トルコ キキョウ 育て 方。 桔梗(キキョウ)の育て方|種まきや植え替えの時期と方法は?

トルコギキョウの育て方|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

トルコ キキョウ 育て 方

栽培環境・日当たり・置き場 風通しのよい日なたで育てます。 日陰では栽培できません。 庭植えの場合は水はけのよい場所を選び、できれば15~30cm盛り土をした上に植えます。 水やり 鉢植えの場合は、表土が乾いたら十分に与えます。 庭植えの場合は、よほど晴天が続いて乾燥しないかぎり、必要ありません。 肥料 植え替えの際にリン酸とカリウムが多めの緩効性化成肥料を施します。 この際、根に直接肥料が触れないようにすることが大切です。 3月から5月の間は1か月に1回、油かすと骨粉の等量配合の親指大のものを、5号鉢で3~4個施します。 6月から9月の間は、三要素等量の液体肥料を2000倍に薄めたものを、1か月に2~3回施します。 庭植えでも同様です。 病気と害虫 病気:立枯病、茎腐(くきくされ)病 立枯病は茎と根のつけ根あたりが腐り、茎腐病は根元近くの茎が腐る病気です。 どちらも主に夏に発生します。 水はけと風通しが悪いことで過湿になるのが原因なので、盛り土した上に植えるか、水はけのよい土に改良し、風通しをよくすると防ぐことができます。 害虫:クロウリハムシ、アブラムシ、ヨトウムシ クロウリハムシはオレンジ色の頭と身体に黒い羽をもち、つやのある体長1cmほどの虫です。 4月から9月に発生します。 見つけしだい捕殺するか、数が多ければ薬剤で防除します。 周辺のウリ科の雑草を処分することも有効です。 用土(鉢植え) 鉢植えの場合は、水はけのよい土であれば土質を選びません。 赤玉土小粒7、腐葉土3の配合土のほか、市販の草花用培養土でもよく育ちます。 過湿にやや弱いので、庭植えにする場合は、10~20cmほど盛り土した上に植えると、病気や根腐れの心配がありません。 一部の矮性の園芸品種は鹿沼土と赤玉土、軽石の各小粒を等量配合したもので植えます。 矮性の園芸品種を庭植えにする場合は、ロックガーデンを築いて植えつけます。 植えつけ、 植え替え 2月から3月の芽出し直前に植え替えます。 よくふえてすぐに根詰まりを起こすので、鉢植えの場合は毎年植え替えます。 庭植えの場合は特に植え替えの必要はありませんが、3年に1回は掘り上げて株分けして植え直します。 太いゴボウ状の根を傷つけないように注意しましょう。 実生苗は成長に合わせて、時期を問わず植え替え(鉢増し)をします。 ふやし方 タネまき:市販のタネや、自分で採取したタネを冷蔵庫に保管して2月から3月にまきます。 順調に育てば、まいた年に開花します。 株分け:2月から3月の芽出し直前に株を分けます。 自然に株が分かれている部分で分け、根茎を切って分ける場合は、切り口には癒合剤や殺菌剤を塗って保護しておきます。 さし芽:5月から6月に、新芽の先端をさします。 支柱立て:4月から5月に行います。 茎に1本ずつ添えるよりも、あんどん支柱を使ってまとめて支えるほうが合理的です。 タネの採取:8月から9月に熟した果実をとって、タネを集めます。 特徴 キキョウは東アジアに広く分布する多年草です。 日当たりのよい草原に見られますが、国内ではそのような場所が激減したため絶滅危惧種になっています。 茎はまっすぐに伸びて高さ10~120cm、先端近くに直径5~7cmの花を1~10数輪咲かせます。

次の

トルコキキョウの花言葉・由来・育て方

トルコ キキョウ 育て 方

栽培環境・日当たり・置き場 風通しのよい日なたで育てます。 日陰では栽培できません。 庭植えの場合は水はけのよい場所を選び、できれば15~30cm盛り土をした上に植えます。 水やり 鉢植えの場合は、表土が乾いたら十分に与えます。 庭植えの場合は、よほど晴天が続いて乾燥しないかぎり、必要ありません。 肥料 植え替えの際にリン酸とカリウムが多めの緩効性化成肥料を施します。 この際、根に直接肥料が触れないようにすることが大切です。 3月から5月の間は1か月に1回、油かすと骨粉の等量配合の親指大のものを、5号鉢で3~4個施します。 6月から9月の間は、三要素等量の液体肥料を2000倍に薄めたものを、1か月に2~3回施します。 庭植えでも同様です。 病気と害虫 病気:立枯病、茎腐(くきくされ)病 立枯病は茎と根のつけ根あたりが腐り、茎腐病は根元近くの茎が腐る病気です。 どちらも主に夏に発生します。 水はけと風通しが悪いことで過湿になるのが原因なので、盛り土した上に植えるか、水はけのよい土に改良し、風通しをよくすると防ぐことができます。 害虫:クロウリハムシ、アブラムシ、ヨトウムシ クロウリハムシはオレンジ色の頭と身体に黒い羽をもち、つやのある体長1cmほどの虫です。 4月から9月に発生します。 見つけしだい捕殺するか、数が多ければ薬剤で防除します。 周辺のウリ科の雑草を処分することも有効です。 用土(鉢植え) 鉢植えの場合は、水はけのよい土であれば土質を選びません。 赤玉土小粒7、腐葉土3の配合土のほか、市販の草花用培養土でもよく育ちます。 過湿にやや弱いので、庭植えにする場合は、10~20cmほど盛り土した上に植えると、病気や根腐れの心配がありません。 一部の矮性の園芸品種は鹿沼土と赤玉土、軽石の各小粒を等量配合したもので植えます。 矮性の園芸品種を庭植えにする場合は、ロックガーデンを築いて植えつけます。 植えつけ、 植え替え 2月から3月の芽出し直前に植え替えます。 よくふえてすぐに根詰まりを起こすので、鉢植えの場合は毎年植え替えます。 庭植えの場合は特に植え替えの必要はありませんが、3年に1回は掘り上げて株分けして植え直します。 太いゴボウ状の根を傷つけないように注意しましょう。 実生苗は成長に合わせて、時期を問わず植え替え(鉢増し)をします。 ふやし方 タネまき:市販のタネや、自分で採取したタネを冷蔵庫に保管して2月から3月にまきます。 順調に育てば、まいた年に開花します。 株分け:2月から3月の芽出し直前に株を分けます。 自然に株が分かれている部分で分け、根茎を切って分ける場合は、切り口には癒合剤や殺菌剤を塗って保護しておきます。 さし芽:5月から6月に、新芽の先端をさします。 支柱立て:4月から5月に行います。 茎に1本ずつ添えるよりも、あんどん支柱を使ってまとめて支えるほうが合理的です。 タネの採取:8月から9月に熟した果実をとって、タネを集めます。 特徴 キキョウは東アジアに広く分布する多年草です。 日当たりのよい草原に見られますが、国内ではそのような場所が激減したため絶滅危惧種になっています。 茎はまっすぐに伸びて高さ10~120cm、先端近くに直径5~7cmの花を1~10数輪咲かせます。

次の

トルコギキョウ|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

トルコ キキョウ 育て 方

・タネは細かくて扱いづらい• ・梅雨時期は雨除けする• 次々とつぼみができて新しい花を咲かせるので、こまめに花がらを摘み取ることが花を長く楽しむコツです。 日当たり・置き場所 十分日光の当たる場所で育てます。 乾燥気味の環境を好み多湿を非常に嫌がるので、梅雨時期は雨の当たらない軒下やベランダに置きます。 蒸れないように風通しの良い場所を選ぶことも大切です。 自生地は乾燥地帯 トルコギキョウの元々の野生品種はアメリカのネブラスカ州・コロラド州・テキサス州など降雨量が少ない乾燥地帯を故郷とします。 現在では品種改良され様々な種類が存在しますが、それらも元の性質は受け継いでおりやや乾燥気味の性質を好みます。 ということで、日本の多湿な気候は苦手です。 多湿を避けることが栽培上のポイントとなります。 水やりと肥料 乾燥を好み過湿をいやがるので、水のやり過ぎは厳禁です。 鉢植えのトルコギキョウで一番やりやすい失敗の一つは水のやり過ぎによる根腐れです。 多少乾燥にも耐えるので水やりは土の表面が乾いてから与えるようにしましょう。 花びらに水がかかってしまうとそこからシミができて傷んでしまうことがあるため、水やりは株元から静かに与えます。 肥料は植え付ける際にあらかじめゆっくりと効くタイプの粒状肥料を混ぜ込んでおきます。 次々と花を咲かせますので肥料切れにならないように追肥として月に2~3回1000倍に薄めた液体肥料を与えます。 特に秋の二番花を楽しみたい場合は初夏に花が咲き終わった後も追肥を続けます。 適した土 水はけがよく、肥沃な土が適しています。 赤玉土5:ピートモス3:パーライト2の割合で混ぜた土を用います。 植え替え・植え付け 一度植え付けて花が咲き終わった後は枯れてしまうので、植え替えの必要はありません。 植え替えをあまり好まないので、鉢植えや大株のポット苗は植え替えずにそのまま花を楽しむ方がよいでしょう。 鉢植えや苗を買う際のポイント 枯れた葉がなく、葉や茎の色つやがよい。 茎が間延びしていずに寸の詰まったもの。 つぼみや花に虫が付いていないもの。 花が咲ききっておらずに、つぼみがたくさんあり1~2輪咲いている状態のもの、などが鉢植えを選ぶ際のポイントです。 苗を買うときは草丈が高くなる品種か低くてコンパクトにまとまる品種かを確認して購入しましょう。 鉢植えやコンテナ上にする場合は草丈の低い品種の方が適しています。 また、切り花には草丈の高くなるものが適しています。 ふやし方 タネをまいてふやすことができますが、タネの扱いと育苗管理が難しいので苗を買い求めた方が無難です。 まず、非常に微細なタネで扱いづらいです。 「1gで約7万粒」と言えばその細かさがある程度理解していただけるのではないかと思います。 次に幼苗時の温度管理の難しさがあげられます。 それで枯れはしませんがそれ以上は草丈が上に育たなくなります。 そうならないよう栽培農家では発芽後に冷房室に移して育苗するなどの方法をとっているそうです。 以上のような理由から、苗を買い求めて育てた方がよいと思います。 かかりやすい病害虫 立ち枯れ病 灰色カビ病 アブラムシ 過湿で風通しの悪い状態や水のやり過ぎが原因で立ち枯れ病が発生することがあります。 この病気にかかると、まず下葉がしおれてきて最終的に株自体が枯れてしまいます。 発病してしまったら対処方法はないので、株を抜き取って処分します。 また、同様に葉や花にカビが生えて腐る灰色カビ病も発生することがあります。 枯れた葉やしおれた花に発生しやすいので枯れた部分はそのままにしておかずにこまめに摘み取って株を常にきれいな状態にしておきましょう。 春に暖かくなるとアブラムシが発生するので、予防のために薬剤を散布するか、発生したら早めに駆除します。 関連する植物• キキョウ科 秋の七草の1つだが、最近の品種は初夏から咲く。 リンドウ科 秋を代表する野草の1つ。 夏はできるだけ涼しい場所に。

次の