モンハンアイスボーン 容量。 よくあるご質問 モンスターハンターワールド:アイスボーン(PlayStation 4)

【アイスボーン】ダウンロード版の必要容量と他ゲームとの比較【モンハンワールド(MHW)】

モンハンアイスボーン 容量

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は、『モンスターハンター:ワールド』のエンディング後から始まるさらなるストーリーを体験できる超大型拡張コンテンツ。 新たなクエストランク、アクション、フィールド、モンスター、武器防具が追加されます。 第3回ベータテストでは、新たに超上級者向けクエストが追加され、全4つのクエストを体験できます。 なお、ダウンロードは8月28日より開始予定で、『モンスターハンターワールド:アイスボーン ベータテスト版』を本体ストレージに保存している場合は、あらためてダウンロードする必要はありません。 また、ゲーム本編(製品版)と内容が異なる場合があります。 オフラインでは遊べません。 オンライン状態で楽しむにはインターネット環境が必要です。 一度ゲームを終了すると、以前に設定したキャラクターの名前や見た目、装備やオプションの内容は初期化されます。 ゲーム内容に関する質問は受け付けていません。 ベータテスト版の主な概要 シングルプレイ 1人でクエストに出発することで、シングルプレイを楽しめます。 シングルプレイの場合でも、オンライン状態である必要があります。 マルチプレイ 全世界のハンターと最大4人までのマルチプレイが可能です。 マッチング対象の言語を指定することで、同じ言語のハンターとマルチプレイが可能です。 ゲーム本編(製品版)では可能です。 選べる4種類のクエスト 新たにクエストが追加され4種類のクエストが遊べます。 クエスト難易度が、参加している人数によってシングル用、2人用、マルチ用の3つの難易度へ自動的に変更されます。 キャラクターメイキング 本ベータテスト版では、あらかじめ用意された男性6種類、女性6種類、オトモ6種類の中から選択する形式です。 ゲーム本編(製品版)ではより細かなキャラクターメイキングが可能です。 チャット(ボイス、テキスト) ボイスやテキストでのチャットが可能です。 トレーニングエリア 全14種類の武器のアクションなどを試すことができます。 また、クラッチクローの練習用配置物に変更でき、クラッチクローで荷車にしがみついて、実際のモンスターに対するようにアクションを練習することも可能です。 対応言語 ボイスは日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、『モンスターハンター』の言語に対応。 また、テキストは日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語に対応しています。 第2回ベータテストからの変更点 ガンランスの新アクションや新連携の調整の他、一部不具合の修正が行われています。 C CAPCOM CO. , LTD. 2018, 2019 ALL RIGHTS RESERVED. モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション コレクターズパッケージ• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年9月6日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年9月6日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年9月6日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 配信日: 2019年9月6日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 配信日: 2019年9月6日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 配信日: 2019年9月6日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 配信日: 2019年9月6日•

次の

【アイスボーン】PC版アイスボーンに必要な容量は?

モンハンアイスボーン 容量

「モンハン」の愛称で知られる「モンスターハンター」シリーズの最新作として、2018年1月に発売されたハンティングアクション、『モンスターハンター:ワールド(以下、モンハン:ワールド)』。 そして『モンハン:ワールド』の、超大型拡張コンテンツとして位置付けられる『モンスターハンターワールド:アイスボーン(以下、アイスボーン)』も2019年9月に登場し、こちらも全世界累計出荷本数が520万本を突破しました。 ちなみにモンハンが社会現象として取り扱われるほど、爆発的なブームになっていたのが約10年ほど前。 そんなPSP時代に最も売れたタイトルが『モンスターハンターポータブル 3rd』で約490万本でした。 もちろん単純な比較はできませんが、追加コンテンツでありながらもこれほどの売れ行きを見せている『アイスボーン』が、いかに物凄いかを語る数字と言えます! …でもちょっと待ってください。 『モンハン:ワールド』が1,570万本で『アイスボーン』が520万本ということは、ザッと約1,000万人ものハンターが、『アイスボーン』を経験していないことに。 『アイスボーン』の名に相応しく、氷を使った攻撃でハンターを苦しめます。 ストーリーでも非常に重要なポジションにおり、調査が進むにつれてその秘密が明らかに。 初めて相対した時は興奮で、「き…きたぁ!」と叫びたくなるはずです。 ほかにも『アイスボーン』には「ジンオウガ」「ティガレックス」「ナルガクルガ」などなど、過去作でハンターに愛されてきた人気モンスターが多数登場!最新の技術で活き活きと描かれる、モンスターの動きや生態系の表現は必見です。 capcom. 以来、数々の作品でハンターの前に立ちはだかってきました。 煌黒龍「アルバトリオン」「破壊の象徴」とされ、その名を呼ぶことさえはばかられる存在。 あらゆる自然の力を駆使すると伝わるが、関わる記録の大部分が喪失している。 属性が変わることで、アルバトリオン自身の使う攻撃属性や弱点属性が変化。 twitter. アップデート初日にはアルバトリオン関連と思われる用語が多数Twitterでトレンド入りするなど、まさにお祭り騒ぎになっています。 とんでもない強さです。 inside-games. これを封じ込めていくためには、アルバトリオンの強力な攻撃をしのぎ、属性による攻撃で「エスカトンジャッジメント」の威力を弱体化させていくことがポイント pic. twitter. アルバトリオンは『アイスボーン』のメインストーリーが終わってからの登場となるため、これから挑むハンターには少し先の話となりますが、目指す目標が見えているとモチベーションも湧きやすいのではないでしょうか。 共通アクション「クラッチクロー」や新武器アクションの追加で、より幅広い戦略を実現! 『モンハン:ワールド』から追加されたスリンガーは、移動に活用したり閃光弾が打てたりと、非常に便利なアイテムでした。 さらに諸条件を整えてクラッチから「ぶっ飛ばし」というアクションを取れば、モンスターをダウンさせることも可能。 これまで以上に素早く、モンスターが討伐できるようになるでしょう。 ハンターの動きが立体的になり、操作時の爽快感も大きく向上しています。 また、全ての武器種に新しい動きが増えています。 お気に入りの武器の変更点をチェックして、極みへの道を突き進むも良し。 これを機会にこれまで使ったことのない武器を試してみるも良しです。 他にも『アイスボーン』には、『モンハン:ワールド』をより遊びやすくする改修が盛りだくさん。 プレイヤー同士のコミュニケーションを豊かにするポーズやスタンプ、キャラクターの見た目をカスタマイズするアイテムも、多数追加されました。 【公式サイト】『モンスターハンターワールド:アイスボーン』『モンスターハンター:ワールド』DLCコンテンツセール一覧 まだ見ぬフィールドに、手強いモンスター。 想像を絶する興奮と試練、そしてその先の達成感があなたを待っています。 今年も暑くなりそうなこの夏は、せめてゲームの中だけでも涼しい(というか寒い)『アイスボーン』で過ごすのもアリですよ! 無料DLCジェスチャーも配信中。 こんな動きが出来るので、試してみてください。 更新日:2020年7月12日 提供元:.

次の

【モンハンワールド】PC版(スチーム)の必要スペックは?【MHW】|GAMY

モンハンアイスボーン 容量

2020年01月10日にPC版モンスターハンターワールドの最新拡張パック「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」が発売されます。 購入を検討されている方向けに推奨スペックと必要動作環境 CPU,グラボ、メモリ、HDD容量など を解説していきます。 PC版 MHW:iceborne 高解像度 推奨スペック MHW:ICEBORNEではより高解像度での推奨スペックも公開されています。 フルHD 1920x1080 の30FPSだとPS4でやるのと変わらないですし。 PC版 MHW:iceborne High Resolution Texture Pack 推奨スペック ストレージのスペック項目欄に聞きなれない「High Resolution Texture Pack」という記載があります。 これはPC版専用でより見た目のディティールが美しくなるテクスチャパックで、無料DLCとなっています。 結構変わるみたいですね。 High Resolution Texture Pack適用時は負荷がよりかかるので別の推奨スペックが用意されています。 最新モデルだとGTX1660Ti以上でGTX1070の性能を上回ります。 モンスターハンターワールド本体の推奨スペック MHW本体を既に持っていてICEBORNEを追加購入する方向けにのMHW本体の推奨スペックも確認しておきましょう。 スペックが上昇しているのはストレージの必要容量です。 ICEBORNE拡張パックのインストールに伴い、本体だけだと20GB以上の空き容量でよかったのが、48GB以上の空き容量が必要となっています。 OS 最新のWindowsはWindows10です。 古いバージョンの7や8. 1でもOSが64bit版であればプレイすることができます。 基本的に現在販売されているWindowsは64bit版ですので、64bitであるかはあまり気にする必要はありません。 Windows7は2020年の1月14日に開発元であるMicrosoftのサポートが終了する 新しいバグや脆弱性が発見されても保証されなくなる ため、現在もWindows7のゲーミングPCを利用している方は早急に買い替えの検討を進める必要があります。 可能であればHDDではなくSSDにしておくとPCやゲームの起動時間が短縮され快適なPCライフを送ることが出来ますのでオススメです。 SSDの場合は最低でも240GB以上、可能であれば500GB以上の大容量モデルを選んでおくと良いでしょう。 CPU CPUはIntelモデルの場合2014年に発売された古めのi5CPUと2019年に発売されたi3CPU、そしてAMDモデルからは2017年発売のRyzen5と2019年に発売されたRyzen3CPUが明記されています。 最新のCPUであればi3かRyzen3、古ければi5かRyzen5ということですね。 【CPUのモデルと性能について】 CPUはIntel社がここ10年近く圧倒的なシェアを維持してきましたが、業界2位のAMDが2017年にRyzenシリーズを発売し好評を得ています。 CPUの選択肢はこの2社のCPUのどちらかを選ぶ事になります。 CPUはIntelとAMD両方とも、製品名からある程度の性能を把握する事が可能で Intelは「Core iの後ろにつく一桁の数字」が大きいほど性能と価格が高くなり、AMDも「Ryzenの後ろにつく一桁の数字」が大きいほど性能と価格が高くなります。 AMDのみ最上位モデルは数字ではなく「Threadripper」というブランドになっています。 ゲーミングPCとしてのCPU候補は「5」以上になります。 予算が許すのであれば「7」にしておくと推奨スペックを満たすゲームが増えるのでオススメです。 i9やRyzen9はグラボを含めて超ハイエンドで構成する場合にのみ選択肢となるので、通常は意識する必要はありません。 CPUだけ高性能にするよりも全体のスペックを上げるほうがコスパよくゲームを高画質でプレイできます。 IntelとAMD共に一桁の数字の後ろにつく四桁の数字が世代や世代内のグレードを表していて千の位が世代。 百の位が同モデル、同世代間の性能差を表しています。 例えば「core i7-8700」より「core i7-9700」の方が新しく性能が高くなりますし、「Core i5-8400」と「core i5-8500」は世代は同じですが8500の方が若干性能が高くなります。 ゲーミングPCとしてのCPUは予算を抑える場合「5」のモデル。 可能であれば「7」のモデルにすると推奨スペックを満たすゲームが増えます。 メモリ メモリ8GBを推奨動作環境とするゲームが多い中、モンスターハンターワールド:アイスボーンのメモリ推奨動作環境も8GBとなっています。 最近のPCゲームの中には12GBや16GBメモリを必要とするタイトルも少しずつ増えてきているので、CPUやグラボを高性能なモデルにする場合はメモリも16GBにしておくとゲーミングPCとしてのバランスが良くなります。 逆にメモリを16GB搭載しておけば、数年間はメモリにおいて推奨スペックを満たせない事態にはならないと予想されます。 メモリはPC初心者でも、最も簡単に増設できるパーツですので、自身が使用しているPCに合うメモリやメモリ増設の仕方をググったりすれば比較的簡単に容量を増やすことが出来ます。 メモリだけスペックを満たしていなければご自身での増設も検討してみましょう。 電源とマザーボード 残りはグラボの解説ですが、その前に推奨スペックで記載されることはないけれども、デスクトップゲーミングPCの構成で見落としがちな「電源」と「マザーボード」に関して簡単に解説しておきます。 電源 電源はPCの各種パーツに電力を供給する重要な役割を担っています。 電源には容量と電源効率の二つで性能差があり、基本的にはメーカーがスペックに見合った電源をチョイスしています。 容量はW数で記載がありグラボが高性能なモデルほど電源消費量が大きいため電源のW数も大きくなります。 二つ目の電源効率ですが、こちらは「80PLUS」という基準でグレードが分かれています。 左ほど同容量でも価格は上がりますが電源変換効率に優れ電気代が僅かに安くなるといった認識で結構です。 但しグレードが高いほど高品質になるので、コスパより信頼性を重視する方はチェックしておきましょう。 15万円以下のゲーミングデスクトップPCには80PLUS BRONZEをメーカーがチョイスしている事が多いですね。 RTX2080やRTX2080Ti搭載のハイエンドゲーミングPCでは80PLUS GOLD以上が選ばれます。 マザーボード CPUなどの各種パーツを搭載する基盤です。 避けてほしいマザーボード(チップセット は「H310」です。 CPUとその他のパーツ間のデータスピードが他のマザーボードよりも遅いため、最新のi5やi7CPUを積むゲーミングPCには不釣り合いなのと、グラボの接続規格であるPCI-Expressの世代が古いのでグラボの性能がわずかに低下するためです。 i7が搭載されているゲーミングPCにも関わらずマザーボードにH310を使っている機種がとあるメーカーで販売されていたので、必ず確認しておきましょう。 CPUのOCなど特殊な事をしない限りはZ370である必要はなく、コスパを重視するゲーミングPCとしてはH370やB360、B365(AMD CPUの場合はB350 で問題ありません。 グラボ 推奨環境で指定されているのはGTX1060と1世代前のミドルレンジグラボが指定されています。 気を付けて頂きたいのはGTX1060はグラフィックメモリが3GBのモデルと6GBのモデルがあり性能差があって価格も5,000円ほど違います。 MHW:アイスボーンで推奨スペックとして指定しているのは3GBモデルですが、人気だったのは6GB版ですので注意してください。 GTX1060 3GBを上回る最新グラボはGTX1650SUPER以上です。 そして、MHWの推奨スペックはGTX1060なのは分かったけどGTX1060でその他のゲームはどれくらい遊べるのか気になりますよね?それに関しては以下の表をご覧ください。 各々予算があるかと思いますが、CPUにi7 ryzen7 、グラボにGTX1060の後継モデルであるGTX1660モデル以上を選んでおくと、大半の最新ゲームは推奨スペックを満たすと言えます。 【グラボの買い時などについて】 グラボは一時期、仮想通貨のマイニングブームにより値段が高止まりしていましたが現在は落ち着いています。 2018年12月頃からゲーミングPCメーカーの大規模セールが続いてRTXシリーズも徐々に安くなり始めました。 またGTX1000シリーズのハイエンドモデルの在庫がほぼなくなったためGTX1070Ti以上のグラフィック性能を求める場合はRTXグラボを購入する必要があります。 2020年01月時点ではRTXシリーズのグラボもだいぶ価格がこなれてきており、ユーザーの購入意欲は高い状態が続いています。 特にRTX2070以上のモデルが人気です。 2019年7月にはSUPERモデルが発売され RTX2080Ti>RTX2080SUPER>RTX2080>RTX2070SUPER>RTX2070=RTX2060SUPERという性能順になっています。 【ミドルレンジモデル】 RTX2060 6GBが2019年1月15日に発売されました。 一般的にミドルレンジ帯に近づくにつれシェアが大きくなるのですが、RTX2060はRTX2070よりも売れ行きがよくありませんでした。 これはRTXの目玉機能である「レイトレーシング」をONにするとRTX2060ではパワー不足になってしまうことが大きな要因でしょう。 2019年02月下旬より本来のミドルレンジグラボ価格帯であるGTX1600シリーズが発売されました。 1600シリーズはRTXグラボに搭載されているレイトコアが非搭載な代わりに価格が抑えられているグラボです。 2019年秋から冬にかけてGTX1660SUPERとGTX1650SUPERが新しく発売されています。 com売れ筋上位5製品の平均 特別モデル等は除く• RTX2080Ti 14. 7万円 超ハイエンド• RTX2080 SUPER 8. 9万円• RTX2070SUPER 5. 7万円• RTX2070 4. 9万円• RTX2060SUPER 4. 6万円• RTX2060 3. 8万円• GTX1660Ti 3. 2万円• GTX1660SUPER 2. 7万円• GTX1660 2. 4万円• GTX1660SUPER 2. 0万円• GTX1650 1. 7万円• GTX1050Ti 1. 4万円 となっています。 ここ3か月ほど価格は下落するどころか若干値上がり傾向にあります。 唯一5月に大きく安くなったのはミドルハイで人気のRTX2070SUPERですね。 コロナの影響でしばらくは生産も落ちるでしょうし、デスクトップPCのグラボはしばらく動きがない見込みなので値下げは期待できない状況です。 逆に言えば、買ってしばらくしたら安くなっちゃったよ!という事が起こりにくいとも言えます。 最新の重たいゲームの推奨スペックはGTX1060 6GBが主流なのでGTX1660Ti以上だと多くのゲームを画質中設定以上で遊べることになります。 グラボはハイエンドのRTX2080TiとロープライスなGTX1650を比較すると8倍以上の価格差があるので、予算に応じて選んでいきましょう。 あまりにもローエンドな旧モデル(GTX1050やGT1030 は逆にコスパが悪くなるので注意してください。 ゲーミングノートPCについて ゲーミングPCはデスクトップが基本です。 ノートPCには• 持ち運び可能• 省スペース といったメリットがある反面• デスクトップと同等スペックでも2割以上高い• 拡張性が非常に低い• 持ち運びによる紛失や故障のリスクが高まる• 排熱効率が悪いためゲーム中のFANがうるさい といったデメリットが大きくなっています。 メリットの持ち運び可能という点でも高性能なゲーミングPCは2kg越えがざらで、軽量化のため薄型にしたモデルは排熱効率が落ちるのでリミットがかかってしまい性能を発揮できません 購入割合はデスクトップが7割以上となっており、ゲーミングノートPCをチョイスする場合は利用の仕方やデメリットを把握したうえで選択しましょう。 現在使用しているPCのスペックを調べる方法 キーボードの右下 左下 にある「Windowsキー 」と「R」キーを同時に押すと 「ファイル名を指定して実行」が表示されます。 そこに「dxdiag」と入力してOKを押すと 「DirectX診断ツール」が起動します。 最初に表示されている画面で OS…オペレーティングシステム欄 CPU…プロセッサ欄 メモリ…メモリ欄 で現在のスペックを確認可能です。 グラボは「DirectX診断ツール」の上の方にある「ディスプレイ1」タブをクリックすると確認できます。 テクスチャパック適用時やより高解像度の場合は他の大型PCゲームと同等のスペックを要求されます。 MHWの推奨スペックを上回るゲーミングPCを買っておけば数年は多くの最新3Dゲームを中設定以上で遊べるでしょう。 公開された推奨スペックを最新モデルの同等スペック以上に直してゲーミングPCの構成を何パターンか組んでみます。 最新のスペックや価格は画像をクリックするか解説文のリンクから公式の製品ページにてご確認ください。 【コスパ重視】• CPU :Ryzen5 3500• GPU :GTX1660SUPER 6GB• メモリ :16GB• 電源 :500W静音電源 80PLUS BRONZE• マザボ :B350 ゲーミングPCで有名な は、ゲーミングPCメーカーの中でコスパに優れるメーカーです。 このブログでも度々比較してきましたが、コスパ1位の常連です。 ゲーミングPC購入時にキャッシュバックされるドスパラの独自ポイントは他社のように割高な周辺機器を買うぐらいしか使い道のないポイントと異なり、Steamウォレットに等価でチャージ出来るのでほしいゲームもついでにタダでもらえちゃうんです! 10万円以下のモデルでは のコスパが非常に優秀ですね。 2020年3月にCPUが旧モデルのRyzen5 2600から最新のRyzen5 3500に変わりました。 このモデルは特価モデルとして人気を集めていた機種の後継モデルで、価格は据え置きのままグラボがGTX1060 6GBから最新グラボのGTX1660SUPERになり、価格を抑えながらも優秀なスペックとなっています。 現在発売されているPCゲームのほぼ全てを中設定以上で遊べるコスパ抜群のゲーミングPCです。 【コスパ重視2】• CPU :i7-9700• GPU :GTX1660SUPER 6GB• メモリ :16GB• 電源 :500W静音電源 80PLUS BRONZE• マザボ :B365 ゲーム配信を行いたい場合はCPUの性能が高くないと配信画質が悪くなったり、ゲーム内の設定を下げないとPCが重たくなってしまうので、CPU性能が高いIntel i7かAMD Ryzen7を選びましょう。 同じく ですと税抜き13万を切る価格(モニタなし)で購入できます。 CPUの性能が高いと、数年後にグラボだけ新しいモデルに入れ替えた際にCPUがボトルネックになりにくいので長期的な目線だとミドルレンジグラボを搭載したモデルでもCPUの性能がある程度高いほうが良いですね。 2020年3月に再度このPCを確認するとHDDの容量が1TBから2TBに増えていました。 【よりハイスペックな構成】• CPU :i7-9700K• GPU :RTX2070 SUPER• メモリ :16GB• 電源 :650W静音電源 80PLUS BRONZE• マザボ :B365 2019年7月に発売されたばかりのRTX2070SUPERを搭載した構成です。 この構成までスペックが高まると数年間は最新ゲームがかなりの高設定で快適に遊べますし、今話題のVRゲームなども満喫できます。 同じくコスパの良い で探してみると が税抜き16万5千円を切っています。 発売されたばかりのグラボを搭載して全体的なスペックが高いにもかかわらずこの価格で販売されているのはすごいの一言です。 またレイトレーシングという新しい画像処理機能を搭載しており対応ゲームのグラフィックがよりキレイになります。 直近で有名なタイトルだとBF5やCoD:MWなどが対応しています。 タイミングによってはポイントが多くもらえる代わりに価格が数千円高くなっていることもありますが、トータルの実質価格は変わりません。 この機種は私も実際は触ってみましたが、高性能なスペックに相応しい快適な動作でしたよ。 もちろん売れ筋のガレリアXFより更にハイエンドなゲーミングPCもあります。 例えばCPUにi9-9900KS・グラボにRTX2080Tiを搭載した人気ランキング3位モデル ですね。 予算が許す場合は更なるハイエンドゲーミングPCもチェックしてみましょう。 【価格を抑えたエントリー向けノート】• GPU :GTX1650• SSD :500GB NVMeSSD ゲーミングノートPCでこの価格まで抑えてるのはすごいですね! はCPUに最新i5を搭載することで価格を抑えていたのですが、2020年2月に20万円近くするノートPCと同じCPU「i7-9750H」に価格据え置きで変更されました!グラボがノート向けGTX1650なので最新の重たいPCゲームは中設定以下でプレイすることになりますが、数年経過しているゲームやE-sports系の軽いゲームであれば高設定でもかなり快適に遊ぶことが出来ます。 ライトゲーマーや学生にオススメできるゲーミングノートですね。 私も実際に触ってましたが、ノートPCの欠点の一つである冷却FANの音がうるさくなる問題もある程度緩和されていました。 【ハイエンドゲーミングノート】• CPU :i7-9750H• GPU :RTX2070 MAX-Q• メモリ :16GB• SSD :1TB ゲーミングノートPCを選ぶ場合、予算が許すのであればハイスペックなモデルを選ぶ事をオススメします。 理由としては購入後にCPUやグラボの交換が出来ず数年後にゲームタイトルの推奨スペックが上がってきてもアップグレード出来ないためです。 ですので、購入時点である程度高いスペックを購入しておくことで長く最新ゲームを快適に遊べるようにしたいですね。 メモリを16GBにしておくとバランスが良くなります。 ドスパラではINTELと共同開発した が人気となっています。 2020年05月17日までの購入でRDR2・スト5・マイクラの引換コードがもらえます。 こちらの機種も実際触ってみました。 INTELコラボの新モデルは価格を抑えた もあるので、チェックしてみましょう。 ゲーミングノートPCの超ハイエンドモデルは です。 みんなのゲーミングPC購入価格 いくつかのゲーミングPC構成パターンを紹介しましたが、PC構成の幅は広いですし予算との兼ね合いでどれくらいのスペックにするか悩まれる方も多いかと思われますので参考までにみんなのゲーミングPC購入価格を調べてみました。 ゲーミングPCの購入価格 2020年春 直近385台 10万円未満 10-14万円台 15-19万円台 20-24万円台 25-29万円台 30-34万円台 35万円以上 73 70 149 81 23 12 4 ゲーミングPCの平均購入価格は 15万2545円(税抜き)となりました。 RTXグラボ発売から日が浅かった2019年3月に集計したときは平均18万9066円、前回の2019年秋の集計では平均16万2000円でしたので、購入ユーザーが求めるスペックに対して価格が安くなっていますね。 かなりコスパが良くなってきて買い時のタイミングです。 次回集計予定の2020年夏は再度上昇に転じる見込み 新製品での値上げ・コロナでのPC需要急増・夏のボーナスのため です。 モニタなどの周辺機器や延長保証などが含まれている場合もあり、カスタマイズ前の基本価格より購入価格の平均は若干高くなっていると思われるのでRTXグラボを搭載したハイスペックな構成が人気のようです。 オススメゲーミングPCメーカー 最近の3DオンラインゲームはCPUにi5かi7。 グラボはGTX1060が一般的でGTX1070やGTX1660を推奨動作環境に指定してくるタイトルも増えてきました。 ゲーミングPCの買い直しや新規購入を検討されている方は、こちらのメーカーがオススメですよ。 ドスパラ コスパNo. 1メーカー。 5社で似たようなスペックを比較すると大抵ドスパラの機種がコスパNo. 1になります。 パソコン工房 ときおりドスパラよりもお買い得なモデルがあるPC工房。 ノートPCのコスパが良い傾向にあります。 フロンティア セール品のお買い得度が高い。 通常製品を選ぶ価値はあまりないかも。 サイコム 徹底的にカスタマイズにこだわりたい方や、マザボや電源など各種パーツの製品名まで指定したい方などPC製品の知識がある方向けです。 マウスコンピューターなどその他ゲーミングPCメーカー 他にはマウスコンピューターやHP、DELL、ASUS、MSI、Razerなど色々なメーカーがゲーミングPCを販売していますが基本的にコスパが悪いので省略します。 ドスパラ以外のメーカーを比較したい場合 スペックに対する価格を重視するとドスパラの製品が優秀なので、オススメPCとしてはドスパラのゲーミングPCを中心に紹介してきました。 他のメーカーも気になる方は、こちらの比較記事をご覧ください。 2020年版ゲーミングPC考察 週間人気記事ランキング.

次の