ノクターン9-2 楽譜。 ショパン「ノクターン第2番」

ショパン ノクターン9

ノクターン9-2 楽譜

はじめまして、ピアノをウン十年やっている40代前半男性です。 よろしく。 ショパンのノクターン9-2ですか。 いい曲ですよね。 私も普段の遊びで弾く曲が無くなったら、馬鹿のひとつ覚えみたいにこの曲を弾いています。 「左手の和音」が、技術的なこと抜きにして、単純に迷うのですね。 う~ん。 困りましたね。 アドバイスしてさし上げようと思ってコメントを始めたものの、「さて自分はどうやって覚えたか」と思い返すと、「気がついたら覚えてた」としか言えないもので・・・。 「どうやって覚えたのか」自体を覚えてません。 ごめんなさい。 「独学でやっていて音楽理論などがわからない(以下略)」と仰ってますが、私も音楽大学を出てるわけじゃなく、ただだらだらと何十年も弾いてきただけなので、音楽理論は怪しいものです。 もっとも、ちゃんと10年以上は習っていますから、それなりの音楽知識は持ってるつもりです。 「次の和音はこれ、次の小節はこう、という必然性」があれば、確かに覚えやすいですね。 でもそれでは、実際問題として、曲が平べったく単調になり、面白味のない音楽になってしまいます。 おんなじようなメロディーでもところどころ変化をつけていくから、音楽の世界が広がっていくわけです。 今楽譜を見ながら、私も一緒に勉強するつもりで、わかる範囲で説明いたします。 自信ないけど・・・。 まず、最初の5小節と次に続く4小節は、左手の伴奏がほとんど同じであることは分かりますよね?(右手は第1テーマが2度目に出る時に、少し「おかず」が入って細かくなりますが) ただし、1回目に出てくるときと2回目に出てくるときのベース音がところどころオクターブ違いなので、これは注意しなければなりませんが、それぞれの3連符の2つ目と3つ目の音は全く同じです、 楽譜に書いてある事を言葉だけで説明するのは非常に難しいので、私の言ってることがあなたに伝わるかどうかは疑問ですが、1小節目から5小節目までと6小節目から9小節目までの左手伴奏は、小指で弾くベース音を除き全く同じなので、要は1小節目から5小節目までの僅か5小節の伴奏をしっかり覚えて、あとはその和音進行と少しずつ違うところを覚えればいいのではないでしょうか? 違うと言っても全く音が違うのではなく、オクターブ上か下かの違いなんです。 それにそれぞれの三連符の2つ目・3つ目の音を足していく。 なんて言う覚え方はどうですか? 説明がうまくできないから、よくわかんないですよね? あとは、耳にたこができるくらい原曲をCDなどでひたすら聞きまくって、頭に叩き込むしかないかな。 僕なんかは楽譜のオタマジャクシで覚えるんじゃなくて、耳で何度も聞いて耳コピーして、その後で、細かいミスを楽譜で直していくって覚え方をしたからね・・・。 楽譜で覚えんじゃなくて、サウンドで覚えたな。 僕の場合は・・・。 参考になんないよね。 だって楽譜を言葉で説明すんのホント難しいですもん。 (これじゃピアノの先生できないですね。 ) 頑張ってくださいね。 5です。 訂正させて下さい。 又突っ込み入れられても困るので 笑。 私は生徒がどうしても覚えられない時は、このようにさせる時もあります。 でも和音の響きを良く聴く事もお忘れなく。 ここも訂正させて下さい。 左手はポルタートの記号は書かれていません。 1・5. 2・4・5・ の後は指示がありませんので5. 1・3. 1で良いと思います でした。 レガートに運指の癖をつけると覚えやすいです。 ちなみに。 この曲は8分の12拍子です。 1拍が8分音符3つの小単位で出来ていて 1拍が付点4分音符の4拍子ですので 数え方は一般的に 1トト2トト3トト4トトだと思います。 8分音符3つの3連符ではありません。 3連符なら左手だけ4分の4拍子になってしまいます。 これも質問者さまならお分かりだとは思いますが一応念のため。 何回もごちゃごちゃとすみませんでした。 納得のいく良き演奏ができますように。 再び「ショパン」です。 なるほど、「左手和音のコツは『2番の指 人差し指 を不動 軸 にする癖』です」か?確かにそうですね。 私も今頃それに気が付きました。 確かに「ベース音を弾いた後の2つ和音はスラーで繋がれていて、 その和音の共通の音が必ず2番の指」ですが、その「2番の指」はあくまでも「『軸にして這うように』3つ目の和音につなげる」というイメージを頭の中に持つだけに留めて、実際は必ず人差し指は弾き直してください。 なぜなら楽譜をよくご覧ください。 あくまでもこの二つの和音は「スラー」でつながれているに過ぎず、「2番(人差し指)の音」は「タイ」で結ばれているわけでは決してありませんね? 従って、確かに「軸にして3つ目の和音を取る」と言う考え方自体は大変結構ですが、あくまでもイメージだけに留め、ここでは「人差し指は必ず弾き直し」ます。 どこのピアノの先生に聞いても、「人差し指をタイでつなげて弾い」たら注意すると思います。 「人差し指は弾きなおしてください」と言うはずですし、そもそもこの楽譜を見て「タイ」でつないで弾く人はいないでしょう。 楽譜に「人差し指の音をつなぐタイ」が指定されていない以上、必ず弾き直さなければなりません。 現にこの音を「タイ」でつなげて弾いている演奏家を、プロでも聞いたことがありません。 それはなぜかと言うと、「2番の指を離さずに弾く」とは明らかに譜面に書いてないからです。 (楽譜通りに弾くなら「意地でも離してください」と言いたいところです。 ) しかし、「そのようなイメージで弾くと覚えやすい」と言うのはあるかもしれませんね。 いずれにせよ、最初の5小節と次の4小節の「ひと塊り」は、何度出てきても、基本的に同じ伴奏パターンの繰り返し(「ベース音のオクターブ違い」や、「和音の構成音が一つ抜けている」などの細かい違いを抜きにして)なので、まずは大元になっている「最初の4小節のコード進行」をしっかり覚えましょう。 あとはそれの応用です。 頑張ってくださいね。 こんにちは。 9-2の左手和音のコツは『2番の指 人差し指 を不動 軸 にする癖』です。 推測ですが1つ目の和音を取った後. 次の和音を取る為に指や手のひらがうろついているのではないでしょうか? ベース音を弾いた後の2つ和音はスラーで繋がれているので 最初の音にアクセントを軽くつけ2音目は力を抜きます。 その2つの和音の共通の音が必ず2番の指です。 その2番の指を軸にする感じで 2番の指は意地でも離さないで下さい! 次の和音を取ります。 コツは『這うように』。 鍵盤から指を離さずに 指を暴れさせないで 手のひらや手首も余計な動きをさせないで下さい 最初の和音を5. 2で取ったら 次の和音は必ず2番の音が同じなので 4. 2 前と同じ音 1か. 1で次の和音を取るようになります。 場合によっては4. 1・3. 和音の一番上の音 最初の小節ならミソ. ミソ を音で覚えると良いかもしれません。 *パターンを掴みましょう。 最初の4小節が暗譜できれば次の4小節も同じです。 その後の4小節を暗譜すればこの曲の3分の2は暗譜できたようなものです。 つまり8小節暗譜すれば良いのです 9小節目の3トト4トトの所は特に覚えにくいので ポルタート ノン・レガート で弾く前に 繋げて指の運びを指に覚え込ませて下さい。 指は4. 1-5. 2-3-4-5. 1-3. 1が弾きやすいと思いますが 楽譜によっては指使いが違って指示されているかもしれません。 この指使いの場合5. *同じパターンで2回目3回目を弾きますが 最初のパターンと違うのは12小節ではなく8小節. 4小節という事で 使われている和音進行は全く同じです。 *次の7小節はほとんど 前に使った事のある和音です。 感じが変わるので異質な和音を使っている感じがするかもしれませんが…。 *右手8連符が出てくる箇所は 左手は和音の転回形です。 これも共通の音を軸に這うように取る癖をつけて下さい。 *次の2小節はこの曲の一番の聴かせ処です。 ここは他の所よりも ベース音を強調して弾くと良いと思います。 ここの和音も使った事のある和音がほとんどなので 最初の和音のパターンと比べてみて下さい。 私も9-2は暗譜していますが、理論ではありません。 僕が短期間で暗譜する必要があるときは以下の要領でやっています。 1 右手を完璧に暗譜する(これは比較的すぐできます) 2 左手の楽譜だけを見ながら練習する。 3 左手を見ながら演奏し、分からなくなったときだけ楽譜を見る 4 暗譜完成 ポイントは、左手に意識を集中させることです。 これは曲に関係なくです。 ま、結局ひたすら暗譜すべし!なのですが、 ・暗譜する前に一つ一つの音があっているのか(当然) ・小節毎に曲想はイメージできているのか は重要です。 本来は完璧に演奏できるようになってから 暗譜することが大事です。 強弱記号やペダルのタイミング(自分で書き足したものも含めて)が暗譜の最後にくるので、鍵盤を弾くだけの暗譜であればすでにできている状態となるはずです。 暗譜ができていない曲はマスターできていない曲なので、 マスターするのが先ですよ。 というのがアドバイスです。 やはりクラシックは譜面をなぞるだけでは・・・ と思いますので。 A ベストアンサー 趣味でピアノを弾いている者です。 2小節目(弱起の曲ですが)ですと、ドの上に付いているターンだと 思いますが、弾き方はドレドシド~です。 (記号の詳しい説明はNo. 変ホ長調の曲なので、シ・ミ・ラにフラットが付きますが、 ここではシにフラットを付けないでね、という意味でターンの下に ナチュラル、逆にレには臨時でフラットを付けてね、という意味で ターンの上にはフラットが付いてます。 その後、5小節目のファとミの上にWのような記号(モルデント)が 出てきますが、これはそれぞれファソファ、ミファミと弾きます。 (ミはフラット付きます) 分かりづらい説明ですみません。 A ベストアンサー 左手の和音を書きます。 変化記号はナチュラルとフラットだけです。 1小節目 (ミのフラット)(ソミのフラット)(シのフラット ミのフラット ソ) (ミのフラット(ラのフラット レ)(ドのフラット レ ラのフラット) (ミのフラット)(ソミのフラット)(シのフラット ミのフラット ソ) (レ ソミのフラット シのフラット ミのフラット ソ) 2小節目 (ド)(ソミのナチュラル)(シのフラット ミのフラット ソ) (ド)(ソミのナチュラル)(ド ミのナチュラル シのフラット) (ファ)(ファレのフラット)(シのフラット レのフラット ミのナチュラル)(ファ)(ファド)(ラドファ) 上記のようになっています。 音がはずれている箇所、どうなっているか分かりましたか? A ベストアンサー 私も左の伴奏を覚えるのはすごく苦手です。 特にショパンは自分が苦手としているという理由もあって全く頭に入りません。 そんな私の覚える方法としては…例えば「子犬のワルツ」を例にすると。。。 基本的にクラシックでは4小節や8小節毎でフレーズが1区切りになっています。 (もちろん例外もあります) 子犬の場合、最初の4小節は右だけなので省くとして…。 最初に次の5小節目から左手の一番バスの音(1拍目)を拾っていきます。 レ・ファ・レ・ファ/ラ・ミ・ラ・ラ/ レ・ファ・レ・ファ/ラ・ミ・ラ・ラ/ これが16小節分のバスです。 何となくメロディちっくになっているのを感じられるでしょうか。 しかもバスの音は同じメロディを2回繰り返しているだけです。 次に2拍目と3拍目を見ます。 これは右のメロディを見ると次の新しい展開につながっていますので左も同じように次の展開を感じさせる変化があるわけです。 これをまずバスは左手、2拍目・3拍目の和音を右手で弾いてみます。 バスが聞こえるように歌うように弾きます。 これを弾きながらメロディが自然と頭に浮かぶようになればもう完成です。 (最初のうちは口ずさんだりするとわかりやすいです)それからは楽譜どおりに弾いてみても左手がすんなり頭に入っていると思います。 特にショパンはこの4小節(又は8小節)のグループが忠実ですのでこの方法は有効だと思います。 要はNo. .2の方がおっしゃるように音楽的に理解して和声を感じる方法の具体的な手法を書いてみただけですが。 私も左の伴奏を覚えるのはすごく苦手です。 特にショパンは自分が苦手としているという理由もあって全く頭に入りません。 そんな私の覚える方法としては…例えば「子犬のワルツ」を例にすると。。。 基本的にクラシックでは4小節や8小節毎でフレーズが1区切りになっています。 (もちろん例外もあります) 子犬の場合、最初の4小節は右だけなので省くとして…。 最初に次の5小節目から左手の一番バスの音(1拍目)を拾っていきます。 レ・ファ・レ・ファ/ラ・ミ・ラ・ラ/ レ・ファ・レ・ファ/ラ・ミ・... Q ショパンのノクターンOp9-2をどうしても弾けるようになりたくて 練習を始めました。 ピアノ経験は無いです。 (幼稚園~小学生の間、エレクトーンを 習っていたので、多少音符は読める程度です) どうやって弾くのかよく分からない記号がいくつか出てきたので教えてください。 3小節目の ソ ド (高)ド の間にSを横にしたようなマークにフラットとナチュラルが上下に ついている記号があります。 その上には上括弧のしたに4321と数字があります。 これはどのように弾けば良いでしょうか? 模範演奏だと3~4つの音が演奏されているように思います。 6小節目の ソ ファ ソファミの間(矢印の位置)に何の記号か分からないですが、 (ネットで調べたらシュネラーかプラルトリラーという記号のようです)243の数字とともにあります。 これもどのように弾けば良いか分かりません。 音符のうえに数字がちょくちょく書かれていますが、(書いてない場所もある)これはどういう意味ですか? 4. 8小節目と9小節目に他の音符より小さく書かれている音符があります。 9小節めのほうは斜線が入っています。 これはどのように弾けば良いですか? 弾き方を言葉ではなかなか説明しにくいとは思いますが、完璧でなくて 結構ですので、こんな感じで弾くというのが分かればOKです。 よろしくお願いします。 その時はよろしくお願いします。 ショパンのノクターンOp9-2をどうしても弾けるようになりたくて 練習を始めました。 ピアノ経験は無いです。 (幼稚園~小学生の間、エレクトーンを 習っていたので、多少音符は読める程度です) どうやって弾くのかよく分からない記号がいくつか出てきたので教えてください。 3小節目の ソ ド (高)ド の間にSを横にしたようなマークにフラットとナチュラルが上下に ついている記号があります。 その上には上括弧のしたに4321と数字があります。 これはどのように弾けば良... A ベストアンサー こんにちは ひとつづつ解決していきましょう!! まず全てに共通することなので・・ 3.音符の上の数字は右手の指使いの番号です。 親指・・1、人差し指・・2、中指・・3、 薬指・・4、 小指・・5 となります。 つまり八分音符のドのところですばやく4つの音を入れるわけです 2.6小節目の16音符でファソファミ(ナチュラル)ファソの所ですよね。 同じ小節でミの上にもあると思いますが、これも同じ要領ですばやく ミファミと弾きます。 4.他の音符より小さく書かれている音符は装飾音符です。 弾き方は・・ 最初の装飾音符ミ(ナチュラル)ファにですが その後のソを弾く前にだいたい楽譜の通りの長さで弾きます。 次の小節のドの前の高いラですがこれは極短く鋭く弾きます。 こんな感じでわかりますか? 説明が下手でごめんなさい。 こんにちは ひとつづつ解決していきましょう!! まず全てに共通することなので・・ 3.音符の上の数字は右手の指使いの番号です。 親指・・1、人差し指・・2、中指・・3、 薬指・・4、 小指・・5 となります。 つまり八分音符のドのところですばやく4つの音を入れるわ... A ベストアンサー >色々な人の演奏を聞いてイメージを膨らませると良いと言われ、 ということなので、いろいろ You tube にアップされているものを聴いてはどうですか? 伝説的・歴史的な名演が集まっています。 いずれも一聴の価値あり。 1 アルトゥール・ルビンシュタイン(Rubinstein, Arthur. 1886-1982) 聴くべき筆頭はこれでしょう。 ポーランド出身の大ピアニスト。 晩年のゆったりした堂々たる演奏。 楽譜の進行つきです。 端正で実に細やか。 タッチのコントロールとペダルの扱いが絶妙です。 youtube. やはりペダルのうまさが光っています。 youtube. 1892-1993) 長年カザルス(チェロの巨匠)とともに活躍したスペイン出身の名匠。 貴重な動画です。 晩年になって演奏が円熟したことで「化けた」と騒がれました。 実際には元からすごい人です。 詩情豊かな演奏が持ち味。 youtube. 1873-1943) ピアノ協奏曲第2番で有名ですが、ピアノ演奏における世紀の巨匠("Pianist of Pianists" と呼ばれた)としても有名です。 作曲家らしい自由な演奏が面白い。 youtube. 1896-1976) ロシア・キエフ生まれ。 レシェティツキーの弟子の一人。 ロシアから来たショパン弾きとして一世を風靡しました。 ヴィルトオーゾ風の自由で大きな演奏。 youtube. 1904-1989) いわずと知れた前世紀の大巨匠。 強弱のレベルが他のピアニストの何倍もあるといわれる超絶技巧の持ち主として有名です。 録音が古いので今ひとつすごさがわかりにくいのが難点。 youtube. 1813-1946) リスト晩年の弟子の演奏。 それだけでも貴重ですが、晩年の弟子の中でも最も偉大とされています。 ポーランド出身で、強弱の広いパレットの持ち主。 当時の著名な音楽学者であるハンスリックが「魔法使い」と讃えました。 youtube. ローゼンタールと並ぶ当時の巨匠の一人です。 感性豊かで洗練された演奏。 特にプロから評価の高かったピアニストです。 youtube. 演奏中のおしゃべりの方が面白いと評されたピアニストですが、その繊細なタッチは「シルクのような」と称されました。 youtube. 1877-1962) 同じくショパン弾きの話をしたら抜きにはできない「詩人」と呼ばれるフランスのピアニスト。 文学に博識で教養の高さでも尊敬を集めましたが、ヒトラーに協力したことで恵まれない晩年を送った巨匠です。 「腐っても鯛、間違ってもコルトー」といわれるほどミスタッチが多い人でした。 緩急の付け方がずば抜けてうまい。 静寂から一気に高揚した高みに上る表情豊かな演奏はいつ聴いてもすばらしいと思います。 youtube. 1902-) 大病を負わなければ間違いなく世紀を代表することになったであろう、イギリスが誇るロンドン生まれの大ピアニストです。 子供のときから演奏の完成された異常な天才児でした。 楽譜に忠実で繊細、端正な古典的演奏といわれます。 youtube. いずれも一聴の価値あり。 1 アルトゥール・ルビンシュタイン(Rubinstein, Arthur. 1886-1982) 聴くべき筆頭はこれでしょう。 ポーランド出身の大ピアニスト。 晩年のゆったりした堂々たる演奏。 楽譜の進行つきです。 端正で実に細やか。 タッチのコントロールとペダルの扱いが絶妙です。 youtube.... Q ショパンの夜想曲op. 9-2を練習し始めています。 私の持っている楽譜では2だったので、 とりあえず悩むこともなく2で弾いていたのですが、 ネットで色んな人が弾いているのを見ると、 ほとんどの人が1で弾いています。 それぞれの利点などを把握した上で、決められたら良いなぁと思っています。 後で運指を変えるのは苦労するので、今のうちに決めたいところです。 ちなみに、最初の一通り(5小節)は、1でも2でも全く問題なく弾けていますし、 オクターブを弾くことも苦ではないくらい、手は広げられます。 よろしくお願いします。 1でも2でも問題なく弾けるなら、2で良いのではないでしょうか。 ) 私は手が小さいので1で弾いてしまったりするかもですが…。 espress. dolce(感情豊かに優しく?)との指示もあるようなので、やはり2の方が妥当なのでしょうね。 楽譜に振ってある指番号にはそれなりに意味(音のつながりだったり、表情を付けるためだったり)があるのだろうと思いますので、特に弾きにくい等でなければ、その運指で弾くのが良いかなと思います。

次の

ショパン ノクターン9

ノクターン9-2 楽譜

補足説明です。 最初の2小節目。 この場合の弾き方は「ファソファ」。 次の部分は「ミファミ」です。 指番号は楽譜通りでOKです。 スポンサーリンク この部分は、トリルですね。 弾きづらい箇所です。 指番号は楽譜通りの「1 3」が弾きやすいです。 全音楽譜出版社(=全音(ぜんおん))です。 ¥1,500(税抜) ノクターン遺作も載ってるのでこの版にしました^^ 参考になればうれしいです。 読んでくださってありがとうございました^^ スポンサーリンク この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます•

次の

ショパン「ノクターンop.9

ノクターン9-2 楽譜

補足説明です。 最初の2小節目。 この場合の弾き方は「ファソファ」。 次の部分は「ミファミ」です。 指番号は楽譜通りでOKです。 スポンサーリンク この部分は、トリルですね。 弾きづらい箇所です。 指番号は楽譜通りの「1 3」が弾きやすいです。 全音楽譜出版社(=全音(ぜんおん))です。 ¥1,500(税抜) ノクターン遺作も載ってるのでこの版にしました^^ 参考になればうれしいです。 読んでくださってありがとうございました^^ スポンサーリンク この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます•

次の