市川 市 テスラ。 市川市長、市民の反対無視し公用車に“1千万円超”外車導入…現行トヨタ車の契約終了前に

市川市の高級電気自動車「テスラ」購入が大騒動になった理由

市川 市 テスラ

市川市が公用車に導入した多目的スポーツ車(SUV)「モデルX」は車両価格が約1100万円。 市は今月から8年間のリース契約を結んでおり、リース代は月額約14万5000円になる。 以前から使用しているトヨタ「クラウン」は月額約6万円のため、差額は8万5000円。 村越市長はこの差額分を負担することを決めた。 ただし、モデルXはEVのため維持費は安くなる。 市川市企画部企画課によれば、公用車の年間走行距離は実績平均で7000km程度。 クラウンの燃費を1リッター当たり10km、ガソリン価格が150円だとすると燃料代は年間10万円強になる。 一方で、市はモデルXの電気代を年額2万5000円程度と試算している。 年間8万円弱分はコストカットになる。 市がモデルXの導入を決めたのは、率先して環境対策に取り組む姿勢を打ち出すためだ。 「EVを導入することで、市のトップが自ら実行していることを示す広告塔の役割も担っていた」(市川市企画部企画課)。 モデルXの価格面だけが批判的にクローズアップされたことで、市が本来打ち出そうとしていた環境政策のアピールという役割が完全に消えてしまった格好だ。 時代とともに公用車は様変わりしている。 価格面などで、首長などの公用車はたびたび批判の的になってきた。 2010年には岩手県の達増拓也知事(当時)が1407万円で購入したレクサス「LSハイブリッド」が「高額だ」と批判された。 市は「安全性を重視した」と説明したが理解は得られなかった。 2017年には、金子恵美衆院議員(当時)が公用車で息子を保育所に送迎したとして批判を受けた。 厳しい目が公用車に向けられるなかで、市民感覚とかけ離れた取り扱いが常に批判の対象になっている。 市川市の場合は「高額だ」という点で批判に晒されてしまったものの、環境面を考慮して自治体では公用車にエコカーを採用する例が相次いでいる。 例えば神奈川県平塚市は日産自動車のEV「リーフ」を導入し、市長公用車や学校での環境教育に活用する。 同厚木市は三菱自動車のEV「アイミーブ」や日産「リーフ」など複数のEVを職員用の公用車として採用している。 そもそもガソリン車からハイブリッド車への変更という流れは2000年代から始まっており、多くの自治体がトヨタ自動車の「プリウス」などに変更している。

次の

1000万円の公用車導入をどう釈明する? ゴミ処理場で市川市が行った会見内容とは

市川 市 テスラ

気になるニュース・気になる内幕。 今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。 ………… ローカル過ぎる話題だが、批判の的にされているのは、あのイーロン・マスク氏が最高経営責任者(CEO)をつとめる米電気自動車(EV)メーカー、テスラの高級EV車だけに見過ごすわけにもいかないようだ。 千葉県の市川市の市長と副市長の公用車にテスラ製の高級セダンの『モデルS』とSUV(スポーツ用多目的車)の『モデルX』の2台を導入することをめぐり、市民から見直しを求める声が上がっているという。 きょうの毎日などが「米テスラ高級EV公用車に批判」などと、社会面で大きく取り上げている。 それによると、市川市は低炭素社会の実現をアピールするため、EV導入を決定。 7月上旬には、副市長用に車両価格1110万円のモデルXのリースを開始した。 費用は月約14万円で期間は8年間。 これまでのトヨタの『クラウン』は月約6万円で月額が2倍以上となったという。 このため、市民や議会から「高額だ」と批判が噴出。 村越祐民市長は「説明不足だった」として、もう1台の車両価格1020万円のモデルSについては入札を延期することを決定。 すでに納車された1台については、これまでの国産車との差額分8万5000円分を自身の給料から減額して補てんする考えを示したそうだ。 この市川市の公用車導入の問題を少し整理すると、地球温暖化対策に前向きな取り組みの一環としてエコカーを選択することについての批判は少ないようだが、市民感情としてはその車種が1000万円を超える高級外車だから「税金の無駄遣い」との反対意見が噴出したと思われる。 もし、最初から日産自動車の『リーフ』などを選択していたら、批判の声も上がらなかったのではないだろうか。 もっとも、リーフは大衆車であるのと「差額は自腹でも」という市長の発言からみると、最初から「テスラありき」との思惑も透けて見える。

次の

公用車に「テスラ高額電気自動車」で千葉県市川市長に批判殺到! 「税金で買うには高額すぎる」声 (1/2ページ)

市川 市 テスラ

果たして妥当な判断か-。 千葉県市川市で、市長と副市長の公用車として、米電気自動車(EV)大手テスラモーターズのスポーツ用多目的車(SUV)「モデルX」(車両価格約1100万円)を導入したことで、批判が殺到している。 5人乗りセダン「モデルS」も近く入札予定で、市民からは「税金で買うには高額すぎる」という声もある。 市長は元民主党衆院議員でもあり、真っ最中の参院選にも影響しそうだ。 市が導入したモデルXは3列6人乗りで、上部に跳ね上がる「ファルコンウィングドア」が特徴。 環境意識の高いハリウッドセレブにも人気の高級SUVだ。 テスラの最高経営責任者(CEO)といえば、米実業家のイーロン・マスク氏(48)。 ZOZOの前澤友作社長(43)の月周回旅行でも話題になった「スペースX」を率いることでも知られる。 超高級車導入について村越祐民(ひろたみ)市長(45)は、「新しい方向性を先進的に示していくため、電気自動車を購入した」と語っている。 地元出身の村越氏は、千葉県議から2003年に旧民主党から衆院議員に初当選。 12年には野田佳彦内閣で外務大臣政務官を務めた。 同年12月の衆院選で落選。 17年11月の市川市長選で最多得票となったが法定得票数に届かず、18年4月の再選挙で当選を果たした。 「(テスラ車導入の)報道が出てから、市民などから問い合わせの電話が鳴りやまない状況だ」と市職員は打ち明ける。

次の