コロナ禍 収まる。 大手生保と損保各社がコロナ禍で、業績に影響軽微でも苦しむ理由

コロナ禍で浮き彫りになったバイオ業界の課題:日経バイオテクONLINE

コロナ禍 収まる

日本で収まるのと世界で収まるのとは、かなり時期的に違うと思いますよ。 日本では、緊急事態宣言で外出を自粛し人の出を80%減らす(20%にまで落とす)ように要請されていますが、現状ではせいぜい50%あたりです。 ロンドンでは95%も減らしEU各国では80~90%減くらいになっているのに、日本ではまだまだです。 コロナに感染した人が感染させる相手の人数を1人未満にすると、コロナは収束していきます。 ですがこれまでは2. 5人、現状では贔屓目にみても1. 7人ですから、1人未満にするのには、まだまだ努力がいります。 この調子じゃ、悪くすると、コロナが収束し始めるのは早くても秋以降で、年を越す恐れもあります。 また仮に日本でコロナが収束(というより終息)しても、後進国や発展途上国ではコロナはまだまだ猛威をふるっていて、そこから日本に再び入って来る恐れもあります。 なので、平常どおりの生活はまだできません。 世界のコロナが収まるのは、ワクチンが出来て増産され、世界中の人々に行き渡る2年後でしょうね。

次の

新型コロナ禍以降、ますます求められる「アイカンパニー」創り

コロナ禍 収まる

緊急事態宣言が5月31日まで延長され、各方面に影響が広がる中、在宅時間が長いことも影響して視聴率は好調のテレビ局も例外ではないという。 広告収入の大幅な減少により、「番組の顔」である大物MCたちにもリストラの影が迫っているというのだ。 「ワイドショーなどの情報番組では制作費の大幅削減のため、ギャラの高い大物キャスターもリストラの候補にあがっています。 業界では宮根誠司や小倉智昭、羽鳥慎一や坂上忍といった面々の中で、誰が最初に辞めるのかが話題になっているんです」(業界関係者) いずれも知名度は抜群だが、このなかで誰の首が危ないというのか。 業界関係者が続ける。 「まず安泰なのは宮根誠司と羽鳥慎一でしょう。 二人はそれぞれ『ミヤネ屋』と『羽鳥慎一モーニングショー』と冠番組の顔ですし、芸能界的なバックも強いので地位は安泰に見えます。 その意味では立川志らくも大手事務所の所属なので、しばらくはリストラされないと目されている。 意外なところでは坂上忍もリストラは免れそう。 情報番組や報道番組の数字が全般的に振るわないフジテレビで坂上の『バイキング』が孤軍奮闘していることに加え、坂上はもともと知名度のわりにギャラが安いといわれているんです」 そんな大物MC陣に対して、クビが危ないとささやかれているのが「とくダネ!」(フジ系)の小倉智昭だというのである。 5月25日には73歳の誕生日を迎えますし、リストラというより今回のコロナ禍をひとつの頃合いと見て、レギュラー番組を卒業という流れになると言われているんです。 (浦山信一).

次の

コロナはいつ頃収まると思いますか??

コロナ禍 収まる

コロナがまちづくりに与えた影響は何であろうか。 まちづくりでは、どのようにひとを集めるかを考えてきた。 しかし、コロナ禍では、三密(密閉、密集、密接)を徹底しなければならない。 コロナとまちづくりは、真逆の発想から出発する。 市民の交流は、賑わいの創出だけではなく、地域の課題や将来を話し合う民主主義の側面を持っている。 今回は、コロナ禍のまちづくりについて考えてみたい。 まちづくりの基本的な問いは、なにが地域の豊かさなのか、そして、暮らしやすさなのかを追求することだ。 国や地域によって異なる意見が出てくる。 読者の方も、文化、気候、環境、歴史、食事、友人、自然、アクセス、趣味など、住みたくなる要素をイメージしてもらいたい。 筆者はコロナ禍による変化を以下のように考える。 一つ目は、リアルな交流からバーチャルな交流へのシフトだ。 テレワークが定着し、パソコンの画面に向き合うことが増えた。 二つ目は、通勤や会議が減ったため、時間の使い方を考えるようになった。 新鮮な驚きは、長引いた会議が意外と早く終わるということだ。 三つ目は、不要不急の部分を取り除くことで暮らしがシンプルになった。 家や研究室の掃除をして頭が少し楽になった。 当然、課題も多い。 巣ごもり生活は、多くのストレスを感じざるを得ない。 また、アルバイトや新卒の採用を取りやめる企業も続出している。 まちを歩くと、馴染みの飲食店が閉店し、テイクアウトを提供する店舗が増えてきた。 最も心配しているのは、ひととひととの交流が減ることで、さみしさ、不安、安楽といった感情の拠り所も失ってしまうことだ。 人間は自分自身を確認しながら生きている。 声を掛け合うことで私たちが社会的存在であることをうれしく思うのだ。 一方、コロナをリーマンショックに例えて論じることがある。 株価や経済活動についてはその通りかもしれないが、筆者は、コロナが精神面に計り知れない影響を与えたと考えている。 これまでの経済成長は、大量生産と大量消費によって支えられてきた。 また、グローバル社会の進展は、人と物の行き来を活発化させた。 コロナがそれらに制限をかけたとき、私たちの生活は戸惑った。 ただ、政府が何度も呼びかけてできなかった働き方改革や、遠隔授業、リモート出勤、デジタルライフの充実が一気に進むことになった。 その間、時間と空間の使い方を各自考えるようになった。 半年もコロナ禍の生活に馴染んでくると、便利な点も多く、かつての生活に戻ることはもうできないだろう。 それでは、まちづくりは、コロナが収まるまで待っていれば良いのだろうか。 早急にすべきは、コロナ禍とコロナ後の世界に向けて地域の強みが何であるのか、整理することだ。 筆者は、対面的な交流が難しくなるほどに、人との交流価値は高まっていくと考えている。 また、若い世代の中央志向が弱まっていき、安全・安心な地元志向が強まっていくはずだ。 東京や大阪本社への出勤から地方勤務が推奨された場合、岡山での生活が選択肢に残るのか、真剣な議論も必要だ。 厳しいコロナの生活から、地域の優位性を輝かせるチャンスにしていかなければならない。 リアルとバーチャルの交流が、地域でバランス良く実践されていれば、暮らしの満足度は高まっていく。 たとえば、岡山は公園を増やし、空気の流れ道を意識し、歩きやすく、圧迫感のない都市構造を整備することだ。 三密を避けながらも、自分らしいライフスタイルを支援するまちをつくっていかなければならない。 仕事中心から脱却して、余裕の生まれた自分の時間を地域へ投資できるのか。 次稿に続く。 江口晋太郎氏(東京を拠点に全国のエリアマネジメントを支援・研究)は、岡山市旭川沿いの石山公園の活用についてアドバイスをしており、若者の地域参画を進める原田謙介氏の3人で自由に意見を出し合った。 筆者の発表を基にコラムを作成した。 都市と大学によるまちづくり活動に取り組む。 熊本大学修了(博士:公共政策)。 フランス・ボルドー政治学院留学。 カリフォルニア大学バークレー校都市地域開発研究所客員研究員などを経て現職。 1980年生まれ。

次の