはきのこや豆類など不溶性食物繊維と合わせてバランスよく摂取しないと便秘などを引き起こし逆に腸内環境を悪化させるからです。 果物も含まれる糖質に注意が必要、食べ過ぎは太る原因になります。 たくさんたべるというよりバランスを重視しましょう。 過剰摂取は意味なし ポリフェノールの抗酸化作用は数時間で消滅するデリケートな成分なので過剰摂取は意味がありません。 効能を得るための摂取量はご紹介した目安くらいで十分、身体の酸化防止や健康維持の補助としてつまむ感覚で良いでしょう。

次の

いま話題のポリフェノール!意外と知らないその働きとは!

ポリフェノール 効果

ポリフェノールって何? ポリフェノールとは、植物が紫外線から身を守るために自ら作り出す成分の総称で、強い抗酸化作用があります。 種類や量の違いはありますが、基本的に土の下に根を張り、地上で育ち実を付けるほとんどの植物にはポリフェノールが含まれています。 花の色の素となる色素や渋味となる成分がポリフェノールの正体です。 天然のポリフェノールはこれまでに7,000種類以上の分類が明らかになっています。 緑茶などに多く含まれる「カテキン」もその一種で、他にも玉ねぎやブロッコリーに含まれる「ケルセチン」、大豆に含まれる「イソフラボン」、ブルーベリーなどベリー類に豊富に含まれる「アントシアニン」などがあります。 フラボノイド類以外でも、コーヒーの「クロロゲン酸」、カレーの色素である「クルクミン」、カカオや赤ワイン、紅茶の「テアフラビン」など特定の種類は食品の機能性研究の対象にもなり、一般にも知られています。 抗酸化作用や抗菌・殺菌作用など、多くの自己防衛機能のために作り出されている物質で、野菜や果物などの色素や苦味成分にもなっている。 さらに最近分かってきたこととして、ポリフェノールの中には極めて吸収されにくいものもあります(アントシアニジン、プロシアニジン、テアフラビンなどで渋味が特徴)。 吸収されにくいにもかかわらず、これらはメタボリックシンドロームや心血管疾患のリスク低減、抗炎症・抗アレルギー作用、骨粗鬆症予防、目の機能を調節する効果、抗老化、最近では脳の認知機能維持にも作用するといった有効性が科学的に証明されています。 なお、これらの作用は、ポリフェノールの種類によっても大きく違います。 例えばベリー類に多く含まれるアントシアニンは目の機能を調節する作用があることが分かっていますので、目を酷使するときに摂取するなど、状況に応じて使い分けていくと良いでしょう。 最近の研究では、消化吸収の経路を経ずに、口内や消化管の知覚神経を介して脳に認識され、自律神経(交感神経)を刺激することによって循環・代謝に影響を与えるのではないかという可能性も示唆されています。 例えば辛いものを食べると熱くなって汗が出るように、味の成分が知覚神経を通じて交感神経を興奮させることで反応が表れる仕組みが体には備わっています。 このように交感神経が一時的に興奮することで表れる生理的変化は、運動した時にも見られます。 運動することで骨や筋肉に適度なストレスが加わり、そのストレス刺激が脳に伝わって、心拍数や血圧が上がるなど循環・代謝の変化が起こるのも同じメカニズムです。 ポリフェノールにも同様のメカニズムが働いており、これまで報告されてきた多彩な機能は自律神経調整作用によるものではないかと考えています。 ポリフェノールが摂れる食材は 赤ワイン以外にも数多い 植物の成分であるポリフェノールは野菜・果物にも多いのですが、赤ワインなどにも多く含まれています。 ブドウは種に多くのポリフェノールを含むので、ブドウジュースや白ワインよりも、実から種皮まで丸ごと使って醸造する赤ワインの方が、ポリフェノールの種類も量も多くなります。 また、緑茶も紅茶も同じお茶の木ですが、茶葉を発酵させる紅茶は、その過程でカテキンが結合してテアフラビンという形に変化します。 近年、特に注目されているのはプロシアニジンです。 赤ワインをはじめ、カカオ(チョコレート)、黒豆の種皮、柿などに多く含まれ、内外で実施された大規模研究でもメタボリックシンドロームの危険因子の改善効果が認められるなど確かな科学的根拠が得られています。 また、摂取から短時間で脳血流が上昇し、短期記憶が向上するという報告もあり、集中力アップや作業速度・正確性の向上に役立つと期待されています (出典 Osakabe&Terao Nutr. Rev. 2018 76. 174-186)。 基本的に植物性食品にはポリフェノールが含まれているので、普段の食事から知らず知らずのうちに摂取している可能性があります。 一つの食品に一つの成分だけではなく、複数のポリフェノールが含まれるので、ポリフェノールを効果的に摂るには「幅広くさまざまな食品を食べること」と考えるのが良いでしょう。 ポリフェノールの 効果を活かす摂り方 7,000種類以上もあるポリフェノールをすべて分析するのは難しいため、1日の摂取量などの明確な基準は設定されていません。 一般的には食事内容によって1日20mg〜1gを摂取していると言われています。 1日1gを目安と考えると、小分けにされた高カカオチョコレートなら5〜6枚です。 例えば持ち運びしやすい高カカオチョコレートを携帯しておき、気分転換したい時、疲れたけれど集中しなければならない時などに食べると、ポリフェノールが短時間で作用するため、即効性を期待できます。 赤ワインならボージョレ・ヌーボーなどよりも、渋味のある赤ワインの方がポリフェノールの効果は大きいでしょう。 赤ワインの種類にもよりますが、1杯(約100ml)で約400mgのポリフェノールが摂れるので、2杯で1日1gのうち約7~8割程度摂れることになります。 また、ポリフェノールはタンパク質と結合して変性するので、コーヒーや紅茶を飲む時にミルクを入れると効果は低減してしまいます。 効果を最大限に活かすには、ミルクは入れずに飲むことをお勧めします。 ただし、いずれも嗜好品ですので、状況に応じて選択しながら楽しめば良いでしょう。 サプリメントなどに頼るのではなく、いろいろな食品からバランスよくポリフェノールを摂取することを心掛け、食品の持つ味を存分に味わい、食生活を楽しみましょう。

次の