タイプ ムーン ウィキ。 TYPE

TYPE

タイプ ムーン ウィキ

概要 [ ] が有する様々な技能や性質を特殊能力として具現化したもの。 英霊個人の逸話に由来する「保有スキル」と、逸話に関係なくクラスによって決まったものが与えられる「クラススキル」がある。 宝具と同じようにE~EXのランクが付いており、主に効果の高さを表す。 宝具ほど英霊の象徴たるものではないため、『戦闘続行』『神性』など普遍性の高いものは、多数の英霊が同じスキルを持っている例も多い。 スキルの格付けは基本的に英雄の残した偉業と、それを讃える人々の認識で決定されたワールドランキングとされる。 保有スキル、クラススキルともに、召喚地での知名度や召喚したマスターの性質、その他様々な要因により、増減したりランクが変わったりする。 クラススキルは、英霊本人が類似の保有スキルを持っている場合、そちらが代わりとなる場合がある。 その場合は本来のクラススキルは失われる。 また、一部の宝具がスキルとして扱われている例もある。 保有スキルはランクとは別にレベルが存在し、プレイヤーによってLv. 10まで成長させることで効果を上昇させることが可能。 6、Lv. 10でそれぞれ1ずつチャージタイムが短縮されて使用できる頻度も上がる。 さらに強化クエストでのスキル強化を経るとスキルのランクも上昇することがあるほか、全く別のスキルに変化する場合もある。 一覧 [ ]• メモ [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

【USUM】ゾロアークの出現場所と種族値&覚える技【ポケモンウルトラサンムーン】

タイプ ムーン ウィキ

由来 [ ] ウィリアム・ムーン 1818-1894 は4歳のときにに罹患して片目の視力を失い、もう一方の目の視力も大幅に失われた。 視力はその後も回復せず、1840年には全盲になった。 ムーンは当時の盲人用の文字をいくつか学び、また自らも教えたが、それらが複雑すぎて教育が困難であると考え、1845年に自ら考案した文字を発表した。 ムーンの文字はの大文字を簡易化した形をしており、行はに進む。 ムーンは友人の助けを借りてこの文字による活字を作り、月刊誌を創刊した。 1848年にはをこの文字で出版する事業を開始したが、生前には完成しなかった。 ムーンはまた英語以外の言語にもこの文字を応用し、476の言語による「」を出版した。 ムーン・タイプが発明されたとき、すでにでブライユ式の点字が発明されて16年がたっていたが、まだイギリスには伝わっていなかった。 構造 [ ] ムーン・タイプの各文字は26のラテン文字、句読点、数字などを表す。 筆画は簡単な直線や曲線の組み合わせによってできており、ラテン文字から連想しやすくなっている。 点字よりも文字が大きく、またラテン文字からの連想が働きやすいため、文字が読めるようになってから視力を失った人や、指先の感覚が鈍い人に向いている。 その一方で字が大きいために本が厚くなりすぎる傾向があり、また点字と比べて普及度が低く、イギリス以外ではほとんど使われないために読める文献が限られるなどの欠点がある。 アルファベットの一覧 コンピューター [ ] のダックスベリー社の点訳ソフトウェアであるDBT Daxbury Braille Translator はムーン・タイプをサポートしている。 今のところムーン・タイプはに存在しないが、に追加する案が提出されている。 脚注 [ ].

次の

四天王

タイプ ムーン ウィキ

メレシー ほうせきポケモン ぜんこくNo. 703 アローラNo. USUM 123 アローラNo. SM 101 高さ 0. 3m 重さ• 7kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Carbink タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ なし 共通の入手方法• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• 最奥空洞• 洞窟 主な入手方法 USUM• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• 洞窟 主な入手方法 SM• また、一撃で『ひんし』になる技『じわれ』『ぜったいれいど』『つのドリル』『ハサミギロチン』を受けない。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 威力は20〜200 Lv. ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代しても効果は続く。 最大102。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 最大102。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 第6世代は沼地の時は『どろばくだん』、雪原の時は『こおりのいぶき』 技. 通常攻撃。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 もう1度使用すると元に戻る。 USUM New! 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 ダブルバトル用。 USUM New! 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。

次の