ひめゆり の 塔 心霊。 ひめゆり学徒隊

ひめゆり学徒と犠牲、大田さん一家の慰霊祭 親族が初参加 糸満・赤心之塔

ひめゆり の 塔 心霊

ひめゆりの塔 みんなといっしょにひめゆりの塔におまいりして、おねえさまがたがくるしい生活をして、最後におねむりになった岩あなを見学しましたが、下はまっくらでみるなり体ぜんたいがかたくなって目の前にあのおそろしい戦争がふたたびやってくるような気もちになりました。 たてふだにとりすがり泣くおかあさんらしい人や、また弟らしい人がただ一人ふだの前にぼんやりうつむいているすがたが見うけられました。 それに両方の目をうしない碑(ひ)にもたれながら、いもうとの名をよんではなきさけぶ人もありました。 あのいやな戦争! なんのつみもない人民をくるしめ、それから今から成長していくという人たちの、とうといいのちをうばいとったにくい戦争。 人命だけではありません。 家や木はやけて、はたけもあれはててしまいました。 もう二度といやな戦争はしてはいけないと思います。 国と国とがおたがいに手をとりあっていくことです。 わたしはこのことを心に感じながら、おねえさまがたの霊にたいし、さようならを心の中でもうしあげました。 (首里市・首里中3年・仲尾根敏子) 昭和20年代の中学生の綴り方(作文)です。 きょう75年目の沖縄慰霊の日を迎えました。

次の

【沖縄】慰霊の地「ひめゆりの塔」とは?おとなり「ひめゆり平和祈念資料館」も合わせてご紹介

ひめゆり の 塔 心霊

ひめゆり学徒隊の慰霊塔 看護要員として戦場に動員され、亡くなっていった「ひめゆり学徒隊」の慰霊塔。 ひめゆり平和祈念資料館には、ひめゆり学徒隊の犠牲者の遺品や、ガス弾によって多くの犠牲者がでた伊原第三外科壕が実物大で再現されており、ひめゆり学徒隊について学べる場となっています。 ひめゆりの名の由来 平和祈念資料館によると、沖縄県立第一高等女学校を「乙姫」沖縄模範学校女子部を「白百合」と名付けられていたそうです。 その両方の名前を合わせて「姫百合」と名付けられ、戦後からひらがなで「ひめゆり」と使うようになったそうです。 ひめゆり学徒隊と沖縄戦 沖縄陸軍病院第三外科壕跡 慰霊塔の前に穴があいている洞窟が沖縄陸軍病院第三外科壕跡。 洞窟や壕のことを沖縄の方言で「ガマ」と呼ばれています。 ひめゆりの塔がある「ガマ」 写真中央の穴 には当時、ひめゆり学徒を含む病院関係者や住人などおよそ100名がおり、解散命令後の6月19日に米軍のガス弾攻撃を受けて80人余りが亡くなられたそうです。 当時、薄暗い狭い壕の中で大勢の負傷した兵隊のうめき声が響く中、必死に看病するひめゆり学徒、そして必死に生き延びようとする住人がこの壕の中で共存していたのです。 ひめゆりの塔入口。 ひめゆり平和祈念資料館 悲惨な沖縄戦を後生に伝えるために、元ひめゆり学徒隊の同窓会と募金等により設立しました。 悲しい気持ちになりますが、当時の悲惨さを学ぶことができる場となっています。 ひめゆり学徒散華の碑 ひめゆりの塔から車で15分程走ったところに本島最南端の荒崎という場所があります。 そこには沖縄陸軍病院第三外科壕の解散命令後、ひめゆり学徒隊が米軍からの攻撃から逃げるためこの地にたどり着いたそうです。 しかし、自害や米軍の攻撃で亡くなったり、怪我をしたそうです。 ひめゆり学徒散華の碑への行き方 糸豊環境美化センター 糸満市字束里74-1 を目指していくと、門の横に写真のような道が海側にあります。 しばらく進むと案内看板が見えてきます。 道は舗装されておらず、車も一台分しか通れない幅です。 この写真の手前に広場がありますのでそこに車を止めて歩いて行ったほうがいいです。 一人しか通れない道を歩いて行くと海に出ます。 海に出てすぐに、海に向かって左側へ行きます。 写真中央左のちょっと盛り上がった岩にコンクリートの階段があります。 階段を登ります。 細い道を歩いて行くと突きあたりにあります。 ひめゆり学徒散華の碑の周辺は180度海が見えます。 当時この海の沖合から軍艦が艦砲射撃を行ったそうです。 このあたりの岩は尖っていて裸足で歩くと怪我をするほどです。 当時は靴もはかず裸足で必死に逃げたのでしょうか。 行くときはスニーカーなどの歩きやすい靴で行くといいです。

次の

戦争のおそろしさ、人間の命の尊さを教えてくれます

ひめゆり の 塔 心霊

公共の駐車場がなく、付近のお土産物屋が管理する駐車場に停めて歩いて行きます。 沖縄本島での戦いが始まる寸前の昭和20(1945)年3月24日、沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の生徒教員240名で組織され、南風原の陸軍野戦病院看護要員として配属されました。 その後戦況の悪化により2ヶ月後には南風原に回復の見込みのない負傷兵や学徒を置き去りにし、この地である糸満の3つの壕に分散して潜んでいました。 敗戦色が濃くなった6月18日には学徒隊に解散命令が出されます。 とはいえ付近一帯はほぼ米軍の手中にあり、解散=死を意味するものでした。 銃撃や黄燐弾による攻撃の他、自決を含めた240名のひめゆり学徒(引率教師を含む)の犠牲者136名。 沖縄戦跡のひとつとして、後世に残さなければならないものには違いありません。 しかしひめゆり学徒が潜んだ壕は、この伊原第三外科壕の他、伊原第一外科壕、糸洲第二外科壕もさほど遠くない場所に存在します。 言い方は悪いですが、かたや朽ちる一方のところもあれば、理由はともかく多くの人が訪れる場所として観光地化されているところもあります。 勿論そのような事実が全てではありません。 行った時期:2018年3月1日• 混雑具合:空いていた• 滞在時間:1〜2時間• 投稿日:2019年10月4日.

次の