福祉 住 環境 コーディネーター 解答。 福祉住環境コーディネーター2級を独学で取得に向けた勉強法と参考書|ばくさんの雑記帳

【解答速報】第34回福祉住環境コーディネーター検定試験の解答速報が公開されました!

福祉 住 環境 コーディネーター 解答

概要 [ ] 従来では例えば、建築は、介護は、医療はやなどの専門職がそれぞれに担当し、全体的に見て住環境整備に必要な要素が抜け落ちやすかった。 このような点を解消するため、上記資格者(建築・医療・介護福祉・行政など)の立場を理解し、各専門職の仲立ちをすることで、より利用者並びに利用者の家族の立場に立ち住環境整備を円滑化するための知識を得る、公的検定試験である。 それ単体ではファシリテート(適宜介入)や専門対応ができず、実務では建築・医療・介護福祉・行政などに加味して活用するケースが多いのが実態である。 ただし、2級を取得すると、を利用した住宅改修を行った際の必要書類である「 住宅改修が必要な理由書」を作成することが認められている。 医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、やなど各種と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示したり、や諸施策情報などについてもアドバイスする。 が主催している。 1級から3級まであり、福祉系の資格としては珍しく特に受験資格は要らず、誰でも受験することができる。 検定試験は年2回(7月と11月頃)実施されている。 3級と2級は同時に受験したり、2級からでも受験できるが、2級に合格しなければ1級を受験することができない。 なお、合格点は全級で100点満点中70点以上となっている。 3級と2級はマークシート方式だが、1級は前後半でマークシート方式と記述式の2種類の試験を受験することとなっており、いずれも70点以上を獲得する必要がある。 3級 2級 1級 実施年度 実施回 受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率 第1回 9,935人 6,183人 62. 受験する者は、建築関係の仕事(リフォーム会社や工務店)に就いている、で福祉用具貸与や住宅改修などを行っている事業所の、やなど福祉関係職の受験が多い。 自己のスキルアップや会社の資格取得勧めで受験する者もいる。 脚注 [ ].

次の

福祉住環境コーディネーター

福祉 住 環境 コーディネーター 解答

高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境 2. 福祉住環境コーディネーターの役割と機能 3. 障害のとらえ方 4. リハビリテーションと自立支援 5. 高齢者・障害者の心身の特性 6. 在宅介護での自立支援のあり方 7. 高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備 8. 障害別にみた福祉住環境整備 9. 福祉住環境整備とケアマネジメント 10. 福祉住環境整備の進め方 11. 福祉住環境整備関連職への理解と連携 12. 相談援助の実践的な進め方 13. 福祉住環境整備の共通基本技術 14. 生活行為別福祉住環境整備の手法 15. 福祉住環境整備の実践に必要な基礎知識 16. 福祉用具の意味と適用 17. 生活行為別にみた福祉用具の活用 1. 少子高齢社会と共生社会への道 2. 福祉住環境整備の重要性・必要性 3. 在宅生活の維持とケアサービス 4. 高齢者の健康と自立 5. 障害者が生活の不自由を克服する道 6. バリアフリーとユニバーサルデザインを考える 7. 生活を支えるさまざまな用具 8. 住まいの整備のための基本技術 9. 生活行為別にみる安全・安心・快適な住まい 10. ライフスタイルの多様化と住まい 11. 安心できる住生活 12. 安心して暮らせるまちづくり 福祉住環境コーディネーター2級の合格率の推移 福祉住環境コーディネーター2級の試験は「7月と11月」の年2回開催されます。 合格率(平均)は30~50%前後と称される試験ですが… 実際のところ合格率はかなりバラつきがあります。 参考程度とはなりますが、福祉住環境コーディネーター2級の合格率の推移を見ていきましょう。 受験年度 7月試験の合格率 11月試験の合格率 平均合格率 第4回試験より実施 - - - H12(2000年) 第4回 16. 9% 第5回 35. 9% 26. 4% H13(2001年) 第6回 27. 7% 第7回 57. 3% 42. 5% H14(2002年) 第8回 27. 5% 第9回 15. 3% 21. 4% H15(2003年) 第10回 19. 8% 第11回 27. 0% 23. 4% H16(2004年) 第12回 43. 0% 第13回 32. 5% 37. 8% H17(2005年) 第14回 44. 6% 第15回 47. 1% 45. 9% H18(2006年) 第16回 29. 6% 第17回 58. 0% 43. 8% H19(2007年) 第18回 13. 5% 第19回 23. 9% 18. 7% H20(2008年) 第20回 48. 7% 第21回 66. 2% 57. 5% H21(2009年) 第22回 43. 3% 第23回 51. 6% 47. 5% H22(2010年) 第24回 49. 7% 第25回 61. 5% 55. 6% H23(2011年) 第26回 47. 0% 第27回 32. 9% 40. 0% H24(2012年) 第28回 54. 2% 第29回 52. 9% 53. 6% H25(2013年) 第30回 75. 8% 第31回 72. 0% 73. 9% H26(2014年) 第32回 37. 9% 第33回 42. 3% 40. 1% H27(2015年) 第34回 70. 8% 第35回 39. 6% 55. 2% H28(2016年) 第36回 56. 8% 第37回 39. 9% 48. 4% H29(2017年) 第38回 49. 0% 第39回 51. 9% 50. 5% H30(2018年) 第40回 13. 8% 第41回 42. 0% 27. 9% H31・R1年(2019年) 第42回 29. 9% - - 受験年度 7月試験の受験者数(人) 11月試験の受験者数(人) 合計受験者数(人) 第4回試験より実施 - - - H12(2000年) 第4回 15,016 第5回 15,458 30,474 H13(2001年) 第6回 29,304 第7回 32,217 61,521 H14(2002年) 第8回 38,099 第9回 45,979 84,078 H15(2003年) 第10回 43,445 第11回 44,701 88,146 H16(2004年) 第12回 41,012 第13回 38,294 79,306 H17(2005年) 第14回 30,486 第15回 33,529 64,015 H18(2006年) 第16回 24,370 第17回 27,815 52,185 H19(2007年) 第18回 16,750 第19回 19,993 36,743 H20(2008年) 第20回 14,793 第21回 15,977 30,770 H21(2009年) 第22回 15,119 第23回 18,021 33,140 H22(2010年) 第24回 16,497 第25回 17,960 34,457 H23(2011年) 第26回 14,295 第27回 17,133 31,428 H24(2012年) 第28回 14,738 第29回 15,216 29,954 H25(2013年) 第30回 14,282 第31回 14,519 28,801 H26(2014年) 第32回 12,905 第33回 15,423 28,328 H27(2015年) 第34回 14,233 第35回 13,495 27,728 H28(2016年) 第36回 13,156 第37回 13,125 26,281 H29(2017年) 第38回 11,884 第39回 13,185 25,069 H30(2018年) 第40回 11,550 第41回 12,545 24,095 H31・R1年(2019年) 第42回 10,023 - -.

次の

第41回福祉住環境コーディネーター検定試験1級2級3級の解答速報は?合格基準や合格発表日は?

福祉 住 環境 コーディネーター 解答

福祉住環境コーディネーターの資格を取得してから伺ったお客様に手すりや福祉用具のアドバイスができるようになりました。 自分の仕事では高齢者や障害者のお宅に伺うことが多いのですが、その日々の暮らしの中で不自由そうに生活されている様子を見ていて何とかして上げられないか?と疑問に思っていました。 福祉住環境コーディネータの資格を取得すれば、そういった実生活でバリアフリーの知識を生かしたアドバイスをすることができます。 そういった知識を実生活に生かすことで社会貢献していくことが可能になります。 私が独学で福祉住環境コーディネーター2級を取得した勉強法は「 問題集を取り組んで重要項目を覚えていく問題実践型勉強法」です。 その理由は次の3点です。 問題主体の学習から理解することで勉強の効率が良くなること• 過去問に取り組み、公式テキストで補うことで足りない知識を補えること• 福祉、建築の範囲が広く全てを抑えた学習は時間がかかること これらの理由から、私は福祉住環境コーディネーター2級には、問題集に取り込むことで出題パターンや重要項目を覚えていく問題実践型勉強法で合格することが出来ました。 使用テキストは• 東京商工会議所「 福祉住環境コーディネーター検定試験2級公式テキスト」• コンデックス情報研究所「 福祉住環境コーディネーター検定試験2級テキスト&問題集」• コンデックス情報研究所「 福祉住環境コーディネーター検定試験2級過去5回問題集」です。 この3冊を選んだ理由は次の7点です。 公式テキストは過去問だけでは足りない知識を補うことが出来ること• 公式テキストから試験問題が出題されるため過去問との併用が効果的であること• コンデックス情報研究所のテキストは元公式テキスト作成委員が監修しており理解しやすいこと• コンデックス情報研究所のテキストは分かりづらい用語をイラストで分かりやすく解説していること• コンデックス情報研究所のテキストは問題集が収録されており解説も分かりやすく効果的であること• 過去5回問題集は過去問が5回分収録されており過去問にがっちり取り組めること• 過去5回問題集は過去問に対して解説が詳細にされており理解を深めやすいこと Contents• 福祉住環境コーディネーター2級を独学で取得するおすすめの勉強スタイル 福祉住環境コーディネーター2級に関しては、医療・介護・建築関係者かどうかが大きいと思います。 医療・介護・建築関係から出題されるため、これらの業務に従事されている方は福祉住環境コーディネーター2級の出題範囲が知識として身についているのでかなり勉強が楽になるのではないでしょうか? 私はこれらの関係者ではないため専門用語や病名、疾患などの予備知識がない状態でこの資格の勉強に取り組みました。 それらの状況が前提としておすすめの勉強スタイルを解説します。 福祉住環境コーディネーター2級の勉強は 過去問題を重点的に勉強していくことがおすすめ、出来れば公式テキストも用意して勉強していくといいです。 過去問に取り組み、分からなかったところは公式テキストを読むスタイル 福祉住環境コーディネーター2級については過去問だけに取り組むだけでは、少々難しいのではないかと思います。 過去問をやっていき、間違っていた問題を補足する形で公式テキストを併用していくのがおすすめです。 福祉住環境コーディネーター2級を独学で取得するおすすめの勉強法 福祉住環境コーディネーター2級の独学で取得するおすすめの勉強法については次の点です。 福祉住環境コーディネーター2級の場合は、統計、制度改革など法改正に伴い変化が伴うので、必ず最新の参考書を用意すること• 過去問主体に勉強していくことが効率がよく、大体過去問5回分を3周やっていけば合格点が見えてきます• 単に過去問をやっていくだけでは答えを覚えてしまうため過去問をやりつつ噛み砕いて「自分の言葉で置き換える」作業が必要になります• 医療・介護・建築業界の人は有利だが、それ以外の業界の人は専門用語の意味などをテキストの実際の事例などからよく覚えること• 過去問をやっていて疑問に思ったことは公式テキストを使用して理解することが重要• 過去問をやっていて間違ったところをチェックしておき、解答・解説をよく読み後で取り組むこと• 試験が近づいたら試験時間(2時間)を計って試験感覚を養うことも大事です 福祉住環境コーディネーターの試験の場合は、 最新の参考書を用意することが大事です、特に公式テキストは最近改訂5版が発行されたのでこの改定5版に対応した参考書で最新の情報を得ておく必要があると思います。 勉強方法としては過去問5回分を3周やっていくのですが1回目はかなり間違いが出ると思いますが、その間違った問題を公式テキストや問題集の解説をよく読んで自分の言葉で説明できるように頭に入れていくことが重要です。 これを2回、3回と繰り返していけば合格にかなり近づいていくはずです。 試験日が近づいてきたら試験時間(2時間)を計って、過去問に取り組んでいき実際の試験感覚を養っていくことも大事です。 公式テキストを噛み砕いてイラストなどを交えた解説がされており、理解しやすいです。 項目により重要度がマークされており、覚えるポイントが分かりやすいのもおすすできます。 問題集も収録されているので公式テキストを購入しなくてもこの一冊で勉強を進めていくことも可能だと思います。 また、 2級の公式テキストの改訂5版に対応するようになりました。 この資格の場合は新傾向問題として新しい分野の出題が目立ちますので、この本での学習をおすすめします。 元公式テキスト作成委員が監修しており、解説が分かりやすいです。 問題と解答・解説が別冊に分けることができ、問題と解説が対応ページで編集されており勉強を進めやすい問題集だと思います。 ヤフオクやメルカリで中古品が売っていないか探してみました。 よろしければ参考にされてみて下さい。 ただし、福祉住環境コーディネーターの場合は特に古いものは情報も古く役に立ちません。 出来るだけ新しいものを買うことをおすすめします。 ヤフオクの検索結果は• メルカリの検索結果は スポンサーリンク 福祉住環境コーディネーター2級の通信講座もおすすめです 独学だけでは難しいかも?と思う方には通信講座もおすすめです。 分からないところを添削してくれたり、質問をしたりすることが出来ます。 ユーキャンなどの通信講座ではスマホなどを利用したスキマ時間の学習にも効果的に学習出来るシステムが付いてきます。 福祉住環境コーディネーター2級の出題傾向とは? 第1章 高齢者や障害者を取り巻く社会状況と福祉住環境コーディネーターの意義 介護保険制度に関する内容がよく出題されます。 また、高齢者や障害者の生活や住宅施策についても出題されます。 この中では高齢者の割合や住宅の改修状況などの統計資料がテキストでは取り上げられていますが、この数字の中から少子高齢化、独居高齢者の増加、要介護者、認知症高齢者の増加といった社会背景の現状を踏まえ、介護保険や住宅改修の必要性を理解することが重要です。 改定5版で最も変更になったのがこの分野であり、介護保険法の改正により• 「介護医療院」の創設• 介護納付金の「総報酬割」の導入• 「共生型サービス」の創設 といったことが刷新されています。 また、新たに• 住宅セーフティネット法• 認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)• 障害者基本計画• 生活のしづらさなどに関する調査 これらが新たに設けられており 障害者が在宅で生活してる割合が多いものの住宅改修が十分に進んでいないことや、福祉住環境コーディネーターはどういう役割があるどういった仕事を行っていくのかその定義を理解しておく必要があります。 国際生活機能分類 ICF と国際障害分類 ICIDH の違い、高齢者の認知症の状態や症状の現れ方、適切な対応の仕方、障害者の心身の特性(障害を持った時期などによる障害の問題の現れ方)などが重要です。 在宅介護の自立支援のあり方は介護を受ける人、介護する人の立場や状況から理解する必要があります。 また、要介護となる原因の上位順位が2013年調査、第1位 脳血管疾患と第2位 認知症が2016年調査では入れ替わっています。 恐らく、こういった部分に関しては出題される可能性が大きいのではないでしょうか? この分野では出題頻度が多いのは認知症、脳血管障害、脊髄損傷、パーキンソン病などです。 特に脳血管障害は障害が出る原因となる疾患となるので抑えておく必要があります。 また、肢体不自由、内部障害、認知・行動障害が頻出ですが脊髄損傷レベルによる障害の違いが重要です。 福祉住環境整備の生活状況から現地調査、キーパーソンとの折衝と費用対効果など整備を受ける側の立場に立って考える知識が問われる分野だと思います。 特に建築の知識のない方は十分時間をかけて学習していく必要があると思います。 私もですが建築の知識がない人には建築図面や表示記号など馴染みの薄いものですがじっくりと理解を深め、読み方が分かるようにしましょう。 特に屋内外の段差の高さ、住宅内のスペース、廊下や出入り口の幅員、階段やスロープの勾配などの数値は非常に重要です。 細かい部分も含めて覚えましょう。 また、段差の解消、外出、屋内移動、入浴、排泄、手すりの取り付けなどは重要です。 是非覚えましょう。 全国平均貸与価格の公表• 福祉用具専門相談員が貸与する際に全国貸与平均価格の説明、複数商品の提示の義務付け• 貸与価格の上限設定 上記のように改定になっております。 福祉用具は様々な生活を補助する役割を担うものであり、その用途も多岐に渡るため幅広い知識が問われる分野です。 その中でも移動、入浴、生活動作補助用具、義肢・装具などの福祉用具がどのような役割を持つのか理解する必要があります。 また、介護保険の貸与、購入のどちらが対象になるのか福祉用具の区別が出来るようにしておきましょう。 やに対して住みやすい住環境を整備するためのコーディネート(調整役)である。 高齢者や身障者が自宅で生活をしていく中で段差や狭いトイレなどを改善することで安全で快適な生活を送ることが出来るよう居住空間の改善の提案を行うことが出来るのが福祉住環境コーディネーターです。 2級になると住宅改修で介護保険を利用する場合に「住宅改修が必要な理由書」を作成することが出来る資格になっています。 ケアマネージャーや建築士との連携が必要な立場であり、その都合上ケアマネージャーや建築士が福祉住環境コーディネーター2級を取得するケースが多いように思います。 私は仕事で様々な家に伺うことが多く、障害のある高齢者や障害者のお宅に伺うことがあります。 そんなお客様に対して住宅改修を整備することで普段の生活環境を改善することが出来るという話が出来ると思い、この福祉住環境コーディネーターを受けてみようと思った理由でした。 福祉住環境コーディネーター2級の合格基準と出題範囲 福祉住環境コーディネーター検定2級公式テキスト改訂5版が試験範囲で、このテキストから出題されるため問題文に慣れる意味でもこのテキストを一読しておく必要があると思います。 100点満点中70点以上が合格になります。 福祉住環境コーディネーター2級の難易度と受験資格 福祉住環境コーディネーター2級は受験資格は特になく、誰でも受験可能です。 年に2回試験が開催されるので受験もしやすい資格だと思いますが、合格率に大きな偏りがあり、10%台の時や40〜50%程度の回もあります。 福祉住環境コーディーネーターいきなり2級受験もアリ 福祉住環境コーディーネーター2級は3級との難易度の差はそれほどないと言えるので、いきなり2級に挑戦しても大丈夫だと思います。 2級から受験したとしても3級との差はそれほどないので安心して良いです。 個人的には福祉住環境コーディーネーター3級と2級のダブル受験を考える方もいらっしゃると思いますが、福祉住環境コーディーネーター2級に勉強を専念して一本に絞ることをおすすめしたいと思います。 その理由は次の3点です。 住宅改修に関する理由書の作成は福祉住環境コーディーネーター2級から認められていること• 福祉住環境コーディーネーター3級の存在意義がそれほどないと言えること• ダブル受験することで受験料や参考書を2級、3級ともかかるなど経済的負担が増すこと この理由から福祉住環境コーディーネーター2級に是非挑戦して欲しいです。 福祉住環境コーディーネーター2級の合格率 受験者 合格者 合格率 2018年度 24,095 6,249 28. どちらかといえばホームヘルパーやケアマネージャー、建築士、医療関係者が自己のスキルアップなどの目的で資格を取得する方が多いように思います。 スポンサーリンク まとめ 福祉住環境コーディネーター2級の資格を取得すると次のメリットがあります。 障害のある高齢者や障害者などの生活動作を改善する住宅改修を提案出来る• 障害などの原因となる疾患などの知識が得られ、実生活での知識になる• 医療・福祉・建築関連の従事者には自分の仕事の幅が広がる知識が得られる 私の場合は医療・福祉・建築関連ではありませんが、この知識を得たことで障害のある高齢者や障害者の方にどういった立場でどうしたら生活が改善できるのかといった提案をすることが出来るようになりました。 今後、こういった知識を自分の仕事に生かすことが出来るように知識を深めていければと思います。

次の